松浦 由加子弁護士 まつうら ゆかこ

松浦 由加子弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。
京都府 7

松浦法律事務所

京都府 京都市 中京区車屋町通丸太町下ル砂金町409-1
分野を変更する

みんなの法律相談回答一覧

実名回答数:306 件/匿名回答数:22件

面会交流をそのものを一切断るのならともかく、宿泊を断れるだけでしたら親権変更が認められることはまずないと思います。月1回3時間程度は、普通ですので。 また、養育費が認められないことはまずないと...

回答日 2020年01月03日 23:29
この回答がある質問
離婚・男女問題

面会交流の審判は、子の監護に関する審判ですので、家事事件手続法85条と156条により子の父母は即時抗告ができます。その期間は、2週間です(同法86条)。 期間のカウントは、86条2項で以下の通り規...

回答日 2020年01月03日 23:26
この回答がある質問
面会交流

4月1日から改正される執行法に基づけば、支店まで特定する必要はなく、その銀行のすべての口座、つまり全店照会が印紙2000円で可能になると言われています。いま使われている弁護士照会制度でも、全店照会に...

回答日 2020年01月03日 22:55
この回答がある質問
養育費

こちら側が原因というのはなんでしょうか?それによって、慰謝料の金額は異なってきますが、100万円というのは一般的には普通の金額だと思います。 養育費の金額は、裁判所の算定表という基準表をもとに両親...

回答日 2019年12月30日 14:49
この回答がある質問
養育費

面会交流の調停でも審判でも効力は同じですが、面会交流の場合は条項を詳細に決めていないと強制執行ができません。現段階でできることは、履行勧告や慰謝料請求を行うほか、まずは強制執行ができるかどうかを確認...

回答日 2019年12月30日 14:38
この回答がある質問
面会交流

警察に接触を禁止されているのは、何を根拠としているかわかりますか? ストーカー規制法ですか? ストーカー規制法などの法的根拠があるならば、警察にもとに戻りたいと申入れ、どうしてもやめてほしい...

回答日 2019年12月30日 12:11

養育費の取り決めが口約束だったということですので、話し合いで決着がつかなければ家裁の調停で決めるしかありません。しかし、まずは話し合いでの解決を図られればと思います。 増額は拒否してよいと思います...

回答日 2019年12月30日 12:05

その調停条項で、間接強制、つまり会わせない場合に裁判所に制裁金を課せられるほど詳細が決められているかがまずポイントです。それは、弁護士に面談に相談して判断してもらった方がいいと思います。 このほか...

回答日 2019年12月30日 11:59
この回答がある質問
面会交流

現段階で返してくれということも可能ですが、返してくれない場合は年明けに返ってくるかどうかがカギになります。警察は民事不介入として関与したがらないかもしれないので、そうすると民事で手を打つしかないです...

回答日 2019年12月30日 11:57

理論上は名誉毀損罪は成立しうるでしょうが、名誉棄損の程度が感覚なところがあって扱いにくいからか、警察に立件してもらうにはハードルが高いと思います。また、立件されても、そんなに罰金程度で済む可能性が高...

回答日 2019年12月30日 11:52
この回答がある質問
被害届・告訴・告発

子どもを連れ去られた、ということでしょうか? ご心配ですね。。 監護権は既に審判で決定されているならば、誘拐になり得るので警察に相談することも考えられますし、民事上は引渡の審判を申し立てることが考...

回答日 2019年12月30日 11:43

問題ないと思います。 むしろ、住民票は居住実績がある場所に置くべきとされているので、一番居住実態のある場所に移すことが望ましいと思われます。

回答日 2019年11月28日 00:43

いずれにせよ、後日の変更は可能ですが、相手方に変更に応じてもらえるかが保障がありません。 特に支払う方から見ると、公正証書や調停調書などの公的書類で約束すると、相手方が変更に応じるか金額変更の調停...

回答日 2019年11月28日 00:41
この回答がある質問
離婚届

1 証言だけでは弱いですが、お相手の携帯のやりとりを写メにとったり、探偵を雇ったりして、証拠写真などを撮られている可能性が有ります。また、携帯電話番号が知られているとなると、番号から契約者を割り出...

回答日 2019年11月28日 00:35
この回答がある質問
不倫慰謝料

契約解除せずとも、関係各所(水道局やプロバイダー、携帯電話会社、銀行など)に夫が亡くなったという連絡をされれば先方としては対処できるので、そこまでなされば遺族として十分に誠意ある対応だと思います。 ...

回答日 2019年11月22日 21:23
この回答がある質問
相続

お気の毒ですが、保証人を外すのには住宅ローン会社の承諾が必要で、元配偶者との約束だけでは外せません。また、通常、住宅ローン会社は次の連帯保証人を用意できないと、連帯保証人を外すことには承諾しません。...

回答日 2019年11月22日 21:16
この回答がある質問
連帯保証人

ほぼ同じと考えていただければ。 刑事事件で逮捕されたりしていて処罰される見込みが高い状態で、示談をすれば刑を免れたり軽くなる場合などは訴訟で認められるだろう金額より高めで支払いに応じることはありま...

回答日 2019年11月22日 21:13
この回答がある質問
盗撮・のぞき

> その時って旦那の方にもやはり連絡が調停でいくのでしょうか? 裁判官の判断によりますが、基本的に連絡がいくと思っておかれた方がよいです。 書面で照会するだけのことも多いようですが。

回答日 2019年11月22日 17:12
この回答がある質問
別居

請求することは可能と言えば可能ですが、親からの請求は訴訟ではまず認められないと思います。近親者の慰謝料請求は民法711条で生命が侵害された場合に限定されており、準用される場合も生命が侵害されたときに...

回答日 2019年11月21日 23:56
この回答がある質問
盗撮・のぞき

慰謝料請求はできなくはないと思いますが、同居期間がない上に婚姻期間が短いこともあり、慰謝料が認められなかったり、認められても金額が大きくない(100万円)可能性はあるようなきがします。 裁判官によ...

回答日 2019年11月21日 23:44

同居義務違反になると思いますが、同居は無理やりにはできないので・・・。 話し合いで同居に応じてもらうか、離婚するか、このまま様子をみられるか、になってきます。

回答日 2019年11月21日 22:57

両家の顔合わせを済まされたということは、ネックレスを送ったときに婚約した、ということでよいでしょうか? 婚約が成立したのであれば慰謝料が請求できますが、相場はあまり高くありません。100万円前後の...

回答日 2019年11月21日 22:55
この回答がある質問
婚約破棄

相続放棄は、3か月の期間制限内に行えばそんなに難しい手続きではありません。おそらく大丈夫だと思います。 > 契約解除せず引越しといいますと、大家さんとの話し合いだけで書面を交わさず引越し...

回答日 2019年11月21日 22:48
この回答がある質問
相続

調停は相手方の了解がないと成立しないので、相手方が出てこないと成立しません。 間接強制が難しい調停条項だったならば、間接強制ができるような具体的な条項の審判を求められるかでしょうか。

回答日 2019年11月21日 22:45
この回答がある質問
面会交流

親権者の変更の請求は認められるかどうかは何とも言えないので、結果を待たれるほかないと思います。一度は変更に合意されたわけなので、変更が認められる可能性は0ではないと思います。 面会交流について...

回答日 2019年11月21日 20:50
この回答がある質問
面会交流

良かったです。あとは、とりあえず、長男から訴えられるリスクに備えて、お金の使い道やおじいさまのお世話にしていたことに関する資料をできる限りで集めて残しておかれることだと思います。

回答日 2019年11月21日 20:44
この回答がある質問
贈与

おじいさまは、最後まで意識ははっきりしていたのでしょうか。また、おじいさまが亡くなってからは葬儀費用・法要費用以外は引き出していないでしょうか。 最後まで意識がはっきりしていて、死後にはほとんど引...

回答日 2019年11月21日 20:30
この回答がある質問
贈与

お気の毒です。。。 相続放棄しておられますので、契約解除する権利もありません。 よって、契約解除できないので、契約解除せず引っ越されればよいと思います。

回答日 2019年11月21日 20:21
この回答がある質問
相続

> ①一緒に住んでいた期間の支払いに関して請求できるのか ↑すみません、これは何の支払のことを言われているのでしょうか? > ②世間一般的にはこの別居は出て行けといった私のせいな...

回答日 2019年11月21日 20:19
この回答がある質問
別居

写真は離婚が決まる少し前の出来事ということですが、別居の前ということでしょうか? あとであれば、離婚と関係ないということが可能です。 別居前であっても、夫がその事実を知ったのが離婚が決まってから...

回答日 2019年11月21日 20:11

1 - 30 件を表示/全 306 件

松浦 由加子弁護士へ問い合わせ
電話番号 050-5289-2695
メールで問い合わせ
お気に入りに追加
受付時間
受付時間
  • 平日09:00 - 17:30
定休日
土,日,祝
備考
夜間(21時頃まで)・土日・祝日も対応可。
対応地域
事務所の対応体制
駐車場あり