現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
池田 達彦弁護士

( いけだ たつひこ ) 池田 達彦

みんなの法律相談回答一覧

ありがとうがついた回答数:実名656 件/匿名:0件

 最高裁平成8年12月17日判決は、類似の事例において、「共同相続人の1人が相続開始前から被相続人の許諾を得て遺産である建物において被相続人と同居してきたときは、特段の事情がない限り、被相続人と同居...

回答日 2015年02月13日 20:50

 ひとまずは、弁護士の法律相談をお受けになり、具体的事情をご説明いただいたうえで、問題となりうる事項(法的問題や後処理の問題等)及び今後採りうる手段、更に費用対効果をご理解いただくことをお勧めします...

回答日 2015年02月13日 20:14
この回答がある質問
不倫

 相手方弁護士に対し、受領した金額が20万8650円であることと、本来の請求額との差額につき再度支払を求めることを書面で通知しておくと良いでしょう。なお、債務を弁済したことについての立証責任は相手方...

回答日 2015年02月12日 14:13

 捜査機関において、加害者の特定と加害者の取調べが実施されることになります。また、その中で、クエクエ193さんから聴取した事項に不足がある場合や、加害者の供述と食い違う点があれば、再度確認のために事...

回答日 2015年02月11日 09:53
この回答がある質問
暴行

 進学先の学校が決まっていない現段階では、将来増額すべき養育費の額を算出することも困難なので、すぐに審判結果が出ないという状況ではないでしょうか。  審判の出る前に学費を支払うことは可能ですが...

回答日 2015年02月10日 22:13
この回答がある質問
養育費

 おそらく争点の一つは、婚姻を継続し難い重大な事由の有無の判断に影響を与えるかが問題となります。「別居原因に関する有責性(正当性)」への影響と捉えた方が分かりやすいかもしれません。既に別居されていま...

回答日 2015年02月10日 21:42
この回答がある質問
調停離婚

 親権を争っているというのは、離婚調停中ということでしょうか。  裁判官の異動によりご自身の事件の担当裁判官が変わるという事態は生じ得ます。また、調停等の進行方針が変わる可能性もあります。 ...

回答日 2015年02月10日 19:11
この回答がある質問
別居

 面会交流はあくまで子どもの権利ですので、監護親は子どもの養育監護に必要な限りで面会交流の方法に制限を加えうるに過ぎません。また、仮にそのような条項を入れたとしても、これに違反した場合に、必ずしも面...

回答日 2015年02月10日 18:30

 労働契約は、その対価である賃金について、借入金等との相殺を禁止されています。また、労働者は退職の自由を有します。そのため、店舗側に借金があることと、退職制限を連動させるような誓約書は無効でしょう。...

回答日 2015年02月10日 18:09
この回答がある質問
借金

訴訟係属による訴訟進行の程度にもよりますが、訴状送達後第1回口頭弁論期日の実施前であれば、①裁判所書記官に連絡し、訴状に必要的記載事項である法定代理人の記載を欠いていたとして、訴状の補正手続きを行...

回答日 2015年02月10日 17:22

 はじめに、離婚原因については、通常の生活が成り立たない状態と言えれば、「悪意の遺棄」に該当しますし、そうでなくとも、浪費等に別居期間を併せて「婚姻を継続し難い重大な事由」に該当すると主張することが...

回答日 2015年02月10日 16:41
この回答がある質問
調停離婚

 後遺障害の等級認定とは、交通事故における自賠責保険(任意保険)の適用や動労災害における障害補償給付(障害給付)を得る場合に行う認定手続です。  今回の場合、就労中の従業員に傷害を与えたということ...

回答日 2015年02月10日 12:03
この回答がある質問
後遺障害等級

 相手方に後遺障害が残ったとしても、それが等級の認定対象となるかは別問題です。また、等級認定された場合であっても、訴訟となったときに考慮される労働能力の喪失率は変動しえます。  すなわち、反回神経...

回答日 2015年02月09日 14:26
この回答がある質問
後遺障害等級

 事前準備としては、どのような争点が考えられるのか、それぞれの争点についてどのような見通しが考えられるのか、そしてそれぞれの争点に対してご自身らの意向はどのような解決を目指しているのか、争点とゴール...

回答日 2015年02月09日 13:17

 はじめに、求償権を行使した場合に、どのような結論に落ち着くかという見通しを立てたうえで、その結論と現在の和解案等を前提に求償権を行使しない場合とを比較し、今後の訴訟継続等の負担を踏まえ、後者を受け...

回答日 2015年02月06日 11:14
この回答がある質問
裁判離婚

 二人とも賃借人である場合には、転貸借契約関係とは構造が異なります。ここでは、お二人にそれぞれ単独で賃貸借契約の解約権が認められるか、共同でしか解約権が認められない場合に、一方が他方の解約権行使を制...

回答日 2015年02月06日 11:09
この回答がある質問
就職・転職

 原則として別居開始時の夫婦共有財産は全て分与の対象となります。これは、連帯保証人としての責任が残る場合でも変わりません。

回答日 2015年02月06日 10:59
この回答がある質問
調停離婚

 財産分与は、預貯金、不動産等の価値をすべて計算して、マイナス財産よりもプラス財産が多い場合には、プラス分について原則半分を分与することになります。  たとえば、不動産と夫名義の預貯金があり、いず...

回答日 2015年02月06日 01:55
この回答がある質問
調停離婚

 バイクのカスタムとは、購入+カスタムではなく、カスタムのみなのですね。  この場合には、カスタムしたことにより価値が増加した分と、元々のバイクの価値によって、所有権の帰属は異なり得ます。すなわち...

回答日 2015年02月06日 01:52

 ルームシェアをどのように捉えるかですが、賃貸借契約における賃借人はさくらのきさんお一人であり、ご友人はその賃借物件を間借りしたことになりますので、転借人として位置づけられるものと考えます。  こ...

回答日 2015年02月05日 13:08
この回答がある質問
就職・転職

 養育費は、未成熟「子」につき発生するのが原則であるため、胎児は含まれません。そのため、認知を受けたとしても、その胎児が出生するまでの期間については当然に養育費を請求できるものではありません。もっと...

回答日 2015年02月05日 12:43
この回答がある質問
認知・親子関係

 旧来と異なり、現在、弁護士報酬は自由化されており、そのため他の事務所の報酬基準と比較してその適否を直ちに判断することはできませんので、ご注意ください。そのため、ご質問の内容に対する明確・択一の回答...

回答日 2015年02月05日 03:03

 子どもが胎児の段階であっても、認知調停を申し立てることは可能です。この場合には、胎児の父親に対して申立人の胎児の認知届をすることを申立の趣旨とします。もっとも、父親が認知届に承諾した場合に調停が成...

回答日 2015年02月05日 02:32
この回答がある質問
認知・親子関係

 財産分与時の不動産価格を評価する場合には、不動産の現在価値-住宅ローン残額をもって計算します。ここで、オーバーローンとなる場合には、そもそも分与すべき財産がないと判断される可能性があります。また、...

回答日 2015年02月05日 02:18
この回答がある質問
調停離婚

 最初の交渉の場で示談書(誓約書)に署名捺印していただくことのメリットとしては、後日翻意されるリスクを回避できる点があり、一方のデメリットとして、あらかじめ用意した示談書の文言等を後日修正することが...

回答日 2015年02月04日 21:51

 離婚調停の管轄は、相手方の住所地又は当事者が合意で定める家庭裁判所です。申立人が自らの住所地(岡山)を管轄する家庭裁判所に申立てをしているのに対し、そのまま答弁書等を提出した場合には、申立人の住所...

回答日 2015年02月04日 21:29
この回答がある質問
審判離婚

 離婚調停が申し立てられたとしても、従前成立した婚姻費用に関する審判の効力は当然には失効・停止しませんので、未払分について履行勧告等の手続を進めるべきです。

回答日 2015年02月04日 19:01
この回答がある質問
審判離婚

 離婚調停の中で調停案を出したとしても、調停合意がまとまらず、調停不成立に終わった場合に、一度提示した条件に拘束されることにはなりません。特に、調停では早期解決のために、歩み寄った案を提示した場合も...

回答日 2015年02月01日 21:18
この回答がある質問
不倫慰謝料

ご自身の打撲を含めて届け出る場合には、人損となります。もっとも、交通事故証明上物損扱いであっても、人損部分につき自賠責保険の適用を進めてくれる保険会社もあります。その点も含め、一度相手方の保険会社...

回答日 2015年02月01日 21:15

 自賠責保険は、人損に適用されるものであり、物損には適用されません。そのため、今回の事故で物損のみが問題となる場合には、自賠責保険の適用はありません。

回答日 2015年02月01日 17:14

1 - 30 件を表示/全 656 件

池田 達彦弁護士へ問い合わせ

電話番号 042-705-2265
メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日09:30 - 19:00
定休日
土,日,祝

対応地域