現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
小池 拓也弁護士

( こいけ たくや ) 小池 拓也

湘南合同法律事務所

みんなの法律相談回答一覧

ベストアンサーがついた回答数:実名144 件/匿名:48件

2010年には把握していたネットサーフィンを,3年以上経た現在,退職届を受け取った後に問題としても,懲戒権の濫用といわれる可能性が高いと思います。 ましてや,会社の規定で退職金の支払及びその支...

回答日 2013年06月10日 12:56
この回答がある質問
就業規則

20万円などという「罰金」の規定は,そもそも無効です。 (損害賠償の予定としても,減給の規定とみても。) 支払の必要はありません。 弁護士に委任して,警告してもらうという方法があります。 ...

回答日 2013年06月10日 11:42
この回答がある質問
借家

手元に9月末までの契約書があるのですが、これは派遣先が「契約社員の条件が飲めないなら7月までで契約打ち切りだ」と主張してきても、何かしら有効でしょうか? たとえば、7月末で切られても、派遣元が契約...

回答日 2013年06月08日 20:41

そもそも,労働者が仕事上のミスで何か会社に損害を与えたとしても,その全額を賠償させられるようなことはありません。労働者の労働で得た利益は会社へ,労働者の労働で生じた損害は労働者へ,というのではあまり...

回答日 2013年06月01日 22:00

要するに,医師の診断によれば,元々の職務へ復帰可能,ということですね。 そういうことであれば,医師の診断を受けあなたが復職を求めれば,原則として,会社は復職させるべきことになります。仮に復職させず...

回答日 2013年05月30日 10:18

内定は,始期付の労働契約成立と考えられています。 したがって,契約期間の定めのない場合(正社員)であれば,退職希望日の,民法上は2週間前に,就業規則で定めがあれば1ヶ月程度前に退職を申し出れば,退...

回答日 2013年05月29日 11:35
この回答がある質問
内定辞退

ひどい会社ですね。 退職後でも賃金であれば2年前までの分,積立金ならおそらく全額回収可能です。 損害賠償も,その状況なら払う必要はあまりなさそうですね。 労基署がきちんと動いてくれなかった...

回答日 2013年05月23日 01:22
この回答がある質問
有給休暇

同時でも別のときでも問題はありません。 (もちろん早めに申請した方が早く出る可能性はありますが…。) 時効はまだ先なので気にしなくてよいです(受診終了日=症状固定から2年だったかな。)。 ...

回答日 2013年05月22日 21:47
この回答がある質問
休業損害

口裏を合わせて何とかなる話は少ないです。 「給与が上がった中に残業代と休日出勤分が含まれてあるのを汲み取って欲しかった」→この言い訳は通用しません。 「労働基準法ばかり気にしているなら他の従...

回答日 2013年05月22日 21:45

年休をとってしまってかまいません。 退職日までに年休が消化しきれないようなら,会社は時季変更権を行使できないというのが,行政解釈です。 したがって,おそらくあなたの場合,もう会社に行く必要は...

回答日 2013年05月22日 01:50
この回答がある質問
有給休暇

辞めてもかまわない,ということであれば,徹底的に戦うことができます。 1 まずは医師から,業務上のストレスに起因するうつ病(?)により当面休業を要する旨の診断書をとって休む(あなたの健康のため...

回答日 2013年05月04日 01:25
この回答がある質問
パワハラ

派遣先との労働者派遣契約を解約されたという理由のみで,派遣元は労働者を契約期間途中で解雇することはできません。 リーマンショック後の不況の際でも,こうした解雇は無効と認められています。 (プ...

回答日 2013年05月02日 18:33
この回答がある質問
派遣

1日6時間,週4~5日働いて月給5万だったら,最低賃金法違反もいいところです。 辞めさせたくないのは,都合のよい労働力がいなくなるからでしょう。 暴言とか,最低賃金法違反とかからすれば,「やむを...

回答日 2013年04月26日 00:54
この回答がある質問
就職・転職

もしもあなたの勤務先が、正社員とパートでは契約期間の定めの有無など、契約そのものが根本的にちがうということを前提にすると、あなたが担任に復帰できないからといって、正社員としての契約をパートの契約に一...

回答日 2013年04月25日 15:47
この回答がある質問
産休・育児休暇

実態として,講習などではなく労働である,といえるのであれば, そして,少なくともこれだけの時間は労働した,ということがいえれば, お住まいの都道府県の最低賃金×時間数だけの賃金を請求することがで...

回答日 2013年04月23日 19:04

そうですね。 最初に申立書と一緒に出すのはコピーでよいですが,裁判所に行って裁判官と話をするときには原本を持って行ってください。 もちろん,調べた後,すぐに返してくれます。

回答日 2013年04月22日 14:05
この回答がある質問
仮差押え・仮処分

店に対して強気に出てよいなら,次の通りです。 ●違約金を除いて損害賠償のみを受け入れる事はできるか? いずれも不要。 50万円の賠償額の予定は無効。 損害は発生していない(お金を払って...

回答日 2013年04月22日 13:54
この回答がある質問
労働基準法

年休は原則として,労働者が指定した時季に与えなければなりません。 会社が勝手に入れることは,できません。 (会社に可能なのは,労働者が指定した時季が,どうしても不都合な場合に,時季を変更をするこ...

回答日 2013年04月21日 23:45
この回答がある質問
有給休暇

1 この会社の休日に関する就業規則,労働契約がどうなっているかがわからないと,正確には答えられません。この点だけ一応頭に置いていただいた上で…。 2 「前の週の日曜日出勤した分明日から休んでと...

回答日 2013年04月20日 14:13
この回答がある質問
面会交流

有給がとれることは両弁護士の回答の通りです。 ただ,注意してほしいのは,中村弁護士指摘のとおり,有給のまとめどりをしたことを,会社側がどう受け取るかという点です。 解雇には一応異議は述べ...

回答日 2013年04月19日 22:59
この回答がある質問
有給休暇

以前、係争中にやむを得ない解除事由が発生した場合について質問したとき http://www.bengo4.com/bbs/156168/ 別の弁護士さんから、民法628条より直ちに契約解除さ...

回答日 2013年04月18日 22:22

内定というのは,労働契約の成立と考えられています(始期付きですが)。 したがって,内定取消は解雇なので,客観的合理的理由があり社会通念上相当といえる場合でないと不可です(労働契約法16条)。 ...

回答日 2013年04月18日 17:48
この回答がある質問
内定取消

働いて一旦賃金が発生した以上,途中で辞めても,遅くとも本来の支給時期にもらえます。 退職は「2週間前」「1か月前」に申し出るようにとの規則があるかもしれませんが,これを守らなかったからといって...

回答日 2013年04月17日 10:51
この回答がある質問
研修

ボーナスを支給日に在籍している者のみに限り支給することは許されるというのがこれまでの判例といえます。 厳しいのではないでしょうか。

回答日 2013年04月16日 23:19
この回答がある質問
退職金

そんなことは許されません。 仮に本当に損害を発生させていたとしても、給料や退職金と相殺することは禁止されています。早い話が、給料は予定通りきちんと払ってもらった上で、損害賠償の話はその後ですればよ...

回答日 2013年04月15日 17:51

あなたのおっしゃるとおりなら,派遣先の上司の行為は「強制わいせつ」として刑事罰の対象です。 可能な限り早く警察に被害届ないし告訴をしてください。 キスされた後口を拭ったハンカチ等,上司が触れた可...

回答日 2013年04月13日 13:41
この回答がある質問
セクハラ

パワハラの部分だけを取り出すと,原田弁護士の回答のとおりかもしれません。 ただ,業務の負荷に着目すると,発症前6月の間に,たとえば120時間以上の時間外労働が2月続くとか,100時間以上の時間...

回答日 2013年04月13日 13:20
この回答がある質問
パワハラ

問題ないでしょう。 刑事罰はあり得ませんし、規約に罰則がない以上組織としての制裁もあり得ません。 違反による損害発生もないでしょうから、損害賠償責任もないといえます。 唯一、違反中になされた決...

回答日 2013年04月11日 21:22

あなたのおっしゃることを前提に,理屈をつけてみましょう。 1末に月に某流通業の採用面接を受け、3月初旬に採用通知が来ました。 →これで労働契約としては成立です。ただし,この時点では契約の始期...

回答日 2013年04月11日 14:24
この回答がある質問
就職・転職

試用期間であっても,立派に労働契約は成立しています。 前のご質問に対する回答にもあったとおり,期間の定めのある労働契約が成立している以上,これを期間途中の4月末で解除するには,やむを得ない理由...

回答日 2013年04月10日 19:39

1 - 30 件を表示/全 144 件

小池 拓也弁護士へ問い合わせ

電話番号 050-5283-3470
メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日10:00 - 18:00
定休日
土,日,祝
備考
ご事情により,上記時間帯以外の相談にも対応いたします。
一方,上記時間帯でも不在の場合もありますので,悪しからずご了承ください。
交通アクセス
駐車場近く
設備
完全個室で相談
バリアフリー
「事務所建物入口から相談スペースまで車椅子で移動でき、トイレも車椅子のまま利用できる」を定義としています。