現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
岩井 知大弁護士

( いわい ともひろ ) 岩井 知大

馬車道法律事務所

現在営業中 09:00 - 20:00

交通事故

分野を変更する
【オンライン面談可】【初回無料相談あり】【馬車道駅から徒歩2分】泣き寝入りしないで済むよう、全力を尽くします。お気軽にご相談ください。

交通事故の詳細分野

事件内容

  • 死亡事故
  • 物損事故
  • 人身事故

争点

  • 後遺障害等級認定
  • 過失割合
  • 慰謝料・損害賠償

対応体制

  • 24時間予約受付
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料
  • 分割払いあり
  • 着手金無料あり
  • 完全成功報酬あり

【交通事故に関する問題は当事務所にお任せください】
被害者側の代理人として多数の交通事故事件を扱っており、被害を丁寧に聞き取った上で、請求を基礎づけます。

【費用について】
お金の心配をせずに気兼ねなくお話しいただけるよう、初回相談は無料です。
費用倒れとなることの無いよう、適切なアドバイスをさせて頂きます。

【特に力を入れている案件】
示談交渉、後遺障害等級認定、損害賠償請求、自賠責保険金の請求、交通事故裁判

【このようなときはご相談ください】
・加害者には財産が無い上、自賠責保険にすら入っていない。損害賠償は諦めるべきなのか。
・交通事故で就業不能となり、それまでの年収1000万円を得ることが出来なくなったが、相手は自賠責保険にしか加入していない。どうすれば満足いく賠償を得られるか。
・後遺障害等級認定を上げたい。

※上記以外にもお困りのことがございましたらお気軽にご相談ください。

【安心のサポート体制】
馬車道駅から徒歩2分。完全バリアフリーで、多機能トイレも御座います。
また、移動が出来ない場合には、出張法律相談にも応じます。

【事務所公式ホームページ】
http://bashamichi-law.jp/

交通事故の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 30分ごとに5,000円(税別)。初回相談料無料。
着手金 10万円~(税別)
報酬金 獲得した利益の4%~16%(税別)
その他 着手金を全額ご用意頂けない場合には、報酬金と併せて清算するなど費用はご状況に応じて柔軟に対応しますので、お気軽にご相談ください。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

交通事故の解決事例(2件)

分野を変更する

交通事故の解決事例 1

加害者側保険会社からの当初の提示額の3倍での解決事例

  • 慰謝料・損害賠償
  • 人身事故
依頼主 30代 女性

相談前

停車中の追突事故のケースでむち打ち症となり半年の通院期間が経過後、症状固定だとして治療費打ち切りとなり、後遺障害14級の認定後、加害者側保険会社より賠償額の提示がありました。
この提示は実質的な通院期間は2か月程度であることを前提に慰謝料が算出されており、非常に低額だったことから疑問に感じ、相談にいらっしゃいました。

相談後

提示内容を精査すると、自賠責保険での賠償基準と同様の内容であることがわかりました。
逸失利益の計算も、単なる愁訴(神経症状)に過ぎない為、短い期間に留められていました。しかし、実際には、依頼者様は美容院を経営しており、手のしびれなどによる業務への影響は大きく、裁判基準によれば慰謝料の増額が見込まれました。
そこで、事故前は休憩なしで担当出来ていた業務が、休憩を挟まなければこなせなくなっていることなど業務への具体的な影響や、裁判になれば賠償額が高額になる可能性が高い旨を保険会社に伝え、交渉をした結果、当初提示金額の3倍程度の賠償額で解決となりました。

岩井 知大弁護士からのコメント

岩井 知大弁護士

保険会社は、弁護士が入る前には、いわゆる自賠責基準と呼ばれる非常に低い解決基準での提案をしてくるのが通常です。
本来であれば、解決にあたって盛り込まれるべき内容も、こちらから主張をしないと落とされてしまうことも少なくありません。
また、通院に関しても、我慢して通院を少なくしてしまう方も多いのですが、適正な賠償を受けるためにもしっかり治療を行いましょう。

交通事故の解決事例 2

治療打切り及び低額の賠償を変更させた例

  • 後遺障害等級認定
  • 慰謝料・損害賠償
  • 人身事故
依頼主 40代 男性

相談前

青信号で横断歩道を自転車にのって横断していたところ、自動車に追突され、救急車で運ばれ治療をうけたものの、幸い大けがには至らなかったため、定期的に通院をしていたところ、2か月で治療が打ち切りとの連絡が保険会社からなされ、非常に低額の賠償額の提示がなされました。
しかし、事故後しばらくして膝と腰の痛みから歩行に支障が出るようになったため、他の医院で診察を受けたところ、手術が必要との診断がなされたことから、保険会社にその旨伝えたところ、事故との因果関係を否定されて医療費を支払ってもらえないとのことで相談にいらっしゃいました。

相談後

事故後、自転車に乗ることが出来ない状態になっていましたので、事故との因果関係は明らかだったことから、医師に連絡をして、従前の医院の診療内容からしても現在の症状は事故が原因と思われる旨の診断書を作成してもらい、保険会社に提出し、治療打切りを撤回してもらいました。
その後、後遺障害等級13級との認定がおり、賠償額についても、大幅な増額となりました。

岩井 知大弁護士からのコメント

岩井 知大弁護士

治療打切りの連絡があっても簡単にあきらめるべきではありません。
医師によっては不十分な診断をする先生がいるので注意が必要です。
また、医師は後遺障害等級認定については専門家ではないので、診断書の作成の際には、必要な検査をおこない症状が漏れなく記載されるよう注意をする必要があります。高齢でうまく症状を伝えられない等の事情があるなどの事情がある場合には、弁護士があらかじめ医師に注意点を伝えたり、診断書を弁護士が確認をして必要事項が記載されているかを確認することも必要でしょう。

交通事故

特徴をみる

労働問題

分野を変更する
【オンライン面談可】【初回無料相談あり】【馬車道駅から徒歩2分】ご自身の健康や、ご家族との生活を守るため、全力を尽くして対応させて頂きます。お気軽にご相談ください。

労働問題の詳細分野

原因

  • パワハラ・セクハラ
  • 給料・残業代請求
  • 労働条件・人事異動
  • 不当解雇
  • 労災認定

対応体制

  • 24時間予約受付
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料
  • 分割払いあり
  • 着手金無料あり
  • 完全成功報酬あり

【労働問題は当事務所にお任せください】
当事務所は、創立1973年、労働者の権利を守るために創立されました。
長年に渡る経験の蓄積により、より良い解決を導きます。

【費用について】
お金の心配をせずに気兼ねなくお話しいただけるよう、初回相談は無料です。
費用倒れとなることの無いよう、適切なアドバイスをさせて頂きます。

【特に力を入れている案件】
不当解雇、パワハラ・セクハラ、残業代請求

【このようなときはご相談ください】
・残業代を支払ってくれない。
・就業規則を見せてくれない。
・追い出し部屋に入れられた。
・会社から損害賠償請求をされている。

※上記以外にもお困りのことがございましたらお気軽にご相談ください。

【安心のサポート体制】
依頼者様の働く時間を確保出来るよう、夜間、早朝の相談にも対応致します。
馬車道駅から徒歩2分。完全バリアフリーで、多機能トイレも御座います。

【事務所公式ホームページ】
http://bashamichi-law.jp/

労働問題の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 30分ごとに5,000円(税別)。初回相談料無料。
着手金 10万円~(税別)
報酬金 獲得した利益の4%~16%(税別)
その他 着手金を全額ご用意頂けない場合には、報酬金と併せて清算するなど費用はご状況に応じて柔軟に対応しますので、お気軽にご相談ください。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

労働問題の解決事例(3件)

分野を変更する

労働問題の解決事例 1

産休から復帰後の不当解雇を労働審判で争って和解した事例

  • 不当解雇
依頼主 50代 男性

相談前

依頼者様が相談に来られた時は、まだ解雇前でどのように対応したらよいかについての相談から始まりました。
産休中から退職を匂わされ、復帰すると、突然、自分がいかに失敗ばかりをしてきて会社にとって不利益な社員であるかを伝えられ、しかも会社は業績不振で整理解雇をせざる得ない状況だということを説明され、合意退職を迫られている状況で、整理解雇を理由に不当解雇されることが予想されました。

相談後

退社してしまった後は、会社の売り上げ状況などを把握するのは困難ですので、ここ数年の業績の推移に関する資料、代表取締役の実質的な収入を裏付ける資料を確保すること、またマタハラ的な言動が多くありましたので、そのやり取りについての録音、更にこれまで既に解雇された元従業員から会社の実態について把握する協力を依頼しました。
その後、予想通り、整理解雇されたことから直ちに労働審判を申し立てました。
労働審判期日において、確かに業績は好調とまでは言えないものの、如何に代表者の報酬が多いこと、また役員からの産休取得についてのマタハラ発言の録音反訳、更には業績不良といいながら新社屋建設準備の事実を示すと、裁判官も一気にこちらに有利な心証となり、非常に有利な解決をすることができました。

岩井 知大弁護士からのコメント

岩井 知大弁護士

やはり有利な解決をするには事前の準備が不可欠です。
こちらにとって有利な証拠を見過ごすことがあるので、なるだけ早めにご相談頂き、作戦を練っておくことが肝要です。

労働問題の解決事例 2

管理職からの不当降格。追出し部屋での勤務からの地位回復を求めた事例

  • 労働条件・人事異動
依頼主 50代 男性

相談前

依頼者様は、管理職として入社されたものの、それまでの会計処理が不健全であると感じ、様々の提言を他の部長や役員にしていたところ、これを疎ましがった他の部長・役員が、社内のネットワーク上の重要情報にいたずらにアクセスしたと難癖をつけて降格させ、倉庫勤務にしました。
会社は、あえて給与や手当は全く変更せずに、単に降格・部署転換をするだけ、という、如何にも裁判を意識したやり方で、依頼者様に自主退職を選ばせようとしていました。
このような状況で黙って退職を受け入れるわけにはいかないと相談に来られ、地位回復を求めて労働審判を申し立てました。

相談後

争点は、アクセス行為が果たして不当な行為なのか、降格が相当なのかでした。
特にアクセスの点については、他の管理職も同様に当該情報にアクセスしていたことなどを基礎づけることなどにより相手の主張を崩す必要があるのですが、会社はいかようにでもアクセス情報を削除するなどして証拠の隠ぺいが可能ですので、厳しい状況でしたが、手元に残っていたわずかなデータと、相手方が開示してきたアクセスデータの矛盾を突くことを繰り返すうち、裁判官の心証が徐々にこちらに有利に傾き、降格は不相当ではないかとの心証が示されました。
会社は元の役職に戻すことだけは避けたかったため、退職を前提に解決金を支払うということで満足のいく解決となりました。

岩井 知大弁護士からのコメント

岩井 知大弁護士

証拠の収集の点において、極めて不利な地位からのスタートでしたが、相手方の主張を丁寧に精査して反論を組み立てることでこちらが望む解決を手繰り寄せることが出来たように思います。

労働問題の解決事例 3

宅配業者従業員の未払い残業代が交渉により支払われた事例

  • 給料・残業代請求
依頼主 30代 男性

相談前

私の元に相談にいらしたときには既に退職されており、毎月、残業代が時効消滅していっている事案でしたので、急いで対応する必要がありました。

相談後

直ちに時効中断のため、内容証明で請求書を出し、残業時間を基礎づける資料を求めました。当初、会社は弁護士がついておらず、資料の提出にも不誠実な対応を繰り返し、事実と全く異なる残業時間管理を主張していました。
このように雇用主が残業代請求に対して悪質な対応をする場合、残業代の倍額を請求できることもあるため(付加金)、その旨通知したところ、この段階で会社に代理人弁護士が就任しました。
会社も弁護士からのアドバイスを受けたようで、裁判になると自分たちに不利な判断が出ることを危惧してか、退職から遡って2年分の残業代について、こちらの主張する金額とほぼ同額での支払いでの解決となりました。

岩井 知大弁護士からのコメント

岩井 知大弁護士

退職の際に、残業時間を基礎づける資料を退職前の数か月分は確保していたため、会社としても嘘をつけない状況に追い込むことが出来ました。
残業代請求の場合、会社から資料が出されるのが通常ですが、不都合な資料は出さないこともあるため、退職の際には、残業時間を基礎づける客観的な資料を確保して退職することが肝要です。会社内PCにある労務管理ソフトの画面を携帯で撮影するだけでもかなり有力な証拠にできます。
また、事案によっては、弁護士が知恵をつけたことで解決までの時間が伸びることもありますが、今回のケースは相手方会社に代理人がついたことがプラスに働いた事案です。

労働問題

特徴をみる

遺産相続

分野を変更する
【オンライン面談可】事前準備をして相続トラブルを回避するのがまずは第一です。事前準備の内容によっては法的効力が認められないケースがあるため、まずは弁護士にご相談ください。

遺産相続の詳細分野

請求内容

  • 遺言
  • 相続放棄
  • 相続人調査
  • 遺産分割
  • 遺留分侵害額請求(遺留分減殺請求)
  • 相続登記・名義変更
  • 成年後見
  • 財産目録・調査

対応体制

  • 24時間予約受付
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料
  • 分割払いあり
  • 着手金無料あり
  • 完全成功報酬あり

【相続に関する問題は当事務所にお任せください】
相続には、税金対策が不可欠です。提携税理士及び不動産鑑定士も同席の上で効果的なアドバイスをさせて頂きます。

【費用について】
お金の心配をせずに気兼ねなくお話しいただけるよう、初回相談は無料です。
費用倒れとなることの無いよう、適切なアドバイスをさせて頂きます。
事案によっては、完全報酬制での受任も可能です。

【特に力を入れている案件】
遺産分割協議、生前贈与、遺言書作成、遺言執行、遺留分減殺請求、事業承継

【このようなときはご相談ください】
・亡くなった父親の通帳を兄が見せてくれない。
・どのような遺産があるのかを調査したい。
・遺産の不動産の評価が正しいのか知りたい。
・兄が父の生前に父の預金を持ち逃げしているようだ。

※上記以外にもお困りのことがございましたらお気軽にご相談ください。

【安心のサポート体制】
馬車道駅から徒歩2分。完全バリアフリーで、多機能トイレも御座います。
また、高齢のため移動が出来ない等のご事情がある場合には、出張法律相談にも応じます。

【事務所公式ホームページ】
http://bashamichi-law.jp/

遺産相続の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 30分ごとに5,000円(税別)。初回相談料無料。
着手金 10万円~(税別)
報酬金 獲得した利益の4%~16%(税別)
その他 着手金を全額ご用意頂けない場合には、報酬金と併せて清算するなど費用はご状況に応じて柔軟に対応しますので、お気軽にご相談ください。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

遺産相続の解決事例(2件)

分野を変更する

遺産相続の解決事例 1

兄が持ち逃げした被相続人の預金を取り戻した事例

  • 遺留分侵害額請求(遺留分減殺請求)
依頼主 60代 女性

相談前

依頼者さんは長女で、被相続人であるお母様は、お兄様夫婦と同居していましたところ、お母様が亡くなった後、お母様名義の預金通帳を見ると逝去する3年ほど前から、合計3000万円の預金が引き出され、逝去時にはほとんど預金がない状態だったため、兄によって着服されている疑いがあり、これを取り戻せないか、とのご相談でした。

相談後

お兄様は、あくまで母親が自分で引き出して使っていたのであり、自分たちは預かり知らないことだ、の一点張りでしたので、裁判外での解決は難しかったため、遺産分割調停を申立しました。
遺産分割調停でも平行線であったことから、遺留分減殺請求訴訟を提訴致しました。この訴訟では、預金の引き出しがお兄様によってなされ、それを自分の懐に入れていることを如何に基礎付けられるかが争点でした。
銀行から引出手続書類を取り寄せて署名の形状を確認したり、引き出し日時に、お母様がデイケアを行なっており、自分では引き出しができないことや、お兄様の職場の近くでの引き出しが繰り返されていることなどを細かく立証すると、結果としてお兄様もある時点以降の預金の引き出しを認め、依頼者様も納得の良い条件での和解をすることができました。

岩井 知大弁護士からのコメント

岩井 知大弁護士

同居親族による預金の無断引き出しによるは、相続トラブルでは頻繁に問題になります。
依頼者様より丁寧に事実を聞き取る中で、思わぬヒントが見つかることがあるので、些細な事実も出来るだけ丁寧に聞き取ることを心がけています。

遺産相続の解決事例 2

他の相続人による遺言無効の主張をしりぞけた事例

  • 遺言
依頼主 60代 女性

相談前

お母様が、依頼者様に全ての不動産遺産を相続させる旨の自筆の遺言を作成していたことから、他の相続人から遺言無効の主張がなされました。上記の遺言が発覚する前より、激しい相続人間の対立があり、裁判前の交渉では全くまとまる余地がなかったため、こちらより所有権登記の移転を求める訴訟を提起しました。
当該訴訟では、遺言無効が主な争点として争われました。

相談後

遺言の内容が十分に要件を満たすものであったこと、また、遺言を作成した時期のお母様は認知症の疑いが全くない状態であること、依頼者様が他の相続人と違って日々のケアや頻繁に依頼者様の費用負担で旅行に連れ出すなど、お母様との間には特別の信頼関係があることを十分に基礎づけられたことから、他の相続人も遺言について納得せざる得なくなり、結果としては、遺言が有効であることを前提に、他の相続人が当該不動産を買い取る和解が出来ました。依頼に来られてから6ヶ月程度でのスピード解決となりました。

岩井 知大弁護士からのコメント

岩井 知大弁護士

依頼に来られた当初は、他の相続人からの危害を心配されるなど、非常に精神的にも追い詰められている状態でしたが、代理人が間に立つことで、他の相続人との間で代理人を介した冷静な話し合いが可能となります。
また今回のケースでは、依頼者様がこのような遺言を受けても不自然ではないほどの十分な貢献があったことを裁判手続の中で他の相続人も知ることが出来たことで、他の相続人の納得も得られました。
このような納得があれば、将来の親族間の紛争も可能な限り小さくできるように思いますので、良い解決だったように思います。

遺産相続

特徴をみる

離婚・男女問題

分野を変更する
【オンライン面談可】【初回無料相談あり】男女問題のトラブルは、人には言えないことも多いかと思います。依頼者さんの一番の味方となって、一緒に問題を解決していきたいです。

離婚・男女問題の詳細分野

原因

  • 不倫・浮気
  • 別居
  • 性格の不一致
  • DV・暴力
  • セックスレス
  • モラハラ
  • 生活費を入れない
  • 借金・浪費
  • 飲酒・アルコール中毒
  • 親族関係

請求内容

  • 財産分与
  • 養育費
  • 親権
  • 婚姻費用
  • 慰謝料
  • 離婚請求
  • 離婚回避
  • 面会交流

対応体制

  • 24時間予約受付
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料
  • 分割払いあり
  • 着手金無料あり
  • 完全成功報酬あり

【離婚・男女問題は当事務所にお任せください】
男女問題は、法的に解決して事件が終了した後も両者の間に何らかの関係が続いてくことが多いという特徴があります。
先々のトラブルも回避できるような解決を目指します。

【費用について】
お金の心配をせずに気兼ねなくお話しいただけるよう、初回相談は無料です。

【特に力を入れている案件】
慰謝料請求、財産分与、養育費請求、親権問題

【このようなときはご相談ください】
・配偶者の不貞相手に慰謝料を請求したい。
・多額の慰謝料を請求されているが、相場はどのくらいか。
・離婚した後、家を自分が引き取りたい。
・相手がどうしても離婚に応じてくれない。

※上記以外にもお困りのことがございましたらお気軽にご相談ください。

【安心のサポート体制】
小さなお子様連れの相談でも構いません。また、お仕事の都合上、夜間、休日しか来所出来ないということであれば柔軟に対応致します。
事務所は完全バリアフリーで、多機能トイレも御座いますので、安心して来所頂けます。

【事務所公式ホームページ】
http://bashamichi-law.jp/

離婚・男女問題

解決事例をみる

離婚・男女問題の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 30分ごとに5,000円(税別)。初回相談料無料。
着手金 10万円~(税別)
報酬金 獲得した利益の4%~16%(税別)
その他 着手金を全額ご用意頂けない場合には、報酬金と併せて清算するなど費用はご状況に応じて柔軟に対応しますので、お気軽にご相談ください。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

離婚・男女問題の解決事例(2件)

分野を変更する

離婚・男女問題の解決事例 1

専業主婦である妻が、婚姻後購入したマンションの所有権を財産分与により取得して裁判することなく離婚した事例

  • 財産分与
依頼主 40代 女性

相談前

依頼者様である奥様は、専業主婦で結婚後、ほぼ就業経験はありませんでした。
長年、家庭内別居をしており、いい加減離婚したいものの、婚姻時に購入したマンションを取得することを離婚の条件とすることを望んでおられました。
当該マンション購入時に、依頼者様のお母様より頭金の援助を受けており、また婚姻中も、夫がリストラにあったり、子育て等で生活費に困った際は、お母様より援助を受けていたという事情があったので、母親からの援助分の回収もできないかというご相談でした。

相談後

幸い夫側も裁判での解決を希望していませんでしたので、夫側からの信頼を得た上でうまく交渉をすすめることが必須でした。
婚姻後、十数年に渡る収入と子供にかかる費用などの全支出を出来る限りでリスト化して、夫の収入だけでは賄えない生活をしており、不足分はお母様からの援助であることや、裁判上の離婚となった場合、マンションを夫側で引き取るのであれば多額の現金を妻側に支払うこととなることを丁寧に説明した上で、子ども達の生活もあるため、妻側でマンションを引き取らせて欲しい旨交渉をしました。
途中から、夫側も代理人を立てた上での交渉となったのですが、結果としては妻側がマンションを引き取る代わりにわずかな解決金を支払って、納得のいく離婚を成立させることができました。

岩井 知大弁護士からのコメント

岩井 知大弁護士

裁判外の離婚の交渉の場合、相手方からもある程度信頼を得ないとこちらの言い分を信用してくれません。
交渉にあたって、依頼者様と協力してできる限りの準備を行ったことが双方、納得のいく解決につながったように思います。

離婚・男女問題の解決事例 2

DV被害にあっていた妻が、財産分与で財産を取得した上で調停離婚できた事例

  • 財産分与
  • 離婚請求
依頼主 50代 女性

相談前

依頼者様である奥様は、ほぼ専業主婦として婚姻生活を送ってきておられまして、夫が会社のストレスで鬱になり休職状態になり、自宅療養中、DVを始まってからも、「これは病気のせいだ」と夫を責めないようにして献身的に夫を10年近く支えてきたものの、命の危険を感じるようなDVが始まったため、これ以上は支えられないとして相談に来られました。
当初は、ストーカーまがいのこともされており、「とにかく離婚ができればいい、財産分与を求めると後々逆恨みをして危害を加えられたりすると困るので要らない」というようなご相談でした。

相談後

裁判外の交渉では、全く離婚の目途が立たなかったため、離婚調停を申し立てをしました。
財産分与は不要、ということでしたが、離婚後の生活の再建のためには財産分与が不可欠ですので、調停員の力も借りながら、状況を見ながら財産分与も条件に加えるべく手続きを進めました。
手続きの中では、どれだけ妻が夫に献身的に家庭を支えてきたか、また愛情が残っているのであればむしろ彼女を解放してやるべきだといった内容を詳細に記載した書面を出し、夫が財産を渡してもいいと自分から思ってもらえるよう腐心しました。
結果としては、夫も妻の献身性に感謝するとともに、婚姻生活から解放するのが彼女のためだと思うに至り、結果としては、納得のいく財産分を受けて離婚に至りました。

岩井 知大弁護士からのコメント

岩井 知大弁護士

離婚においては、離婚が法的に成立した後も、何らかの関係が続くことが多く、その先々のトラブルも発生しないような解決をする必要があります。
双方が納得のいかないまま無理に離婚を成立させても、本当の解決になりません。
時には法律に縛られない主張も有効なことがあります。

離婚・男女問題

特徴をみる

不動産・建築

分野を変更する
【オンライン面談可】【大家さんのお悩み解決!】【不動産鑑定士との提携あり】◆建物明渡し請求に尽力◆賃料不払いのため入居者を退去させたい、建替えを理由に入居者に退去してもらえるのか…等でお悩みの際はご連絡を。

不動産・建築の詳細分野

賃貸トラブル

  • 賃料・家賃交渉
  • 建物明け渡し・立ち退き
  • 借地権

売買トラブル

  • 欠陥住宅
  • 任意売却

近隣トラブル

  • 騒音・振動
  • 土地の境界線

対応体制

  • 24時間予約受付
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料
  • 分割払いあり
  • 着手金無料あり
  • 完全成功報酬あり

※立ち退き・明渡し請求をお考えのオーナー様に向けてアドバイスを行っています。
※不動産個人オーナー様からのご相談も歓迎しております。

【不動産に関する問題は当事務所にお任せください】
不動産・建築に関する問題は、専門的な知識が必要なケースも多く、解決に時間がかかることも多いトラブルのひとつです。
当事務所では特に、建物明渡し請求に尽力しております。
初回相談は無料ですので、まずはお問い合わせください。

【特徴】
・不動産賃貸業や不動産管理業のサポートを積極的に行っております。
・税理士及び不動産鑑定士との連携により、効果的なアドバイスをさせて頂きます。
・スポット案件から顧問契約まで対応いたします。

【特に力を入れている案件】
・建物明渡し請求
・賃料滞納の対応
・仲介手数料の回収に関するご相談
・不動産売買時の事前相談
・不動産関係の登記申請 など

【このようなときはご相談ください】
・賃料の滞納が続いており、建物の明け渡しを請求したい。
・アパートの建替えを理由に入居者に建物から退去してもらうことはできるか。
・賃料不払いのため賃借人を退去させたい。
・マンション管理組合の顧問弁護士を探したい。
・住宅設備など部材・建材、資材の調達が遅れており、取引先とトラブルになった。
・家賃滞納が続出している。
※上記以外にもお困りのことがございましたらお気軽にご相談ください。

【立退に正当な理由がある場合の立ち退き完了スケジュールについて】
①居住者への受任通知 連絡がなければ速やかに裁判手続による旨の連絡
→連絡があった場合、立退条件交渉。
②連絡がない場合や立退条件交渉不成立の場合、建物明渡請求訴訟に移行
→訴訟提起に関する裁判所からの連絡を相手方が無視した場合、訴えを起こしてから3か月から4か月程度で判決。
→相手方が争った場合、約1年から1年半程度で判決。
③判決が出ても立ち退かない場合、立ち退きの強制執行を行う。判決から2か月から3ヶ月程度で強制立退きの完了。

【立ち退き請求の費用について】(代理人として処理にあたる場合)
■着手金
上記①の交渉段階
20万円(税別)
上記②に至った場合
追加20万円(税別)
■報酬金
40万円(税別)
★但し、上記①の受任通知を送付した結果、居住者との間で書面2通程度、電話でのやり取り10分程度の軽微な事務処理で解決した場合は報酬金は発生しません。
■日当(現地交渉など)
1回2万円(税別)
■諸実費
1万円(不足分都度請求)

【安心のサポート体制】
馬車道駅から徒歩2分。完全バリアフリーで、多機能トイレも御座います。
また、高齢のため移動が出来ない等のご事情がある場合には、出張法律相談にも応じます。

【事務所公式ホームページ】
http://bashamichi-law.jp/

不動産・建築の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 30分ごとに5,000円(税別)。初回相談料無料。
着手金 10万円~(税別)
報酬金 獲得した利益の4%~16%(税別)
その他 着手金を全額ご用意頂けない場合には、報酬金と併せて清算するなど費用はご状況に応じて柔軟に対応しますので、お気軽にご相談ください。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

不動産・建築

特徴をみる

所属事務所情報

地図を印刷する
所属事務所
馬車道法律事務所
所在地
〒231-0011
神奈川県 横浜市中区太田町4-55 横浜馬車道ビル6階
最寄り駅
馬車道駅から 徒歩2分、関内駅・桜木町駅からそれぞれ徒歩7分
交通アクセス
駐車場近く
受付時間
  • 平日09:00 - 20:00
  • 土日祝09:00 - 20:00
定休日
なし
備考
留守番電話にメッセージを残していただいた方に折り返しのお電話をさせて頂いております(「非通知」にての折り返しのため、非通知着信を可能な設定にしておいて頂く必要あり。)。
対応地域

関東

  • 東京
  • 神奈川
設備
  • 完全個室で相談
  • バリアフリー
事務所URL

電話で問い合わせ
050-5286-2003

メールで問い合わせ

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

現在営業中 09:00 - 20:00

岩井 知大弁護士へ問い合わせ

電話番号 050-5286-2003
メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日09:00 - 20:00
  • 土日祝09:00 - 20:00
定休日
なし
備考
留守番電話にメッセージを残していただいた方に折り返しのお電話をさせて頂いております(「非通知」にての折り返しのため、非通知着信を可能な設定にしておいて頂く必要あり。)。
交通アクセス
駐車場近く
設備
完全個室で相談
バリアフリー
「事務所建物入口から相談スペースまで車椅子で移動でき、トイレも車椅子のまま利用できる」を定義としています。