お気に入りに追加
風見 美瑠弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。

茨城県2

( かざみ みる ) 風見 美瑠

茨城県内3拠点,9名の弁護士在籍,あなたにとってベストな解決案を提案します。

弁護士法人萩原総合法律事務所

みんなの法律相談回答一覧

外国人と日本人の婚姻の場合、その日本人を筆頭者とする新しい戸籍が作られます。 日本人同士の場合に夫婦で新しい戸籍を作るのと同様です。 本件でも、相談者様を筆頭者とする新しい戸籍が作られている...

回答日 2022年10月27日 10:31
この回答がある質問
国際・外国人問題

過去の例に従えば、公訴時効が延長される法改正があっても、時効が完成しているものは影響を受けません。 例えば、殺人の公訴時効廃止の際には経過措置として 「第三条 第二条の規定による改正後の刑事...

回答日 2022年10月26日 18:22
この回答がある質問
犯罪・刑事事件

いずれも異なります。 残り年数は、相続税の税額算定時を基準にします。 つまり、相続開始時(=お母さまがなくなった時)です。 例えば、5年後、相談者が65歳の時に亡くなったなら、 (8...

回答日 2022年10月19日 14:20

精神的なものでも病気には変わりがないので、うつ病というだけで排除はされません。 もっとも、症状の状態次第です。 実際の就労状況だけではなく、潜在的な労働能力も考慮して収入を考えるので、 ...

回答日 2022年10月19日 09:22
この回答がある質問
養育費

1 贈与税がかかると考えられます。 奨学金の返済残額をそのまま渡せば贈与そのものですし、 代わりに返済すると債務引受として「みなし贈与」になり贈与税の対象です。 110万の範囲で分割贈与す...

回答日 2022年10月19日 09:16

(回答1) ご相談の場合、基本的には贈与税・相続税は発生しないと考えられます。 贈与税は、年間110万円までの贈与であれば非課税です。 もっとも、毎年続けて同額の贈与をしていると、もともと...

回答日 2022年10月18日 17:34

〇療養費について 算定表で導かれる養育費の中には、通常想定される療養費や基本的な学費は含まれています。 養育費のほかにスクール費用を負担すると、二重取りになる部分が出てきます。 そのため、...

回答日 2022年10月18日 09:45
この回答がある質問
養育費

【前提】 計算式は、 {(支払側の年収×基礎収入割合)×子の生活費指数合計÷(支払側の親の生活費指数+子の生活費指数合計)}×[(支払側の年収×基礎収入割合)÷{(支払側の年収×基礎収入割合)+...

回答日 2022年10月17日 17:00
この回答がある質問
養育費

法律の基本ルールで認められているよりも不利な内容を、取引上の信義・誠実を侵害するような状況で取り決めている場合です。 例えば、 ・法律上、業者からの解除に必要なはずの事前通告を不要とする ...

回答日 2022年10月17日 15:04

追い越し車線のある道路でも適用されます。 道交法27条は、簡単に言うと”自分を追い越そうとしている車の進路変更を妨害してはいけない”という趣旨なので、1車線道路の場合に限られません。 ご...

回答日 2022年09月27日 18:00
この回答がある質問
交通事故

「総数」は既済(捜査段階の事件処理が終了)となった事件の総数です。 「逮捕」の見出しは、”被疑者を逮捕したかどうか”と読み替えるとわかりやすいと思います。 ①検察で逮捕 ②警察で逮捕して検...

回答日 2022年09月27日 13:34
この回答がある質問
逮捕・刑事弁護

夫の子としては、前妻との実子3人・養子1人・相談者様との実子1人の合わせて5人でよろしいでしょうか。 その場合、子5人(成人の第1子が除外できるなら4人)として扱います。 5人(4人)それぞれが...

回答日 2022年09月15日 16:18

消費貸借契約書として、印紙税法上、契約書の作成時までに印紙を貼っておく必要がありました(2条、別表1、8条)。 「百万円を超え五百万円以下のもの」なので、2000円です。 今のところ不納付に...

回答日 2022年09月14日 09:42

「他に提出された検察庁で受理された」と伝えれば足りるでしょう。 告訴についての通達では、他庁で取り扱うことが適当な場合には、連絡・調整のうえで引き継いだり、受理した案件を移送したりできることに...

回答日 2022年09月08日 17:30

【回答1】 今回でも使えていたはずの手段として「遺留分侵害額請求」という制度がありますが、これについては手遅れです。 遺言による指定で自分の最低限の取り分(今回でいえば遺産全体の4分の1)が侵害...

回答日 2022年09月08日 17:11
この回答がある質問
相続財産

金銭請求を行う場合であれば、お住まいの地域を管轄する裁判所で提訴可能です。 金銭債務は原告の住所地が義務履行地になるからです。 地方裁判所・簡易裁判所の区別については、請求額次第です。 1...

回答日 2022年08月17日 17:06
この回答がある質問
企業法務

補佐人は欠席可能です。 「補佐人とともに出頭することができる。」という規定ですから、出席の義務はありません。 逆に、補佐人が出席していても本人は欠席できません。 補佐人は本人を手助けするだ...

回答日 2022年08月17日 13:44

・申請理由 それで問題ないかと思いますが、もう少し具体的に書いたほうがよいかと思います。 ・委任状 代理人ではなく補佐人とする場合は、委任は不要でしょう。 細かい部分については、各裁...

回答日 2022年08月17日 12:42

【回答1】 「補佐人」と「保佐人」は別のものです。 「補佐人」は、民事訴訟法60条に基づく、訴訟当事者をサポートする人のことです。 税務訴訟での税理士、・特許訴訟での弁理士のように専門的知...

回答日 2022年08月17日 11:10

> 名称・住所(送達場所)・代表者が分かっていれば訴える事ができ、通常の様に登記簿は必要なく、 今回のような場合では登記は不要と考えられます。 民事訴訟法133条2項1号で、「当事者及び法定...

回答日 2022年08月17日 10:51
この回答がある質問
企業法務

裁判所共済組合は特別法で法人格を与えられている法人です。 根拠法上で連合会にしか登記義務の規定がないため、十分な登記がないと考えられます。 もっとも、団体を訴える場合、名称・住所(送達場所)...

回答日 2022年08月16日 14:11
この回答がある質問
企業法務

まず、当然ながら、売買の本質的要素を定める555条は準用されません。 委任の本質は643条が定めており、これに抵触します。 他には例えば、代金減額請求(563条)の規定は準用されないと考えら...

回答日 2022年08月10日 19:00

委任契約は無償・有償の両方があり、有償委任の場合には準用されます。 もっとも、売買と委任では契約の性質が違いすぎますし、委任独自の定めも多いです。 「ただし、その有償契約の性質がこれを許さな...

回答日 2022年08月10日 15:51

算定表の元の計算式で計算すると、婚姻費用12万6千円程度、養育費6万8千円程度と考えられます。 まず、収入の値について、相談者様は現在無収入とのことですが、潜在的な稼働能力の評価として年収10...

回答日 2022年08月01日 16:56

本件で、「短期間での再婚は事情変更といえない」という主張は合理的です。 離婚紛争中に交際を開始していて、わずか3か月で再婚というのであれば、公正証書を書く時点で再婚することは予想できていることが通...

回答日 2022年07月29日 10:51

保険内容を確認しないと断言はできませんが、一般的な他車運転特約では対象外と考えられ ます。 基本的に、臨時で借りている車で事故をした場合に適用できる特約です。 そのため、同居家族が所有する...

回答日 2022年07月28日 16:30
この回答がある質問
交通事故

実際の支給額を基準とする場合、自己都合退職の掛け数は考慮されないと考えられます。 実際に発生しなかった自己都合退職を考慮する理由が乏しいです。 掛け数を用いて仮定することには、不確実な将来の...

回答日 2022年07月28日 13:25
この回答がある質問
財産分与

回答1 お子さんを誰の戸籍に入れるかという問題なので、親権とは別です。 15歳以上ですから、お子さんの意思で手続します。 裁判所から子の氏の変更の許可を受けて役所に入籍届を出せば、母の戸籍・母...

回答日 2022年07月28日 09:50

裁判例では、別居時に自己都合退職したと仮定した場合の額から計算するもの、実際に退職した際の退職金額を基に計算するものの両方があります。 別居時の仮定額を基にした例(東京家裁平成22年6月23日...

回答日 2022年07月28日 09:40
この回答がある質問
財産分与

国民年金は世帯単位ではないため、親御さんに支払う義務はありません。 ただ、未納で受給条件を満たせなければ、老後や障害を負った場合の年金がもらえない可能性が出てきます。 負担に感じないならば、...

回答日 2022年07月27日 13:59
この回答がある質問
犯罪・刑事事件

1 - 30 件を表示/全 87 件

弁護士法人萩原総合法律事務所へ問い合わせ

電話番号 050-5265-1857

※弁護士法人萩原総合法律事務所では、ご相談内容に応じて、最適な弁護士が担当します。

Webで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日09:00 - 17:30
定休日
土,日,祝
備考
※12:00〜13:00は受付時間外で留守番電話対応となっております。
※電話でのご相談は受け付けておりません。お電話でご予約をお取りいただいた上で,面談でのご相談となります。
※対応地域は、茨城県全域及び栃木県南部となります。
※営業時間外でもメール受付は対応しております。
※土日しか来所できない方のために、初回の方を対象に毎月最終日曜日に無料相談会を開催しています。
交通アクセス
駐車場あり
設備
完全個室で相談
託児所・キッズルーム