弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

B型肝炎

  • 医療過誤、医療事故等の医療をまとめたページです。1,723名のB型肝炎を取り扱う弁護士、B型肝炎での弁護士無料相談 Q&A 43 件などを掲載しています。

  • この分野に関する相談

    相談を探す(B型肝炎) 相談する無料
    弁護士の無料回答でお悩み解決!

    この分野に関するみんなの法律相談

    みんなの法律相談の人気ランキング

    • 1

      B型肝炎キャリアと宣言された後、ガンにて死亡したが、相続人による給付金請求はできるか?

      0役に立った
      医療B型肝炎

      【背景】実父が体調が悪いと言い近隣の病院へ通院したところ、大学病院を説明され食道ガンであることが判明しました。当初入院して治療していましたが、その後は本人の意向により入院ではなく通院による治療に切り替えておりました。その後、新たな治療方法を行うために、内科的な事前診査を行ったところ、担当医より...

    • 2

      B型肝炎訴訟の血液検査について

      0役に立った
      医療B型肝炎

      B型肝炎訴訟の要件?を教えてください。原告と成れる血液検査の状態についてです。B型肝炎ウイルスの抗原が陽性とかイン性とかです。またどこで検査していますか? 無料ですか?よろしくお願いいたします。

    • 3

      B型肝炎訴訟の給付金申請で必要となる住民票

      0役に立った
      医療B型肝炎

      B型肝炎訴訟の給付金申請で必要となる住民票は、申請者の世帯全員のものなのでしょうか。というのは、当該申請手続きを代行している弁護士が、申請者(私の家族)だけでなく私を含む世帯全員の住民票を職務上請求している事が判明しました。単純に訴訟を起こして給付金申請をするだけなら、申請者単独のもので良いと...

    • 4

      B型肝炎の給付金対象でしょうか?

      0役に立った
      医療B型肝炎

      先日、献血をした際に希望した検査結果からHBc抗体陽性反応があり、過去にB型肝炎に感染していたが治っている状態と検査結果に記載されていました。1 私は、昭和50年生まれ2 小学生の際に集団予防接種を受けた記憶がある3 不特定多数との性交渉等は持った事がない上記の場合、給付金の対象者となるのでし...

    B型肝炎の検索結果

    • B型肝炎キャリアと宣言された後、ガンにて死亡したが、相続人による給付金請求はできるか?

      医療B型肝炎

      【背景】実父が体調が悪いと言い近隣の病院へ通院したところ、大学病院を説明され食道ガンであることが判明しました。当初入院して治療していましたが、その後は本人の意向により入院ではなく通院による治療に切り替えておりました。その後、新たな治療方法を行うために、内科的な事前診査を行ったところ、担当医より...

      3回答 /
      2弁護士回答
      0役に立った
    • B型肝炎訴訟の給付金申請で必要となる住民票

      医療B型肝炎

      B型肝炎訴訟の給付金申請で必要となる住民票は、申請者の世帯全員のものなのでしょうか。というのは、当該申請手続きを代行している弁護士が、申請者(私の家族)だけでなく私を含む世帯全員の住民票を職務上請求している事が判明しました。単純に訴訟を起こして給付金申請をするだけなら、申請者単独のもので良いと...

      2回答 /
      1弁護士回答
      0役に立った
    • 彼氏との性行為でのB型肝炎について

      医療B型肝炎

      15年ほど前に、当時付き合っていた彼氏にB型肝炎をうつされ、入院しました。入院するまで彼がキャリアだと知らず、私が発症し始めて彼の母親から聞かされました。この場合はB型肝炎の給付金の対象外になるのでしょうか?ネットで調べた所、予防接種もしくは実母親がB型肝炎の場合と記載だった為、該当しないのか...

      2回答 /
      2弁護士回答
      0役に立った

    ※質問するには会員登録が必要です。新規登録はコチラ

    関連するお悩みから探す

    医療過誤、医療事故等の医療をまとめたページです。1,723名のB型肝炎を取り扱う弁護士、B型肝炎での弁護士無料相談 Q&A 43 件などを掲載しています。

    関連カテゴリから解決方法を探す

    依頼前に知っておきたい弁護士知識

    医療のニュース

    1. 気軽さで人気「プチ整形」失明や皮膚壊死の報...
    2. 患者側の「勝訴率」はわずか2割 「医療過誤訴...
    3. 潜在的な「感染被害者」は数十万人・・・弁護...