弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

2017年05月19日 13時46分

「BBCがNHKと番組交換を拒否」情報が拡散中 ソースはまた聞き、NHKも否定

「BBCがNHKと番組交換を拒否」情報が拡散中 ソースはまた聞き、NHKも否定
該当のツイート

NHKがイギリスの公共放送BBCから「番組交換」を中止されたという情報がツイッターで拡散され、話題になっている。しかし、NHKは「まったくの誤報」と否定している。

発端になったのは、「柴山哲也(ジャーナリスト)」氏による5月18日のツイート。柴山氏は、NHKが共謀罪関連の国会中継を十分にしていないという話題を受け、「公共放送BBCはNHKとの番組交換を中止したということです。同じ公共放送とは考えられないという理由です」などと投稿した。このツイートは4000回以上RTされている。

弁護士ドットコムニュースがNHK広報に電話取材したところ、担当者は柴山氏のツイートを把握していた。この担当者によると、そもそもBBCとは、「番組の売買」や「共同制作」は行なっているものの、「番組交換」は行なっていないそうだ。また、売買や共同制作を拒否されたという事実もなく、これまで通りの関係が続いているという。

柴山氏は5月19日、元のツイートを訂正するとして、「『3.11記念のBBC番組に出演した人に聞いた話だが、BBCの担当者によればNHKとの番組交換は中止したということです』と直してくだいさい」(原文ママ)と投稿。BBCに直接聞いたわけではなかったことを明かした。

弁護士ドットコムニュースは現在、BBC側にメールで取材を依頼している。

【午後6時15分追記】

BBCの番組を配給しているBBCワールドジャパンの広報担当者が、メールで回答を寄せた。本社にも確認のうえ、「該当ツイートに書いてあるようなことは、一切事実ではない」としており、NHKの認識で間違いないという。

(弁護士ドットコムニュース)

バナーの画像、書かれている内容は「あなたの体験を記事にしませんか?体験談募集」