弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

医療過誤

医師の処方ミスによる損害賠償請求について

自律神経失調症で週に1回通院していました。
徐々に回復していたのですが急に薬の数が増え一週間で3錠くらい増え続け最終的に一日に25錠くらい薬を飲んでいました。
医師の言いつけ通り薬を飲んでいたのですが薬物性意識障害で救急搬送され入院しました。
この場合医者に対して損害賠償請求はできるのでしょうか?
投薬の処方において、通常許容される程度を著しく逸脱する等の問題があれば、医師の裁量の範囲内と見做すことができなくなりますので、違法性を帯びるものとして損害賠償を請求することができる可能性があります。 ベテランの薬剤師が言うには以前から急激に薬が増えていておかしいと言われていました。
また呂律が回らない、足がふらつくという症状が強くなってもさらに薬は増えていました。
医師の処方ミスを防ぐ為の医薬分業だと思われるのですが「著しく逸脱」は薬剤師では判断できないのでしょうか?
薬剤師は多くの医師から処方を扱っているので、一般的には、判断は可能であると思います。

YSKYさん
2017年08月13日 13時22分

みんなの回答

後藤 栄一
後藤 栄一 弁護士
ありがとう

2017年08月13日 13時40分

YSKY さん (質問者)

2017年08月13日 14時57分

後藤 栄一
後藤 栄一 弁護士
ありがとう

2017年08月13日 17時00分

この投稿は、2017年08月13日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • 薬の処方・原則禁忌。これは医療過誤になるのでしょうか?

    呼吸器疾患の夫が、インフルエンザになり入院しました。主人はうつ病も患っていて抗精神薬や睡眠薬も飲んでいました。 睡眠薬はB病院で処方されA病院にインフルエンザで入院した時はナースステーションで管理し、睡眠前に処方されました。しかし、ある日CO2ナルコーシス(炭酸ナルコーシス)になりかろうじて助かりましたが、介護保険が...

  • ヤブ医者の医療過誤について。患者は、どのあたりまで、ヤブ医者の責任追求と、賠償を行えますでしょうか?

    医療過誤は、本来、医師として誤った治療を行ったことにより発生しますが、ヤブ医者が、患者の検査をろくにせず、(聴診器すらあてず) 肺炎をおこしていたにも関わらず、喘息治療を行い、死の間まで、生命の危険に追いやるような結果になってしまった場合、患者は、どのあたりまで、ヤブ医者の責任追求と、賠償を行えますでしょうか?

  • 薬の副作用でギャンブル依存症に、慰謝料を請求できますか?

    5年前よりある薬を服用しています。 飲み始めてから仕事もしなくなりギャンブル依存症になったようです。 最近まで、為替取引バイナリーオプション取引で稼いだお金で生活をしておりましたが、パチンコ、為替取引に生活に必要なお金までつぎ込んでしまい、ついには借金まみれになってしまいました。 自分が依存症なのではないかと...

  • 医療ミスによる正中神経麻痺その後の逸失利益について

    先月、家族が医療ミスにあいました。 正中神経を痛めてしまい、痺れ麻痺が残っている状態ですが今の状態でミスがある前と同じ仕事を始めてしまうと逸失利益他後遺障害などの請求はできなくなるものでしょうか?

  • 接骨院の医療過誤に損害賠償請求したい!!

    交通事故and 接骨院の医療過誤について!! (まだ苦痛大で、乱文で失礼します。) 初夏に交通事故で外傷性頚椎捻挫。のみ。 十月に接骨院で、医療過誤で、頚椎、胸椎、ヘルニア。脊髄症、神経障害と診断。 (ひどい苦痛いたみ、めまいで生活に支障をきたしました。) ・接骨院の加害者に 損害賠償をもとめたいのですが、 どのよ...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

医療過誤に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

医療のニュース

  1. 東大病院で「薬取り違え」、入院中の男児死亡...
  2. 気軽さで人気「プチ整形」失明や皮膚壊死の報...
  3. 患者側の「勝訴率」はわずか2割 「医療過誤訴...
  4. 潜在的な「感染被害者」は数十万人・・・弁護...

活躍中の弁護士ランキング

医療問題の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。