お気に入りに追加
新保 英毅弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。

京都府6

( しんぼ ひでたか ) 新保 英毅

新保法律事務所

みんなの法律相談回答一覧

住所に誤記があっても相手方宅に配達され相手方が受け取っていれば問題ないでしょう。 戻ってきた場合は再送されるといいでしょう。

回答日 2022年02月24日 19:53
この回答がある質問
内容証明郵便

理論上は、相手方が把握していない2015年~2020年分は前回の請求の対象に入っていなかったとはいえ、同じ相手との反復継続した男女関係であれば、精算条項を入れた当事者間の合理的意思としては合意前の男...

回答日 2022年02月24日 19:50
この回答がある質問
不倫慰謝料

たとえ、不倫をした配偶者に対してであっても殴る蹴るの暴力は違法であり、犯罪行為です。 殴られた痕の写真撮影、診断書等証拠を保全しておき、今後の慰謝料請求の準備をされるといいでしょう。 場合によっ...

回答日 2022年02月22日 19:40
この回答がある質問
不倫

子ども名義のマンションは相続財産として遺産分割の対象となります。 相談者と子どもとの間に賃貸借契約の締結等がないかぎり、今後も当然に居住する権利が成立することを前提に居住権相当額の控除という主張は...

回答日 2022年02月20日 09:28
この回答がある質問
相続

理論上は、不貞をして一方的に別居した側からの婚姻費用分担請求が権利濫用・信義則違反として制限される可能性はあります。(その場合でも制限されるのは配偶者分だけであり、子どもの養育費相当額の支払義務は残...

回答日 2022年02月20日 09:22

亡夫が資金を出して購入し亡夫所有名義の軽トラックは、亡夫の相続財産です。 義母の主張は法的にはおかしいと思います。

回答日 2022年02月19日 08:52

お困りのことと思います。 不倫した有責配偶者側からの離婚請求は一定制限され、①相当長期間の別居の有無、➁未成熟子の有無、③離婚による他方配偶者の困窮などの事情を考慮して信義則に反しないと認めらえる...

回答日 2022年02月19日 08:02

金額白紙の借用書に署名押印だけ先にして、貸主側が勝手に金額を記載したということですね。 理論上は、記載した金額の授受がなければ、その金額を返済する必要はないことになります。 ただし、現時点である...

回答日 2022年02月19日 07:55

> 生命保険金は遺産分割の対象となるのでしょうか?受取人だけの権利ではないのでしょうか? → 受取人指定のある生命保険金は、受取人固有の財産ではあり、相続財産(遺産分割の対象財産)とは区別さ...

回答日 2022年02月19日 07:51
この回答がある質問
遺産分割協議

1 生命保険の指定受取人(父)が被保険者(祖父)より先に死亡して受取人変更手続がなされない場合、通常は、受取人の法定相続人(本件では相談者)が受取人になると思われます。 ただし、これは保険契約の内...

回答日 2022年02月19日 07:39
この回答がある質問
遺産分割協議

いったん取り決めた養育費の変更を請求するためには、(双方が合意すれば格別ですが、)取決時からの事情変更(収入の増減や特別支出の発生等)が必要でしょう。 標準算定額から少し低かったからといって、その...

回答日 2022年02月19日 07:34
この回答がある質問
養育費

15年前の借入で、その後、裁判等がなければ、消滅時効が完成している可能性が高いでしょう。 ただし、法律上消滅時効が完成していても、債権回収会社等に債権譲渡されて、請求が来る可能性はあります。 借...

回答日 2022年02月17日 17:13
この回答がある質問
相続

当方から申立てをすることも可能です。 ただ、調停を申し立てるかどうかより、当方も弁護士に依頼されることが重要かと思います。

回答日 2022年02月15日 18:08
この回答がある質問
不倫

1 婚姻前から保有していた100万円は特有財産ですので、差額の50万円が財産分与の対象でしょう。 2 婚姻前から保有していた財産は、特有財産でしょう。 3 別居時点が財産分与の基準となり...

回答日 2022年02月15日 18:05
この回答がある質問
離婚・男女問題

単に、時間と労力をあまりかけたくないということかもしれませんが、悪く考えると、調停委員という第三者の関与のない状態で、自分の代理人弁護士主導で有利な条件を飲ませようと考えている可能性もあります。 ...

回答日 2022年02月15日 18:02
この回答がある質問
不倫

離婚が成立しておらず財産分与により不動産の帰属が確定していない以上、退去を強制することはできないでしょう。 ただし、相談者が住宅ローンの支払いをできなくなれば、金融機関が競売申立てをしますので、妻...

回答日 2022年02月12日 19:45
この回答がある質問
調停離婚

夫の不貞が原因で別居しお互い離婚すること自体は合意しているのであれば、婚姻関係破綻後の男女交際ということになり、慰謝料の対象となる不貞とはならないでしょう。 なお、離婚前に妊娠している場合、原...

回答日 2022年02月12日 12:37
この回答がある質問
不倫

非免責債権である悪意の不法行為該当性は、客観的事情から裁判所が判断することになりますので、当事者間でそのような合意をしたからといって必ずしも非免責債権と認定されるわけではないでしょう。 ただし、相...

回答日 2022年02月12日 08:15

口頭弁論期日の指定は、裁判所の専権ですので、当事者側からは早期開催を求める上申書を提出するくらいしかないでしょう。 あと、民事裁判はかならず、相手方に訴状を送達して反論の機会を与える必要があります...

回答日 2022年02月12日 08:10
この回答がある質問
不動産賃貸

1 受取人指定のある生命保険金は相続財産とは別個の受取人固有の財産です。  そして、自分の固有財産をどのように使おうと自由ですので、固有財産から被相続人の債務を第三者弁済することも可能です。  ...

回答日 2022年02月11日 21:23

1 例えば、「甲と乙は、(相続不動産)を売却処分し、売却代金から測量費用、登記費用、不動産譲渡所得税、その他売却に伴い発生する一切の費用、被相続人の公租公課を控除した残金を2分の1ずつ取得する」とい...

回答日 2022年02月11日 21:10

お困りのことと思いますが、法律上は親子の関係を断ち切るということはできません。 親子関係があることにより生じる法律上の問題は、相続と扶養です。 相続については、逝去を知ってから3か月以内に相続放...

回答日 2022年02月11日 21:03
この回答がある質問
家族の借金

通常は、婚姻費用標準算定額の中に保育料負担分も含むことになるので、裁判所が決めた婚姻費用とは別に保育料半額を負担するということにはならないでしょう。

回答日 2022年02月11日 21:00

父子関係がないことが判明したということでしょうか。 そうであれば、極めて重大な想定外事由であり、精算条項の対象外と評価できるでしょう。 ただし、形式上は精算条項をたてに拒否される可能性もあります...

回答日 2022年02月05日 18:56
この回答がある質問
離婚慰謝料

受取人指定のある生命保険金は受取人固有の財産と評価され、相続放棄をしても受け取ることが可能です。 ただし、税務上は、相続税の対象となり、かつ、相続放棄したことで相続人の非課税枠の適用がなくなります...

回答日 2022年02月05日 18:39

基本的には別居の有無が重要ですが、妻からの離婚要求によりいったん離婚届に双方が署名したこと、その後、妻がマッチングアプリを始めた事情を合わせて考えると、すでに婚姻関係が破綻していると認定される可能性...

回答日 2022年02月05日 17:55
この回答がある質問
離婚・男女問題

1 調停は、双方が同意しない限り成立しませんので、相談者が「そのような条件であれば離婚はできません」と拒否すれば、離婚を強制されることはありません。  ただし、調停委員から早期解決を促される可能性...

回答日 2022年02月03日 22:15
この回答がある質問
調停離婚

別居前に別居同意書がなくても現実に別居している以上、双方の収入額により計算した婚姻費用分担請求は可能です。 今後の離婚を進める上では双方合意の上別居した証拠は有益ですが、婚姻費用調停の段階では必要...

回答日 2022年02月03日 07:36

2年前であれば消滅時効は完成していません。 また、合意書の取り交わし等がなければ、口頭で解決した、という反論は難しいでしょう。 他方で、500万円の請求は、相場より多額です。 弁護士に依頼して...

回答日 2022年01月11日 13:59
この回答がある質問
不倫慰謝料

相手方がアルバイトや水商売であっても、給料(ないし報酬)を支払っている使用者が誰(どの会社)かわかれば、債券差押は可能です。 相手方がめぼしい宝飾品等を持っているなどの事情がない限り、一般的に、動...

回答日 2022年01月11日 13:54

61 - 90 件を表示/全 8,104 件

新保 英毅弁護士へ問い合わせ

電話番号 050-5281-6808
Webで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日09:00 - 21:00
  • 土曜09:00 - 12:00
定休日
日,祝
備考
ご予約により夜間、土日も対応いたします。
メールフォームは24時間受け付けております。
大阪市福島区、北区周辺エリアについて、出張相談対応いたします。
交通アクセス
駐車場近く