現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
寺岡 幸吉弁護士

( てらおか こうきち ) 寺岡 幸吉

落合・深澤法律事務所

みんなの法律相談回答一覧

ベストアンサーがついた回答数:実名91 件/匿名:0件

 出産育児一時金の受給は正当な権利ですから、その金額を給料から差し引くというのは、違法の疑いが強いと思います。健康保険法の趣旨に反するとも思いますが、直接的には、賃金全額払いを定めた労働基準法24条...

回答日 2017年09月26日 08:52

 問題ありません。  法人で、実際に働いている人が取締役のみであった場合でも、社会保険(健康保険と厚生年金)の加入義務はあります。  しかし、あなたが取締役のとき、会社は全く稼働していなかったと...

回答日 2017年06月11日 09:41
この回答がある質問
社会保険

 労災保険の適用を受けるためには、労働基準監督署に申請書類を提出することが必要です。  まずは、会社を管轄する労働基準監督署の労災課に行って、事情を説明して、必要な手続などを聞くことをお勧めします...

回答日 2017年06月11日 06:44
この回答がある質問
交通事故

 労災保険の休業補償給付が始まるまでには、2~3ヶ月かかります。  労災保険の給付には、慰謝料はありません。障害が残れば、その障害によって労働能力が低くなったことに対する補償はされますが、慰謝料と...

回答日 2017年06月05日 06:10

有給休暇の消滅時効期間は2年です(労働基準法115条)。 従って、2年分の有給休暇を取得することができます。 年12日と言うことは、入社して2年半以上経過しているということでしょうか。そうであれば...

回答日 2017年05月28日 05:59
この回答がある質問
給料

お気の毒です。 1) について  行政機関としては、都道府県の労働局や、会社を管轄する労働基準監督署が考えられます。しかし、正直なところ、あまり役に立つとは思えません。一般的な過労死の労災認定の基...

回答日 2017年05月19日 05:53

 労災保険は、たとえ手続をしていなくても、労災事故があれば適用されます。ただ、もちろん、事前に加入の手続をする義務はあります。労災保険については、会社を管轄する労働基準監督署で相談されることをお勧め...

回答日 2017年05月15日 10:57
この回答がある質問
雇用保険・失業保険

あなたのお書きになっているとおりです。 労災で休業中も社会保険料は発生しますし、住民税は前年の所得に対して課税されるものなので、休業中かどうかは関係なく納付義務があります。

回答日 2017年05月10日 06:09
この回答がある質問
健康保険

 理屈上は、あなたのお書きになっているとおりです。  ただ、20日に対して16日では8割ぎりぎりなので、もし病欠などが発生した場合には、8割の条件を満たさなくなります。もう少し余裕をもたせて、所定労...

回答日 2017年05月10日 06:08
この回答がある質問
有給休暇

 「標準報酬月額」というのは、毎月の給与額とは異なります。原則として年1回、4月から6月までの給与額を基準として決まるもので、新しい標準報酬月額は9月から適用されます。その後は、固定賃金に大きな変化...

回答日 2017年05月08日 06:24
この回答がある質問
傷病手当金

>被害者が無心してきたらなんでも払わないといけないのでしょうか?  もちろん、そんなことはありません。抽象的に言えば、あなたの行った行為と相当因果関係がある範囲内での損害のみです。「相当因果...

回答日 2017年05月07日 10:54
この回答がある質問
交通事故慰謝料・損害賠償

 請求棄却というのは、原告の請求には正当な理由がないので、その請求は認めないという意味です。  ただ、訴訟や労働審判では、被告(相手方)の答弁の最初は、必ず、請求棄却を求めるという文言です。これは...

回答日 2017年05月05日 08:52
この回答がある質問
労働裁判

 専門業務型裁量労働制については、その対象となる業務が限定されています。あなたの業務は、以下のどれかに該当するでしょうか。 ①研究開発職、②システムエンジニア、③出版物の記事の取材や編集、あるいは...

回答日 2017年05月05日 06:02
この回答がある質問
裁量労働制

 年次有給休暇を取得する権利は、雇入後半年を経過することによって発生します。但し、その半年間の出勤率が8割以上あることが必要ですが、通常はこの要件は満たしていると思われます。  なので、7月1日から...

回答日 2017年04月30日 13:27
この回答がある質問
有給休暇

 「後見」の申立てをしても、ご本人の事理弁識能力の程度によっては、「保佐」や「補助」の審判が出される可能性はあります。  ただ、裁判所の判断の大部分は、医師の判断のとおりになりますから、まずは、お兄...

回答日 2017年04月29日 11:49
この回答がある質問
民事・その他

 裁量労働制とは、いわゆる「みなし労働時間制」の一つで、実際に何時間働いたかにかかわらず、所定労働時間、あるいは労使協定で定めた時間を働いたとみなす制度です。「みなす」と言うのは、実際には違っても、...

回答日 2017年04月29日 11:25

アルバイトなど、所定労働時間が少ない労働者については、一般の労働者の3/4未満かどうかが基準になります。一般の労働者の所定労働時間が40時間だとすると、アルバイト先での加入は難しいと思います。 被扶...

回答日 2017年03月26日 10:50

内容証明だけでも有給休暇の申請になります。 念のため、施設長に申請書の交付を求めたのだが交付されなかったということも書いておくことをお勧めします。

回答日 2017年03月05日 08:16

すみません。最初のご質問に答えていませんでした。 保険料の1/2については、被保険者(従業員)に負担義務があり、会社がそれを徴収して納めることになっていますので、会社に対する従業員の債務になります。...

回答日 2017年01月09日 12:14

 補助人や保佐人になった場合、ご本人の認知症が進んで保佐や後見相当になった場合には、絶対に保佐や後見に切り換えなければいけない、という訳ではありません。必要性などを考慮して、保佐や後見の手続をするか...

回答日 2016年12月04日 06:50

 詳しい状況をお聞きしないとなんとも言えないのですが、一般論から言えば、長時間労働や仕事上のストレスで精神疾患になった場合、労災保険が適用される可能性はあります。  ただ、通常の労災事故とって、精神...

回答日 2016年12月03日 10:31
この回答がある質問
労災

まずは、本当に退院して大丈夫なのかどうか、医師にきちんと確認すべきです。その上で、退院して大丈夫ということであれば、退院してもいいかと思います。 ただ、私としては、労災の手続をきちんとするべきだと思...

回答日 2016年09月27日 06:58
この回答がある質問
労災

 フリーランスで、クライアントとは請負契約で仕事をしているということかと思います。そのような方の場合、労災保険は適用されないのが原則です。  例外として、労災保険に特別加入している場合は適用されます...

回答日 2016年09月10日 06:27
この回答がある質問
労災

前の会社の健康保険の保険者(協会けんぽか、そうでなければ健康保険組合)に問い合わせれば教えてくれると思います。

回答日 2016年09月08日 08:29
この回答がある質問
社会保険

ご心配のことと思います。 理屈上は、労災保険の適用が一応考えられます。ただ、認められるかどうか不明確ですし、労災の手続をして欲しいと会社に伝えた場合、会社との関係が悪化することも考えられます。 ...

回答日 2016年09月06日 05:48
この回答がある質問
休職

19歳でも生活保護は受けられます。 できるだけ早く、あなたの住んでいる自治体の生活保護の担当部署に相談に行くことをお勧めします。 もし、そこできちんと対応してもらえなかったら、ネットで、「生活保...

回答日 2016年09月04日 17:27

 事情がよく分からない面もありますが、休日に出勤してもその分の賃金が支払われておらず、上司からは、後日に休みをとってその埋め合わせをしろと言われているということでいいでしょうか。  まず、「代休」...

回答日 2016年08月31日 06:00

退職前に1年以上の被保険者期間があって、退職前から傷病手当金を受けるような病状であって休んでいたのであれば、退職後であっても傷病手当金を受けられる可能性があります。 会社で加入していた健保組合や協会...

回答日 2016年08月23日 08:36
この回答がある質問
傷病手当金

>1.申請は私が直接病院・薬局に持っていきますが、自身で、事実申告書(6ページ) >を作成し 併せて労働基準監督署に提出してもらう考えです。 >  この点は、問題ないでしょうか? ...

回答日 2016年08月21日 10:35
この回答がある質問
労働組合

 年金事務所の調査について、弁護士が業務として行うことはないと思います。私自身、昔社労士であったときはやっていましたが、弁護士になってからは、自分の属する法人の調査しか経験していません。社労士さんは...

回答日 2016年08月16日 08:08

1 - 30 件を表示/全 91 件

寺岡 幸吉弁護士へ問い合わせ

電話番号 050-5283-3512
メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日09:30 - 17:00
定休日
土,日,祝
備考
現在、当職は、zoom等によるオンライン相談や打合せを推奨しております。パソコンがなくとも、スマホがあれば簡単に利用できます。お電話やメールでお気軽にお問い合わせ下さい。
交通アクセス
駐車場近く