弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

海外の法律

  • ビザ、留学、奨学金、旅行会社等の国際・外国人問題をまとめたページです。1,027名の海外の法律を取り扱う弁護士、海外の法律での弁護士無料相談 Q&A 156 件などを掲載しています。

  • この分野に関する相談

    相談を探す(海外の法律) 相談する無料
    弁護士の無料回答でお悩み解決!

    弁護士に見積り依頼をする

    複数の弁護士にまとめて見積り依頼
    費用対処方針比べて選ぶことができます。

    • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
    • 弁護士の選び方がわからない
    • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
    一括見積りをはじめる無料

    この分野に関するみんなの法律相談

    みんなの法律相談の人気ランキング

    • 1

      私の住所と名前が他人の荷物に使われた場合

      0役に立った
      国際・外国人問題海外の法律

      法的に可能かどうかもよくわからないので質問させていただきます。子供の父親が日本人ではないのですが、日本には私と子供が住んでいて、彼とは婚姻関係はなく、日本にいるときにうちに泊っている程度です。彼は自分のビジネスを展開していた時期があり、日本に家の材料を海外から輸入しました。その際に、彼の会社の...

    • 2

      海外のヌーディストビーチで日本人がヌードになる行為

      0役に立った
      犯罪・刑事事件公然わいせつ

      海外のヌーディストビーチで日本人がヌードになった場合、日本の公然わいせつ罪や軽犯罪法の規定等は適用されますか?

    • 3

      海外の判決を日本で執行可能でしょうか?

      0役に立った
      国際・外国人問題海外の法律

      私は、日系企業の上海駐在員です。中国で日系企業同士の取引でのトラブルで質問させていただきたいと思います。状況:販売先で、同じく上海の100%日系企業からの不渡小切手について、裁判で勝訴した。販売先現地企業は倒産手続き中で、現地で差し押さえ可能な資産は無い状態。不渡金額は約50万元。裁判で債権と...

    • 4

      他国で違法な事を合法な国が誘うことは法に触れますか?

      0役に立った
      国際・外国人問題海外の法律

      日本では飲酒が可能な最低の年齢が20歳ですが、パキスタンやオマーンでは飲酒が可能な最低の年齢が21歳です。そこで、日本に住んでる人がパキスタンやオマーンに住んでる20歳の友達に「パキスタンやオマーンでは20歳でお酒を飲んだら違法だけど、日本だったら20歳になれば合法だからお酒飲みに来なよ」と、...

    • 5

      アメリカでのダブル不倫について

      0役に立った
      国際・外国人問題海外の法律

      こちらのサイトでアメリカでおきたダブル不倫での慰謝料請求や誓約書等の効果について詳しい方はいらっしゃるでしょうか?アメリカで主人が同僚であり私の友人でもあった日本人女性と半年間不倫をしていた事が2月に分かりました。不貞行為の証拠と不貞関係にあったことは二人とも認めています。しかし、私は主人と離...

    海外の法律の検索結果

    • 国際 訴状送達の方法

      国際・外国人問題海外の法律

      アメリカへ家事裁判の訴状を送達する場合、裁判所書記官がその手続きをとると思うのですが、どういった方法をとるのでしょうか?調べたところ、民事訴訟法による裁判長がその国の管轄官庁又は日本の大使館や領事館に嘱託する方法と、ハーグ送達条約による、中央当局を経由する方法があるようです。しかし、送達条約の...

      2回答 /
      1弁護士回答
      0役に立った
    • 無許可で海外メディアの情報を翻訳して、その内容を紹介するメディアは違法ですか?

      国際・外国人問題海外の法律

      サッカー関連企業に勤めております。新規事業で、海外のサッカーメディアの記事を翻訳して、海外サッカー情報を紹介するメディアを立ち上げようと思っております。この場合は、引用元をキッチリ書いた上で翻訳、掲載をしたら、法律上は問題ありませんか?あるいは引用元に許可を貰わないと駄目ですか?その場合引用元...

      1回答 /
      1弁護士回答
      0役に立った
    • 帰国後、旅行先のホテルからメールにて損害賠償請求を届いている場合に、支払う必要がありますか?

      国際・外国人問題海外の法律

      2017/5/4~2017/5/7イタリアで宿泊先のタオルを不本意で汚しました。滞在最終日にオーナー様が不在のため、現地で特に何にもいわれませんでした。帰国後、予約サイト経由でホテル側の損害賠償メールを届きました。請求金額及び明細が特に明記されていません。こちらからお詫びメールの返信と海外旅行...

      1回答 /
      1弁護士回答
      0役に立った

    ※質問するには会員登録が必要です。新規登録はコチラ

    この分野に関するニュース

    関連するお悩みから探す

    ビザ、留学、奨学金、旅行会社等の国際・外国人問題をまとめたページです。1,027名の海外の法律を取り扱う弁護士、海外の法律での弁護士無料相談 Q&A 156 件などを掲載しています。

    関連カテゴリから解決方法を探す

    弁護士に見積り依頼をする

    複数の弁護士にまとめて見積り依頼

    • 最短3分で依頼完了
    • 依頼内容は非公開
    • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
    一括見積りをはじめる無料

    依頼前に知っておきたい弁護士知識

    国際・外国人問題のニュース

    1. 「どれだけ返しても元金が減らない」奨学金訴...
    2. 海外で相次ぐ「連続爆破テロ」、パックツアー...
    3. 太平洋上空で「機内出産」 生まれた子どもの...
    4. 上海ぼったくり「ウーロン茶1杯96万円」 日本...
    5. スパイ容疑者でも「亡命」できるのか? 外国...
    6. 海外旅行で飛行機事故に遭ったときの補償を左...
    7. スパイ疑惑の中国の外交官を、日本は罪に問う...