お気に入りに追加
新保 英毅弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。

京都府6

( しんぼ ひでたか ) 新保 英毅

新保法律事務所

みんなの法律相談回答一覧

前提として、亡兄には子がいない(あるいは相続放棄した)ということですね。 亡兄に連帯保証債務(負債)がある場合、母が相続すれば、高齢で認知症であっても、相続人として亡兄の連帯保証債務を引き継ぎます...

回答日 2022年11月23日 07:39

年金があれば、年金収入に基づいて婚姻費用の分担を求めることは可能でしょう。

回答日 2022年11月03日 08:48
この回答がある質問
離婚・男女問題

自宅不動産の価格をどう設定するかは、離婚財産分与でその不動産をどちらが取得するかという場面で結論が変わってきます。 すなわち、自分が取得したい場合は値段を低く評価してもらった方が有利であり、相手が...

回答日 2022年10月30日 12:31

9年前に相談者名義の自宅建物を建築し、今般、2世帯住宅の形でリフォームした事実経過からすると、母名義の土地に相談者の自宅建物所有目的で借地権ないし使用借権が設定されたと評価できます。 したがって、...

回答日 2022年10月20日 07:48

> 慰謝料について、後からの減額・増額は可能なのでしょうか? > 合意するまでの間は、適宜減額可能です。 交渉の中で、今後は接触しないことを条件に減額することが考えられます。 ...

回答日 2022年10月19日 10:19
この回答がある質問
不倫慰謝料

まずは前提として、法人の財産・収入と父個人の財産を区別した上で、誰と誰との間のどのような契約に基づき、何を取得したのか整理した方がいいかと思います。 状況としては、父が株主である会社が保有する...

回答日 2022年10月19日 07:28
この回答がある質問
特別受益

相手方が建物取得代金や借地料を払っていないのであれば、土地利用権について相手方に強い権利はないと考えられそうです。 ただし、土地上の建物の2分の1を相手方名義にしたことから、やはり一定の土地利用権...

回答日 2022年08月10日 10:24

原則、夫婦の協力によって維持形成した財産でなければ、財産分与の対象にはなりません。 ただし、義父からの贈与が、夫婦に対する贈与と評価される事情があれば(そのようなケースは少なくないでしょう。)、離...

回答日 2022年08月10日 08:51

受取人指定のある生命保険金は、受取人固有の財産であって、相続財産ではありませんので、相続放棄しても受取人として受領可能です。 相談者が母名義の生命保険(共済)の保険料を負担しているという事情は、相...

回答日 2022年08月10日 08:47

離婚前の財産分与合意も相当な内容であれば有効とする裁判例はあります。 ただし、具体的な内容、離婚の時期等にもよりますので、個別具体的に法律相談を受けられた方がいいでしょう。

回答日 2022年07月16日 20:11
この回答がある質問
離婚・男女問題

理論上は、法律の解釈は裁判所の専権事項であり、当事者が証拠により立証すべき対象ではありません。 ただし、条文解釈に争いのある場合、関連する裁判例や学者の論文を証拠ないし資料として提出することはあり...

回答日 2022年07月16日 18:45

夫婦双方から離婚調停と円満調停が申立てられた場合、同時審理となるでしょう。 したがって、申立の先後を考える実益はあまりないと思われます。

回答日 2022年06月04日 12:12
この回答がある質問
調停離婚

仮処分の申立てで、被保全権利の疎明ができず却下された事案であっても、別途、本訴提起すること自体は可能です。 保全と本訴は、通所は別の裁判官が担当します。 ただし、保全における被保全権利の疎明より...

回答日 2022年06月04日 09:23

ご事情分かりました。 まだ別居期間が短いので、相談者側に不貞等の決定的落ち度がない限り、現時点で夫からの離婚請求が認められる可能性は高くないとは思います。 別居期間3年程度というのは一つの目安で...

回答日 2022年06月04日 08:46
この回答がある質問
離婚・男女問題

1 相続放棄申述の有無は、被相続人の最後の住所地の家庭裁判所に照会することになります。  上記家庭裁判所の照会で相続放棄が確認できない以上、兄が相続人であることを前提に対応を考えた方がいいでしょう...

回答日 2022年06月04日 08:07
この回答がある質問
相続放棄

閲覧制限がなされていない限り、民事裁判の訴状、証拠説明書、証拠、全て閲覧可能です。

回答日 2022年05月07日 17:48

相手男性の現妻が相談者に対し、退職しなければ職場に暴露すると迫るのは相当問題のある行為でしょう。 弁護士に依頼して、もし暴露した場合は慰謝料請求をする旨警告しておくことが考えられます。 相手...

回答日 2022年05月05日 22:30
この回答がある質問
不倫慰謝料

1 現時点で、亡父名義の不動産は、母と相談者らの遺産共有状態になっていますので、①そのままの状態で母が亡くなった場合、亡父の未分割遺産として相談者らにも遺産共有持分が残ることになります。  ②相談...

回答日 2022年05月05日 21:40
この回答がある質問
相続放棄

免責不許可になった場合、債務の支払い義務が残ります。 ただし、免責不許可事由がある場合、同時廃止にはならず、免責調査型の破産手続に移行しますので、本件で同時廃止になったのであれば、(債権者からの意...

回答日 2022年05月05日 16:37
この回答がある質問
自己破産

理論上、亡父契約名義で差し入れた賃貸借保証金は、亡父の相続財産ですので、相続放棄する以上、保証金の継続は難しいと思います。 賃貸人(都側)に事情を説明して、新たな賃貸借契約を締結する形とし、新たに...

回答日 2022年05月05日 16:30

民事裁判は公開されていますので、事件番号まで特定すれば、記録閲覧も可能ですので、次回期日の確認も可能でしょう。 ただし、当事者名だけ告げて次の日程を教えてほしいと電話で問い合わせても教えてもらえな...

回答日 2022年05月05日 09:03
この回答がある質問
通常訴訟

単に、婚姻期間20年を超える配偶者の贈与税免除を利用する目的でなされた贈与であれば、財産分与の対象になり得るでしょう。 他方で、婚姻中ではあるものの、財産の清算目的で確定的に当該不動産の帰属を決め...

回答日 2022年05月04日 16:11

親権者母の再婚相手と子が養子縁組した場合、第一義的な扶養義務は養父に移りますので、養育費の減免は避けられないと思います。 前夫からの養育費減免請求を阻止するための離縁ということになると、前夫からも...

回答日 2022年04月14日 09:47
この回答がある質問
養育費

賃借人本人と保証会社との合意内容次第だと思います。 理論上は、これまでの滞納分について、債務不履行状態を解消した上で分割払いとする合意が締結されたのであれば、ご相談者のおっしゃる通りだと思います。...

回答日 2022年04月14日 09:37
この回答がある質問
家賃保証会社

1 婚約相手の浮気で関係が破綻したのであれば、慰謝料請求が可能でしょう。 2 相手女性が男性が婚約中であることを承知しながら関係を持ったのであれば、慰謝料請求が可能でしょう。 3 相手の浮気が原...

回答日 2022年04月02日 14:30
この回答がある質問
不倫慰謝料

相手方が協議離婚に応じてくれない場合は、離婚調停の申立てをし、離婚調停が成立しない場合は、離婚訴訟を提起する必要があります。 一般論として、不貞をした側からの離婚請求は、一定程度制限され、➀相...

回答日 2022年03月13日 07:58

親からの住宅購入資金借入も実質的には住宅ローンと同様でしょうから、財産分与対象財産から控除すべきでしょう。 ただし、相手方が争ってきた場合、借入の事実と金額を証明できるようにしておく必要があります...

回答日 2022年03月13日 07:34

②仮に、受遺者、相続人の住所や生年月日の記載が多少不正確であっても、他の情報(氏名や続柄等)からその人であると特定できれば、有効でしょう。 ①仮に、誤記により受遺者を特定できなかった場合でも、当該...

回答日 2022年02月24日 20:00

理論上は、相手方が把握していない2015年~2020年分は前回の請求の対象に入っていなかったとはいえ、同じ相手との反復継続した男女関係であれば、精算条項を入れた当事者間の合理的意思としては合意前の男...

回答日 2022年02月24日 19:50
この回答がある質問
不倫慰謝料

一般的には、裁判官が親権の判断をするために調査命令を出しているわけですから、調査官意見書の内容は裁判官の判断に大きく影響を与えます。 よほど時間が経過したり、事情変更がないかぎり、調査官意見書が尊...

回答日 2022年02月24日 19:46
この回答がある質問
裁判離婚

1 - 30 件を表示/全 3,602 件

1 2 3 4 5 ... 30 ... 50

新保 英毅弁護士へ問い合わせ

電話番号 050-5281-6808
Webで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日09:00 - 21:00
  • 土曜09:00 - 12:00
定休日
日,祝
備考
ご予約により夜間、土日も対応いたします。
メールフォームは24時間受け付けております。
大阪市福島区、北区周辺エリアについて、出張相談対応いたします。
交通アクセス
駐車場近く