現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
小池 拓也弁護士

( こいけ たくや ) 小池 拓也

湘南合同法律事務所

現在営業中 10:00 - 18:00

みんなの法律相談回答一覧

ベストアンサーがついた回答数:実名144 件/匿名:48件

会社分割がなされた場合には,通常の場合は,従前の労働契約が承継会社にそのまま引き継がれるので,たしかに会社分割を理由に労働条件を切り下げることはできません。 問題は,分割してしばらくした後に,...

回答日 2013年02月16日 13:52
この回答がある質問
組織再編・M&A

返済しようがしまいが,退職は自由です。 返済残額があるからといって,退職を拒むことはできません。 花瓶に保険をかけずに,労働者に全額負担させる会社であれば,言語道断です。 信義則上,労...

回答日 2013年02月12日 01:28
この回答がある質問
退職

20万円というのは,そもそもの修理代でしょうか? それとも修理代から減額された金額でしょうか? 前者であれば,事故の内容次第ですが,会社のとりすぎです。使用者は労働者の労働から得た利益を自分...

回答日 2013年02月11日 22:38
この回答がある質問
退職

「就業規則には配置転換の項目なし。」とのことですから,会社側から一方的に配置転換することは困難と思われます。 だからこそ,会社はあなたに承諾を求めているのだと思います。 黒岩弁護士のいうとおり,...

回答日 2013年02月08日 10:30

勤務制限を要する精神疾患のように思われます。 まずは診断書をとって休職し、回復して復職した際には残業をさせないなど配慮をもとめるべきところだと思います。 ちなみに時間外労働は月にどのくらいで...

回答日 2013年02月06日 13:00
この回答がある質問
パワハラ

やめてしまってからの請求だと、解決水準は低くなります。 在職のまま労働審判を提起して、解決金の話し合いの中で、「退職してもよいから解決金を上積みしてほしい」と要求すれば、大抵実現すると思います。 ...

回答日 2013年02月04日 11:36

詳細は弁護士に相談してみたほうがよいと思いますが、大まかにお答えします。 1 就業規則の変更による引き下げの場合、労働契約法に定められた要件を充たすかどうかの問題となります。でもおそらくこの方...

回答日 2013年02月03日 17:28
この回答がある質問
降格・減給

「契約で決まっているシフト」ということが回数まで含む性質のものであれば,勝手に回数を減らすことはできません。 たとえあなたに「原因」があったとしても,だからといって会社が契約を守らなくてよいの...

回答日 2013年02月02日 22:46
この回答がある質問
パート・アルバイト

なるほど,そうなると,あなたが勝手にやったという理屈はとおりませんね。 ただ,社長が命令したのか,社長とあなたが相談してやったのかということは問題が残りますね。分け前がない,という事情は「命令...

回答日 2013年02月02日 13:55
この回答がある質問
逮捕・刑事弁護

学校との交渉は,基本的には, 1 事実確認 …ここがずれていたら進みませんので,共通認識にたどりつくようにしてください。 2 確認された事実について,どのように考えるか話し合う …見守り...

回答日 2013年01月31日 22:01
この回答がある質問
民事・その他

給料はもらえます。 「無断欠勤の罰金5万円」という取り決めは,賠償額の予定というもので,あなたが労働基準法で調べたとおり,無効です。 また,労働基準法では,賃金全額払の原則というものがありま...

回答日 2013年01月27日 01:08
この回答がある質問
労働基準法

控えも何もない書面なんて、効力がないですよね? →何を書かされたか分かりませんが,どうせこのレベルの会社の書かせそうなことは「損害賠償金として100万円を支払う義務がある,勤め続ける限りは猶予する...

回答日 2013年01月26日 16:19
この回答がある質問
有給休暇

先に黒岩弁護士が回答した通りです。 50%カットなどできるわけがありません。 あなたの方では,絶対に減給に同意をしないようにしておいてください。 お話の限りでは,残業代も発生しそうですね。 ...

回答日 2013年01月26日 11:07

対等な関係で,お互いにそうした話をしているならともかく,店長としての地位を背景に,あなたに対して一方的にそうした話をするならパワハラです。 ただし,損害賠償金をとるには,証拠が必要になりますの...

回答日 2013年01月25日 10:14
この回答がある質問
パワハラ

ありえません。 行政解釈では、会社に時季変更権の行使は認められず、丸々有給をとることができます。 とらせてくれないなら,労基署に指導してもらってください。 それでもだめなら,事実上休ん...

回答日 2013年01月24日 22:23
この回答がある質問
有給休暇

1月4日付での退職届を出したのに、1月21日まで勤務したというのなら、1月4日付の退職届については撤回され、撤回に会社は応じたとみることができます。 そうなるとあなたについては、まだ従業員というこ...

回答日 2013年01月23日 19:25

雇い止めのご心配ですが、直属の上司の方が理解してくれているのであれば、まず大丈夫だと思います。ただ、Aが中傷文をたくさん送りつけているなら、念のためあなたも状況を文書で説明しておいたほうがよいと思い...

回答日 2013年01月23日 19:10
この回答がある質問
インターネット

問題ありません。 おそらく成立する和解は, ・会社主張の解雇日での会社都合退職 ・解決金6か月分前後の支払 を骨子とするものでしょう。 そうした内容のものであれば,新しい会社との関...

回答日 2013年01月16日 23:24
この回答がある質問
就職・転職

過労,残業代不払いなど,重大な問題だと思います。 残業時間が軽く月100時間を超えていそうな上に,転勤のストレスも考えると,労災認定される可能性は大きいと思います。 (労災認定される残業時間は月...

回答日 2013年01月11日 18:43

訴えることができるか,という問いであれば,訴えること自体はできるということになります。 しかし,訴えて勝てるか,さらには経済的にペイするかというと, ①証拠の問題…ようするに,お局さんの発言...

回答日 2013年01月09日 20:21
この回答がある質問
民事・その他

日本の刑事法は,過失による行為は例外的に処罰するのみであり,故意犯のみ処罰するのが原則です。 したがって,コピー品を間違えて(正規品だと思い)販売しても,故意=罪を犯す意思はありませんので,詐...

回答日 2013年01月09日 19:46
この回答がある質問
労働

黒岩先生の回答のとおりですが、補足すると、 求人広告で一年以上の長期と書かれていたとすると、労働契約法18条でいう更新期待の合理的理由といえますので、3ヶ月で契約を終了する合理的理由がなければ、更...

回答日 2013年01月08日 12:15
この回答がある質問
労働条件

とんでもない会社ですね。 戦って勝つ可能性は十分です。 解雇の客観的合理的理由も社会通念上の相当性も会社側に主張立証責任があります。 会社が解雇理由を主張立証しないなら、あなたが勝つだけです。...

回答日 2012年12月25日 13:31
この回答がある質問
解雇

あなたのお仕事の中身が分からないと正確には答えられないのですが,もしかして実態としては雇用契約なのに,形式上業務委託契約にして,社会保険の負担をしないようにしているのではないでしょうか? タイ...

回答日 2012年12月22日 19:42

雇用契約に退職金のことが書かれていれば一番よいのですが,そうでなくとも,会社の就業規則に書かれていればそれでもよいのです。 また,雇用契約や就業規則には何も書かれていなかったとしても,慣行上退職金...

回答日 2012年12月22日 18:09

「試用」というのは,解約権が留保された労働契約(最高裁判所昭和48年12月12日判決),つまり適性や能力に問題があれば解雇する権利を使用者がもっている労働契約ということになります。 そうなると...

回答日 2012年12月22日 17:46

有給はあくまでも休みをとる権利です。 したがって,退職時点で有給を残していても意味はないことになってしまいます。 あなたの場合,退職まで日が少しあるなら,その間に有給をとってしまわないと,せっか...

回答日 2012年12月22日 13:26
この回答がある質問
有給休暇

あなたの会社の「特別休暇」がどのような休暇なのかが,まず問題となります。 「特別休暇」は就業規則などにどのように規定されているでしょうか? 「特別休暇」について,会社から何か説明は受けているでし...

回答日 2012年12月21日 17:58
この回答がある質問
転勤

雇止めの話し合いをしている中で,偽装請負の話を出してきたわけですね。 とんでもない会社です。 1 そもそも偽装請負について責任があるのは,根本的なしくみをつくった両会社です。 末端の労働者...

回答日 2012年12月20日 22:19

まず,そもそも上司の口頭での発言が,会社の行った解雇とは限りません。 今のままだと,下手をすると上司が口頭での発言を否定すれば,あなたはただの無断欠勤扱いでそれこそ解雇されてしまいます。 まずは...

回答日 2012年12月14日 18:59
この回答がある質問
不当解雇

61 - 90 件を表示/全 144 件

現在営業中 10:00 - 18:00

小池 拓也弁護士へ問い合わせ

電話番号 050-5283-3470
メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日10:00 - 18:00
定休日
土,日,祝
備考
ご事情により,上記時間帯以外の相談にも対応いたします。
一方,上記時間帯でも不在の場合もありますので,悪しからずご了承ください。
交通アクセス
駐車場近く
設備
完全個室で相談
バリアフリー
「事務所建物入口から相談スペースまで車椅子で移動でき、トイレも車椅子のまま利用できる」を定義としています。