お気に入りに追加
西 雅哉弁護士

( にし まさや ) 西 雅哉

西徹夫法律事務所

現在営業中 09:00 - 20:00

みんなの法律相談回答一覧

 まず,前提として,払える金額が債務額より大きい場合,支払不能ではないため,破産申立てをすることはできません。債務整理一本です。  次に,債務整理の条件です。   相手(債権者)が私人か貸金業者...

回答日 2019年06月24日 16:20
この回答がある質問
家族の借金

免責不許可事由はありますが,裁量免責される可能性が大いにあります。 地元の弁護士か弁護士会を通して,破産申立てを検討してください。 100%とは言いませんが,受任してもらえる可能性も免責許可決定...

回答日 2019年06月24日 16:09

お任せしているのであれば,その弁護士先生を信頼して申立てをしてください。 自己破産,個人再生と2回賭博・投資が原因で今回前回から2年後で3回目なので,リスクはあります。ただ,債権額,債権者数,...

回答日 2019年06月24日 16:03
この回答がある質問
自己破産

景品と交換することのできるパチンコ玉という財産的価値ある物が含まれているため,ICカードも当然財物性が認められます。 したがって,このICカードについて隣の方の占有が認められるのであれば窃盗罪が成...

回答日 2019年06月14日 17:00
この回答がある質問
犯罪・刑事事件

事実経緯とかがよくわかりませんので,これだけだと何とも言えません。 相手方の反抗を著しく困難にする程度の脅迫があったか否かですから,相手がそのように感じてしまったら,当たる可能性が全くないとは言え...

回答日 2019年06月08日 01:11
この回答がある質問
脅迫・強要

自己破産の申立てをすること自体は可能です。 問題は免責(債務帳消し)許可決定が裁判所から下されるかどうかですが,個別具体的な事情や就任する破産管財人の意見及び裁判所の判断に左右される所であり,免責...

回答日 2019年05月30日 17:57

当該書面を見ないと具体的なこと,確定的なことを申すことはできません。これを大前提として,以下の回答内容を参照していただければと思います。 法人の債務を役員個人が引き受けるという内容の書類に役員...

回答日 2019年05月29日 12:04

1 - 7 件を表示/全 7 件

現在営業中 09:00 - 20:00

西 雅哉弁護士へ問い合わせ

電話番号 050-5356-9681

受付時間

受付時間
  • 平日09:00 - 20:00
定休日
土,日,祝