現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
中間 隼人弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。

離婚・男女問題21

神奈川県4

( なかま はやと ) 中間 隼人

みんなの法律相談回答一覧

実名回答数:12,316 件/匿名回答数:4件

> ①すぐにでも面会交流調停を申し出るべきでしょうか? 面会を求めるなら調停申し立てでしょう。 > ②相手は単身赴任始まったときを別居開始としておりますが、不当に低い私の生活...

回答日 2021年02月22日 22:14
この回答がある質問
面会交流

> そこで、キャンセルをした場合、一連の流れで手続きが進行している遺言作成報酬は、全額支払うのでしょうか。 当該行政書士との委任契約の内容次第ですが、交渉によって少なくとも一部の返金は可...

回答日 2021年02月22日 22:13
この回答がある質問
公正証書遺言

こんばんは。 必ず分与対象にならないわけではありません。 結婚準備金、すなわち夫婦で同居準備や結婚式の費用に充てる資金、それはつまり夫婦で使ってくれということに他なりませんから、夫婦共有財産...

回答日 2021年02月21日 23:05
この回答がある質問
財産分与

諸事情おありのようですし、引越しそのものが親権者の判断において不利益な要素になることはないでしょう。

回答日 2021年02月20日 20:00
この回答がある質問
調停離婚

> 違法になるので認めてももらえないですか? 証拠能力が否定される可能性は低いでしょう。

回答日 2021年02月19日 17:06
この回答がある質問
不倫

> 離婚で、揉めています。不倫の証拠がたいしてありません。妻も相手も不倫を認めません。 > 第三者の証言は、証拠になりますか? 証拠にはなりますが、証拠価値は低いですね。客観性に...

回答日 2021年02月19日 08:16
この回答がある質問
不倫

その場合は、相手方が、そこにあったこと、あなたが紛失(あるいは持って行った)ことを証明しなければなりません。

回答日 2021年02月19日 08:14
この回答がある質問
別居

> こちらから送った場合に、部屋にあったはずなのにないと言われて、こちらにもない場合弁償しなければいけなくなったりしないでしょうか。 必要ないでしょう。 送付する物を事前に写真で取...

回答日 2021年02月18日 20:25
この回答がある質問
別居

> 質問1 > 親族に面会交流権はあるのでしょうか? > ないので有れば拒否は可能ですか? ありませんので、拒否は可能です。 > 質問2 > コロナ...

回答日 2021年02月16日 22:48
この回答がある質問
面会交流

> ①有職であり養育費免除に該当しない旨を立証すべきは、私になるのでしょうか?それとも、元夫が無職期間を立証する事になるのでしょうか?  元夫が立証すべき事柄でしょう。 >...

回答日 2021年02月15日 14:21
この回答がある質問
養育費

> 離婚調停中で大学の学費は婚姻費用になりますか? 当然に含まれるものではありません。婚姻費用支払い義務者が学費を全額負担するとも限りません。 > 離婚後、今までの生活費と...

回答日 2021年02月15日 14:19
この回答がある質問
調停離婚

> 6歳の子供に、両親は離婚したことを伝えるべきでしょうか? 個々のご家族によって様々なお考えがあるでしょうから,現時点で離婚したことを子に伝えていないことを,他人である調停委員がどうこ...

回答日 2021年02月15日 12:01
この回答がある質問
面会交流

>最低月1回5時間くらい2人での面会を依頼するのはむりがあるのでしょうか? 合意次第ですが、内容としてはありでしょう。 従前のお子様との関係が良好であったことも主張していくとよろしいか...

回答日 2021年02月14日 19:36
この回答がある質問
面会交流

> 夫に別に貰う予定の慰謝料は関係ないという事でしょうか? そうなります。 >別に払ってもらわずに、求償で支払う分だけ支払ってもらうのが良いのでしょうか? そういった合意の仕...

回答日 2021年02月14日 10:18
この回答がある質問
離婚慰謝料

> 1.相手側が離婚調停を申し立てる場合、弁護士から調停を申し立てる旨の連絡はくるものでしょうか? する場合もありますが、義務はありませんから、当該弁護士次第です。 > そ...

回答日 2021年02月13日 23:13
この回答がある質問
調停離婚

> 離婚調停終了からの別居調停は可能でしょうか? 手続きとしては可能ですが、意味はありません。 > ①別居調停が成立すれば、離婚起訴自体、一度離婚調停経て起こすことができると...

回答日 2021年02月13日 23:08
この回答がある質問
婚姻費用

こんばんは。 あなたがお金を返す義務はありませんが、ご主人は求償請求に対して支払いを余儀なくされるでしょう。

回答日 2021年02月13日 22:55
この回答がある質問
離婚慰謝料

貞操権侵害による慰謝料請求をされる可能性があります。 慰謝料が認められる場合、相場としては100〜200万程度でしょうか。 内容証明が送られてきたり、メール等で請求の意向を示されたりしたら、...

回答日 2021年02月13日 21:11
この回答がある質問
不倫慰謝料

> 財産分与の一つとなっていれば、変更料も私が払うべきものなのでしょうか? 協議で決すべき問題でしょう。折半が妥当かと考えます。

回答日 2021年02月13日 21:10
この回答がある質問
財産分与

家庭裁判所に、親権者変更の調停を申し立ててください。

回答日 2021年02月12日 20:13

> 私がさらに何かしらの証拠を出すべきですか? > それとも夫が、私の振り込みがないことを証明すべきですか? ご主人が折半を不当とするならその根拠となる主張及びその証拠を提出すべ...

回答日 2021年02月12日 20:12

>例えば、特有財産とは認められないと裁判官が言ったとしても、申立人が「それでも口座Bは特有財産だ!」と主張したら、単純に調停が長引くのでしょうか? 私としては、調停を早く終わらせたいので、裁判官に...

回答日 2021年02月12日 20:11

評議といって,調停委員が担当裁判官を呼んで,当該争点について,裁判官の意見を聞いてみる,ということはあり得ます。 裁判官の意見を聴きたい,と調停の際に調停員に申し向けてみてはいかがでしょうか。

回答日 2021年02月12日 17:17

> 今後の裁判を見据えて一切の連絡を無視するつもりです。手紙、電話等の連絡を無視しても問題ないですか?連絡を拒否する事は出来ますか? 拒否することは可能です。 ただ,早期の和解を前...

回答日 2021年02月12日 17:14
この回答がある質問
裁判離婚

共有財産ですし、売却することも半分に割ることもできないわけですから、どちらが持っていくしかありません。あなたの所有とすることも合理的でしょう。

回答日 2021年02月09日 23:12
この回答がある質問
財産分与

> 妻とは住民票も現在別で、離婚調停も一度行っているので、妻が申請をすれば子供手当の受給者を変更することはできますでしょうか? > 妻は離婚したくないと離婚を拒否しているのですが、離婚...

回答日 2021年02月09日 23:01
この回答がある質問
調停離婚

> ①この場合、私もローンを支払う義務があるのでしょうか? > ②支払い義務がある場合、どの程度の割合で支払い義務があるのでしょうか? 支払い義務はありません。拒否しましょう。 ...

回答日 2021年02月09日 23:00
この回答がある質問
財産分与

こんばんは。 彼はすでに離婚しているわけですし、あなたとの関係を咎められる筋合いはありません。 結婚を視野に入れて交際しており、子との関係も良好であり、監護養育をサポートしていることを主張し...

回答日 2021年02月09日 22:17
この回答がある質問
不倫

> この場合、本当にその不倫相手が言っているようになりますか? 結論、ならない可能性が極めて高いですね。 母が有責配偶者と認定され、別居2年ほどでは離婚請求を認めないという結論になるで...

回答日 2021年02月07日 20:02
この回答がある質問
不倫

ご自身の依頼している弁護士を通じて警告してもらいましょう。 弁護士に依頼しているのですから、相手からの直接連絡は着信拒否するなど一切対応しなくても構いません。

回答日 2021年02月07日 20:01

1 - 30 件を表示/全 12,315 件

1 2 3 4 5 ... 30 ... 50

弁護士法人なかま法律事務所へ問い合わせ

電話番号 050-5572-2307

※弁護士法人なかま法律事務所では、ご相談内容に応じて、最適な弁護士が担当します。

メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日09:30 - 18:30
  • 土日祝10:00 - 17:00
定休日
なし
備考
土日祝日は原則メール対応のみとなります。
相談はすべて要事前予約です。

事務所HPの問合せフォームやウェブ予約システム・LINE@などご利用いただきますとスムーズです。
上記受付時間以外の時間帯や土日祝日,弁護士が事務所不在の際のお電話については,出れない場合がございます。

メールにてご連絡いただくか留守番電話で伝言を残していただくようお願いいたします。

対応地域

経歴・資格
冤罪弁護経験
再審弁護経験
中小企業診断士
事務所の対応体制
駐車場近く
完全個室で相談
託児所・キッズルーム