木村 俊春弁護士 きむら としはる

木村 俊春弁護士

桜みなと法律事務所

神奈川県 横浜市 中区住吉町2-21-1 フレックスタワー横浜関内204号室
現在営業中 06:00 - 23:00
電話番号 050-5368-8098
分野を変更する

みんなの法律相談回答一覧

実名回答数:71 件/匿名回答数:0件

基本的には、生活の本拠地たる住所に送ることになりますが、送達できなければ、勤務先に送達するようお願いするのことはよくあることです。 申立書の記載事項について、裁判所の受付に問い合わせて確認する...

回答日 2020年05月01日 17:47
この回答がある質問
婚姻費用

①について  養育費の増減額は、お互いの収入に変化があった場合も事情の変更に当たります。  お互いの収入を考慮して、減額となる可能性はあると思われます。 ②について  一般的には、養子縁...

回答日 2020年05月01日 17:43
この回答がある質問
養育費

遺言の内容と異なる相続をするには、第三者の同意も必要です(民法909条ただし書き)。 第三者に納得してもらうためには、遺贈に相当する金員のお支払いをするなどの対応が必要となることが考えられます...

回答日 2020年04月29日 14:52
この回答がある質問
公正証書遺言

裁判所は、家計が別であれば、他の家族の収入の資料を求めることは少ないです。 ただし、申立人の通帳等に、同棲相手への送金等がある場合には、送金の目的等を問われることはあっても、給与明細等の資料を...

回答日 2020年04月28日 13:06
この回答がある質問
自己破産

離婚時または別居時の財産を清算するのが財産分与なので、請求することができる可能性はあります。 他方で、婚姻後に形成した財産を清算することも財産分与なので、各々の現在の資産から、婚姻時に保有して...

回答日 2020年04月26日 10:01
この回答がある質問
財産分与

領収証の存在だけだと誰が払ったかになりますので、宛名が誰になっているとか、送金額や引出金額が領収証と一致ないし近似であれば、支払者との繋がりが証明できるでしょう。

回答日 2020年04月23日 18:44
この回答がある質問
遺留分侵害額請求

条件付きであり、母親が払った証拠もあるなら、そもそも遺言どおりに弟の方が遺産を取得できることにはならないでしょう。

回答日 2020年04月21日 09:38
この回答がある質問
遺留分侵害額請求

内部の人間ではないので、真実は分かりかねるものの、通常、金融機関は調停の情報を知る由はありません。 役所も、家庭センター以外に情報を共有しているとは伺ったことはありません。

回答日 2020年04月19日 16:29
この回答がある質問
調停離婚

 判断に迷う状況だと思います。  普通であれば、第一順位のお子さんになんとかしてもらいたいところですね。 リスクとしては、勝手に処分した場合、被相続人の子から、「他に遺産があったはずだ。」、...

回答日 2020年04月19日 16:24

今回実施しないことは、やむを得ないと思われます。 こちらの誠意として、無理のない代替手段(例えば、写真を送ってあげるとか、お子さんがある程度大きければ手紙を書いてもらうとか、テレビ電話を利用す...

回答日 2020年04月19日 15:56
この回答がある質問
養育費

ありません。 我々弁護士一般も苦慮しているところですので、今は一刻も早いコロナウィルスの収束のために、全員が協力する時期でしょう。

回答日 2020年04月19日 15:47
この回答がある質問
不倫

不貞を認めた場合、配偶者が、翻意して、訴訟で慰謝料請求をしうることは、デメリットです。 少なくとも、配偶者が慰謝料も養育費も求めないのであれば、上記事情や条件を記載した書面で、合意するべきでし...

回答日 2020年04月19日 15:42
この回答がある質問
不倫慰謝料

両親が離婚しても、ご自身の両親であったことは変わりないため、相続は発生します。 そのため、相続をしたら支払い義務があります。 相続を知ってから3か月以内であれば放棄ができるので、仮に負債...

回答日 2020年04月19日 15:36

婚約破棄による慰謝料は破棄の理由によって異なりますが、せいぜい100〜200万円までです。 言いふらしたことは、名誉毀損による損害賠償請求を受けることは、ままあります。

回答日 2020年04月19日 15:22
この回答がある質問
不倫慰謝料

当事者が合意すれば幾らでも大丈夫ですよ。 一般的には、 ①別居した日に、仮に退職した場合の退職金見込み額が分かる書面を、会社から発行してもらいます。 ②上記①の退職金の書面において...

回答日 2020年04月19日 14:58

実際に、いつ分けるのかという問題はありますが、置いておきます(実際に給付があったときか、離婚するときかという問題です。)。 退職金は、別居時に自己都合で退職した場合の金額をベースに、婚姻してか...

回答日 2020年04月19日 14:41

債権者の中に、使用している銀行があれば、代理人からの受任通知が届いた後に、一旦凍結されます。 給与は振り込まれても、相殺されてなくなることもあります。 銀行によっては、生活に必要という理...

回答日 2020年04月19日 14:36
この回答がある質問
個人再生

伺っている内容だけでは、離婚の判決が出ることはないと思わらます。 離婚訴訟が棄却されることは、珍しくないですよ。

回答日 2020年04月19日 14:14
この回答がある質問
離婚慰謝料

控訴理由書は、法律上、控訴提起後50日です(民事訴訟規則182条)。 具体的にいつまでに提出すれば良いかは、配属された担当部の書記官の方に尋ねてみて下さい。

回答日 2020年04月19日 13:00
この回答がある質問
離婚原因

質問1について 自宅の名義が誰であるかは関係ありません。 住民票などで、そこに居住しているのであれば執行官は執行します。 任意に開錠がなければ、業者を同行して開錠を実施することがあります。 ...

回答日 2020年04月19日 12:34
この回答がある質問
遺産分割訴訟

不貞行為となるかは、婚姻関係が破綻しているかどうかなので、別居=破綻とはなりません。 別居前に破綻しているような状況であれば不貞行為とはなりませんし、別居前に破綻しているとまでは言えない状況で...

回答日 2020年04月19日 12:22
この回答がある質問
離婚・男女問題

無い袖は振れないので、今できる範囲でできることを行うべきです。 一人で悩むことは止めて、申立代理人の先生、破産管財人の先生、若しくは裁判所等とよく話し合うことが、今できる最善の策です。 ...

回答日 2020年04月18日 10:18
この回答がある質問
自己破産

持ち家がある場合に破産の申立てをするときには、自宅に価値があれば売却しなければなりません。 破産せずに借金を返済する方法を選ぶのならば、借りたものは返すのは当然です。ただし、何をもって返済原資...

回答日 2020年04月18日 05:44
この回答がある質問
調停離婚

破産は、免責から7年を経過しているのであれば可能です。

回答日 2020年04月17日 19:57
この回答がある質問
調停離婚

差押さえをするかどうかは債権者次第であって、裁判所自身が差し押さえることはありません。 一方で、20万円を超える現預金があれば破産管財事件といって、債権者に配当すべき財産となります。 もっと...

回答日 2020年04月17日 19:54
この回答がある質問
自己破産

支払能力と、支払義務を負っているかどうかは、判決の上ではリンクしない話です。 支払いが難しいのであれば、裁判外でも、裁判上でも、分割払い等の和解案を提案すべきです。

回答日 2020年04月17日 19:26
この回答がある質問
調停離婚

①について 別居期間を理由に婚姻関係の破綻を主張して離婚が認められることはあります。 ②について 住民票と別居は関係ありません。物理的に別居しているかどうかが重要です。別居したことの証拠を...

回答日 2020年04月17日 19:24

(1)について 債権者次第なので、一般論として特定はできかねます。 (2)について 全ての資産を報告する必要があります。 退職金があるならば、報告が必要です。

回答日 2020年04月17日 19:19
この回答がある質問
個人再生

その事情だけでは、破綻がどうかは判断できないでしょう。

回答日 2020年04月17日 19:17
この回答がある質問
別居

破産手続開始決定前に債権者が差し押さえることは、理論上は可能です。 破産裁判所との関係では、開始決定前に受領しても、自由財産の拡張により、保有し続ける可能性はあります。 また、開始決定後...

回答日 2020年04月17日 19:16
この回答がある質問
自己破産

1 - 30 件を表示/全 71 件

現在営業中 06:00 - 23:00

木村 俊春弁護士へ問い合わせ

電話番号 050-5368-8098
メールで問い合わせ
お気に入りに追加

受付時間

受付時間
  • 平日06:00 - 23:00
  • 土日祝06:00 - 23:00
定休日
なし
備考
 相談申込等により受付時間に電話に出ることができない場合もございます。
 その際は、メールでの問い合わせをお願い致します。
 土日祝・夜間面談をご希望の方も、お気軽にご相談下さい。

対応地域

事務所の対応体制
駐車場近く
完全個室で相談
バリアフリー
「事務所建物入口から相談スペースまで車椅子で移動でき、トイレも車椅子のまま利用できる」を定義としています。