現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
籾山 善臣弁護士

( もみやま よしとみ ) 籾山 善臣

リバティ・ベル法律事務所

現在営業中 07:00 - 23:00

みんなの法律相談回答一覧

ありがとうがついた回答数:実名502 件/匿名:5件

そのような状況で大変ご不安なことかと思います。 実家や親戚の方が保証人になった等の事情がないのであれば、実家や親戚の方に対して支払いを請求することはできません。 そのような要求が執拗に繰り返され...

回答日 2018年11月10日 09:09

会社がなぜ返済を拒んでいるのかその理由についても、お聞きする必要がありますが、早急に返済を望むということであれば、弁護士に相談し、交渉、裁判等の法的手続きを検討するべきです。

回答日 2018年11月10日 09:01

そのようなことをことを言われ大変ご不安な状況かと思います。 まず、勤務先に不倫の事実をばらすというのは、名誉毀損となり得ます。自分から話すようにとの発言についても従う必要はないと考えられます。 ...

回答日 2018年11月09日 09:30

そのような状況でお悩みのことかと思います。 相手方は、婚姻関係が破綻した後の行為と主張しているとのことですが、不貞がいつ頃から始まったのか、婚姻関係が本当に破綻していたといえるのか、婚姻関係が破綻...

回答日 2018年11月07日 13:54
この回答がある質問
不倫慰謝料

そのような状況でお困りの状況かと思います。 自分で病院に行き診察を受けて、休職に関する診断書を作成してもらってもよいと考えます。 今後の労災の手続き等もあるかと思いますので、一度お近くの弁護士に...

回答日 2018年11月05日 15:53
この回答がある質問
労災

⑴調停員を介して質問すること自体は可能です。ただし、相手方が、離婚しないことを前提とした条件を回答するとは限りません。 ⑵上記以外にも質問を投げかけることは可能です。

回答日 2018年08月28日 11:54

調停では、まず、事実と異なる部分については、その旨を明確に告げるべきです。相手側の主張について、抽象的な部分があるのであれば具体的にどのような事実のことを相手方が言っているのか明確にしてもらったうえ...

回答日 2018年05月23日 18:29

民法714条1項若しくは民法709条に基づき不法行為に基づく損害賠償請求をすることができる可能性があります。

回答日 2017年12月04日 09:52
この回答がある質問
示談交渉

公正証書については、一般の方であっても、公証役場で作成してもらうことができます。具体的な手続きについては、公証役場に連絡し調整するのがいいでしょう。 財産分与について、事案によっては弁護士に頼まずに...

回答日 2017年12月03日 15:09
この回答がある質問
不倫慰謝料

➀お話を聞いた限りでは、彼が慰謝料を請求することができる理由はないと思います。 ➁LINEのやり取りも証拠にはなりますが、お金が返ってくるかはそのやりとりの内容にもよります。「絶対返す」というのは、...

回答日 2017年12月03日 13:41

証拠としては認められるでしょうが、それにより裁判所がパワハラがあったと認定するかどうかについては、更に具体的な事情などを検討しての判断になりますので一概には言えません。 証拠をもって直接弁護士に相談...

回答日 2017年11月21日 12:40
この回答がある質問
人事異動

そのような状況で大変お辛いことかと思います。 ご心労お察しします。 まずは、タイムカードなどの労働時間が分かるものをもって一度直接弁護士にご相談にいかれることをおすすめします。可能であれば、ご主人が...

回答日 2017年11月20日 22:16

相手方が現在横領の事実につきどのような返答をしているのか、横領した事実やその金額につきどの程度の客観的な証拠があるかなどを含めて、今後の方針を検討すべきですので、一度資料を持って直接お近くの弁護士に...

回答日 2017年11月17日 18:58

まずは、債権者に借金はご主人の父親が勝手に作ったものであり、ご主人が債務を負っていないことにつき説明することとなると思います。 話し合いで解決しない場合には、裁判などで争うことになると考えられます。...

回答日 2017年11月16日 23:22

その証言の内容と証言の信用性によっても有罪となるかどうかは変わってきます。 そのため、一概にいうことはできません。 また、現時点では、起訴もされていない状態であるため、証拠が不十分であれば、不起訴処...

回答日 2017年11月16日 23:11
この回答がある質問
盗撮・のぞき

退職勧奨とのことなので、あくまでも任意で会社をやめてもらおうとしている段階です。その理由について、現時点で何かを立証しなければならないというわけではありません。 穏便に退職の説得をするためにそのよう...

回答日 2017年11月15日 22:55
この回答がある質問
退職勧奨

全て見つかったとしても、他人が相談者様の意思に反して、相談者様の物の占有を移転させたのであれば、刑事事件になる可能性があると考えられます。

回答日 2017年08月30日 09:03
この回答がある質問
被害届・告訴・告発

夫であっても、過失が認められれば、不法行為に基づき損害賠償請求をすることが考えられます。

回答日 2017年08月10日 11:48
この回答がある質問
離婚・男女問題

どのくらいの頻度で言われているのか、どのような口調、文脈で言われたのかなども考慮し判断する必要があります。 そのような発言を録音した上で、直接弁護士に相談に行かれるのがいいかと思います。

回答日 2017年08月04日 20:54
この回答がある質問
ハラスメント

中古車にそのような問題があった場合、瑕疵担保責任に基づき解除できるかが問題になります。 瑕疵担保責任に基づく解除が認められるには、契約の趣旨に照らし目的物が通常有すべき品質性能を書いているといえる必...

回答日 2017年07月31日 14:27

不法行為に基づく損害賠償請求をすることが考えられます。 請求が認められるかどうかは、具体的な発言の内容や発言の経緯をお聞きした上でないと判断が難しいです。 一度、お近くの弁護士に相談に行かれるのがい...

回答日 2017年07月31日 09:56
この回答がある質問
セクハラ

そのような状況で大変お辛いことかと思います。 慰謝料を請求できるかどうか判断するには、指導者の方の具体的な発言の内容、言い方、これまでの罵倒、軽い暴力の内容について詳しくお聞きする必要があります。 ...

回答日 2017年07月29日 17:09

携帯番号などから、相手の住所を特定できることもありますので、お近くの弁護士に相談に行かれるのがいいかと思います。

回答日 2017年07月29日 08:28
この回答がある質問
借金

そのような事件に巻き込まれ大変お辛い思いをしたことかと思います。 訴訟の見込みなどを検討するには、どのような言葉を言われたのか、相手方の話し方などをもう少し詳しくお聞きする必要があります。 一度、直...

回答日 2017年07月27日 19:20
この回答がある質問
不祥事・クレーム対応

報酬については、弁護士により異なります。現在お困りの状況も含めて、直接個別の弁護士に相談するのがいいでしょう。

回答日 2017年05月30日 13:23
この回答がある質問
養育費

減額が認められるかどうかということについては、実際に合意書を拝見し、その合意の際の状況などもお聞きしなければ明確な回答ができません。 相手方が、専門家である弁護士をつけるということを言っているのであ...

回答日 2017年05月30日 13:17
この回答がある質問
不倫

具体的事情にもよりますが、管理会社の過失により損害が生じたとして、管理会社の責任が問題となる可能性があります。 弁護士に相談に行き、受任通知を送付した上で、以後相手方と交渉してもらうなどすることが考...

回答日 2017年05月24日 17:31
この回答がある質問
重要事項説明書

名前、住所、職場などが分からない場合は、内容証明を送ることは難しいです。 相手方が内容証明を送ろうとする場合は、弁護士や探偵に依頼し、調査をする必要があるかと思います。

回答日 2017年05月21日 09:21
この回答がある質問
インターネット

もっとも、現時点では口頭での請求しかされておらず、住所や名前も教えていないということであれば、弁護士に依頼するタイミングとしては、相手方から書面での請求がされた後でもよいかと思います。

回答日 2017年05月21日 09:06
この回答がある質問
インターネット

横領の件かどうかは、話を聞いてみるまで分かりません。金額を調査したり、対応を検討したりと時間がかかることはあると思います。 もしも、刑事事件になりそうであれば、弁護士に相談に行かれるのがいいかと思い...

回答日 2017年05月18日 20:53

1 - 30 件を表示/全 502 件

現在営業中 07:00 - 23:00

籾山 善臣弁護士へ問い合わせ

電話番号 045-287-0715
メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日07:00 - 23:00
  • 土日祝07:00 - 23:00
定休日
なし
備考
【電話受付時間】7:00~23:00
※出られなかった場合は折り返しのご連絡をいたします。
※事前にご予約いただけましたら、夜間のご相談もお受けしております。
※ご相談は事実を正確に確認させていただくためにお越しいただくことを前提としております。電話は、数分のヒアリングとさせていただきます。
※取扱分野等についても、具体的な相談内容や忙しさ等により、相談に応じられない場合がございます。