弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

医療

精神科 入院 脳波検査 確実に?

精神科に入院したら確実に脳波検査されるのでしょうか?
(精神科診療所の紹介状がある場合)

拒否することはできるのでしょうか?
<精神科に入院したら確実に脳波検査されるのでしょうか?>
 必要があれば、検査されるでしょう。

<拒否することはできるのでしょうか?>
 任意入院であれば、拒否は可能です。
水中毒の場合検査はあるのでしょうか?

ご返答宜しくお願いいたします。
統合失調症の水中毒です。
宜しくお願いいたします。
必要と判断されれば、検査は行われるのではないですか。

b4_6dfaさん
2018年10月06日 10時06分

みんなの回答

中島 繁樹
中島 繁樹 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 福岡県4
ベストアンサー
ありがとう

2018年10月06日 11時20分

b4_6dfa さん (質問者)

2018年10月06日 12時41分

b4_6dfa さん (質問者)

2018年10月06日 12時48分

中島 繁樹
中島 繁樹 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 福岡県4
ありがとう

2018年10月06日 18時20分

この投稿は、2018年10月06日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • 精神科で開示拒否されます

    通院中の精神科病院でカルテの開示を断られています。 私に悪影響があるとの理由ですが、 実際は都合悪いことが書いてあるのを私のせいにしているだけです。 これは、証拠保全しか道がないですか? 私が言ってもだめなんだから弁護士さんがしつこく電話かけたところで同じだろうし。 事情でほかに行ける病院はありませんから...

  • 県立の精神科の治療拒否

    医師を変えてもらわないと病院に行けないといってるのに、「主治医と話さないと変更できません」といわれました。 精神的に調子が悪くなるので、主治医とはもう話すことはできません。 それで、薬ももう切れるのですが、このまま病院に行けなくて、強制的に断薬させられて治療を受けられなくて、何か起こったら責任をとってもらえます...

  • 医療拒否。これは「医療拒否」になるんでしょうか?

    主人と娘が長年、通院していたメンタルクリニックで予約時間に遅れそうになり、予約の5分前に「10分ほど遅れそう」だと電話したら「無理です」と断られ、「薬が必要だ」と伝えて、なんとか薬を処方してもらいました。また、次の予約をしているのに、速達で「一身上の都合により主治医を辞めさせて頂きます」との手紙と紹介状を送ってき...

  • 紹介状を医師は拒否することは問題ないのか

    先日まで、近場にあるクリニック(泌尿科)に通っていましたが、 2か月間の投薬を実施しても改善の様子が見えず、医者より治療終了の宣言を受けました。 投薬のみで治療を終了させてしまう医者に不信感を抱き、セカンドオピニオンを受けようと 総合病院へ通ため、紹介状を書いてもらおうと電話で一報を入れましたが、 その回答が「...

  • 診療拒否について。これは違法ではないのでしょうか?

    矯正歯科に個人で所有していた歯型を貸していました。 返却要請をしたところ、「歯型は返すが、今後うちでは一切診療はお受けしません」と診療拒否を言い渡されてしまいました。個人病院なのですが、このような理由で診療拒否などできるものなのでしょうか?これは違法ではないのでしょうか?

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

医療問題に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

医療のニュース

  1. 東大病院で「薬取り違え」、入院中の男児死亡...
  2. 気軽さで人気「プチ整形」失明や皮膚壊死の報...
  3. 患者側の「勝訴率」はわずか2割 「医療過誤訴...
  4. 潜在的な「感染被害者」は数十万人・・・弁護...

活躍中の弁護士ランキング

医療問題の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。