弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

弁護士を探す

地域
分野

山田 昌典弁護士 やまだ まさのり

山田 昌典弁護士

つくば法律事務所

茨城県つくば市東新井3-4TOSビルⅣ4階
分野を変更する

みんなの法律相談回答一覧

ベストアンサーがついた回答数:実名50 件/匿名:28件

良い書き方とは、相手方配偶者の気持ちを動かすことできる書き方だと思いますが、 相手方配偶者の性格や関係性等が分からないため、お答えするのは難しいです。 むしろ、相手方配偶者の性格や関係性等を一番...

回答日 2018年07月30日 23:13

元妻の収入が0円となった場合は、元妻の支払うべき養育費額が0円となる可能性が高いと思われます。 また、公正証書等で、収入が0円となった場合でも月2万円の養育費を支払うと定めても、無効となる可能性が...

回答日 2018年07月30日 23:11
この回答がある質問
養育費

不貞相手の女性に対する慰謝料請求については、既婚者であることを認識していながら不貞行為に及んだといえる必要があります。 (ただし、そのような認識がなくとも、過失により認識していなかった場合も慰謝料...

回答日 2018年07月26日 22:27
この回答がある質問
不倫慰謝料

円満調停は、証拠や強制で関係修復を図るものではないので、結局は、相手方配偶者の気持ちが最も重要となります。 気持ちを動かすことができなければ、調停不成立となって離婚裁判が起こされるか、長期の別居を...

回答日 2018年07月26日 21:32
この回答がある質問
調停離婚

離婚訴訟を起こした場合、有責配偶者からの離婚請求として認められない可能性があります。 かりに慰謝料を200万円支払ったとしても、有責配偶者からの離婚請求は原則として認められません。 離婚が成立し...

回答日 2018年05月12日 02:27
この回答がある質問
離婚・男女問題

監視目的を達成するために必要な場合は、監視していることを監視対象に伝えなくとも適法となる場合がありますし、1と2については就業規則や社内規程等で監視することについて事前に告知しているとも評価できます...

回答日 2018年04月03日 09:58

①限定承認がよいのか、②全ての相続人が相続放棄をしたうえで不動産に当面居住し、相続財産管理人が選任された際にその不動産を相続財産管理人から購入する方がよいのか、よく検討した方がよいと思います。 仮...

回答日 2018年04月03日 01:38
この回答がある質問
相続

離婚事件では、逆に慰謝料請求してくる方は多くいます。 ただ、その慰謝料請求が認められるか否かは、それを基礎付ける証拠がきちんとそろっているかということにかかっています。 請求されること自体を厭う...

回答日 2018年02月15日 23:31
この回答がある質問
離婚・男女問題

> ●今の家と土地は名義は母になっています。ですが世帯主は父です。 > この場合、母の名義の家と土地が取られる(差し押さえられる)ことはないでしょうか? 原則として差押を受けることは...

回答日 2018年01月17日 00:25

慰謝料を払う意思がないのであれば、慰謝料を払う意思はありませんと答えるほかないと思います。 もちろん、裁判を起こされた場合に、慰謝料を支払義務を認定されることになるかもしれませんが。

回答日 2017年05月25日 23:43
この回答がある質問
不倫

性的意思決定の自由の侵害として慰藉料請求ができる可能性がありますが、一般論としていえば、認められる可能性は大きくなく、また、認められるとしても、金額は少額であることが多いです。 そのため、認知しても...

回答日 2017年02月02日 22:17
この回答がある質問
不倫慰謝料

合意に基づかない別居であっても、婚姻関係破綻を判断する事情となります。 正当な理由なく同居しない場合は、悪意の遺棄に該当する可能性がありますが、 この場合の「正当な理由」は、実務上は解釈の余地が広く...

回答日 2017年01月03日 21:57
この回答がある質問
別居

多いかどうかは分かりません。 直前に提出された書面もきちんと読み込んでいる裁判官もいますし、1週間前に提出された書面さえほとんど目を通していないと思われる裁判官もいます。 気になる場合は、「目を通し...

回答日 2016年09月28日 22:47
この回答がある質問
離婚・男女問題

弁護士を付けたことだけで不利になるということはありません。 もっとも、弁護士は訴訟や審判手続に慣れていることが通常ですから、その弁護士の技術の巧拙によって裁判所の結論が変わる可能性があるという意味で...

回答日 2016年08月09日 19:37

現在係属している裁判所にも管轄がある場合は、仮に、住所についての証明ができたとしても、それで直ちに移送が認められるとは限りません。

回答日 2016年08月09日 19:31
この回答がある質問
面会交流

私も可能性はあると思いますが、フレンドリーペアレントを重視する考え方は、未だ家裁の中で主流になっているとは言い難い現状があります。 (珍しいからニュースの記事にもなるわけです。) 個人的には、今後、...

回答日 2016年06月08日 23:28

通常、ありません。 それは、相手方がきちんと認否をすれば対策できてしまうことだからです。

回答日 2016年06月06日 21:44
この回答がある質問
訴状

離婚訴訟を起こすにあたって必要となる離婚調停は前置したことになると思われますが、別居調停を成立させると、離婚調停を前置したことにならないというのは、どういう意味でしょうか?

回答日 2016年06月05日 17:42
この回答がある質問
別居

原則として、勝手に名義変更をすることはできません。 もっとも、違法行為ですが、署名を偽造したうえで、印鑑証明書を添付し、実印で押印して手続をすることはありえます。 そのため、速やかに印鑑登録について...

回答日 2016年06月05日 15:56
この回答がある質問
不動産・建築

離婚後ですと、離婚裁判を起こすことはできないため、財産分与の調停・審判を起こし、その手続の中で調査嘱託申立をすることになります。 調査嘱託の費用については、負担は大きくありませんので、係属裁判所にご...

回答日 2016年06月05日 15:52
この回答がある質問
離婚・男女問題

正確に反訳できており、正しい体裁で反訳書が作成されているのであれば、構わないと思います。反訳書の作り方については、ご自身でお調べください。

回答日 2016年05月20日 19:00
この回答がある質問
犯罪・刑事事件

2回目以降は通知がなされるのではありません。 債権差押の通知が第三債務者(金融機関等)になされた後、債務者に通知がなされます。 それは、第1回目の債権差押も第2回目の債権差押も同じです。 第2回目の...

回答日 2016年05月14日 01:56

婚姻関係破綻後に異性と肉体関係を持ったとしても、不貞行為として損害賠償責任を負うことはありません。 別居をし、離婚調停申立後であれば、一般的には、婚姻関係破綻は認定されやすいと考えられます。 もっと...

回答日 2016年05月14日 01:51

自らの財団として認めてもらうには、自由財産拡張申立という制度があります。 また、代理人に頼んで、解約返戻金相当額を財団組み入れをして、保険を残してもらうよう破産管財人にお願いしてみるのもよいかもしれ...

回答日 2016年05月14日 01:45
この回答がある質問
自己破産

引渡場所を定めるだけであれば、子の引渡を受けた後にどこに行こうと自由です。 監護親の自宅住所地の最寄駅の改札口や監護親自宅前路上等を引渡場所として指定することが多いです。

回答日 2016年04月15日 22:10

代理人をつけることが相手方にプレッシャーになるというより、具体的にどのような提案をするか、方針を取るかが重要だと思います。 面会交流を求めるのであれば、速やかに面会交流調停申立もしておいた方がよいと...

回答日 2016年04月15日 22:06
この回答がある質問
調停離婚

ご相談者様の今の戸籍から遡っていけば、結婚していたときの本籍地は分かるはずですよ。

回答日 2016年04月05日 23:25
この回答がある質問
養育費

医者が多忙であるため、診断書をなかなか書いてくれないことがあります。 もっとも、あまりに時間がかかるのであれば、厚労省に苦情申告することも検討した方がよいかもしれません。

回答日 2016年04月05日 12:15
この回答がある質問
医療

財産と負債の状況を精査したうえでないと、方針の選択は困難です。 そのため、ご相談者様の状況の場合は、 まずは、債務の任意整理を前提に弁護士に受任をしてもらい、 状況によっては自己破産に方針変更をする...

回答日 2016年04月05日 12:03
この回答がある質問
過払い金

法的構成として、貞操権侵害を理由とした損害賠償請求が考えられますが、 裁判例を見るかぎり、相当悪質なケースでなければ損害賠償請求は認められないケースが多く、認められる場合でも、慰謝料額は低額である傾...

回答日 2016年03月30日 18:37

1 - 30 件を表示/全 50 件

つくば法律事務所へ問い合わせ
電話番号 050-5828-4506

※つくば法律事務所では、ご相談内容に応じて、最適な弁護士が担当します。

メールで問い合わせ
お気に入りに追加
受付時間
受付時間
  • 平日09:00 - 24:00
  • 土日祝09:00 - 24:00
定休日
なし
備考
【電話での受付】
平日9時30分~18時まで
※夜間(20時まで)の法律相談可能(事前予約制)
※事案によって、土日祝日の法律相談可能(事前予約制)
※メールでのお問い合わせは、24時間受付。上記の「メールで問い合わせ」をクリックするか、事務所HPの問合わせフォーム等をご利用下さい。
※土日祝日・電話受付時間外の場合は、上記メール等でご連絡下さい。
対応地域
事務所の対応体制
駐車場あり
完全個室で相談