現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
松島 達弥弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。

交通事故1

借金・債務整理5

遺産相続5

全国7

京都府2

みんなの法律相談回答一覧

実名回答数:2,051 件/匿名回答数:12件

そもそも、公正証書を作成されるのであれば、公証人が正式文案を作成してくれるはずです。 そこで、相談者様としては 第3条関係として、どの様な分割返済のルールにするのか 第6条関係として、どの...

回答日 2021年02月22日 16:43
この回答がある質問
公正証書

 借入や契約時に返済の意思も能力もない状態であれば、詐欺に問われる可能性はあります。  しかし、返済期間中に返済能力を失ったような場合であれば、一般的な貸金業者であれば、詐欺を主張してくることはめ...

回答日 2021年02月22日 14:57
この回答がある質問
逮捕・刑事弁護

①は法的に問題はありませんが、日本語としては重複していると感じます。 小職の場合、②に近い表現をしていることが多いですね。

回答日 2021年02月22日 11:12
この回答がある質問
契約

未払いがつづいたら警察呼び出しや逮捕もありますか? 一度も返済せず現在に至っているのであれば、詐欺として立件されるリスクはあります。 しかし、返済をしていたが途中ではらえなくなった事案であれ...

回答日 2021年02月22日 09:49
この回答がある質問
逮捕・刑事弁護

教師の行動が指導ではなく、人格非難に過ぎないのであれば、民事的に賠償請求をすることが可能です。また、事案によっては名誉棄損罪等という形で刑事手続にすることも可能です。 相談者様の感情的には刑事...

回答日 2021年02月22日 09:38

 検察官は、不用意に処分の見通しを伝えたりはしません。  そのため、本件のような場合、処分の内容が変わるのは、本当に極めて例外的な場合と考えます。  例外的な場合としては以下のような事案があ...

回答日 2021年02月19日 18:56
この回答がある質問
起訴・刑事裁判

結婚しているA妻 B夫がいるとします。 結婚していないC女 D男がいるとします。 Aの貞操義務(夫婦が互いに性的純潔を保つ義務のこと)はBに対してのみ、Bの貞操義務はAに対して生じています。...

回答日 2021年02月19日 18:40
この回答がある質問
不倫

交渉が平行線を辿る場合には、①弁護士による請求や②訴訟での請求に進む必要があります。 本件で弁護士費用特約や弁護士費用保険が利用できるのであれば、これらをしても、経済的に相談者様が損をすることには...

回答日 2021年02月19日 18:16

ホッチキス止めにする場合には多々注意点が増えます。 A4で2枚なのであれば、横に2枚ならべた状態コピーしA3の1枚ものの契約書にされてはいかがでしょうか。 その方が、疑義なく作成できるものと考え...

回答日 2021年02月19日 14:17
この回答がある質問
契約

そもそも、弁護士報酬の設定方法や、回収の方法については各弁護士がそれぞれに方法を決めております。 そこで、依頼を検討されているのであれば、複数の弁護士から見積と説明を受けてみてください。 その中...

回答日 2021年02月19日 09:55

ご相談者様のような事例であれば、「●●に××を遺贈する(ただし、その時点で●●が法定相続人の立場にある場合には「遺贈する」を「相続させる」と読み替える。)」などという表現にしておかれてはいかがでしょ...

回答日 2021年02月19日 09:52
この回答がある質問
遺贈

① 詐欺罪で訴えることはできません。 ②③ 不倫をしていること自体は問題です。   もっとも、現時点では、相手方の夫が関与していないようなので、相談者様との関係でのみ問題を考えることになります。...

回答日 2021年02月19日 09:50
この回答がある質問
不倫

当時の状況がご説明からは完全に理解できませんので、一般論にとどまりますが、例えば、3者が絡む事故で後続車や歩行者に損害が生じている場合には、共同不法行為という形で相談者様に被害者から賠償請求が行われ...

回答日 2021年02月19日 09:40

なお、ややこしい処理は必要となるものの、多くの案件では、それなりに穏当に解決できるのが実情であるため、悲愴な自体に陥っているという状況ではないはずです。 交通事故案件であれば、人身傷害保険以上...

回答日 2021年02月18日 19:20
この回答がある質問
治療費

人身傷害保険が、自由診療の治療費の支払いに対応してくれていて、相談者様が自由診療で通院されているのであれば、問題ありません。 しかしながら、人身傷害保険が、健康保険診療分の治療費の支払いにしか...

回答日 2021年02月18日 19:16
この回答がある質問
治療費

1 ご相談者様の案件の場合であれば、単に、誰に何を渡すかだけを記載すれば足りるものと考えます。死後に一部の人間の感情を害するような遺言書になっていると返って遺言無効等の紛争を招きやすいと考えます。 ...

回答日 2021年02月18日 18:56
この回答がある質問
遺言書の書き方

若干遅い気はしますが、訴状が200頁に渡るとなると単に訴状審査に時間を要しているだけの可能性もあります。 現時点で既に、係属部は決まっているはずですので、裁判所の訴状受付に連絡をし、係属部を確認し...

回答日 2021年02月18日 18:47
この回答がある質問
訴状

質問1 相続放棄後に、生命保険の精算金が支払われる場合、これは生命保険本体ではなく、お母様の権利の承継となりますので、相続放棄をされた方はこれを受け取ることはできません。 そこで、同順位の法定相...

回答日 2021年02月18日 12:41
この回答がある質問
相続放棄

上記で、相続で引き継いだ場合と記載しましたが、相続放棄をされる場合には、相続で引き継ぐことにはなりません。

回答日 2021年02月18日 12:33

借金の支払いは、保証人になっている場合や、相続で引き継いだ場合を除き、家族に支払い義務は発生しません。 ただ、結局のところ、ご主人様の負債の問題は家計に打撃を与える状況につながるはずです。 そこ...

回答日 2021年02月18日 12:32

①控訴期間が2週間あるのですが、賠償金の請求はどのタイミングで始めるものでしょうか。裁判所から再度連絡があるものでしょうか?  請求行為自体は、今すぐ初めていただいてもかまいません。  仮執行付...

回答日 2021年02月18日 10:21

個人での貸し借りの際に、家族を通じて債権回収を図ろうとする事例は実際には少なくありません。 もっとも、そもそも、法的には、実家家族は責任を負う立場にありません。 そのため、「負債を負っているとい...

回答日 2021年02月18日 10:13
この回答がある質問
回収方法

 相手に見せるつもりがない文書であれば、非開示の上申とともに提出する必要が在りますので、ご注意ください。  空欄に関しては特に意味はないものと考えます。

回答日 2021年02月18日 10:00
この回答がある質問
モラハラ

子が未成年であれば、親でも被害届は出せると思います(正確な知識に基づく回答ではなく、個人的な意見です。)。ただ、その辺りは警察の運用次第ですね。 いずれにせよ、被害届をだせようが出せまいが、被害者...

回答日 2021年02月17日 17:56
この回答がある質問
犯罪・刑事事件

質問1  告訴とは、簡単に言えば【被害者が】、捜査機関に対し犯人に対する処罰を求める手続きです。    ご相談者様の場合、第三者であるがゆえに被害届が提出できないという場合であれば、告訴もでき...

回答日 2021年02月17日 16:48
この回答がある質問
犯罪・刑事事件

陳述書や主張書面の提出は、当日提出でも問題ありません。 また、調停で話した内容について、直ちに信用されないということはありません。 しかしながら、信用性を高めたいのであれば、「主張書面」という形...

回答日 2021年02月17日 14:46
この回答がある質問
モラハラ

不倫相手女性が夫に対して何らかの請求をする場合が考えられます。 例えば、典型的なパターンでいえば ①不貞相手が相談者様に一定の賠償額を払った(支払うことになった)場合、不貞相手女性は、相談者様の...

回答日 2021年02月17日 09:47

どのように対処するかは弁護士によってまちまちです。 ただ、良識のある弁護士であれば、費用見積もりの説明の段階で、そのあたりの設定方法をきちんと説明するはずです。 その説明を受けたうえで、依頼した...

回答日 2021年02月17日 09:42
この回答がある質問
通常訴訟

被害填補の被害感情は相当大きいのでしょうね。 示談が不成立ということですが、贖罪寄付等は検討されましたか。 検討されていないようであれば、一度、担当弁護士と相談してみてください。

回答日 2021年02月16日 17:59
この回答がある質問
起訴・刑事裁判

前科前歴の時期や、今回の示談の成立の有無にもよりますが、私が担当弁護士であれば、「仮に、本件に関し、示談ができていないのであれば、執行猶予は厳しいのではないか」と説明すると思います。

回答日 2021年02月16日 15:41
この回答がある質問
起訴・刑事裁判

1 - 30 件を表示/全 2,048 件

1 2 3 4 5 ... 30 ... 50

松島 達弥弁護士へ問い合わせ

電話番号 050-5284-9168
メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日08:00 - 22:00
  • 土日祝08:00 - 22:00
定休日
なし
備考
留守番電話にメッセージを残していただければ、確認後に折り返しご連絡を差し上げます。

対応地域