弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

弁護士を探す

地域
分野

山田 昌典弁護士 やまだ まさのり

山田 昌典弁護士

つくば法律事務所

茨城県つくば市東新井3-4TOSビルⅣ4階
分野を変更する

みんなの法律相談回答一覧

ありがとうがついた回答数:実名157 件/匿名:47件

一般論で恐縮ですが、時間はあまりかからないと思います(感覚的には長くとも3週間以内)。 裁判官が、印象や個人的感情で悪い判断をするとは思えません。免責不許可事由が存在するか否かを検討するだけだと思...

回答日 2018年09月07日 11:10

管財事件と同時廃止事件の振り分けについては、各地の裁判所によって運用が異なりますが、 2回目の自己破産の場合は、管財事件とする運用の裁判所も多いと思われます。 なお、最終的に同時廃止と管財の振り...

回答日 2018年09月07日 10:45

良い書き方とは、相手方配偶者の気持ちを動かすことできる書き方だと思いますが、 相手方配偶者の性格や関係性等が分からないため、お答えするのは難しいです。 むしろ、相手方配偶者の性格や関係性等を一番...

回答日 2018年07月30日 23:13

不貞相手の女性に対する慰謝料請求については、既婚者であることを認識していながら不貞行為に及んだといえる必要があります。 (ただし、そのような認識がなくとも、過失により認識していなかった場合も慰謝料...

回答日 2018年07月26日 22:27
この回答がある質問
不倫慰謝料

養育費を増減させる事情の変更になる可能性が高いと思います。 その場合は、家裁で養育費の増額(または減額)申し立てをすることになると思われます。

回答日 2018年07月26日 21:37
この回答がある質問
養育費

こちらから離婚請求をして、それと合わせて慰謝料請求をした場合は、裁判で50万円以上の慰謝料が認められる可能性があると思います。 ただし、不貞開始時の婚姻関係がどの程度破綻していたかという事情が金額...

回答日 2018年07月26日 21:36
この回答がある質問
不倫慰謝料

円満調停は、証拠や強制で関係修復を図るものではないので、結局は、相手方配偶者の気持ちが最も重要となります。 気持ちを動かすことができなければ、調停不成立となって離婚裁判が起こされるか、長期の別居を...

回答日 2018年07月26日 21:32
この回答がある質問
調停離婚

お子さんがまだ未成熟子であれば、養育費の調停申立をしてください。 なお、1度きちんと過去に養育費を取り決めてある場合は、養育費の増額申立等で対応することになる可能性があります。

回答日 2018年07月26日 21:28
この回答がある質問
養育費

親権は必ず決めます。 財産分与は、申立がされた場合には、判断されます。

回答日 2018年06月02日 11:13
この回答がある質問
財産分与

離婚訴訟を起こした場合、有責配偶者からの離婚請求として認められない可能性があります。 かりに慰謝料を200万円支払ったとしても、有責配偶者からの離婚請求は原則として認められません。 離婚が成立し...

回答日 2018年05月12日 02:27
この回答がある質問
離婚・男女問題

親権者変更の申立を行うことをお勧めいたします。 お子さんが16歳であること、お子さんがご相談者様と同居していること、お子さんがご相談者様と生活することを望んでいること等の事情からすると、親権者変更...

回答日 2018年05月12日 02:19
この回答がある質問
親権

話し合いを拒絶したり、警察を呼ぶという対応をすること自体を違法行為と評価することは困難であることが多いと思われます。 話し合いができない場合は、調停や訴訟を利用しましょう。

回答日 2018年04月18日 22:34
この回答がある質問
離婚慰謝料

監視目的を達成するために必要な場合は、監視していることを監視対象に伝えなくとも適法となる場合がありますし、1と2については就業規則や社内規程等で監視することについて事前に告知しているとも評価できます...

回答日 2018年04月03日 09:58

①限定承認がよいのか、②全ての相続人が相続放棄をしたうえで不動産に当面居住し、相続財産管理人が選任された際にその不動産を相続財産管理人から購入する方がよいのか、よく検討した方がよいと思います。 仮...

回答日 2018年04月03日 01:38
この回答がある質問
相続

不貞行為の立証ができるか等については、具体的な証拠をよく精査する必要があります。 また、慰謝料額についても、婚姻関係の破綻状況等を検討する必要があるため、それについて詳細な聴き取りをする必要がある...

回答日 2018年04月03日 01:34
この回答がある質問
離婚慰謝料

事案にもよりますが、1と2については、就業規則や社内規程に基づくのであれば、許容される可能性が高いです。 3については、従前の相談者様の行動等から監視する必要性を基礎づける事情があるか否かによると...

回答日 2018年04月03日 01:31

> 1、不倫相手とのLINEのやり取り(密会の約束、肉体関係があった事が推測できる会話) について、肉体関係があった事が推測できる会話の内容によると思います。 具体的な証拠を全て見なければ...

回答日 2018年04月03日 01:28
この回答がある質問
不倫

調停は訴訟ではないので、婚約に至る経緯、それが破棄された経緯、今のお気持ちを分かりやすく書いて、調停委員に伝えることが良いと思います。

回答日 2018年03月03日 00:52
この回答がある質問
婚約破棄

離婚事件では、逆に慰謝料請求してくる方は多くいます。 ただ、その慰謝料請求が認められるか否かは、それを基礎付ける証拠がきちんとそろっているかということにかかっています。 請求されること自体を厭う...

回答日 2018年02月15日 23:31
この回答がある質問
離婚・男女問題

控訴理由書の提出期限は法定されています。 控訴の提起後から50日以内に控訴裁判所に提出しなければなりません(民訴規182)。 もっとも、この期間に遅れたからといって、控訴が不適法になるものではな...

回答日 2018年01月17日 00:32
この回答がある質問
控訴

> ●今の家と土地は名義は母になっています。ですが世帯主は父です。 > この場合、母の名義の家と土地が取られる(差し押さえられる)ことはないでしょうか? 原則として差押を受けることは...

回答日 2018年01月17日 00:25

家計収支表は、裁判所に提出する扱いの裁判所が多いと思います。 各地の裁判所によって運用が異なるので、担当弁護士に問い合わせをした方がよいと思われます。

回答日 2018年01月10日 21:51
この回答がある質問
個人再生

子の引渡しの仮処分申立等が考えられますが、子の年齢が2歳ということと養育実績を考えると、男親側でそれを行っても認められる可能性は低いのが現状の実務です。

回答日 2018年01月06日 02:05

不倫の「加害者」側の場合、本人同士で話し合いをすると、加害者・被害者関係という力関係ができてしまうため、冷静に話し合いをすることができず、加害者側はひたすら謝り、被害者側は、徒に要求をエスカレートさ...

回答日 2018年01月06日 02:00
この回答がある質問
離婚・男女問題

何ヶ月からと決まっているわけではありません。 また、過去の別居時の監護状況も考慮されます。 もちろん、子の年齢や、過去がどの程度過去かによって、それが重視される程度は変わります。

回答日 2017年12月01日 23:18

判決内容が不合理だと弁護士が感じているのだと思います。 もっとも、弁護士にも、様々な人がいますので、これまでその弁護士とつきあった経験からご判断されると良いと思います。

回答日 2017年11月17日 23:37

裁判離婚が認められるような離婚原因があるか否かによりますので、その点を担当弁護士と相談してください。 もし、そのような離婚原因がないのであれば、離婚裁判が棄却されるという見通しのもとで、婚姻費用をも...

回答日 2017年10月19日 23:25
この回答がある質問
養育費

お子さんが誰の実子で誰と養子縁組しているかによって異なります。 養育費算定表をご参考にしてください。

回答日 2017年10月19日 23:09
この回答がある質問
養育費

和解済みで、合意書締結に至っていないというのは、和解の合意はしているものの、和解書の署名押印を双方が完了していないという状況でしょうか? 貸金業者に対してご自身で連絡をし、現在どの段階にあるかを確...

回答日 2017年10月19日 23:07

全件和解が成立しているのであれば、①でご自身で対応すればよいと思います。 弁済代行の必要性が高いとは思いませんし、銀行で定額自動送金の手続をすれば払い忘れは防ぎやすくなります。

回答日 2017年10月19日 23:01
この回答がある質問
任意整理

1 - 30 件を表示/全 157 件

つくば法律事務所へ問い合わせ
電話番号 050-5828-4506

※つくば法律事務所では、ご相談内容に応じて、最適な弁護士が担当します。

メールで問い合わせ
お気に入りに追加
受付時間
受付時間
  • 平日09:00 - 24:00
  • 土日祝09:00 - 24:00
定休日
なし
備考
【電話での受付】
平日9時30分~18時まで
※夜間(20時まで)の法律相談可能(事前予約制)
※事案によって、土日祝日の法律相談可能(事前予約制)
※メールでのお問い合わせは、24時間受付。上記の「メールで問い合わせ」をクリックするか、事務所HPの問合わせフォーム等をご利用下さい。
※土日祝日・電話受付時間外の場合は、上記メール等でご連絡下さい。
対応地域
事務所の対応体制
駐車場あり
完全個室で相談