お気に入りに追加
風見 美瑠弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。

茨城県2

( かざみ みる ) 風見 美瑠

茨城県内3拠点,9名の弁護士在籍,あなたにとってベストな解決案を提案します。

弁護士法人萩原総合法律事務所

みんなの法律相談回答一覧

外国人と日本人の婚姻の場合、その日本人を筆頭者とする新しい戸籍が作られます。 日本人同士の場合に夫婦で新しい戸籍を作るのと同様です。 本件でも、相談者様を筆頭者とする新しい戸籍が作られている...

回答日 2022年10月27日 10:31
この回答がある質問
国際・外国人問題

過去の例に従えば、公訴時効が延長される法改正があっても、時効が完成しているものは影響を受けません。 例えば、殺人の公訴時効廃止の際には経過措置として 「第三条 第二条の規定による改正後の刑事...

回答日 2022年10月26日 18:22
この回答がある質問
犯罪・刑事事件

いずれも異なります。 残り年数は、相続税の税額算定時を基準にします。 つまり、相続開始時(=お母さまがなくなった時)です。 例えば、5年後、相談者が65歳の時に亡くなったなら、 (8...

回答日 2022年10月19日 14:20

【前提】 計算式は、 {(支払側の年収×基礎収入割合)×子の生活費指数合計÷(支払側の親の生活費指数+子の生活費指数合計)}×[(支払側の年収×基礎収入割合)÷{(支払側の年収×基礎収入割合)+...

回答日 2022年10月17日 17:00
この回答がある質問
養育費

追い越し車線のある道路でも適用されます。 道交法27条は、簡単に言うと”自分を追い越そうとしている車の進路変更を妨害してはいけない”という趣旨なので、1車線道路の場合に限られません。 ご...

回答日 2022年09月27日 18:00
この回答がある質問
交通事故

「総数」は既済(捜査段階の事件処理が終了)となった事件の総数です。 「逮捕」の見出しは、”被疑者を逮捕したかどうか”と読み替えるとわかりやすいと思います。 ①検察で逮捕 ②警察で逮捕して検...

回答日 2022年09月27日 13:34
この回答がある質問
逮捕・刑事弁護

現金、預貯金、不動産といった大きな種別のくくりでは「その他の財産」とすることが一般的です。ゴルフ会員権など、財産性はあるものの分類が難しいものと同様です。 その他の財産のなかで、標目を「暗号資...

回答日 2022年09月13日 12:55

「他に提出された検察庁で受理された」と伝えれば足りるでしょう。 告訴についての通達では、他庁で取り扱うことが適当な場合には、連絡・調整のうえで引き継いだり、受理した案件を移送したりできることに...

回答日 2022年09月08日 17:30

【回答1】 「補佐人」と「保佐人」は別のものです。 「補佐人」は、民事訴訟法60条に基づく、訴訟当事者をサポートする人のことです。 税務訴訟での税理士、・特許訴訟での弁理士のように専門的知...

回答日 2022年08月17日 11:10

> 名称・住所(送達場所)・代表者が分かっていれば訴える事ができ、通常の様に登記簿は必要なく、 今回のような場合では登記は不要と考えられます。 民事訴訟法133条2項1号で、「当事者及び法定...

回答日 2022年08月17日 10:51
この回答がある質問
企業法務

どちらも給与収入として考えると、相場としては11万円くらいでしょう。 算定表で見ると、10から12万円の位置で、幅の中央付近に当たります。 今回のような状況ですと、相手側が住宅ローンを支払っ...

回答日 2022年08月15日 16:48
この回答がある質問
離婚・男女問題

まず、当然ながら、売買の本質的要素を定める555条は準用されません。 委任の本質は643条が定めており、これに抵触します。 他には例えば、代金減額請求(563条)の規定は準用されないと考えら...

回答日 2022年08月10日 19:00

算定表の元の計算式で計算すると、婚姻費用12万6千円程度、養育費6万8千円程度と考えられます。 まず、収入の値について、相談者様は現在無収入とのことですが、潜在的な稼働能力の評価として年収10...

回答日 2022年08月01日 16:56

本件で、「短期間での再婚は事情変更といえない」という主張は合理的です。 離婚紛争中に交際を開始していて、わずか3か月で再婚というのであれば、公正証書を書く時点で再婚することは予想できていることが通...

回答日 2022年07月29日 10:51

財産分与の場合、裁判官の判断は調停の主張・提出資料を踏まえての「審判」になります。 裁判例も分かれているところです。 別居時点の200万を基準とするべきであるとハッキリ主張し、別居時点の金額...

回答日 2022年07月28日 16:18
この回答がある質問
財産分与

回答1 お子さんを誰の戸籍に入れるかという問題なので、親権とは別です。 15歳以上ですから、お子さんの意思で手続します。 裁判所から子の氏の変更の許可を受けて役所に入籍届を出せば、母の戸籍・母...

回答日 2022年07月28日 09:50

子の引渡しの強制執行の場合、子自身には実力行使できません。 民事執行法175条8項で「執行官は、第六条第一項の規定にかかわらず、子に対して威力を用いることはできない。子以外の者に対して威力を用いる...

回答日 2022年07月27日 11:29
この回答がある質問
強制執行

回答1:時価の算定には、諸費用は含めません。 その車両の価値を問題にしていているので、車庫証明などの諸費用は視点が別です。 回答2:全損(修理費が車両価値を上回るか、修理不能)の事案であれば...

回答日 2022年07月20日 17:18

ご質問の場合、養子縁組をしない限り、原則として法律的な義務はないと考えられます。 「父親の妻」と「お母さん」は別です。 父の妻=1親等血族の配偶者=1親等姻族という形で親族にあたります。 ...

回答日 2022年07月07日 18:56
この回答がある質問
相続

本人の供述以外の証拠でそれなりに容疑が固まったところで事情聴取となることが一般的です。 本人の自白だけでは裁判で有罪にできません。 そのため、他の証拠が不十分な状態では、事情聴取しても処分できな...

回答日 2022年07月07日 09:59
この回答がある質問
窃盗・万引き

明らかに先んじてAが駐車に向けた動きを始めていたなら、駐車区画進入車と通路進行車の事故に準じて考えることができそうです。 その場合なら、A20:B80が基本になるでしょう(別冊判タ336図)。 ...

回答日 2022年07月05日 13:33
この回答がある質問
過失割合

「特別送達」というのは送り方のことなので、取られた手続の内容が問題です。 文脈からすると、支払督促だと思います。 支払督促なら、裁判所に督促異議を申し立てることが適切です。 督促異議を申し...

回答日 2022年07月05日 13:22
この回答がある質問
債権回収

偽証罪には該当しません。 偽証罪は、法廷で宣誓した証人が嘘をついた場合に成立するものです。 なお、犯人の特定を妨害しているため、基本的には犯人隠避罪に当たると考えられます。

回答日 2022年07月01日 09:14
この回答がある質問
犯罪・刑事事件

質問1について 法律婚継続中であり、お子さんの扶養義務が減免される事情もないため、婚姻費用支払義務はあると考えることが一般的です。 質問2について 仮に審判となる場合、潜在的に稼働する能力...

回答日 2022年07月01日 09:11
この回答がある質問
婚姻費用

一時抹消登録していることを理由に、警察が盗難に対応してくれないことはありません (事件性の程度や解決可能性など、別の理由で十分に動いてくれない可能性はあります)。 一時抹消登録で問題になる所...

回答日 2022年06月30日 10:57

選挙権を持っている人は、市町村が管理する選挙人名簿に住所・氏名などの情報が登録されています。 この登録に従い、投票所の入場券が送られてきます。 選挙人名簿への登録は、選挙の公示があったときか、3...

回答日 2022年06月29日 18:57
この回答がある質問
行政事件

民事執行法131条が問題になるところです。 ただし、同132条で、申立てがあれば裁判所は実情を考慮して禁止範囲を変更することができるとされています。 ・純金でできた実印 131条7号「...

回答日 2022年06月29日 10:44

おっしゃるとおり、お母さま自身の分の慰謝料請求と、相談者様ら固有の慰謝料請求の両方が可能で、金額が上積みされる形になります。 ご本人が受けた苦痛への請求権と、ご親族が受けた苦痛への請求権は別の権利...

回答日 2022年06月29日 10:29
この回答がある質問
死亡事故

>「という事は相続取り分が3000万円に満たない相続人に関しては非課税という事でしょうか?」 おそらく再質問は基礎控除についてのお話かと存じます。 一般に「3600万円未満の相続で非課税にな...

回答日 2022年06月29日 10:15

表紙を見せて署名・著者名を言う程度であれば基本的には問題ないでしょう。 もっとも、やり方次第では、著作権・肖像権(いわゆるパブリシティ権)の侵害になる可能性があります。 本の表紙デザインも著...

回答日 2022年06月28日 09:36
この回答がある質問
インターネット

1 - 30 件を表示/全 61 件

弁護士法人萩原総合法律事務所へ問い合わせ

電話番号 050-5265-1857

※弁護士法人萩原総合法律事務所では、ご相談内容に応じて、最適な弁護士が担当します。

Webで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日09:00 - 17:30
定休日
土,日,祝
備考
※12:00〜13:00は受付時間外で留守番電話対応となっております。
※電話でのご相談は受け付けておりません。お電話でご予約をお取りいただいた上で,面談でのご相談となります。
※対応地域は、茨城県全域及び栃木県南部となります。
※営業時間外でもメール受付は対応しております。
※土日しか来所できない方のために、初回の方を対象に毎月最終日曜日に無料相談会を開催しています。
交通アクセス
駐車場あり
設備
完全個室で相談
託児所・キッズルーム