現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
向井 邦生弁護士

( むかい くにお ) 向井 邦生

離婚・男女問題

分野を変更する
離婚問題は、当事者の感情的な面が問題となることが多いため、金銭の問題だけでなく、納得を重視した解決が必要です。より良い解決方法についてアドバイス致します。
向井法律事務所
向井法律事務所

離婚・男女問題の詳細分野

原因

  • 不倫・浮気
  • 別居
  • 性格の不一致
  • DV・暴力
  • セックスレス
  • モラハラ
  • 生活費を入れない
  • 借金・浪費
  • 飲酒・アルコール中毒
  • 親族関係

請求内容

  • 財産分与
  • 養育費
  • 親権
  • 婚姻費用
  • 慰謝料
  • 離婚請求
  • 離婚回避
  • 面会交流

対応体制

  • 当日相談可
  • 休日相談可

お支払い方法

  • 分割払いあり

【このようなご相談は弁護士にお任せください】
・離婚しようか迷っています。今やっておくべきことは何でしょうか。
・不貞行為の慰謝料を請求する書面が届きました。記載されている金額をそのまま支払わなければなりませんか。
・子供がまだ5歳ですが、親権は必ず母親になるのでしょうか。
・夫が財産をすべて管理しています。別居したいのですが、どうすればよいでしょうか。
その他、お困りのことはどうぞ遠慮なくご相談ください。
解決実績多数あります。


※離婚・男女問題について※
離婚にあたっては、子供の親権をどちらにするのか、
慰謝料・財産分与・養育費の金額はいくらが妥当なのかなど、
様々な問題が発生します。調停・裁判をする場合だけでなく、
協議離婚の際にも、法律に従った適正な条件を定めておかないと、
あとで後悔することにもなりかねません。
早期にご相談いただくことにより、最も有利な解決方法を探ることができます。

【対応体制】
・お客様のご都合にあわせて、当日相談・休日相談をお受けしております。 ※要予約。時間が合わない場合には、直近の日時で予約をお取りします。

【アクセス】
最寄り駅:地下鉄みなとみらい線「日本大通り駅」3番出口より徒歩3分

離婚・男女問題

解決事例をみる

離婚・男女問題の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 1回 5,500円(税込)
             ※45分までの料金です。 
着手金 [離婚調停]
離婚調停申立て        30万円+消費税
その後離婚訴訟に移行した場合 15万円+消費税が追加されます。

[離婚訴訟]
離婚訴訟の提起から依頼される場合 30万円+消費税

[慰謝料・財産分与請求がある場合]
請求したい金額の5%から8%+消費税が追加されます。 
報酬金 離婚が成立した場合 35万円+消費税
慰謝料・財産分与請求がある場合、経済的利益(支払いを受けた金額又は減額された金額)の10%から16%+消費税が追加されます。
備考欄 いずれも目安です。事案により異なりますので、詳細はお問い合わせください。

料金表の消費税に関しまして、新税率(10%)と旧税率(8%ないし5%)が混在している可能性があります。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

離婚・男女問題の解決事例(2件)

分野を変更する

離婚・男女問題の解決事例 1

就学前の子の親権を父親が取った事例

  • 親権
  • 別居
  • 離婚請求

相談前

母親が精神的に不安定で,治療しても良くならず,子の成長に影響があるのではないかと感じた父親が子を連れて別居し,離婚と子の親権を求めていました。

相談後

家庭裁判所に離婚調停を申し立て,母親が子に対して行ってきた言動や父親の子に対する愛情,監護状態がよいことなどを丁寧に立証しました。結果,離婚を認めた上,子の親権を父親にするという裁判所の判断をもらうことができました。

向井 邦生弁護士からのコメント

向井 邦生弁護士

就学前の子の親権を母親とする裁判所の判断は依然として大半ですが,父親の方が親権者としてふさわしいという個別の事情をきちんと立証できれば,裁判所に理解してもらうことも可能です。

離婚・男女問題

特徴をみる

離婚・男女問題の解決事例 2

興信所の調査記録がなかったにもかかわらず,不貞行為が認められた事案

  • 不倫・浮気
  • 慰謝料
  • 離婚請求

相談前

夫が浮気をしていると疑っていた奥様からの相談で,離婚と慰謝料などを請求したいとのことでした。原則として,興信所の調査記録がないと不貞行為の認定は難しいと伝えましたが,メールのやり取りやスマートフォンの位置記録などがあったことから,離婚調停を提起しました。

相談後

直接の証拠はありませんでしたが,様々な間接証拠を積み重ねて立証し,相手方に不貞行為を認めたうえで慰謝料を支払う内容の離婚調停を成立させることができました。

向井 邦生弁護士からのコメント

向井 邦生弁護士

裁判所は,当事者の主張よりもそれを裏付ける証拠を重視します。調査報告書のような直接的な証拠がない場合には,できるだけたくさんの間接的な証拠を集めておくのが望ましいでしょう。

離婚・男女問題

特徴をみる

所属事務所情報

所属事務所
向井法律事務所
所在地
〒231-0023
神奈川県 横浜市中区山下町74-1 大和地所ビル9階
最寄り駅
日本大通り駅

電話で問い合わせ
050-5828-3110

メールで問い合わせ

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

対応地域

所属事務所情報

所属事務所
向井法律事務所
所在地
神奈川県 横浜市中区山下町74-1 大和地所ビル9階
最寄駅
日本大通り駅

向井 邦生弁護士へ問い合わせ

電話番号 050-5828-3110
メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日09:30 - 17:30
定休日
土,日,祝
備考
ご予約いただければ,時間外でも対応いたします。

対応地域

経歴・資格
元裁判官