お気に入りに追加
西 雅哉弁護士

( にし まさや ) 西 雅哉

西徹夫法律事務所

現在営業中 09:00 - 20:00

みんなの法律相談回答一覧

 債権者数が何社かで弁護士費用も異なりますが,おおむね債務整理の着手金が債権者数×2,3万円で減額報酬が減額した額の10%から20%としている事務所が多いのが実際の所だと思います。ただし,1社しかな...

回答日 2019年06月24日 18:31
この回答がある質問
家族の借金

 誰かによる盗撮がなされたという事実が発覚したからこそ,学校が全体集会を開いたのだと思います。このような重大事案の発生にもかかわらず,全体集会を開かない方が事後対応として問題があります。  また,...

回答日 2019年06月24日 16:36

 まず,前提として,払える金額が債務額より大きい場合,支払不能ではないため,破産申立てをすることはできません。債務整理一本です。  次に,債務整理の条件です。   相手(債権者)が私人か貸金業者...

回答日 2019年06月24日 16:20
この回答がある質問
家族の借金

基本的にSNSを調査することはないと思います。  もっとも,申立代理人,債権者及び破産管財人がSNSに貴方の名前の検索をかけることはあるかもしれません。  その場合,貴方が検索に引っ掛かり,金遣...

回答日 2019年06月24日 16:13

免責不許可事由はありますが,裁量免責される可能性が大いにあります。 地元の弁護士か弁護士会を通して,破産申立てを検討してください。 100%とは言いませんが,受任してもらえる可能性も免責許可決定...

回答日 2019年06月24日 16:09

お任せしているのであれば,その弁護士先生を信頼して申立てをしてください。 自己破産,個人再生と2回賭博・投資が原因で今回前回から2年後で3回目なので,リスクはあります。ただ,債権額,債権者数,...

回答日 2019年06月24日 16:03
この回答がある質問
自己破産

景品と交換することのできるパチンコ玉という財産的価値ある物が含まれているため,ICカードも当然財物性が認められます。 したがって,このICカードについて隣の方の占有が認められるのであれば窃盗罪が成...

回答日 2019年06月14日 17:00
この回答がある質問
犯罪・刑事事件

事実経緯とかがよくわかりませんので,これだけだと何とも言えません。 相手方の反抗を著しく困難にする程度の脅迫があったか否かですから,相手がそのように感じてしまったら,当たる可能性が全くないとは言え...

回答日 2019年06月08日 01:11
この回答がある質問
脅迫・強要

この質問内容だけではいまいち事実関係が明瞭ではないように思います。 ただ,預かったお金を勝手に持ってかれたのであれば横領罪になります(預かった方がお金を預かることを業として行っていれば業務上横領罪...

回答日 2019年06月08日 00:57
この回答がある質問
借金

補足しますと,取締役会議事録はそもそも出席取締役が署名・押印すべきものなので,取締役会議事録を修正するかどうかが大事なのではなくて,実際に交わされた債務引受書にご主人様が署名押印したのか(してなけれ...

回答日 2019年05月31日 12:40

クレジットカードを窃取したことを認める旨の誓約書があるのであれば(いつ窃取したかとは誓約書には時期が書いてあるのでしょうか?),その後のクレジットカードの使用は基本的に同居者の方の利用ということにな...

回答日 2019年05月31日 12:25

自己破産の申立てをすること自体は可能です。 問題は免責(債務帳消し)許可決定が裁判所から下されるかどうかですが,個別具体的な事情や就任する破産管財人の意見及び裁判所の判断に左右される所であり,免責...

回答日 2019年05月30日 17:57

立ち読みできないもののビニールを破いて立ち読みできるようにしたという事実だけならば,窃盗罪には該当しないように思います。ただし,器物損壊罪に該当し得ることになります。 また,お店に迷惑をかけたこと...

回答日 2019年05月30日 17:18
この回答がある質問
窃盗・万引き

できますが,そのためには,債権者の同意を得ることが必要になります。 債権者がご主人様を外して債務引受の書類を作成し直すことに応じてくれなければどうしようもありません。役員全員の署名・押印があっては...

回答日 2019年05月29日 16:37

当該書面を見ないと具体的なこと,確定的なことを申すことはできません。これを大前提として,以下の回答内容を参照していただければと思います。 法人の債務を役員個人が引き受けるという内容の書類に役員...

回答日 2019年05月29日 12:04

野球賭博をしていたというのが,賭博の主催者としてなのか,参加していただけなのかで大きく情状が異なります。前者であれば刑法186条2項の賭博場開帳等図利罪に該当し得るので,とても重い刑(3月以上5年以...

回答日 2019年05月28日 22:13
この回答がある質問
犯罪・刑事事件

1 - 16 件を表示/全 16 件

現在営業中 09:00 - 20:00

西 雅哉弁護士へ問い合わせ

電話番号 050-5356-9681

受付時間

受付時間
  • 平日09:00 - 20:00
定休日
土,日,祝