現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    

大型連休期間は休業の法律事務所が多くなります。 ご検討中の方はお早めにお問い合わせください。

お気に入りに追加
柴田 剛弁護士

( しばた ごう ) 柴田 剛

弁護士法人ASK市役所通り法律事務所

みんなの法律相談回答一覧

ベストアンサーがついた回答数:実名18 件/匿名:0件

> 質問1 > > aが無権代理を主張した場合、必ず無効になるのでしょうか?契約に関する事を行なった相手側は疑う余地が全くなかった場合。 →あくまで一般論ですが、原則として...

回答日 2021年02月24日 22:44
この回答がある質問
不動産・建築

損害賠償請求訴訟を例にとると、その請求をする側(賠償をもらう側)がその請求権を基礎付ける事実を証明する必要があります。 そして、その証明がなされない場合には、その証明しようとしていた事実はない...

回答日 2021年02月17日 15:05

通常、見積書はあくまで見積もりですし、契約は当事者の合意によって成立します。したがって、一般的には、見積書の取り交わしをもって契約が成立したとは言い難いといえます。 また、そのような事情があったか...

回答日 2021年02月16日 21:28

顔全体を撮影した写真と目元付近を撮影した写真とを1通の書証として提出してみてはいかがでしょうか。(写真撮影報告書に顔全体と目元の写真とが掲載されているイメージです。)

回答日 2021年02月15日 22:47
この回答がある質問
医療

問題ありません。書証のpdfデータにパソコン上でそのように入力して号証番号を入れることはよくあります。

回答日 2021年02月09日 17:22

> 1.このまま無視でもよろしいのでしょうか? →ご指摘のとおり架空請求と思われますので、無視で構いません。 > 2.督促状のように民事訴訟もしくは裁判などあり得るのでしょうか?...

回答日 2021年02月07日 22:04

準備書面2で問題ありません。

回答日 2021年02月05日 23:28
この回答がある質問
準備書面

主債務が時効により消滅した場合、保証債務は付従性という性質により消滅しますので、連帯保証人の保証債務も消滅します。

回答日 2021年02月04日 15:56
この回答がある質問
連帯保証人の時効

(甲1)や(甲2)で大丈夫です。

回答日 2021年02月02日 11:38

①時効は、時効が完成するための時の経過が必要なほか成立するための要件や時効の成立を妨げるような障害事由があります。一方で、除斥期間は、そのようなものはなく時の経過があったかどうかで権利の消長が決まり...

回答日 2021年01月31日 07:50

構成要件とは、窃盗罪や傷害罪など個々具体の犯罪が成立するための行為類型を定めたもので、基本的には刑法その他の刑事罰を定めた条文に書かれています。 しかしながら、実際には条文の文言を起点にして解...

回答日 2021年01月30日 00:52
この回答がある質問
被害届・告訴・告発

いくつかの請求をまとめて提訴する際には、○○等事件と記載するのが通例ですので、本件のような場合にも未払賃料請求は「等」としてひとまとめにしてしまいます。

回答日 2021年01月28日 13:15

第三者が法務局で登記事項証明書を取得しても所有者等には何らの連絡もいきません。 登記事項証明書が取得された不動産の所有者等は、どこの誰がいつそれを取ったかを知ることはできません。

回答日 2021年01月27日 23:45
この回答がある質問
近隣トラブル

①発生しません。代襲相続の原因は、死亡・相続欠格・廃除に限られています。(民法887条2項) ②①のとおり代襲相続は発生しません。 ③代襲相続が認められる範囲は、相続人が子となる場合また...

回答日 2021年01月27日 16:14
この回答がある質問
代襲相続

質問1について ・証拠説明書については、裁判所のホームページやインターネット上にも参考書式が上がっていると思いますので、検索の上、ご参照ください。 ・契約書や領収書、写真など紙に記載された内容が...

回答日 2021年01月25日 15:42
この回答がある質問
通常訴訟

ご自身が提出された答弁書や準備書面の内容を訂正するという状況を前提に回答いたします。 書面での訂正は可能ですし、裁判期日の際に口頭で訂正することも可能です。(もっとも、口頭での訂正の場合、訂正...

回答日 2021年01月22日 21:48

1について 浪費は免責が認められない事由にはなりますが浪費があったからといって必ず免責不許可となるわけではありません。破産に至る経緯など様々な事情を踏まえて裁量免責が認められる余地があります。 ...

回答日 2021年01月22日 20:53
この回答がある質問
自己破産

店側としては、弁償を求めたり出禁とした人物がどこの誰かということを明らかにしたりするために氏名等を聞いたものと考えられます。 一方で、職業は伝えていないということですから、名前や住所、電話番号...

回答日 2021年01月22日 00:19
この回答がある質問
犯罪・刑事事件

1 - 18 件を表示/全 18 件

弁護士法人ASK市役所通り法律事務所へ問い合わせ

電話番号 050-5259-5003

※弁護士法人ASK市役所通り法律事務所では、ご相談内容に応じて、最適な弁護士が担当します。

メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日09:00 - 18:00
定休日
土,日,祝
備考
平日夜間、土日祝については応相談。
各種Web会議アプリを利用してのご相談にも対応いたします。
交通アクセス
駐車場近く