坂本 学弁護士 さかもと まなぶ

坂本 学弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。
借金・債務整理
全国 9
神奈川県 3

相模川法律事務所

神奈川県厚木市中町4-14-3雅光園ビル702
分野を変更する

みんなの法律相談回答一覧

実名回答数:202 件/匿名回答数:0件

 高額の貴金属については,引上げとなることがあります。  ショッピングローンに所有権留保条項があり,債権者が引上げ(回収)を求めた場合には,ネックレスを引き渡す必要があります。  債権者が引...

回答日 2019年05月08日 18:52

 滞納がない場合であれば,ご依頼後の返済をお止めいただくことが通常です。  弁護士への依頼後は偏波弁済となる可能性が高く,弁護士としては返済しないように指導すべきとされています。  滞納状態で相...

回答日 2019年05月08日 18:46

 融資の審査は,様々な事情を考量するものであり,判断理由のすべてが開示されるわけでもないため,再生手続の影響があるともないとも断言はできません。  もっとも,信用情報の確認のためには本人の同意が必...

回答日 2019年05月08日 17:35
この回答がある質問
個人再生

 配偶者の方が保証人ということであれば,保証協会の代位弁済時に保証人に対しても一括請求がなされるのが通常です。  もっとも,一括弁済が現実的でないことは保証協会も理解していると思われますので,分割...

回答日 2019年05月08日 11:51
この回答がある質問
個人再生

> 尋問後での最終準備書面での反論は被告側の人証しかできないのでしょうか  最終準備書面において言及する対象に制限はありません。  むしろ,最終準備書面と呼ばれるものは,それまで訴訟に...

回答日 2019年04月30日 12:29

 3年ほど前の返済が債務の「承認」に該当するといえるのであれば,時効は中断しています。  ただし,貸金業者の督促から逃れるための少額の返済が「承認」に該当しないとした判例もあります。  もっとも...

回答日 2019年04月30日 12:07
この回答がある質問
時効

 資産や借入れの詳細次第ではありますが,手取りと債務額からすれば,自己破産が認められる可能性もあるでしょう。  一度弁護士へ相談されることをお勧めします。  携帯電話やインターネットについて...

回答日 2019年04月24日 16:38
この回答がある質問
自己破産

 貸金返還請求をする限りにおいては,民法419条によって,利率以上の損害賠償を請求することはできません。  また,訴訟費用に関しては,訴状に貼る印紙代などの法定の費用を意味しますので,興信所の費用...

回答日 2019年04月24日 12:47
この回答がある質問
借金

 連絡が取れるかどうかは,相続人になるかの判断に影響しません。  行方不明の場合には,不在者財産管理人選任の申立などを行ったうえで遺産分割を行う必要があります。

回答日 2019年04月23日 15:25
この回答がある質問
相続 権利

 事案や原告・原告代理人によるでしょう。  弁護士が受任する場合,依頼者に弁護士費用の負担が発生するため,相手方の支払い能力についてある程度のめどをつけておくことが通常でしょう。  もっとも...

回答日 2019年04月23日 15:17
この回答がある質問
仮差押え・仮処分

 株主とは,その会社の株式を保有している方です。  そのため,株式を譲渡すれば,株主を変更することができます。  株式の譲渡方法は,通常の売買や贈与でも構いませんが,会社によっては譲渡の際に会社...

回答日 2019年04月23日 10:33
この回答がある質問
設立

 基本的には支払う必要はありませんが,訴訟を提起された場合その結果によっては支払う必要が出てくるかもしれません。  債権者一覧から漏れていた債権も,原則としては免責の効力が及び,知っていて漏ら...

回答日 2019年04月23日 10:21
この回答がある質問
借金

 税務の領域となるため,私では確実な回答はいたしかねます。  基本的には,第三者が納税義務を負うことは希であり,おそらくは納税義務はないでしょう。  しかし,納税義務はないと言い切ることがで...

回答日 2019年04月23日 10:11
この回答がある質問
取り立て

 債権者が,支払い停止等の事実(概ね再生申立準備)を知っていたときに限り,抵当権設定は無効となります。  ただし,親族・同居者には推定規定がありますので,知らなかったことの立証が必要となります。 ...

回答日 2019年04月23日 09:54

 金融業者等からの借入れについては,保証人になっている,相続をしたといった事情がない限り,返済の義務はありません。  納税義務については,第2次納税義務の有無は税金の種類によりますので,確かな回答...

回答日 2019年04月22日 17:58
この回答がある質問
取り立て

 相談を受けることはできると思われます。  ただし,所得がない場合には,返済を前提とする任意整理や民事再生は困難と考えられます。  また,経営形態などによって選択できる手続きも異なってくるかもし...

回答日 2019年04月22日 17:55
この回答がある質問
任意整理

 どの奨学金を利用されているか,相談からは明らかではありませんが,日本学生支援機構であれば一括とならないことが多いといわれています。  日本学生支援機構の場合,期限の利益喪失約款がないことが多く,...

回答日 2019年04月22日 17:51
この回答がある質問
連帯保証人

> 建物の抵当権を(親からのローン)に設定した場合は、住宅の査定額から残債金額が引かれるのでしょうか?  基本的にはそのように考えます。  ただし,個人再生を検討している時期の抵当権設...

回答日 2019年04月22日 17:46

 抵当権の設定がない場合,親御さんから借りている住宅ローンも5分の1となります。 (ただし,債務総額によって変わる可能性があります。)  次に,建物の査定ですが,不動産業者の査定は,物件の買...

回答日 2019年04月22日 16:57

 控訴審判決の限りでは,1審判決の取消がありませんので,仮執行宣言についても取消されていません。  主文第1項は,双方の控訴・付帯控訴を退けていますから,1審判決そのままとなります。  主文第2...

回答日 2019年04月22日 14:52
この回答がある質問
遅延損害金

質問①  親御さんの住宅ローンを担保するための抵当権設定がないため,住宅資金条項の利用はできないでしょう(法定代位については質問②で後述)。  もっとも,抵当権設定がない場合,住宅ローンによる競...

回答日 2019年04月22日 14:44

 法的な問題点としては,破産者は取締役の地位を失う点があります。  取締役会設置会社など,取締役に定員がある場合,破産により取締役の欠員が発生する可能性があります。  もっとも。問題の取締役が株...

回答日 2019年04月22日 13:51

> そこで質問なのですが、会の通帳から引き落としし、自宅で現金を保管するというやり方は違法ではないのでしょうか?  自宅での現金保管という方法自体に違法性はないでしょう。  自治会...

回答日 2019年04月22日 13:37
この回答がある質問
横領

> 質問① 親ローンでも住宅ローン特例は使えますか?  住宅ローンの債務者が親御さんの場合,住宅ローンが申立人の債務でないため,再生手続きに含まれず,住宅資金条項も使用できません。 ...

回答日 2019年04月22日 11:26

 通常は,登記名義人の関与なしに所有権移転登記はできません。  もっとも,実際にどのような手続きで所有権移転登記を行ったかについては,明らかではありません。  法務局にて登記申請書類の閲覧ができ...

回答日 2019年04月19日 15:55

 別紙目録については,法定の書式があるわけではないため,ご質問のような作成方法も可能です。  ただし,訴状等で引用する際に引用先がわかりにくいか,複雑な引用をする必要が出てくるため,弁護士であ...

回答日 2019年04月19日 14:09

 大半の地域では,再生計画の認可にこぎつけるために個人再生委員を選任しているものと思われます。  ペアローンなどの複雑な事案では,裁判所だけでは必要な調査を行うことが困難であり,個人再生委員を選任...

回答日 2019年04月19日 13:44
この回答がある質問
個人再生

 ご心配であれば,郵送で支払先を問い合わせてみることを検討されていはいかがでしょうか。  管財事件であれば,通常は郵便物の転送が行われるため,破産者宛の郵便物は管財人へ転送されます。  管財人が...

回答日 2019年04月19日 13:30

 自己破産手続きについては,裁判所によって運用が異なっております。  自己破産できるかにつきましても,法律上は差異がないはずなのですが,裁判所によっては免責の可能性が低い場合には取下げを勧告す...

回答日 2019年04月19日 13:20

 ペアローンの場合,単独での個人再生申立が可能であるケースもあります。  もっとも,ローンの本数や抵当権の設定方法などによっても変わってきます。  そのため,ご主人に債務がない場合であれば単...

回答日 2019年04月19日 09:05
この回答がある質問
個人再生

1 - 30 件を表示/全 202 件

相模川法律事務所へ問い合わせ
電話番号 050-5355-3356

※相模川法律事務所では、ご相談内容に応じて、最適な弁護士が担当します。

メールで問い合わせ
お気に入りに追加
受付時間
受付時間
  • 平日05:00 - 20:00
  • 土曜05:00 - 20:40
  • 日曜05:00 - 11:00
  • 祝日09:00 - 19:40
定休日
なし
備考
電話でのご相談には対応しておりません。面談相談は予約制になっています。電話・サイトの予約フォーム、メール等で事前にご予約ください。平日18時~9時、土日のお問い合せはメールか、0120-141-961までご連絡下さい。
対応地域
事務所の対応体制
駐車場近く
完全個室で相談