弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

弁護士を探す

地域
分野

山岸 陽平弁護士 やまぎし ようへい

山岸 陽平弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。
石川県 3

金沢法律事務所

石川県金沢市片町一丁目1番29号混元丹ビル9階
分野を変更する

みんなの法律相談回答一覧

実名回答数:404 件/匿名回答数:7件

◎調停に持ち込む時の裁判所は、誰の住所管轄の地裁でもよろしいか? 管轄は相手方いずれかの住所地となります。 ◎いきなり訴訟も可能ですか? 調停前置とされていますが、調停を経ずに訴訟...

回答日 2018年12月01日 17:49
この回答がある質問
遺留分減殺請求

いいえ。66万円は債務者が手元に有していても、強制執行の対象にならず、それを超える分から強制執行の対象になるということです。 執行費用は、裁判所(執行官)が計算して算出しますが、現金の差押えならあ...

回答日 2018年11月28日 16:48

民事執行法で、2か月分の生活費は差押え禁止となっており、66万円までは現金として発見されても差押えが禁止されているということもありますし、家族の占有であるとの申告がなされた場合に執行官がどのように占...

回答日 2018年11月27日 17:21

動産(現金含む)執行の申立て先は、差押え先土地を管轄する地方裁判所執行官です。 支部管轄の場合、支部に申し立てなければならないかどうかは、個別の地裁で違うようですので確認して下さい。 事前打...

回答日 2018年11月27日 15:35

各弁護士会には、紛議調停委員会が設けられており、依頼者と弁護士との間のトラブルを、弁護士会が用意するテーブルで解決する「紛議調停」を申し立てることができますので、ご利用を検討されてはどうでしょうか。

回答日 2018年11月18日 20:47
この回答がある質問
契約の解除・取消

刑事処罰を求めたい思いが強い場合、検察審査会に審査を申し立て、「不起訴不当」や「起訴相当」の議決を出してもらうことにより、検察官に再捜査や起訴を促すことができる可能性があります。 各地の裁判所...

回答日 2018年11月02日 22:03
この回答がある質問
前科・不起訴

夫婦には同居義務があると民法には定められていますが、別居を試みる側に一方的に責任がある事情で関係性が悪化したというのでなければ、同居を解消したからと言って、離婚にあたって不利になるということはないの...

回答日 2018年11月02日 21:58
この回答がある質問
別居

裁判所に失踪宣告をしてもらい死亡とみなす扱いを取れるようにするか、または、不在者財産管理人を選任してもらい財産管理人との間で遺産分割をする方法があると思います。 ただ、失踪宣告をしても、実質的...

回答日 2018年10月25日 22:15

「人身事故の届出をされたくなければお金を支払え」という言い方での交渉の持ちかけがされるパターンが度々あります。しかし、本来任意保険会社が支払いに応じないような金銭を自腹で支払って済ませることには非常...

回答日 2018年10月25日 21:36
この回答がある質問
交通事故

卑怯というわけではないと思います。 おっしゃるような男女関係で、慰謝料や損害賠償義務が認められることは考え難いです。 弁護士への相談のほか、配偶者や交際相手からの暴力を受けている人を支援する...

回答日 2018年10月16日 18:01
この回答がある質問
離婚・男女問題

ご加入の保険会社が相手方への支払義務を負わないケースについては、弁護士法により、相手方との交渉を弁護士以外が業として行うことが禁じられているので、合法的に交渉をする場合は、弁護士を代理人に立てるか、...

回答日 2018年10月16日 17:57

金銭不払いの場合の強制執行とは、主に、債権(給与や預金)など、不動産、動産といったものの差押えによる回収を指します。裁判所に申立てを行って実施します。 当事者間でそのような協議書を作成してもそ...

回答日 2018年10月12日 21:19
この回答がある質問
協議離婚

1 この経緯では、100万円を超える部分の請求権を行使しないとの約束をしたとは言い難いので、当初100万円の請求をしていたことでそれを超える請求ができないおそれは低いと思います。 2 事実関係...

回答日 2018年09月28日 21:31

法的に構成しうるとすれば、離婚無効または財産分与に限って無効、ということでしょうが、離婚協議書を作成し、登記名義の移転という印鑑証明書を必要とする手続を済ませたのでしょうから、何か前提条件を誤解して...

回答日 2018年08月27日 21:22
この回答がある質問
財産分与

細かなところまで条文で定められていませんので、個々の裁判所の運用と裁判所書記官の判断によることになりますが、通常の扱いで公示送達とするまでには被告の住民票を取得するよう求められるものと思いますので、...

回答日 2018年08月20日 18:54

郵便の転送届を出していれば訴状が転送されることが多いようです。 ただ、訴状が宛先に尋ね当たらずで裁判所に返送されることがあります。 その場合、原告において、被告の住民票を取得するなどしてできるだ...

回答日 2018年08月20日 18:41

養育費は定期給付債権であり、5年の消滅時効にかかります。 (確かに判決により定められた権利ですが、将来に向かって定期的に発生するものですので、時効期間は、10年ではなく5年だと考えられます。) ...

回答日 2018年08月20日 18:33
この回答がある質問
養育費

送り返せる物をリスト化して通知をし、送り先を教えるよう求め、それでも送り先を伝えてこないようなら今後メールに応答しない旨予告し、その上で応答拒否をする、といった手段が考えられます。 相手方がちゃん...

回答日 2018年08月20日 18:17

1  略式起訴をされ、罰金刑の略式命令を受けたものとみられます。  略式命令に不服がある場合には、告知を受けた日から14日以内に正式裁判の申立てをします。そうすると、略式命令は効力を生じません。...

回答日 2018年08月02日 20:02

刑法の名誉毀損罪の要件を満たす可能性が高いとは思われますが、立件に向けて捜査を行うか否かは、メールの内容のひどさや被害の状況について警察・検察がどう見るか次第ということになります。 そのため、不可...

回答日 2018年07月18日 17:21
この回答がある質問
掲示板・SNS

裁判所に証明書の発行を申請することで取得できます。 審判が確定していない状況下や、確定していても金融機関に届ける前に財産を処分したことが裁判所により問題視されると、後見監督人がついていないケー...

回答日 2018年07月18日 17:16

最速で動くためには、裁判所と相談し、審判の確定証明書を発行してもらい、審判書謄本と確定証明書を持って金融機関と相談することかと思います。金融機関によっては、それで対応してもらえることがあります。 ...

回答日 2018年07月18日 14:49

離婚しないことを前提とするのであれば、200万円というのは相場を超えた金額といえると思います。 そのため、訴訟も視野に入っているのであれば、200万円を支払って半額を求償する(支払われないリスクが...

回答日 2018年07月18日 14:06
この回答がある質問
不倫慰謝料

民事訴訟法154条1項に以下の規定があります。 --- 口頭弁論に関与する者が日本語に通じないとき、又は耳が聞こえない者若しくは口がきけない者であるときは、通訳人を立ち会わせる。ただし、耳が聞こ...

回答日 2018年07月17日 22:11
この回答がある質問
立ち退き・明け渡し

担当の弁護士とのご相談の上でだとは思いますが、たとえば、「陳述書」のタイトルで証拠(甲○号証)として提出することが考えられます。 弁護士に委任している場合、証拠ではない上申書のような形で原告・...

回答日 2018年07月17日 22:03

一般論ですが、簡易裁判所の審理においては、証拠説明書の提出をしなくても裁判官が求めてこないことがあります。そして、そのまま証拠調べをした扱いになることもあります。 地方裁判所においては、証拠説明書...

回答日 2018年07月17日 21:57
この回答がある質問
準備書面

明確に禁止したのに続けているとなれば、業務命令に反しますし、賠償請求できる可能性が高まります。 しかし、口頭でのやり取りですと、結局は容認しているとか黙認しているかのように解釈されかねません。 ...

回答日 2018年07月17日 10:32
この回答がある質問
器物損壊

弁護士に依頼することにより、弁護士が弁護士会を通じて携帯電話会社から情報を得られる、という可能性はあります。 また、引っ越しにあたって郵便の転送をかけている場合には、従前の住所にあてて送った訴...

回答日 2018年07月17日 10:18
この回答がある質問
少額訴訟

成年後見相当の状況ではなくても、保佐や補助が相当という状況だと判断される場合があります。 たとえば、医師がご本人について「精神上の障害により事理を弁識する能力が不十分である」という意見を述べるよう...

回答日 2018年06月28日 01:25
この回答がある質問
認知・親子関係

責任の判断のためには、傷の位置や形状から、どちらの車のどのような動きにより傷が生じたのか推測するというのが基本になるかと思います。 そのような意味では、両方の車の傷をしっかり写真に撮ったり、あるい...

回答日 2018年06月28日 01:12

1 - 30 件を表示/全 404 件

金沢法律事務所へ問い合わせ
電話番号 050-5827-6693

※金沢法律事務所では、ご相談内容に応じて、最適な弁護士が担当します。

メールで問い合わせ
お気に入りに追加
受付時間
受付時間
  • 平日09:00 - 17:00
定休日
土,日,祝
備考
電話対応は基本的に午後5時すぎまで、メールは時間外にも受け付けます。
対応地域