石井 琢磨弁護士 いしい たくま

石井 琢磨弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。
借金・債務整理
全国 2
遺産相続
全国 17
総合
全国 21
神奈川県 1

ジン法律事務所弁護士法人横浜駅前事務所

神奈川県横浜市西区高島2-19-12横浜スカイビル20階
分野を変更する

みんなの法律相談回答一覧

ありがとうがついた回答数:実名400 件/匿名:0件

ご自身の収入から返済資金が出せるのであれば、家族に秘密で進めてくれる事務所も多いと思いますよ。 郵便物の送付等を控えてもらえれば、発覚しにくいと思います。

回答日 2019年10月17日 15:49
この回答がある質問
任意整理

判決に基づく支払いがまだ終わっていないのであれば、受取拒絶で供託した方が良いでしょう。 これにより弁済したものと扱われます。 供託により債務がなくなったにも関わらず強制執行の申立となれば、請...

回答日 2019年10月17日 12:47
この回答がある質問
債権執行

どのような趣旨での支払かによります。 破産を申し立てる人が、借りている、となると問題になります。 援助のようなものであったり、家計が同一で配偶者負担というような場合には問題になりません。 ...

回答日 2019年10月16日 08:46
この回答がある質問
自己破産

多額の被害であり、少なすぎるということはないでしょう。 もっと少ない詐欺事件の訴訟も多いですよ。

回答日 2019年10月16日 05:08

あらかじめ会社謄本等の書類を準備しておいて、必要な送達証明書や執行文付与申立も即日裁判所に持っていき、受領後に直ちに差押申立までして、裁判所の審査もスムーズであれば、最短で1週間くらいでしょうか。 ...

回答日 2019年10月15日 20:00
この回答がある質問
債権執行

動産の差押の場合には、場所の特定は必要です。 その場所の店舗内の動産、倉庫内の動産、という形で場所で特定しますので。

回答日 2019年10月15日 16:31

許可を得て亡くなる前に支払っているものは、相続財産にはなりませんが、わずかでも残っている現金は、財産になります。 管理が大変な場合には、預貯金口座に入れてしまうこともありますね。

回答日 2019年10月15日 16:30
この回答がある質問
債務整理

1 相続放棄をすれば、相続人は負債なしとなります。余命宣告後の借入でも同じです。 2 引落について、出金をしてしまうと、単純承認と言われるリスクが増えることや現金で管理するにしても、個別に管理...

回答日 2019年10月15日 11:57
この回答がある質問
債務整理

預金や売掛金が特定できるのであれば、その差押がよく使われます。 また、店舗のように在庫や商品があり、それに価値がある場合には、動産の差押えが有効に働くことも多いですよ。

回答日 2019年10月15日 05:21

さらに請求・督促が続く場合もありますし、裁判所を使った手続きをとられることもあります。 その業者次第ですね。

回答日 2019年10月14日 11:34

そうですね、表現方法であり、著作物ではないので、著作権侵害にはなりません。

回答日 2019年10月13日 17:43
この回答がある質問
インターネット

口座が動いている(債権者の銀行でない、凍結されていない)のであれば、全く問題ありません。

回答日 2019年10月13日 07:07
この回答がある質問
自己破産

自分で再発行を申請しても問題ありませんし、紛失した旨を伝えて弁護士に入手を頼んでも問題ないと思いますよ。

回答日 2019年10月12日 17:03
この回答がある質問
個人再生

金額がさほど大きくないなら、自分の記憶で記載し、報告書等で相手が書いてくれない旨を補充すれば良いでしょう。

回答日 2019年10月12日 09:46
この回答がある質問
自己破産

事案にもよりますが、銀行などの金融機関から破産を勧められたとして、相談に来る人もいます。実際に勧めることはあります。 ただ、相談者様の状況は改善可能性があるということで、それが伝われば、直ちに...

回答日 2019年10月12日 06:53

詐術を用いていはいないでしょう。 そのような取引は多くの方がしています。 不許可事由にはあてはまらないのではないでしょうか。 奨学金が8割ということで、支払不能といえるかどうかの方が検討す...

回答日 2019年10月11日 14:50
この回答がある質問
自己破産

妻が自分の意思で借りてくれるならば犯罪にはならないです。 ただ、家計的に返済は厳しい状況なのではないでしょうか。 今後は妻側の利息も発生し、なにか収入が増えるような事情がないと破綻に向かいます。...

回答日 2019年10月10日 22:07
この回答がある質問
借金

調停中でも、調停前でも離婚が成立している以上、請求して良いでしょう。

回答日 2019年10月09日 12:16
この回答がある質問
離婚・男女問題

誰が過払い金の権利を持っているかは検討が必要ですが、過払いになっていれば請求自体はできます。 お父様が支払っていた分以外に、お母様が保証人として支払っていたようですので、その時期の過払い金はお...

回答日 2019年10月09日 09:35
この回答がある質問
過払い金

離婚調停が成立している以上、婚姻費用は難しいでしょうが、養育費の請求は可能でしょう。 財産分与は調停が難しければ、審判となりますね。

回答日 2019年10月09日 09:31
この回答がある質問
離婚・男女問題

その弁護士事務所次第ですね。 辞任の連絡を債権者に送っていなければ、事務所内部の問題だけなので、事情を説明すれば対応してくれるところも多いとは思うのですが。

回答日 2019年10月08日 05:45

送り返された趣旨が、辞任となると、すぐに再度、依頼を受けてくれる弁護士は少ないかもしれません。 まだ辞任になっていないのであれば、依頼を継続してもらえる可能性はありますので、すぐに連絡をとった方が...

回答日 2019年10月07日 20:41

問い合わせの時点で、そのような事案であることを伝えて、相談先を見つければよいのではないでしょうか。

回答日 2019年10月07日 18:52
この回答がある質問
債権回収

普通は弁護士から連絡が来るかと思いますが・・・ 裁判所に聞いてもわかりますが、弁護士に確認した方が早いと思いますよ。 郵便が来ているということは、破産の決定が出ていないだけで、申立が済んでいるの...

回答日 2019年10月06日 21:06
この回答がある質問
借金

管財手続きとありますので、出頭する回数については、その管財業務によって変わります。 売却するような財産があることを理由に管財手続きになっている場合には、2,3ヶ月に1回、管財業務が終わるまで出頭が...

回答日 2019年10月06日 13:38
この回答がある質問
借金

確定給付企業年金の脱退一時金や確定拠出年金の脱退一時金であれば、差押え禁止財産になります。 破産決定時点で、未受領であれば差押え禁止財産ですので換価対象にはなりません。 破産決定時に受領...

回答日 2019年10月06日 12:14
この回答がある質問
自己破産

母→父側の兄弟への相続は発生しません。父が先に死亡しているので。 ただ、子が全員相続放棄をし、祖父母など母の親の代が死亡していれば、母の兄弟に相続が発生します。母の兄弟がすでに亡くなっていると...

回答日 2019年10月06日 09:10

簡易裁判所で被告側は、必ずしも期日に出席しなくても答弁書は陳述したことになります。 第一回期日への出席が大変であれば、答弁書などの主張書面だけ出せば大丈夫です。 第一回期日後に、どうなったか...

回答日 2019年10月05日 08:48

おそらくその申込情報自体が、破産手続きでは明らかにならないと思います。 また、仮に、債権者からの情報提供などでその情報が明らかになったとしても、そのような事情を説明すれば、自己破産手続きや免責...

回答日 2019年10月04日 20:37

おそらく、弁護士事務所側でどの程度の業務をおこなったかによって、精算される形になります。 委任契約の解約までの期間や業務量によるので、支払金額がある程度あるなら、解約した場合の金額を出してもらうよ...

回答日 2019年10月04日 13:59
この回答がある質問
借金

1 - 30 件を表示/全 400 件

ジン法律事務所弁護士法人横浜駅前事務所へ問い合わせ
電話番号 050-5284-6109

※ジン法律事務所弁護士法人横浜駅前事務所では、ご相談内容に応じて、最適な弁護士が担当します。

メールで問い合わせ
お気に入りに追加
受付時間
受付時間
  • 月曜05:00 - 20:00
  • 火曜05:00 - 20:00
  • 水曜05:00 - 20:00
  • 木曜05:00 - 18:00
  • 金曜05:00 - 20:00
  • 土曜05:00 - 20:00
  • 日曜05:00 - 19:30
  • 祝日05:00 - 19:30
定休日
なし
備考
電話でのご相談には対応しておりません。面談相談は予約制になっています。電話・サイトの予約フォーム、メール等で事前にご予約ください。平日18時~9時、土日のお問い合せはメールか、0120-141-961までご連絡下さい。
対応地域
事務所の対応体制
完全個室で相談