馬場 充俊弁護士 ばば みつとし

馬場 充俊弁護士

馬場総合法律事務所

京都府 京都市 中京区二条通寺町東入榎木町97 大興ビル3F
現在営業中 09:30 - 22:00
電話番号 050-5257-7942
分野を変更する

みんなの法律相談回答一覧

ありがとうがついた回答数:実名17 件/匿名:0件

修理費、時価額のうち低い金額の賠償を受け取ることができます。

回答日 2018年10月31日 21:22
この回答がある質問
過失割合

公正証書の正本、執行文、送達証明書を取得してください。公証人役場で教えて貰えます。 相手方の勤務する会社の代表者事項証明書、戸籍謄本、住民票も必要です。 その上で裁判所に提出する申立書を作成して...

回答日 2018年10月31日 21:19

ケースバイケースとなりますが、和解勧告後、新たな主張や証拠が無ければ、判決までの期間はそう無いと考えます。

回答日 2018年10月26日 21:21
この回答がある質問
財産分与

裁判所における相続放棄申述受理の審判は、相続放棄の意思表示を裁判所が公証する行為であって裁判ではないとされています(大阪高裁昭和27年6月28日決定)。 そのため、相続放棄の申述が受理されても、当...

回答日 2018年10月14日 01:20
この回答がある質問
相続放棄

物損はそうです。人損の場合で後遺障害分の損害については、後遺障害が確定した日から起算されます。

回答日 2018年10月13日 16:04
この回答がある質問
物損事故

事故日から起算されますが、内容証明郵便で債務を承認した内容を送った場合はその日から起算されます。

回答日 2018年10月13日 15:35
この回答がある質問
物損事故

同種案件を担当したことがあります。姻族関係終了届を提出後は扶養義務がありませんが、やはりこじれることが多いです。代理人弁護士を間に入れて話し合いを根気よくする必要性も出てくると思います。ここでの御相...

回答日 2018年10月13日 15:00

調停で決められた内容や条件面によると思います。

回答日 2018年10月13日 14:57
この回答がある質問
同棲

相手の住所がわからない場合でも、住民票の取得・探偵・弁護士による23条照会などで突き止めることは可能です。また就業場所がわかっている場合はそちらへの送達で手続はすすみます。 弁護士を立てる方が...

回答日 2018年10月13日 13:23
この回答がある質問
養育費

調停調書作成後は、取り下げができなくなり、無効や不服の申し立てもできなくなります。

回答日 2018年10月13日 13:04
この回答がある質問
同棲

相続の対象になります。そして、未登記不動産の場合は、表示登記がまずは必要になります。

回答日 2017年11月07日 19:37
この回答がある質問
相続登記・名義変更

そのような合算はされません。 自動車ローン以外の債務の金額も含めた債務を基準とした最低弁済額と自動車の査定とそれ以外の財産を含めた清算価値との比較をして、上回る方が弁済額となります。 詳細は弁護士に...

回答日 2017年11月02日 12:21
この回答がある質問
個人再生

> 法律等で定義が定められていたりするものではないんですか? 私が知るところでは定義が定められている法律はないです。

回答日 2015年06月30日 18:49
この回答がある質問
民事・その他

空き缶を欲しがる人たちにあげてはいけません。 廃棄物処理法違反になります。同法6条の2第6項や同法12条第5項を参照してください。 「事業者は、一般廃棄物処理計画に従つてその一般廃棄物の運搬又は処...

回答日 2015年06月30日 00:40
この回答がある質問
近隣トラブル

あなたが元貸主との間で使用貸借をしていたのであれば、貸主が変更になった場合、法律上は立退料を受け取ることはできません。使用貸借ではなく、賃貸借であれば話は異なります。 本来受け取ることができない立退...

回答日 2015年06月29日 21:55
この回答がある質問
使用貸借

丈量図は公共事業で用地買収の基礎となりますが、正しくは用地実測図と呼びます。 この図面を基に建物や構造物など地形地物を描き加えた図面が用地平面図です。 最も一般的な丈量図は道路など公共用地買収で発注...

回答日 2015年06月29日 21:44
この回答がある質問
民事・その他

法律事務所の事務員や秘書も弁護士の監督教育を受けたスタッフです。 弁護士不在の時などは安心して伝言して下さい。

回答日 2015年01月26日 16:06
この回答がある質問
民事・その他

1 - 17 件を表示/全 17 件

現在営業中 09:30 - 22:00

馬場 充俊弁護士へ問い合わせ

電話番号 050-5257-7942
メールで問い合わせ
お気に入りに追加

受付時間

受付時間
  • 平日09:30 - 22:00
  • 土日祝09:30 - 22:00
定休日
なし
備考
事情により、お電話に出れない場合があります。【メールでお問い合わせ】頂ければ折り返しご連絡いたします。

対応地域

経歴・資格
国際離婚取扱経験
事務所の対応体制
駐車場近く
完全個室で相談
バリアフリー
「事務所建物入口から相談スペースまで車椅子で移動でき、トイレも車椅子のまま利用できる」を定義としています。
英語