弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

弁護士を探す

地域
分野
山岸 陽平弁護士

山岸 陽平弁護士 やまぎし ようへい

弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。
石川県 2

現在営業中
09:00 - 17:00

050-5827-6693

みんなの法律相談回答一覧

ありがとうがついた回答数:実名223 件/匿名:5件

到底成り立たないような根拠で訴訟を提起した場合には、その訴訟提起自体が不法行為に該当する場合もあります。また、弁護士に委任して訴訟を提起しておきながら、揺さぶりをかけるために直接の連絡をして、訴訟が...

0
回答日 2017年07月07日 19:42
この回答がある質問
婚約破棄

・どちらも違う。 1 原判決中控訴人敗訴部分を取り消す。 2 前項の部分のうち、被控訴人の請求を棄却する。 3 被控訴人は、控訴人に対し、100万円を支払え。 4 訴訟費用は第1、2審とも被控訴人の...

0
回答日 2017年07月07日 19:32
この回答がある質問
消費者被害

借主が貸主に敷金の返還を請求できるのは、明け渡しをして原状回復がなされたときであるという判例が固まっています。債務者(借主)の第三債務者(貸主)に対する敷金返還請求権は、そのときにならないと発生しな...

0
回答日 2017年07月04日 10:09
この回答がある質問
債権執行

一般論で言えば、被告が否認の理由を明らかにしなかったり、全体的に不知というような答弁をしたような場合は、原告の請求の根拠となる事実が書証や人証で立証されているか否かの問題になってくるのではないかと思...

0
回答日 2017年06月14日 18:20
この回答がある質問
離婚・男女問題

貸借関係ではないので、負債には当たらないと考えられます。 そもそも、誰が誰に対して債権を有するというのかも疑問です(相手方が夫婦共有財産に対して債権を有する?)。 要するに、プラスの財産があるけれ...

0
回答日 2017年05月09日 18:44
この回答がある質問
財産分与

最終的には、いろいろな事情を総合的に考慮した上での裁判官(家事審判官)の判断になってきます。「万」の単位がふさわしいか「千」の単位がふさわしいか、決まりがあるわけではありません。 ただ、弁護士をし...

0
回答日 2017年04月21日 16:37
この回答がある質問
養育費

認知症の程度次第ですが、ひとつの策としては、家庭裁判所に後見や保佐開始審判を申し立て、成年後見人または保佐人をつけた上で、交渉や訴訟を行うことです。 契約が無効になるかどうかは、認知症の程度のほか...

0
回答日 2017年04月11日 18:15

> (1)婚姻費調停は妻が申し立て、 > 離婚調停については夫が申し立て、 > というパターンはあり得ますでしょうか? > いずれも私から申し立てを行うべきでしょうか? &g...

0
回答日 2017年04月05日 09:21
この回答がある質問
調停離婚

当初の債務整理の際にどのような約束になっていたかが問題です。 債務整理の際に作成した書面や、今回送られてきた書面を持参して、弁護士に面談での相談をすることをおすすめします。

0
回答日 2017年04月05日 09:13
この回答がある質問
債務整理

まずは、早い段階で、ネットではなく実際の弁護士の面談をお受けになるのがよいように思います。 具体的な相手の言動・状況などを伝えて、どのように対処するか弁護士と相談すべきです。 また、詐欺罪(刑事事...

0
回答日 2017年03月27日 18:51
この回答がある質問
借金

一般的に言えば、証拠申出書に記載する証人への尋問事項は質問順でなくてもかまいません。 また、実際の尋問そのものほど詳細でなく、尋問のテーマを示すようなものであるのが通常です。

0
回答日 2017年03月27日 18:44

通常は、送付を予定していなかったとしても、裁判所に問い合わせて、写しの交付か閲覧を求めれば、内容を見ることはできると思われます。 答弁書を書くべきかどうかは、事案によりますが、たとえば裁判所から何...

0
回答日 2017年03月24日 17:35
この回答がある質問
離婚・男女問題

社会的評価が低下することを証明できず、名誉感情の侵害にとどまる場合でも、不法行為として成立することはありえます。また、たとえば、刑法の名誉毀損罪が成立せず侮辱罪にとどまるなどの場合でも、不法行為は成...

0
回答日 2017年03月21日 18:25

引き出しについては許可をもらったという側面も重要ですが、使い道が何だったのかという側面も重要だと思われます。 言った言わないの話の決着がつかないのであれば、それ(使い道)を手がかりに、夫婦共同での浪...

0
回答日 2017年03月19日 17:50
この回答がある質問
離婚原因

契約を締結する祭に述べたことに根拠がなければ、支払ったお金について詐欺罪などが成立する可能性があります。また、民事上も返金を請求できる可能性は高いといえます。 ただ、実態のない会社相手だと、勝訴し...

0
回答日 2017年03月19日 17:47
この回答がある質問
詐欺

その企業にとって、あなたの書き込みがどれほどマイナスなものなのか、そして、費用をかけて弁護士に依頼してもその企業の言い分の正当性を世間に認めてもらうとともに金銭的被害を回復したい、とその企業がどれほ...

0
回答日 2017年03月14日 18:07
この回答がある質問
名誉毀損

相手方企業が警察に被害届を提出し、また、相手方の社員が警察の詳細な事情聴取に応じていくということがなければ、立件には結びつきづらいと思います。 また、すでに謝罪や話し合いがあるので、証拠隠滅のおそれ...

0
回答日 2017年03月14日 18:00

仮に卒業できなかったとして、そのような場合にどうするかの約束をしていなかった場合には、それでもなお卒業まで支払義務があるという解釈と、一般的な卒業時期まで支払義務があるという解釈が成り立ちます。 こ...

0
回答日 2017年03月14日 12:26
この回答がある質問
養育費

裁判所に理由を伝えずに欠席すれば不成立になる可能性が相当あると思われます。 ただ、裁判所に出席できない理由をお伝えになった上で、今後の出席や話し合い自体はしたい旨をお伝えになれば、日時の変更や3回め...

0
回答日 2017年03月08日 17:43
この回答がある質問
調停離婚

治療費の項目や金額をめぐって、患者と事故相手方(または保険会社)との訴訟になった場合には、整骨院の治療に関して医師の見解が重視されやすいといえます。 受傷部位と施術との関連性や、治療期間との関係で...

0
回答日 2017年03月08日 17:39
この回答がある質問
交通事故

民事裁判の当事者は、原告(被害者)と被告(加害者)です。 しかし、刑事裁判の当事者は、検察官と被告人です。 そのため、刑事裁判でどのような証人・証拠を請求するかについては、検察官に決定権限がありま...

0
回答日 2017年02月05日 10:01
この回答がある質問
起訴・刑事裁判

どれくらいの月日が経っているのかにもよるとは思いますが、お書きの事情以外に特段の事情(何らかの準備や協議が必要な状況)がないのであれば、不当利得に基づく返還請求や不法行為に基づく損害賠償請求ではなく...

0
回答日 2017年01月26日 15:34
この回答がある質問
遺言執行者

公務員が国などに給与の支払いを求める訴訟は実質的当事者訴訟(行政事件訴訟法4条後段)という分類で行政訴訟(行政事件訴訟)に含まれます。 同様の解釈で、国家公務員の旅費の支払いについての訴訟も行政訴訟...

0
回答日 2017年01月26日 15:19
この回答がある質問
公務員

最高裁判例では、「訴えの提起が裁判制度の趣旨目的に照らして著しく相当性を欠くと認められるとき」には、民事訴訟の提起が相手方に対する違法な行為にあたるといえ、訴えを提起された者が受けた損害を賠償しなけ...

0
回答日 2017年01月26日 14:45
この回答がある質問
名誉毀損

裁判所では、事案によっては、審判の申立てがあっても調停に付しますので、まずは、あなたの件がどう扱われるか裁判所に問い合わせることです。 審判手続が進められる予定だというのであれば、裁判所に対し、書...

0
回答日 2017年01月22日 08:12
この回答がある質問
養育費

相手方からの連絡の内容が、相手方の母への謝罪や早期退職の要求であれば、対応しない(無視する)ことに法的な問題はないと思われます。

0
回答日 2017年01月21日 15:59
この回答がある質問
不倫慰謝料

相手方の母に謝罪すべき法的な義務はありません。 「謝罪や早期辞職をしなければ、相手方の母が職場に行く」という発言自体もそうですし、さらにそれが実際に行われるようなことがあれば、強要罪などに該当する...

0
回答日 2017年01月20日 16:51
この回答がある質問
不倫慰謝料

仮に過失があったとしても、人的損害がない以上、請求項目として、休業損害や慰謝料は相当ではありません。 弁護士を通じて連絡をしてくるという話があったのであれば、それを待ち、請求項目や金額を明示してもら...

0
回答日 2017年01月19日 10:49
この回答がある質問
交通事故慰謝料・損害賠償

ご相談の内容に基づけば、相手方が「事故の不存在」という反論をしたことで、事故の存在・不存在が争点化したのですから、その争点について「事故の存在」を立証していくことは当然のことといえます。 ただ、警...

0
回答日 2016年12月28日 12:41

まず、契約・規約などがどうなっているかを確認し(相手方に送ってもらうなどし)、それに基づけばどのような支払義務があるかを検討すべきです。また、契約に基づけば高額の請求が可能になっているとしても、消費...

0
回答日 2016年12月28日 12:32

1 - 30 件を表示/全 223 件

金沢法律事務所へ問い合わせ

050-5827-6693

※金沢法律事務所では、ご相談内容に応じて、最適な弁護士が担当します。

メールで問い合わせ
お気に入りに追加
受付時間
受付時間
  • 平日09:00 - 17:00
定休日
土,日,祝
備考
事情により、夜間・休日も対応可能な場合があります。
電話対応は基本的に午後5時すぎまで、メールは時間外にも受け付けます。
対応地域
山岸 陽平弁護士
山岸 陽平弁護士