現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
安西 敦弁護士

( あんざい あつし ) 安西 敦

ひだまり法律事務所

現在営業中 09:00 - 20:00

犯罪・刑事事件

分野を変更する
【20年間の経験】【初回相談30分無料】【臨床心理士資格】
刑事事件・少年事件に強い弁護士をお捜しですか?刑事事件は初期対応が重要です。まずはお電話ください。
ひだまり法律事務所
ひだまり法律事務所
ひだまり法律事務所

犯罪・刑事事件の詳細分野

タイプ

  • 加害者

事件内容

  • 少年事件
  • 児童買春・児童ポルノ
  • 詐欺
  • 痴漢
  • 盗撮
  • 強制性交(強姦)・わいせつ
  • 暴行・傷害
  • 窃盗・万引き
  • 強盗
  • 横領
  • 交通犯罪
  • 覚せい剤・大麻・麻薬

対応体制

  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料
  • カード払いあり

犯罪に関連する領域について,被疑者・被告人・非行少年となった人たちと,犯罪被害者の人たちへの支援の双方から関わってきました。臨床心理士でもあり,丁寧にお話を聴くことを信条としています。初回相談は30分無料です。お気軽にご相談ください。

■刑事弁護・少年事件はお任せください
刑事事件・少年事件(非行少年の付添人)を中心に20年間の経験があります。
無実を争い,拘束からの解放をめざすのはもちろんですが,やったことが間違いない事件でも,立ち直って暮らしていくために今後どうしていけばいいか,弁護士と臨床心理士の両方の専門性を活かしてご家族にアドバイスします。

■刑事事件について
刑事事件は時間との勝負です。逮捕されてから,起訴か不起訴かを検察官が決めるまでの間の弁護活動がポイントです。可能な限り,お電話をいただいた即日に接見に向かいます。
https://al-cp-anzai.com/counseling/criminal/
ここで結果を出すには,急いで接見に行くだけでは十分ではありません。例えば,
・接見で,本人から聞いた断片的な情報をもとにして,検察官がつかんでいる証拠を推測し,必要なアドバイスをする
・黙秘するのか,むしろ言い分を積極的に話しておくべきかを判断する
こうした専門的判断をし,効果的な弁護をするには,様々な場面の経験を積んでいること,最新の知見を勉強していることが必要です。

■少年事件について
少年事件は,子どもが非行から立ち直るためのチャンスでもあります。一緒に,お子さんの将来について考えましょう。
https://al-cp-anzai.com/counseling/juvenile-delinquent/juvenile-parents/
・少年と何度も面会し,非行の原因や,これからの生活について話し合う
・ご両親と,子どもへの接し方について話し合う
・家裁調査官と,少年の問題点や良いところなどについて情報交換し,適切な処分を求めて交渉する
・学校に戻れるように,先生たちと協議する
・被害者の気持ちを少年と一緒に考える
こうした少年事件の仕事は,成人の刑事弁護とは異なるところが多くあります。是非,少年事件に専門性のある弁護士に相談してください。

■ご家族への手厚いサポート
多くの弁護士は,逮捕されている本人のサポートに全力を尽くします。もちろん私もそうです。でも,大変なのは本人だけではありません。ご家族にも大きなストレスがかかっているはずです。
他の家族への影響はあるのか,事情を知らない子どもにどう伝えればいいのか,釈放されて帰ってきたらどのように接すればいいのか,不安でいっぱいではないでしょうか。ご家族との面接の時間をとり,不安を減らすためのお手伝いをします。

■料金について
事案によって異なりますが,初回相談で詳しい事情をお聞きした後,契約前に,事件終結までにかかる総額が明確になるように見積もりを出しています。不明な点は十分にご説明しますので,安心してお問い合わせください。

■主な取り扱い業務
・少年事件,刑事事件(裁判員裁判対象事件,重大事件等含みます)
・犯罪被害者支援(刑事告訴の手続,警察・検察や裁判所への同行や交渉,被害者参加や意見陳述支援等。なお,身体・精神的被害の事件に限ります。消費者被害等は取り扱いません)
・いじめ,体罰等の学校生活に関連する問題等

====
◆アクセス
京都市営烏丸線 ・京都地下鉄東西線 烏丸御池駅から徒歩5分

◆ホームページ
https://al-cp-anzai.com/

犯罪・刑事事件

解決事例をみる

この分野の法律相談

15歳の高校1年の息子が原付無免で捕まりました。 その時に後ろに友達を乗せていて、警察から逃げた挙句、壁にぶつかって捕まっています。 一時停止無視などの違反もあったみたいです。 今まで補導歴とかは一切なく、初犯ですが、どうなりますか?? 高校はコロナの影響でまだ一度も登校してないのですが、...

現在はもう家に帰ってきているのでしょうか。そうであれば,何度か警察に呼ばれて取り調べを受け,捜査を終えると家庭裁判所に送られます。家庭裁判所では,調査官の面接を受けて,それから交通違反についての講習をうけたりして,その後に審判を受けて最終的な処分が決められます。 最終的な処分は,家庭の状況等によるのですが,保護観察になる可能性が高いのではないかと思われます...

安西 敦弁護士

先日違法風俗とは知らず金銭の受け渡しをして利用をしてしまいました。相手女性は成人。 建物を出た後たまたま警察官に呼び止められ色々質問をされました。元々目をつけていた場所だった その中で性行為があったかと言う質問をされた時に動揺しており「していない」と答えてしまいました。 その後こっちも腹を割...

売春防止法では,買春者は処罰されませんので,逮捕などの心配はありません。 警察署へ来てほしいというのは,警察はあなたではなくて違法風俗の業者のほうを検挙したいので,その業者が金をとって性行為をさせていたという証拠のために,客であるあなたからその話を聞いて証拠化したいということだと思われます。刑事があなたからくわしい話を聞き,話した内容をまとめた供述調書...

安西 敦弁護士

器物損壊事件の被疑者になり、ポリグラフ検査をすることになりました。見に覚えの無い事件のものの、少し不安です。こちらでポリグラフ検査について質問した際弁護士さんに、 >実際に、裁判においても、ポリグラフ検査のみをもって有罪と認定することはほぼありません。弁護側から、ポリグラフ検査の信憑性につ...

ポリグラフはさほど信用性のある証拠だとは考えられていませんので,ポリグラフだけで有罪だと認定されることはあり得ませんが,そこで妙な反応が出た場合,ポリグラフに反応したぞ,本当は嘘をついているだろう,と取調べで迫られるということは起こる可能性があります。 他の証言や映像等を足すと有罪になるかというのは,具体的に何があるのかについての情報がないと判断ができ...

安西 敦弁護士

犯罪・刑事事件の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 刑事事件・少年事件:初回相談30分まで無料
犯罪被害者支援事件,いじめ・体罰等事件:初回相談30分まで無料(日弁連委託援助,法テラス民事法律扶助をご利用いただく場合もあります。詳細はお問い合わせください。)
その他:30分 5500円
少年事件(未成年者の刑事事件) 【着手金・報酬金】
通常の事件
∟ 20〜40万円(着手金)
∟ 10〜30万円(報酬金)*

事実関係を争う,事案が比較的重大,
環境調整が困難等の事情がある事件
∟ 30〜50万円(着手金)
∟ 10〜50万円(報酬金)*

裁判員裁判対象事件
∟ 50〜100万円(着手金)
∟ 保護処分で終結 50〜100万円(報酬金)
∟ 検察官送致 0円(報酬金)

* 報酬金の発生条件は契約時に協議して決定します。
成人の刑事事件 【着手金・報酬金】
通常の事件
∟ 20〜40万円(着手金)
∟ 不起訴 20〜40万円(報酬金)
∟ 略式罰金 20〜40万円(報酬金)
∟ 検察官の求刑よりも2割以上減刑 10〜20万円(報酬金)

事実関係を争う,事案が比較的重大,
環境調整が困難等の事情がある事件
∟ 30〜50万円(着手金)
∟ 不起訴 30〜40万円(報酬金)
∟ 略式罰金 30〜40万円(報酬金)
∟ 検察官の求刑よりも2割以上減刑 10〜20万円(報酬金)
∟ 無罪 50〜100万円(報酬金)

裁判員裁判対象事件
∟ 100万円〜(着手金)
∟ 不起訴 30万円〜(報酬金)
∟ 略式罰金 30万円〜(報酬金)
∟ 検察官の求刑よりも2割以上減刑 30万円〜(報酬金)
∟ 無罪 100万円〜(報酬金)
犯罪被害者支援事件 【着手金・報酬金】
刑事事件に関連する支援
∟  20〜50万円(着手金)
∟  20〜50万円(報酬金)*

損害賠償等に関連する事件
∟  20〜50万円(着手金)
∟  20〜50万円(報酬金)*

* 報酬金の発生条件は契約時に協議して決定します。
いじめ・体罰等事件 【着手金・報酬金】
学校,相手方との交渉案件等
∟  20〜50万円(着手金)
∟  20〜50万円(報酬金)*

* 報酬金の発生条件は契約時に協議して決定します。
カウンセリング費用 7700円(1回:50分)
対応エリア 【少年事件・刑事事件】
京都・大阪・滋賀・奈良・兵庫を中心としていますが,岡山・香川・福井・愛知・静岡等でも時期によっては対応可能です。お問い合わせください。

当事務所から1時間半以上かかる場所への接見,出張等については,交通費実費と,日当(協議の上決定します)が必要になります。


【被害者支援事件】
当事務所にお越しいただける方であれば,ご住所,事件の場所はどこでも対応可能です。当事務所から1時間半以上かかる場所への出張が必要になる場合は,交通費実費と,日当(協議の上決定します)が必要になります。一度お会いした上で,その後の打ち合わせはSkypeやFacetimeを使用することも可能です。


【カウンセリング】
原則として,当事務所にお越しいただくことが必要です。ZoomやSkype,Facetime等での対応をご希望の方は,個別に対応しますのでご相談ください。
備考 弁護士費用の詳細についてご説明しています。
https://al-cp-anzai.com/fee/
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

犯罪・刑事事件の解決事例(3件)

分野を変更する

犯罪・刑事事件の解決事例 1

(少年事件)強盗致傷事件のメンバーの一員として関わったが,試験観察後,保護観察で終了したケース

  • 少年事件
  • 暴行・傷害
  • 強盗
  • 加害者
依頼主 10代 男性

相談前

少年と成人のグループが,メンバーの一人とトラブルのあった被害者を車で拉致し,暴行してお金を奪ったケース。依頼者の少年は,他の成人らが暴行している間に,被害者の鞄から財布をとったため,強盗致傷の共謀共同正犯として家裁送致されました。

相談後

依頼者の少年は,一人では強盗致傷などとてもできない少年だったのですが,集団での雰囲気に流されて財布を盗むという行為をしてしまったことを深く後悔していました。

被害者に謝罪したい,働いて盗んだものを弁償したいという希望があったので,それを実現するために試験観察にすべきだと裁判所を説得し,試験観察になりました。

試験観察開始後は,週に1回程度,家まで会いにいって少年から生活状況を聞き,仕事の継続についてのアドバイスをしました。そして,被害者と連絡を取り,少年を連れて被害者に謝罪に行きました。非常に厳しい言葉をぶつけられましたが,その場を持てたことで,被害者にとっても,依頼者の少年にとっても一つの区切りにできたようでした。

その後も仕事を続け,被害者に無事に弁償をし,最終審判では保護観察処分となって終了しました。

安西 敦弁護士からのコメント

安西 敦弁護士

調査官は,少年院送致にすることを強く主張したケースでしたが,付添人が,被害者と会っての直接の謝罪と弁償を実現するために試験観察が必要であるとして,自宅に戻ってからの家族のバックアップのプランを詳細に立てて裁判官を説得した結果,試験観察が実現できました。

被害者にとっても,依頼者の少年にとってもベストな解決ができたケースであったと思います。

犯罪・刑事事件の解決事例 2

殺人罪の共謀共同正犯に問われたが,不起訴になったケース

  • 加害者
依頼主 女性

相談前

家族の一人を自殺に見せかけて殺したと疑われ,残った家族が殺人罪で逮捕されました。
警察では,極めて激しい取調べがなされ,依頼者と弁護士との接見を故意に遅らせるなどの妨害行為もなされており,嘘の自白を強要される危険が極めて高い事件でした。

相談後

自白を強要する取調べが朝から晩まで続きましたが,毎日の,ときには1日に2回の接見を続けました。依頼者の体調に問題が生じたときは取調べを打ち切るように交渉したりして,虚偽の自白をさせられないようにサポートし続けました。一方で,検察官に対しては,共謀を起訴づける証拠がないことを突きつけて不起訴を迫りました。

その結果,勾留期間の最後まで虚偽自白をさせられることなく頑張り抜くことができ,嫌疑不十分で不起訴になりました。

安西 敦弁護士からのコメント

安西 敦弁護士

警察は,こうした激しく争うケースでは,ときにはどんな手段でも使って自白をとろうとします。家族へのプレッシャーをかけたり,依頼者と弁護人との間の信頼関係を裂こうとして弁護人についての嘘の情報を伝えたりすることもあります。

そうしたケースでは,十分な経験のある刑事弁護人がついて,毎日の接見を行い,不当違法な捜査に対しては徹底して争う活動をすることが必要です。

犯罪・刑事事件の解決事例 3

公職選挙法違反に問われたが,不起訴になったケース

  • 加害者
依頼主 80代以上 男性

相談前

公職選挙法違反が疑われ,高齢の依頼者が,警察に任意取調べとして連れて行かれ,午前9時から午後9時頃まで取り調べを受けていました。次の日も,その次の日も取調べに連れて行かれたのですが,3日目に,持病のあった依頼者の体調が悪化しているのを心配した家族が相談に訪れました。

相談後

相談後すぐに警察署に向かい,高齢の依頼者を取調室から救出して外に出てきてもらいました。刑事から引き離して話を聴いたところ,もう取り調べを受けたくない,家に帰りたいという意思を確認できたので,取調べをしていた刑事にそれを伝え,その場で連れ帰りました。

後日,警察には常軌を逸した取調べの抗議をし,入院することになったので当分取調べには応じない旨告げたところ,1か月後,取調べがなされないまま,不起訴処分となりました。

安西 敦弁護士からのコメント

安西 敦弁護士

警察から呼び出されると,任意取調べといえども,通常は拒否することは難しいものです。そうして任意という名の下に,長時間の取調べが連日なされるパターンは少なくありません。このケースでも,体調に問題があるのに,刑事は無理に連れて行き,体調不良を訴えても家に帰さずに長時間の取調べを続けていました。

こうしたケースでも,弁護士をつければ,すぐに警察署から連れて帰ることができます。速やかな相談により,依頼者の体調が悪化して倒れるという最悪の事態を避けられたケースでした。

犯罪・刑事事件

特徴をみる

所属事務所情報

地図を印刷する
所属事務所
ひだまり法律事務所
所在地
〒604-8241
京都府 京都市中京区三条通新町西入釜座町22 ストークビル三条烏丸605
最寄り駅
京都市営地下鉄烏丸御池駅
交通アクセス
駐車場近く
受付時間
  • 平日09:00 - 20:00
定休日
土,日,祝
備考
移動中など出られない時間帯がありますが,留守番電話にメッセージを入れていただければ折り返しお電話いたします。
対応地域

関西

  • 大阪
  • 兵庫
  • 京都
  • 奈良
  • 滋賀
設備
  • 完全個室で相談
  • バリアフリー
事務所URL

所属事務所の取扱分野

注力分野
  • 逮捕・刑事弁護
  • 少年事件
  • 犯罪・刑事事件
取扱分野
  • 逮捕・刑事弁護
  • 少年事件
  • 犯罪・刑事事件

電話で問い合わせ
050-5349-7220

メールで問い合わせ

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

現在営業中 09:00 - 20:00

安西 敦弁護士へ問い合わせ

電話番号 050-5349-7220
メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日09:00 - 20:00
定休日
土,日,祝
備考
移動中など出られない時間帯がありますが,留守番電話にメッセージを入れていただければ折り返しお電話いたします。
交通アクセス
駐車場近く
設備
完全個室で相談
バリアフリー
「事務所建物入口から相談スペースまで車椅子で移動でき、トイレも車椅子のまま利用できる」を定義としています。