お気に入りに追加
最所 義一弁護士

( さいしょ よしかず ) 最所 義一

12月29日から1月3日は、年末年始のため休業とさせていただきます。

弁護士法人港国際法律事務所湘南平塚事務所

みんなの法律相談回答一覧

 不貞の慰謝料請求の事案で、500万円の慰謝料を請求することは良くあります。請求額としては、高めではありますが、それほどおかしな金額でもありません。ただ、裁判所が、500万円の慰謝料を認めることは...

回答日 2016年08月20日 13:04
この回答がある質問
不倫慰謝料

裁判では、LINEのやり取りは、よく証拠として提出されます。内容次第ですが、肉体関係を推認させるような事情が表れているのであれば、証拠にはなります。証拠をどのように評価するかは、裁判官次第ですが、当...

回答日 2016年08月20日 11:40
この回答がある質問
不倫慰謝料

そうはならないと思います。相談者の方からの婚約破棄によって、結果として、交際する気持ちが失われたと解釈されることになると思います。

回答日 2016年08月19日 10:42
この回答がある質問
婚約破棄

このまま関係を継続する方がリスクだと思います。相手方が不当破棄だと主張するのであれば、裁判の場で争った方が、むしろ良いのではないでしょうか。もちろん、敗訴する可能性もありますし、相手方からの損害賠償...

回答日 2016年08月18日 16:31
この回答がある質問
婚約破棄

記載された内容からすると、婚約の成立自体を争う余地はあると思います。婚約の成立が否定された場合には、そもそも不当破棄には該当しません。仮に、婚約が成立していたとした場合、正当な理由がない中での婚約破...

回答日 2016年08月18日 15:49
この回答がある質問
婚約破棄

投稿者に対する責任追及を行うためには、投稿者を特定する必要があります。まずは、掲示板の運営会社に対して、発信者情報開示請求を行った上で、開示されたIPアドレス、タイムスタンプを下に、経由プロバイダ(...

回答日 2016年08月18日 15:15

裁判所の判断次第ではありますが、保釈請求は認められるのではないかと思います。

回答日 2016年08月15日 15:05
この回答がある質問
犯罪・刑事事件

相手方の請求に応じる法的義務はないので、応じないとして相手にしなければ良いと思います。新品との交換を求めることは、原状回復の範囲を越えていますので、仮に、相手方が裁判を起こしたとしても、相手方の主張...

回答日 2016年08月15日 14:45
この回答がある質問
不祥事・クレーム対応

給与外の収入があるような場合には、確定申告書の写しを提出するように求めるのが通常です。申告をしていない場合、収入を示す客観的な証拠の提出は困難ですが、その場合は、相手方が具体的に行っている副業の内容...

回答日 2016年08月15日 13:09
この回答がある質問
婚姻費用

経由プロバイダのログの保存期間によりますが、短い場合には3か月、長くても1年が限度だと思います。

回答日 2016年08月13日 14:27
この回答がある質問
インターネット

婚約が成立していたといえるかという点が問題になると思います。口約束でも約束ですので、形式上は、婚約が成立していたと言えるかも知れません。しかし、メールでのやり取りだけで、真に将来結婚する旨の合意が成...

回答日 2016年08月13日 14:23
この回答がある質問
結婚相談所・結婚式

心配される必要はありません。仮に契約が成立していたとして、19万円の請求を行う為に、わざわざ裁判を起こすような手間をかけるでしょうか。裁判には、時間と費用と、相当な手間がかかります。また、詐欺師は、...

回答日 2016年08月12日 19:00
この回答がある質問
ワンクリック詐欺

単に、名前が書かれているだけでは、通常は、名誉毀損やプライバシー権侵害にはあたりません。また、本人であると特定できる投稿か否か(同定可能性)の点も問題になります。発信者情報の開示は、権利侵害があるこ...

回答日 2016年08月12日 18:51
この回答がある質問
インターネット

単にクリックしただけでは契約は成立していません。典型的な詐欺サイトだと思われます。一旦、詐欺サイトに支払を行うと、騙しやすい人だとして、別の詐欺グループからも連絡が来てしまう可能性があります。まずは...

回答日 2016年08月12日 18:36
この回答がある質問
ワンクリック詐欺

子供の前でのDVは、子供に対する精神的虐待に該当すると判断されるでしょう。

回答日 2016年08月10日 17:35
この回答がある質問
離婚・男女問題

私としては、違和感があります。事務所の職員や他の弁護士に依頼して、保釈金の納付を行うことは可能だと思いますし、早期の身柄解放は、弁護士の使命ですから。所属弁護士会(福岡県弁護士会?)の刑事弁護委員会...

回答日 2016年08月10日 10:29
この回答がある質問
釈放・保釈

合理的な理由に基づかない条件をつけることは、約束された面会交流の実施を不当に妨げている一つの事情として斟酌されることになると思います。

回答日 2016年08月09日 18:06
この回答がある質問
面会交流

合意内容に反する行為を行ったとして、別途損害賠償の対象になります。

回答日 2016年08月09日 17:17
この回答がある質問
不倫慰謝料

約束された面会交流が実現されていないとして、調停を申し立てることは可能です。ただ、調停での話合い中で、相手方が面会交流を実現出来ないことに、相応の理由があるというような場合には、面会交流の回数を逆に...

回答日 2016年08月09日 17:11
この回答がある質問
面会交流

このケースで、会社側の主張が認められることは、まずないでしょう。「弁護士がついている」などと言ってくるケースは良くありますが、真に弁護士がついているのであれば、必ず、弁護士から請求がきます。弁護士か...

回答日 2016年08月08日 14:25
この回答がある質問
誓約書

調停外で話合いをすること自体は禁じられてはいません。ただ、中立な第三者の関与がない状態での話合いは、話を却ってこじらせてしまう可能性がありますので、あまりお勧めはできないと思います。

回答日 2016年08月06日 11:58
この回答がある質問
調停離婚

修理費用相当額と修理期間中のレンタカー代以上の請求は難しいと思います。物に対する損害についての慰謝料請求は、基本的には、認められません。

回答日 2016年08月05日 14:19

破産手続において、破産管財人が就かないケースもあります。これは、同時廃止手続が取られる場合です。20万円以下の資産しか有していない場合は、一般には、同時廃止手続として処理されることになります。不動産...

回答日 2016年08月04日 13:42

新証拠が出てきたので、弁論を再開して欲しいと上申をすることはあります。ただし、弁論を再開するか否かは、裁判所の判断になります。もっとも、一旦結審している以上、証拠の取調の必要性が高いと判断されないと...

回答日 2016年08月03日 14:13

多数の相続人がいる場合、全員から、同意を取り付けることは困難です。特に、遺産の中に不動産が含まれている場合には、その価格の算定をはじめ、紛糾することが予想されます。このような場合、賛同してくれる相続...

回答日 2016年08月02日 09:28
この回答がある質問
相続手続き

真実、やっていないのであれば、やっていないことは認めるべきではありません。 ただ、それを警察が信じるかは、別問題です。警察は、嘘をいうなというような言い方はしませんが、「あなたの説明で、それを信じ...

回答日 2016年08月01日 18:57

リンクによる名誉毀損については、認めたものもありますし、否定したものもあります。一般的には、リンクが貼られた「だけ」のものについて、裁判所に、名誉毀損と認めてもらうことは、困難だと思います(必ずしも...

回答日 2016年08月01日 11:38
この回答がある質問
インターネット

そのようなご対応で宜しいかと思います。まずは、減給には同意しないとの明確な意思表示をすることと、理由についての説明をもとめることは必要だと思います。理由についての説明を求めることは、事後的に、懲戒処...

回答日 2016年07月30日 17:58
この回答がある質問
パワハラ

投稿者が認めない限り、難しいと思います。

回答日 2016年07月30日 12:59

> ということは本アカの方のダイレクトメッセージなどとかも見られるてことですか?相手の方に。  個別に送られたダイレクトメッセージの内容を見ることはできません。

回答日 2016年07月30日 12:56
この回答がある質問
インターネット

61 - 90 件を表示/全 125 件

弁護士法人港国際法律事務所湘南平塚事務所へ問い合わせ

電話番号 050-5887-0907

※弁護士法人港国際法律事務所湘南平塚事務所では、ご相談内容に応じて、最適な弁護士が担当します。

Webで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日09:00 - 21:00
  • 土曜10:00 - 19:00
定休日
日,祝
備考
休日,夜間は事前のご予約にて、ご面談を承っておりますので、まずはお気軽にご連絡ください。
設備
完全個室で相談