現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    

大型連休期間は休業の法律事務所が多くなります。 ご検討中の方はお早めにお問い合わせください。

お気に入りに追加
柴田 剛弁護士

( しばた ごう ) 柴田 剛

弁護士法人ASK市役所通り法律事務所

みんなの法律相談回答一覧

実名回答数:34 件/匿名回答数:0件

遺留分減殺請求権(法改正により令和元年7月1日以降に発生した相続の場合は、遺留分侵害額請求権となります。)は、相続の開始及び減殺すべき遺贈等があったことを知った時から1年又は相続の開始の時から10年...

回答日 2021年01月24日 22:46
この回答がある質問
遺留分侵害額請求

ご自身が提出された答弁書や準備書面の内容を訂正するという状況を前提に回答いたします。 書面での訂正は可能ですし、裁判期日の際に口頭で訂正することも可能です。(もっとも、口頭での訂正の場合、訂正...

回答日 2021年01月22日 21:48

1について 浪費は免責が認められない事由にはなりますが浪費があったからといって必ず免責不許可となるわけではありません。破産に至る経緯など様々な事情を踏まえて裁量免責が認められる余地があります。 ...

回答日 2021年01月22日 20:53
この回答がある質問
自己破産

店側としては、弁償を求めたり出禁とした人物がどこの誰かということを明らかにしたりするために氏名等を聞いたものと考えられます。 一方で、職業は伝えていないということですから、名前や住所、電話番号...

回答日 2021年01月22日 00:19
この回答がある質問
犯罪・刑事事件

31 - 34 件を表示/全 34 件

弁護士法人ASK市役所通り法律事務所へ問い合わせ

電話番号 050-5259-5003

※弁護士法人ASK市役所通り法律事務所では、ご相談内容に応じて、最適な弁護士が担当します。

メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日09:00 - 18:00
定休日
土,日,祝
備考
平日夜間、土日祝については応相談。
各種Web会議アプリを利用してのご相談にも対応いたします。
交通アクセス
駐車場近く