弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

医療過誤

  • 医療事故、B型肝炎等の医療をまとめたページです。1,722名の医療過誤を取り扱う弁護士、医療過誤での弁護士無料相談 Q&A 649 件などを掲載しています。

  • この分野に関する相談

    相談を探す(医療過誤) 相談する無料
    弁護士の無料回答でお悩み解決!

    この分野に関するみんなの法律相談

    みんなの法律相談の人気ランキング

    • 1

      とりあえず証拠保全はやってみました

      0役に立った
      消費者被害債務不履行

       形成外科で、医療過誤と思われる事件で、弁護士の一般法律相談したら、おおよそ損害額は(詳しく調査はしてないです)数十万だろうとのことでした。 本格的に訴訟提起すると損害額に比べ費用割れするので、ひとまず本人で証拠保全しました。(ひとまず主要なカルテ類だけ・・十分とはいえないです。改ざん多し!び...

    • 2

      さいこくにつかいたいのですが。

      0役に立った
      医療医療過誤

      明日時効です。内容証明おくれませんでした。送信内容が残るファックスてありますか?さいこくにつかいたいのですが。もしくは、いい方法はありますか?

    • 3

      医療過誤内容証明の書き方

      0役に立った
      医療医療過誤

      医療過誤内容証明の内容ですが、不法行為もしくは、債務不履行に基づき損害賠償請求致します。とゆう文章で大丈夫ですか?

    • 4

      弁護士があまりにも医療に関して無知すぎて話になりません。

      0役に立った
      医療医療過誤

      医療過誤についてですが、依頼者と協力医の間に存在するのが弁護士ですが、その弁護士があまりにも無知すぎると感じています。なぜ透析をするのか、その重要性を全く理解できずにいます。しかも、患者が心肺停止に至る状況に陥っている。それは、突然起きているのではなく、日々の蓄積の末に起きているというのも知ら...

    • 5

      医療過誤で慰謝料を請求できますか?

      0役に立った
      医療医療過誤

      4年程前に初めてこの歯医者に行きました。 前歯から左側の奥歯を抜き、そこにインプラントを6本入れ8本の歯(ブリッチ)を入れるとの説明で6本分のインプラント代を払って契約しました。 治療を開始し6本のインプラントを入れましたが、その中の1本がぐらぐらしているから一回り太いインプラントを入れる再...

    医療過誤の検索結果

    • 私が起こした裁判の行方

      医療医療過誤

      こちらが提起して民事裁判をしていましたが、内容が専門分野外により難しいので解任してほしいと言われ解任しました。その後、元担当弁護士に『裁判所から私に連絡が来るので直接やり取りをするように』と言われました。が、裁判所から連絡は来ないまま長い月日が経ちました。私の提起した裁判は途中のままどういう扱...

      6回答 /
      3弁護士回答
      0役に立った
    • 根幹治療が1年経たずやり直しになりました。

      医療医療過誤

      歯医者で治療をした際インレイという被せ物を4本してもらいました。治療が終了してすぐに引っ越して、被せた歯の1本に痛みが出てきたので別の歯医者さんにかかりました。レントゲンを撮ったところその被せた歯の1本に病巣があるとのこと。仕方がないので被せた歯を泣く泣く取り再治療をはじめました。ところが今度...

      1回答 /
      1弁護士回答
      0役に立った
    • 病院で首の牽引により痛みがひどくなった場合慰謝料請求できるのでしょうか?

      医療医療過誤

      病院で首の牽引をしてもらったのですが、逆に首、肩の痛みがひどくなり一時は頭痛、吐き気もありましたこれから別の病院に行くつもりですが、首を痛めた病院には慰謝料請求など出来るのでしょうか?立証は困難でしょうか?

      2回答 /
      1弁護士回答
      0役に立った

    ※質問するには会員登録が必要です。新規登録はコチラ

    この分野に関するニュース

    この分野に関する知って得する法律Q&A

    関連するお悩みから探す

    よく見られているキーワード一覧

    最近検索されたキーワード

    医療事故、B型肝炎等の医療をまとめたページです。1,722名の医療過誤を取り扱う弁護士、医療過誤での弁護士無料相談 Q&A 649 件などを掲載しています。

    関連カテゴリから解決方法を探す

    依頼前に知っておきたい弁護士知識

    医療のニュース

    1. 気軽さで人気「プチ整形」失明や皮膚壊死の報...
    2. 患者側の「勝訴率」はわずか2割 「医療過誤訴...
    3. 潜在的な「感染被害者」は数十万人・・・弁護...