弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

インターネット |税理士ドットコムトピックス
2018年10月20日 09時52分

「缶ビール1本30円」驚きのコンテナ船…外国行きは「免税」、国際客船も良心的

「缶ビール1本30円」驚きのコンテナ船…外国行きは「免税」、国際客船も良心的
画像はイメージです

節約のため、ビールではなく、発泡酒という人には羨ましかったかもしれないーー。テレビ東京系「日曜ビッグバラエティ」で10月7日に放送された「巨大コンテナ船に乗せてもらいました!」の話だ。

番組は、日本最大級のコンテナ船に同乗し、欧州までの40日間に密着した。その中で、船員が自腹で買ったビールを楽しむシーンがあった。1日3本の制限があるそうだが、船内で売られている海外製のビールは、24缶5ドル程度。1本あたり20〜30円だ。番組では「税金がかからないため」と説明されていた。

なぜ税金がかからないのか。国税庁によると「租税特別措置法」という法律により、許可をとれば、外航船に船用品などとして積み込んだ酒は、輸出と同等の扱いになるそうだ(特措法87条の5)。「日本国内」での消費ではないことが理由だという。

とはいえ、ビールの酒税は1リットルあたり220円、350ml換算で77円に相当する。1缶20〜30円の背景には、船員向けであることに加え、元々の本体価格も安い海外のビール文化なども隠されていそうだ。

●日本の国際客船でも安かった

かつて、ビールが安く買えるとネットで話題になった国際フェリーがあった。北海道の「ハートランドフェリー」だ。

稚内とロシアのサハリンをつなぐ便では、サッポロビール350ml缶が自販機で、水のペットボトルよりも安い100円で販売されていた。しかし、サハリン便は2015年で運行終了。「今は北海道の離島のみの運行なので、100円ビールは売っていないんです」(担当者)。

ほかの国際航路はどうだろうか。たとえば、下関と韓国・釜山をつなぐ「関釜フェリー」は、陸の価格の「6〜7割ほどで販売している」(担当者)という。

福岡と韓国・釜山をつなぐビートル(JR九州高速船)では、アサヒスーパードライ350ml缶が200円。コンビニなどで買えば、消費税込み220円程度と考えれば安い。日本クルーズ客船の「ぱしふぃっくびいなす」も豪華客船でありながら、1缶約300円だという。

いずれも海外への船旅という特別さも考慮すれば、良心的な価格といえる。注意すべきは、「船酔い」だけではないようだ。

(弁護士ドットコムニュース)

バナーの画像、書かれている内容は「あなたの体験を記事にしませんか?体験談募集」