現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
高谷 滋樹弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。

犯罪・刑事事件26

インターネット問題16

京都府2

( たかや しげき ) 高谷 滋樹

都総合法律事務所

現在営業中 00:00 - 24:00

みんなの法律相談回答一覧

ありがとうがついた回答数:実名5,521 件/匿名:1件

司法書士に、そのようなことをする権限はないのではないでしょうか。

回答日 2015年02月19日 11:15
この回答がある質問
借金

婚約関係を、壊されたのだから、慰藉料請求などは検討できますね。ただ、婚約というのをどう評価するかによります。

回答日 2015年02月19日 10:37
この回答がある質問
中絶

車両単位の契約ですから、車両ごとに料金が発生するはずです。書面で抗議をするか、料金を請求するか対応されたらいかがでしょうか。

回答日 2015年02月19日 10:10
この回答がある質問
契約書

実際に、どんな証拠があるかにもよりますので、弁護士に、資料を示して御相談ください。

回答日 2015年02月18日 23:00

そうですよ。依頼者の都合の良いように、主張します。私も同様に、依頼者の意見を聞いて主張を組み立てますので答えはありません。

回答日 2015年02月18日 22:55

弁護士次第で、いかようにも主張できそうですね。相手に弁護士がついているならなおさらですね。

回答日 2015年02月18日 22:45

お金がないから、弁護士に相談できないということはありませんから大丈夫です。資料を確認してみないと、司法書士の相談の違法性も確認できません。民事法律扶助などを利用して、解決できる場合も、多々ありますの...

回答日 2015年02月18日 00:14
この回答がある質問
賃料の滞納

宗教で差別するのは違反なので、それは、訴訟なりで争えますね。

回答日 2015年02月18日 00:03

証拠収集処分により、裁判所から電話会社に発信先記載書面の提出を求めることは可能 可能な場合もあります

回答日 2015年02月18日 00:01
この回答がある質問
通常訴訟

メール等があるなら、証拠としては、強いものがありますね。1,2に関しては、詳細な事実関係を把握したいところです。

回答日 2015年02月17日 23:56

3. 先の質問で書いたように、夫には親密なやりとり、旅行の約束をした女性がいました。不貞に相当する事件はないですが、意図ありとしてこちらも慰謝料の材料になりますか? 証拠があれば、不貞になる可...

回答日 2015年02月17日 23:27

>改めて主張しても意味が無いでしょうか? そんなことはありません。改めて主張したほうがいいです、ただ、それが採用されるはわかりません。 他の弁護士に面談または電話相談して、意見を求めた方...

回答日 2015年02月17日 20:55

判例上の要件は、いろいろありますね。 ただ、陰部を見せたら、アウトですね。

回答日 2015年02月16日 20:54
この回答がある質問
犯罪・刑事事件

気持ち悪い大家ですね、民事訴訟を検討できますよ。

回答日 2015年02月15日 20:42
この回答がある質問
借家

確かに偽装の可能性がありますね、諸資料を持参して、弁護士に御相談ください。

回答日 2015年02月15日 15:20
この回答がある質問
派遣

そのへんの手続きは、行政の判断によるところが大きいですが、不合理なら、弁護士が介入して交渉することは可能です。

回答日 2015年02月15日 11:13
この回答がある質問
民事・その他

まずは、オークションの規約によります。それで解決しない場合、弁護士に相談されるほうがよいです。

回答日 2015年02月15日 00:56

>その責任を司法書士に追求できないのでしょうか? 責任追及は可能ですよ。司法書士は、裁判できません。 >また先生に依頼したいと考えた時は可能でしょうか?可能であればどのように動けば良...

回答日 2015年02月14日 21:01
この回答がある質問
賃料の滞納

法律論よりも、事実が錯そう、混乱しているようなので、先に事実の把握をしたいところですね。相手に弁護士がついてるなら、弁護士に依頼されたほうがいいですよ。

回答日 2015年02月14日 16:11

可能ですが、その条項が、どこまで法的効力を有するかは別問題ですね。

回答日 2015年02月14日 16:06
この回答がある質問
民事・その他

可能ですし。かなり深刻な問題です。

回答日 2015年02月14日 15:16
この回答がある質問
離婚・男女問題

司法書士に依頼して、事態が悪化したのではないでしょうか。弁護士に至急御相談ください。夜間休日の法律相談に対応している弁護士はいますので。

回答日 2015年02月14日 14:51

訴えることは可能ですし、事態は深刻だと思います。泣き寝入りせずに、弁護士に御相談ください。

回答日 2015年02月14日 14:41
この回答がある質問
離婚・男女問題

契約書に、何か手がかりになるような条項があればよいのですが。一度、契約書持参で、弁護士に御相談ください。

回答日 2015年02月14日 13:25
この回答がある質問
私道・私有地

不倫相手への請求は、夫の請求と別なので、原則、影響しません。

回答日 2015年02月14日 13:23
この回答がある質問
不倫慰謝料

不貞相手の女性に慰謝料を請求するタイミングは、 結婚中、つまり別居中のほうがいいですし 今の状況だと、早くに訴えたほうがいいです。

回答日 2015年02月14日 12:40
この回答がある質問
不倫慰謝料

ブラック企業とかよくありますし。 法的措置で対応するのがよいですね。

回答日 2015年02月14日 01:20

行政処分は点数次第ですね。 刑事処分は、情状を面を考慮して、起訴猶予になる可能性はありますが(起訴されない、すなわち刑事裁判にならない)、弁護士に依頼して、示談を完全なものにしたほうが、より安...

回答日 2015年02月14日 01:01
この回答がある質問
示談交渉

養子は、実の親から 養親から 二重に相続できますよ。とてもおいしい。

回答日 2015年02月14日 00:44

憲法94条 法律の範囲内 という文言ですね。

回答日 2015年02月14日 00:21
この回答がある質問
民事・その他

5,251 - 5,280 件を表示/全 5,521 件

現在営業中 00:00 - 24:00

高谷 滋樹弁護士へ問い合わせ

電話番号 050-5362-7577
メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日00:00 - 24:00
  • 土日祝00:00 - 24:00
定休日
なし
備考
年中無休。夜間・休日対応、出張相談対応。弁護士保険(特約)全保険会社対応。24時間メール・FAX・留守番電話受付。LINE・Skype・Zoom・WeChat相談対応。LINE/ID hlawosakajp Skype/ID hlawosakajp WeChat/ID hlawosakajp
交通アクセス
駐車場近く
設備
完全個室で相談
バリアフリー
「事務所建物入口から相談スペースまで車椅子で移動でき、トイレも車椅子のまま利用できる」を定義としています。
対応言語
英語