現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
高谷 滋樹弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。

犯罪・刑事事件18

インターネット問題14

京都府5

( たかや しげき ) 高谷 滋樹

都総合法律事務所

現在営業中 00:00 - 24:00

みんなの法律相談回答一覧

訴訟で争うことは、可能ですよ。 一度、退去させられたら、再入国は、困難ですので 裁判で、争ってみる必要はありますね

回答日 2015年06月01日 02:40
この回答がある質問
執行猶予

被害者本人が犯人の顔を見て警察を呼んだ場合の逮捕の可能性の高さと犯人の特定方法

回答日 2015年05月29日 00:29
この回答がある質問
盗撮・のぞき

現況調査です。 現況調査でしたか????

回答日 2015年05月29日 00:29
この回答がある質問
民事・その他

嘘の広告なら、損害賠償は請求は検討できますね

回答日 2015年05月29日 00:18

裁判することが、脅すとは認められません 裁判は権利ですので

回答日 2015年05月27日 00:28

不当労働事件として、争えますね ただ証拠があるかどうかです

回答日 2015年05月27日 00:27
この回答がある質問
残業代

まあ、問題ないでしょうね ただ、もはや裸同然だというのなら別ですが

回答日 2015年05月27日 00:10
この回答がある質問
公然わいせつ

土地工作物責任は、無過失責任ですので もうちょっと、対策が必要ですね

回答日 2015年05月26日 00:21
この回答がある質問
私道・私有地

他人の診断書をわたしたら 違法ですよ 偽造かもしれません

回答日 2015年05月26日 00:17

そのへんわ、病名など、詳細なことをきく必要がありますので 個別に弁護士に御相談ください また、期限が渡過しても 他に考えうる手段があるかもしれませんので

回答日 2015年05月25日 23:57
この回答がある質問
行政事件

不正受給で 詐欺罪にあたる行為ですね

回答日 2015年05月24日 01:12

そういう請求はできうりますが、証拠があるかが問題ですね

回答日 2015年05月24日 01:00
この回答がある質問
退去

職場環境が悪いことは、辞退する理由に該当しうるものですね

回答日 2015年05月24日 00:59
この回答がある質問
派遣

離婚するまで、夫婦なのだから、 原則、慰謝料請求は可能ですよ。 ただ、浮気によって どれだけ傷ついたかが変わってきますね。

回答日 2015年05月24日 00:56
この回答がある質問
別居

母子手当だけではなく、 生活保護の申請をされて そこで、今の経済状況を含めて 相談されたらいかがですか?? それが、一番確実ですよ。

回答日 2015年05月22日 01:00
この回答がある質問
民事・その他

まあ、広告のメリット、デメリット  両方ありますね

回答日 2015年05月21日 09:54
この回答がある質問
民事・その他

「返戻します」という、文言だけではなく 処分性は、総合的に、考えます。

回答日 2015年05月21日 00:31
この回答がある質問
行政事件

僅差で、反対が賛成をうわまったという 結果が出たということは、かなり重たい事実だと思います。

回答日 2015年05月19日 22:34
この回答がある質問
行政事件

所有する建物の敷地利用権です。 これは、独立した財産として、権利として承認されています。

回答日 2015年05月19日 22:31

借地権は、販売できます。 不動産屋などに、依頼されたらいかがでしょうか。 また、底地などを専門に取り扱っている業者も ネットで検索できますよ。

回答日 2015年05月19日 22:30
この回答がある質問
借地権の売買・譲渡

借地権は、売買できますよ。 ネットで、底地などを専門に取り扱っている業者などがありますよ。

回答日 2015年05月19日 22:29
この回答がある質問
借地

一般的に、借家権は、市場取引がされていないので、算定は困難ですが、 公共用地の用地取得の際に、 基準となる価格がありますが、 これをもって、直接的に借家権価格と評価はできません。

回答日 2015年05月19日 22:29
この回答がある質問
借家

生活保護要件を充足するならば、もらえますし。 悩まずに役所に、早急に相談に行ってください。

回答日 2015年05月19日 22:27

そんなことは、ありませんよ。 生活費をもらうことは、当然の権利ですので。 影響はありません。

回答日 2015年05月19日 22:26
この回答がある質問
別居

厳密には、住居侵入罪には該当しませんが。現在、過敏なので

回答日 2015年05月19日 12:20
この回答がある質問
住宅ローン

やはり医学的な資料でしょうね。

回答日 2015年05月19日 00:23
この回答がある質問
民事・その他

別の事故なら 別に請求できると思います

回答日 2015年05月19日 00:20
この回答がある質問
自賠責

開設にあたり問題はないですが、授業料を取るときに 特定商取引法など消費者法関係の法令は、気にしたほうがいいですね

回答日 2015年05月18日 16:39

地方分権の程度によると思います 私は、財政の効率的利用という点の地方分権は賛成しますが、 過度な自治は反対です。

回答日 2015年05月18日 16:18
この回答がある質問
民事・その他

国政の立場から、地方行政のことに対して、意見を述べるのは、地方分権に反するからではないでしょうか。

回答日 2015年05月18日 16:14
この回答がある質問
民事・その他

2,101 - 2,130 件を表示/全 2,293 件

現在営業中 00:00 - 24:00

高谷 滋樹弁護士へ問い合わせ

電話番号 050-5362-7577
メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日00:00 - 24:00
  • 土日祝00:00 - 24:00
定休日
なし
備考
年中無休。夜間・休日対応、出張相談対応。弁護士保険(特約)全保険会社対応。24時間メール・FAX・留守番電話受付。LINE・Skype・Zoom・WeChat相談対応。LINE/ID hlawosakajp Skype/ID hlawosakajp WeChat/ID hlawosakajp
交通アクセス
駐車場近く
設備
完全個室で相談
バリアフリー
「事務所建物入口から相談スペースまで車椅子で移動でき、トイレも車椅子のまま利用できる」を定義としています。
対応言語
英語