現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
池田 達彦弁護士

( いけだ たつひこ ) 池田 達彦

みんなの法律相談回答一覧

実名回答数:1,145 件/匿名回答数:0件

 親権者変更の申立がなされているということで、調査官調査では、どちらが親権者(+監護権者)として適切なのかを判断するための聴き取りを行うことが予想されます。  ここでは、お子様のご意向があればもち...

回答日 2015年02月13日 21:48
この回答がある質問
親権

 最高裁平成8年12月17日判決は、類似の事例において、「共同相続人の1人が相続開始前から被相続人の許諾を得て遺産である建物において被相続人と同居してきたときは、特段の事情がない限り、被相続人と同居...

回答日 2015年02月13日 20:50

 ひとまずは、弁護士の法律相談をお受けになり、具体的事情をご説明いただいたうえで、問題となりうる事項(法的問題や後処理の問題等)及び今後採りうる手段、更に費用対効果をご理解いただくことをお勧めします...

回答日 2015年02月13日 20:14
この回答がある質問
不倫

 天皇、皇太子及び皇太孫の成年は18歳です(皇室典範第22条)。

回答日 2015年02月13日 02:42
この回答がある質問
民事・その他

 相手方弁護士に対し、受領した金額が20万8650円であることと、本来の請求額との差額につき再度支払を求めることを書面で通知しておくと良いでしょう。なお、債務を弁済したことについての立証責任は相手方...

回答日 2015年02月12日 14:13

 裁判とするか否かは、権利者である相手の方次第です。  提示する養育費の金額にもよるでしょうが、相手方が提示額を少ないと感じたり、出産費用等もしっかり請求したいと考えたり、養育費の履行確保を得たい...

回答日 2015年02月12日 12:46
この回答がある質問
養育費

 出産費用については、双方合意の下で行った性交渉によって生じた債務であれば、出産育児一時金を控除した金額を原則折半することになります。  また、子どもに掛かる医療費というのが、出産に伴う医療費...

回答日 2015年02月12日 11:54
この回答がある質問
養育費

 公正証書作成に当たり、どちらが費用負担すべきという明確な決まりはありません。双方で折半する場合もありますし、一方のみが支払う場合もあります。

回答日 2015年02月12日 11:28
この回答がある質問
養育費

 一般的な表現を用います。検察官には、起訴した場合には、犯罪に関する事実について立証責任を負います。そのため、被告人が犯罪に関する事実を否認した場合には、犯罪に関する事実を裏付けるための客観的証拠を...

回答日 2015年02月11日 14:01
この回答がある質問
起訴・刑事裁判

 捜査機関において、加害者の特定と加害者の取調べが実施されることになります。また、その中で、クエクエ193さんから聴取した事項に不足がある場合や、加害者の供述と食い違う点があれば、再度確認のために事...

回答日 2015年02月11日 09:53
この回答がある質問
暴行

 双方代理人が付いているということですから、双方代理人の都合に併せて決めたのではないでしょうか。当事者の出頭が必ずしも必要でない期日であれば、当事者欠席で進める調停期日もあり得るからです。  ご不...

回答日 2015年02月10日 22:28
この回答がある質問
調停

 日程変更となる場合には、申立人、相手方、そして調停委員会のそれぞれの都合に併せて日程調整をすることが一般です。最初に都合を聞かれたときの候補日の一つに変更されたということはないでしょうか。日程変更...

回答日 2015年02月10日 22:18
この回答がある質問
調停

 頻繁にあることではないですが、裁判所の都合により日程が変更になることはあります。

回答日 2015年02月10日 22:14
この回答がある質問
調停

 進学先の学校が決まっていない現段階では、将来増額すべき養育費の額を算出することも困難なので、すぐに審判結果が出ないという状況ではないでしょうか。  審判の出る前に学費を支払うことは可能ですが...

回答日 2015年02月10日 22:13
この回答がある質問
養育費

 離婚届を出したとしても、後日、離婚等慰謝料、養育費、財産分与、年金分割を請求することは可能です。もっとも、離婚等慰謝料は離婚した日から3年間、財産分与及び年金分割は離婚した日から2年間の時効にかか...

回答日 2015年02月10日 21:48
この回答がある質問
離婚届

 おそらく争点の一つは、婚姻を継続し難い重大な事由の有無の判断に影響を与えるかが問題となります。「別居原因に関する有責性(正当性)」への影響と捉えた方が分かりやすいかもしれません。既に別居されていま...

回答日 2015年02月10日 21:42
この回答がある質問
調停離婚

 ご相談事案の場合、相手方には後進するに当たり進行先の安全確認をして進行すべき義務があるのに対し、ほのほのさんにも、駐車場内においては後進で通路に侵入してくる車両が相当数あることに鑑み、後進での進入...

回答日 2015年02月10日 21:13
この回答がある質問
物損事故

 そもそもこれ以上協議をすべきか否かも含め、手段選択等、今後の進め方について、具体的に相談されてみてはいかがでしょうか。相隣関係(土地の形状、水道管の敷設状況等)がどのようになっているか、具体的事情...

回答日 2015年02月10日 20:13

 おそらく、法的な問題のみならず、感情的な問題がくすぶっているようですから、たとえば民事調停を利用するなど、第三者に介在してもらい、今後のことも含めた協議を実施されてはいかがでしょうか。

回答日 2015年02月10日 20:02

 水道管の老朽化による損害発生の現実的危険性がない限り、直ちに撤去を求めることは困難でしょう。また、地代相当の損害賠償を請求した場合に認められるかは、個別の事情によりますので一概には判断できませんが...

回答日 2015年02月10日 19:59

 裁判官が妥協を促すかは、状況次第です。さきほど回答したとおり、余計なことを伝えて審理をこじらせるくらいであれば、端的に審理を結審して最終判断を下したほうが良いと判断するでしょうから。  3月...

回答日 2015年02月10日 19:45
この回答がある質問
別居

 子どもが嫌がっていることを伝えることが適切かは一考が必要です。なぜなら、「監護親が私の悪口を吹聴して、洗脳している。だから、子育ては任せられない。」などと主張され、さらに話をややこしくする可能性が...

回答日 2015年02月10日 19:32
この回答がある質問
別居

 地役権もしくは敷設使用権は、民民間のお話しです。  被相続人の方が口約束で敷設を承諾したのであれば、その水道管を敷設された方と被相続人の方との間で、敷設使用権が成立している可能性がありますし、こ...

回答日 2015年02月10日 19:28

 親権を争っているというのは、離婚調停中ということでしょうか。  裁判官の異動によりご自身の事件の担当裁判官が変わるという事態は生じ得ます。また、調停等の進行方針が変わる可能性もあります。 ...

回答日 2015年02月10日 19:11
この回答がある質問
別居

 私有地を公有地に勝手に変更することはできません。  もっとも、本件の場合、水道管の敷設について、黙示による地役権又は水道管敷設使用権の成立あるいは取得時効の成立等の問題が生じ得ますので、撤去...

回答日 2015年02月10日 19:06

 面会交流はあくまで子どもの権利ですので、監護親は子どもの養育監護に必要な限りで面会交流の方法に制限を加えうるに過ぎません。また、仮にそのような条項を入れたとしても、これに違反した場合に、必ずしも面...

回答日 2015年02月10日 18:30

 奥様には、法律上当然には義務がありません。もっとも、迷惑防止条例違反の証拠があることを知りながら、これをあえて申告しなかったことが証拠物等の隠匿に当たるとして、証拠隠滅等の罪に問われる可能性があり...

回答日 2015年02月10日 18:24

 労働契約は、その対価である賃金について、借入金等との相殺を禁止されています。また、労働者は退職の自由を有します。そのため、店舗側に借金があることと、退職制限を連動させるような誓約書は無効でしょう。...

回答日 2015年02月10日 18:09
この回答がある質問
借金

 仮に、被害届が提出されて、警察で事情を聞かれることがあれば、自らに非のないことを認めるべきではありませんので、事実と異なることはしっかり違うと述べるべきです。また、調書が作成される段階では、微妙に...

回答日 2015年02月10日 18:02
この回答がある質問
起訴・刑事裁判

 一時保護決定に対する不服申立ての方法は、①行政上の不服申立手続として、児童相談所長の行政処分に対しては都道府県(政令指定都市の場合には市)に審査請求を申し立てることになりますし、②行政訴訟として、...

回答日 2015年02月10日 17:31
この回答がある質問
行政事件

1 - 30 件を表示/全 1,145 件

池田 達彦弁護士へ問い合わせ

電話番号 042-705-2265
メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日09:30 - 19:00
定休日
土,日,祝

対応地域