弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

国際・外国人問題

消費者契約法で契約を取り消すことは可能でしょうか

EMSで中国に商品を送ったのですが、途中で相手側とトラブルになり、相手に届いていない時点で商品の取戻し請求を行いましたが、国内発送手続き終了後のため、取戻し請求はできないと郵便局から回答をされました。
EMSの申込書には、取戻し請求の案内は一切記載されておりません。
また、ホームページのEMSの案内には、「お荷物の状況を調べる追跡、サービスや損害賠償が充実!、配達のご確認は、今の状況をネットですぐに確認」とメリットばかりを記載して、取戻し請求が、国内発送手続き終了後には、行えないという一番のデメリットは一切記載されておりません。
もし、記載されていれば、他の国際支店を持つ業者を利用していました。
これは、消費者契約法の「不利益事実の不告知」に該当するのでしょうか。
荷物の状況は、前日の状況しか確認できず、表示されているような「今の状況をネットですぐに確認」という状況ではありません。
また、郵便法の、第五条 (利用の公平)  何人も、郵便の利用について差別されることがない。となっておりますが、取戻し請求は、申込書に記載されているオペレーターではなく、国際郵便局や出した郵便局では、発送手続き後も、取戻し請求を問い合わせがあれば通常通りに行っている実態が明らかになりました。
この行為は、違反行為にはならないのでしょうか
契約主体が、どこにいるか、確定する必要がありますね。

あゆパパさん
2013年01月13日 23時47分

みんなの回答

高谷 滋樹
高谷 滋樹 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 京都府2
ありがとう

2015年02月23日 01時50分

この投稿は、2013年01月13日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • 日本郵便のEMSについて

    日本郵便は、約款にEMSの商品は、国内発送手続きが終了した時点で、取戻し請求は出来ないとしていますが、実際には、郵便局員や国際郵便局では、相手国が受けるかどうかわからないが、取戻し請求を行っている実態がありました。 また、申込書やHPには、取戻し請求、約款については一切記載されていないため、消費者センターが、日...

  • 外国人を訴えるときは国際裁判所?

    ①国際裁判所?のようなものは日本にありますか。 ②あるならば、そこで扱われる事件にはどのようなものがありますか。 ③日本人が外国人を訴える場合、その裁判所で訴訟を起こすのでしょうか。 ④通常、日本で行われる民事裁判との違いは何ですか? *相手方の外国人は日本にいて事業を日本で行っています。その会社が扱う商品につい...

  • 国際弁護士さんに相談する問題なのか日本国内の弁護士さんに相談するべきか

    この度日本の航空会社の米国支社との間でトラブルがありました。賠償請求を検討中です。私はシチズンではない米国在住です(結婚にて米国に在住しています)国籍は日本にあります。国際弁護士の方に相談するべきなのか、それとも日本国内の弁護士さんに相談するべきなのでしょうか。どうぞよろしくお願いいたします。

  • 外国人差別

    私はブラジル人ですが、国内で盗難被害にあいました。本国へ帰国しますが、帰国後、盗難されたものが出てきたら警察などから連絡が来ますか?

  • 外国人に対する差別発言

    私の妻は外国人で、現在、永住権資格で日本に住んでおります。先日、近所の方と私ども家族との間でちょっとしたトラブルがあった際、妻が、トラブルの相手方から、外人はここに住むな!と大声で言われました。前記のトラブルのことはお互い様の面もありますが、この相手の発言については本人はもちろん、私も私の両親も大変憤慨しており...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

国際・外国人問題に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

国際・外国人問題のニュース

  1. 「どれだけ返しても元金が減らない」奨学金訴...
  2. 海外で相次ぐ「連続爆破テロ」、パックツアー...
  3. 太平洋上空で「機内出産」 生まれた子どもの...
  4. 上海ぼったくり「ウーロン茶1杯96万円」 日本...
  5. スパイ容疑者でも「亡命」できるのか? 外国...
  6. 海外旅行で飛行機事故に遭ったときの補償を左...
  7. スパイ疑惑の中国の外交官を、日本は罪に問う...

活躍中の弁護士ランキング

国際・外国人問題の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。