現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
瀧野 正裕弁護士

( たきの まさひろ ) 瀧野 正裕

丁寧な説明と丁寧な仕事。それが私の務めです。

水戸大町綜合法律事務所

現在営業中 10:00 - 16:00

離婚・男女問題

分野を変更する
【夜間/土日祝相談可】初回法律相談無料です(最大60分)。離婚調停に直面した場合、必ず専門家に相談することをお勧めします。
水戸大町綜合法律事務所
水戸大町綜合法律事務所

離婚・男女問題の詳細分野

原因

  • 不倫・浮気
  • 別居
  • 性格の不一致
  • DV・暴力
  • セックスレス
  • モラハラ
  • 生活費を入れない
  • 借金・浪費
  • 飲酒・アルコール中毒

請求内容

  • 財産分与
  • 養育費
  • 親権
  • 婚姻費用
  • 慰謝料
  • 離婚請求
  • 離婚回避
  • 面会交流

対応体制

  • 全国出張対応
  • 24時間予約受付
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料
  • 分割払いあり

新たな人生を輝かしくするために

離婚するにあたって、または離婚を切り出されたときに悩むポイントは尽きることがありません。離婚には感情トラブルが付きまとうので、なおさらご自身で解決することが困難になってしまいます。たとえば、ご自身で浮気の証拠をつかもうとして、怒りのあまり探偵事務所に依頼したが、法外な料金がかかっただけでロクな証拠写真も取れなかったなどということもあります。

また、内縁関係トラブル・婚約不履行など男女関係トラブルは枚挙にいとまがありません。

しかし、自分だけの判断で、離婚に向かって動き出したり、慰謝料等請求しては、かえって問題を複雑化させたり、不利な条件で離婚せざるを得なくなってしまいます。
離婚をお考えのかた、離婚を切り出されたかた、不倫問題で慰謝料請求されているかた、離婚後にトラブルが降りかかってきたかた、ぜひ当事務所にご相談ください。
※正式にご依頼いただく場合には90分の相談時間をとらせていただきます。また、交渉・調停・裁判にあたっては、きめ細かに「打合せ」をいたします。

ご相談例▼

  • 離婚したいが、有利な条件(慰謝料・財産分与・親権・養育費・年金分割)を引き出したい!
  • 婚姻費用(離婚までの生活費)、養育費の相場を知りたい!
  • 配偶者の親が口やかましく、離婚したい!
  • 調停離婚と裁判離婚の違いを知りたい!
  • 浮気した配偶者や相手を許せないので、両方に慰謝料請求したい!
  • 浮気した相手方だけに慰謝料請求したい!
  • 離婚したいが、配偶者と直接話合いをしたくはない!
  • 離婚のための事前準備を知りたい(証拠の獲得等、気を付けるべきポイント)!
  • 離婚したいが配偶者が応じてくれそうにない!または、配偶者から離婚を切り出されたが離婚したくない!
  • 配偶者が子供を連れて、いつの間にか家からいなくなった!
  • 離婚はするが、親権を絶対にとりたい!
  • 浮気・不倫を疑われて慰謝料請求されているが、支払いたくない!
  • 離婚後に養育費が支払らわれていない!
  • 離婚時に決めた養育費を増額したい!
  • 離婚後、給料が減らされてしまった。養育費を減額したい!
  • 離婚後に新たに再婚して子供が生まれた。新しい家庭に経済的余裕を持たせるために養育費を減額したい!
  • 離婚後の姓がどうなるのか知りたい!
  • 離婚届を勝手に市役所に提出されてしまった!
  • 子供が本当に自分の子供であるか知りたい!
  • 結婚しないまま出産したが、相手方(男性)が認知してくれない!
  • 内縁関係の法律問題を相談したい!
  • etc…

#法律相談にあたって
 実りある法律相談となるよう、必ず事前に時系列(時の流れ)に沿った出来事を箇条書きにしてご持参ください。相談日より前にメール等にて送付していただけると助かります。
 また、離婚にあたっては論点が多岐にわたります。①そもそも離婚できるかどうか(相手方が離婚に応じてくれるか)、②すでに別居状態の場合に相手方に支払う生活費をいかに定めるか(婚姻費用の分担)、③未成年の子がいる場合の親権者をどうするか、④親権者が定められ離婚が成立した場合に他方の親と子の面会はどうするか(面会交流)、⑤子の養育費、⑥財産分与、⑦慰謝料請求、⑧年金分割などなどです。これらのうち、ご自身が何を主張したいか熟慮の上で法律相談に臨んでください(もちろん全部でも結構です)。

◎依頼時のお支払い体制
相談時に、依頼を受けた場合に必要となる費用の総額をお知らせしていますので、ご安心ください。

離婚・男女問題の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 ■初回無料相談です。離婚事案は、多くの事情をお聞きしなければならないため、60分から90分間の相談時間をおとりします(90分はご依頼いただく場合の相談時間です)。
■2回目以降、相談料が発生した場合でも(30分5,500円(税込))、正式にご依頼いただく場合、相談料を着手金から差し引かせていただきますので、ご安心ください。
着手金 ■協議離婚サポート
 着手金22万円
■離婚調停
 33万~55万円(事案の難易度に応じて協議の上、合意させていただきます。婚姻費用分担、面会交流、財産分与、慰謝料請求を同時にする場合でも、増額することはありません。(税込))

 ※依頼者様の実情に合った柔軟な対応をさせていただきます。事案の難易度により弁護士費用は変動します。受任時にはしっかりと費用についてご説明しますので、お気軽にご相談ください。
成功報酬 ■協議離婚サポート
 22万円
■調停離婚
 33~55万円(原則として着手金と同額となります)
 獲得できた養育費2年分の11%(もしくは減額できた金額(差額)の2年分の16.5%)
男女間トラブル等 不倫問題、男女間トラブル、婚約不履行などのご相談も承ります。これらの問題の場合、慰謝料請求をするのが通常です。不貞慰謝料請求の欄をご覧ください。
不貞慰謝料請求・減額のみの場合 ■着手金
・離婚調停とともにする場合は無料です。
・不貞慰謝料請求・減額の場合 請求額の8.8~11%程度(最低着手金は11万円)
■報酬金
 獲得額・減額分の13.2~17.6%
(着手金については柔軟に対応させていただきますので、お気軽にご相談ください)
 
■着手金なしプラン(但し、証拠がそろっており、かつ、相手方に支払い能力がある場合に限ります)。
■着手金なしの場合は、成功報酬として獲得金額の30パーセントとなります。
財産分与請求のみの場合 ■着手金
・離婚調停と同時にする場合は無料です。
・財産分与請求のみをする場合は、22万円~33万円(証拠・相手方の資力に応じます。詳しくは法律相談時にご説明します。)
■成功報酬
 獲得額の13.2%~17.6%
親権者の変更・面会交流のみの場合 ■着手金
 22万から55万円(事件の難易度によります。詳しくは法律相談時にご説明します。)
■成功報酬
 22万円から55万円(着手金と同額)
DV保護命令 ■着手金
 11万円から33万円(事案の難易度によります。詳しくは法律相談時にご説明します。)
■報酬金 無料
養育費増額・減額 ■着手金
 22万円から33万円(事案の難易度によります。詳しくは法律相談時にご説明します。)
■報酬金
 着手金と同額
その他 内縁関係問題、親子関係問題、親族問題、認知、離婚訴訟、離婚無効確認訴訟等にも対応いたしますので、ご気軽にご相談ください。
着手金・報酬金全般 離婚・夫婦問題・男女間トラブルは千差万別ですので、着手金・報酬金については柔軟に対応させていただきます。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

離婚・男女問題の解決事例(9件)

分野を変更する

離婚・男女問題の解決事例 1

事例1・離婚(親権・面会交流・財産分与が争点となった事案)

  • 財産分与
  • 親権
  • 離婚請求
  • 面会交流

相談前

相手方(夫)は当初、離婚を拒んでいましたので、離婚調停を依頼者様に提案しました。また、調停を始めるにあたり必要となる証拠の採取方法をアドバイスしました。

相談後

調停で、相手方(夫)は、子供の親権をとるか、親権が取れなければ相手方と相手方との頻繁な面会を要求してきました。
また、財産分与の対象となる夫婦でためた預貯金(相手方名義)の預貯金の全額の財産分与と、子供名義の預貯金(お年玉やおこずかいをためたもの)の220万円全額の取得を要求し、調停が紛糾し8か月近くかかってしまいました。

瀧野 正裕弁護士からのコメント

瀧野 正裕弁護士

相手は離婚するにあたって全面的に自分な有利な条件を持ち出し、これに応じなければ「離婚しない」と言い出しました。
しかし、調停を通じて、相手方(夫)が世間体を気にする様子であったので、こちらは調停で離婚しなければ訴訟を提起することをほのめかしました。
その結果、相手方は素直に離婚に応じ、親権は依頼者(女性)がとり、過度な面会交流の要求も取り下げさせました。
また、財産分与については、相手方名義の預貯金についてはほぼ半額の105万円を獲得でき、子供の預貯金100万円も全額まもることができました。
少々時間がかかってしまいましたが、依頼者様にご満足いただける結果を獲得でき、私自身もうれしいです。
離婚調停をする直前に、依頼者様は相手方の家を出たのですが、そのときの証拠採取のアドバイスも役に立ち、相手方のみならず調停委員の先生への説得材料となりました。

離婚・男女問題の解決事例 2

事例2・離婚(財産分与・慰謝料が争点となった事案)

  • 不倫・浮気
  • 財産分与
  • 慰謝料

相談前

夫の浮気現場の写真を見つけてしまい、離婚の決意を固められてご来所なさいました。「相手と直接に話すのがイヤなので、協議離婚の交渉をしてほしい。慰謝料も十分に獲得してほしい。」とのご依頼でした。

相談後

1度交渉しましたが、相手方が浮気の事実を認めませんでした。そこで、調停に切り替え、調停の場で証拠写真を提出したところ200万円の慰謝料請求に応じました。そして、調停の場において、さらなる交渉し慰謝料を30万円増額し合計で230万円の慰謝料を獲得しました。
また、財産分与についても、しっかりとした交渉をして、妻(依頼者名義)の預貯金200万円全額を獲得し、相手方にはまったく分与しませんでした。
もちろん離婚自体も成立です。

瀧野 正裕弁護士からのコメント

瀧野 正裕弁護士

依頼者様に満足していただける結果を獲得できました。まれなケースですが、依頼者様のお役に立ててよかったです。
調停の場においては、相手(夫)を責めるような主張は全くせずに、「依頼者様(妻)の心情や今後の人生のことを察してください。」と主張しました。
より良い結果を得るためには、責めてはいけないものだと改めて感じました。

離婚・男女問題の解決事例 3

事例3・離婚(年金分割が争点となった事案)

  • 財産分与
  • 離婚請求

相談前

離婚したいと思い、2回調停申立したが、相手方が出席せず調停離婚できなかった。何とか離婚したいとご来所。

相談後

裁判離婚をすべく、年金分割とともに訴えを提起しました。訴状が相手方(夫)に送達されると、相手方から署名・押印された離婚届が送られてきて協議離婚が成立しました。
その後、年金分割についてのみ判決が下され、50%の年金分割となりました。

瀧野 正裕弁護士からのコメント

瀧野 正裕弁護士

訴訟提起から約6か月での解決となりました。依頼者様にご満足いただけて幸いです。

離婚・男女問題の解決事例 4

事例4・離婚(婚姻費用・財産分与が争点となった事案)

  • 財産分与
  • 別居
  • 婚姻費用

相談前

妻から離婚調停を申立てられた依頼者様が、「私自身も離婚したい。」
「しかし、妻が婚姻費用(離婚までの生活費)を月額8万円の請求をしてきている。」「しかも、離婚してほしければ全財産を分与しろなどと言ってきている。」
「なんとか力になってほしい。」とご来所なされました。

相談後

依頼者様と綿密に打合せをし、調停の場では、ひたすら防御の姿勢に回り相手方の主張を十分に聞いたうえで、当職は、婚姻費用分担における原則論および財産分与における原則論を展開しました。
その結果、婚姻費用については、1月分1万円の支払いで合意することができました。
また、財産分与については「住宅ローン等マイナス財産があるので分与すべき財産はない。」と強く主張しました。
すると相手方は離婚をあきらめ、調停の取り下げをしました。

瀧野 正裕弁護士からのコメント

瀧野 正裕弁護士

離婚はできませんでしたが、婚姻費用を最低限に抑え、また依頼者様の財産を守ることができました。
実のある結果を獲得するには、依頼者様としっかり打合せし時間をかけることも必要なのです。

離婚・男女問題の解決事例 5

事例5・不貞慰謝料請求事案(200万円獲得)

  • 不倫・浮気
  • 慰謝料

相談前

「妻が浮気をしている現場を押さえた。相手方の携帯電話番号も押さえた。」「慰謝料請求したい。」とご来所されました。

相談後

相手方に当事務所に来てもらい面談・交渉し200万円の慰謝料請求に成功しました。

瀧野 正裕弁護士からのコメント

瀧野 正裕弁護士

依頼者様が証拠等を確保しておいてくれたのが大きなカギでした。
相手方も既婚者であり、しっかりした職業を持ち・社会的地位もある方だったので、3回ほどの交渉で200万円を獲得できました。

離婚・男女問題の解決事例 6

事例6・慰謝料減額事案(280万円減額)

  • 不倫・浮気
  • 慰謝料
依頼主 男性

相談前

「結婚している女性と6か月間交際したところ、その夫(相手方)に事実をつかまれ、日曜日に呼び出されて、慰謝料400万円を請求された。相手は暴力的かつ激怒している、なんとか助けてほしい。」と日曜日にご来所なされました。

相談後

相手方と根気強く交渉し、請求された400万円の慰謝料を120万円まで減額することができました。

瀧野 正裕弁護士からのコメント

瀧野 正裕弁護士

相手方を深く傷つけてしまったので、相手方のご主張を十分に尊重したところ、120万円の支払いでご納得いただくことができました。

離婚・男女問題の解決事例 7

事例7・不貞慰謝料減額事案(250万円減額)

  • 不倫・浮気
  • 慰謝料

相談前

「妻子ある男性と密会するたびにラインで連絡を取り合っており、約1年間不倫関係にありました。ラインの存在・内容が不倫相手の妻(相手方)に知られてしまい、300万円の請求を受けています。不倫相手だって悪いのに、どうして私にだけ300万円も請求が来るのでしょうか。不安で不安でたまりません。」とご来所されました。

相談後

こちらが相手方の請求を拒否したところ、相手方は弁護士を依頼して訴訟を提起してきました。
こちらは、訴訟の場で、不倫相手の男性の責任の重さ等を強く主張しました。また、相手方の提案や裁判官からの和解に向けての提案に対し異議を唱え続けました。
その結果、請求額を50万円まで引き下げることができました。

瀧野 正裕弁護士からのコメント

瀧野 正裕弁護士

持久戦に持ち込んだことにより、解決まで8か月間かかりましたが、依頼者様に大きな経済的負担をかけずに済んだので、安堵しました。

離婚・男女問題の解決事例 8

事案8・不貞慰謝料減額の事案(100万円を0円に減額)

  • 慰謝料
依頼主 40代 女性

相談前

「妻(奥様)に浮気を疑われ、家を追い出されてしまった。おまけに、家に帰ってきたければ100万円の慰謝料を払えといわれている。職場にも不倫の事実をバラしてやる。」とすごまれている。「なんとか解決してほしい。」とご来所されました。

相談後

奥様に何回も電話し、丁寧に事実を説明し、ご納得いただき、依頼者様は慰謝料請求もされず、家に帰ることができました。もちろん、職場に通報されることもありませんでした。
奥様にはご心労をおかけしましたが、無事に解決できてよかったです。

瀧野 正裕弁護士からのコメント

瀧野 正裕弁護士

3ヶ月かかりましたが、依頼者様のお役にたててよかったです。

離婚・男女問題の解決事例 9

事例9・不貞慰謝料請求阻止(そもそも請求自体を防いだ事案)

相談前

「悪ふざけをして既婚女性とメールで性的な内容を含んだ文章のやり取りをして遊んでいたところ、その夫(相手方)に知られ、激怒されて夜中に呼び出しを受けた。生きた心地がしない。自分も既婚者で妻もいる。家族にこのことを知られたくない。」とご来所されました。

相談後

まずは依頼者のかたに、直筆で謝罪文を書き、性的関係はなかったこと、既婚者の女性に悪ふざけのメールを送り、ご主人(相手方)ばかりかご家族全員を傷つけてしまったことを謝罪する手紙を書いてもらいました。
そして、日曜日に相手の方に当事務所にお越しいただき、当職(弁護士)
が依頼者本人に成り代わり、誠心誠意謝罪し、前述のお手紙をお渡ししました。
相手のかたは、「しばらく考える時間をください」とおっしゃり、帰られました。
そして、数日後、当職(弁護士)の説明・謝罪内容と本人の謝罪文を信じるとおっしゃって許してくださり、和解書の作成に応じてくださいました。

瀧野 正裕弁護士からのコメント

瀧野 正裕弁護士

「緊急案件だが受任していただきたい」とおっしゃり、本人のご説明に正直さ・誠実さ感じたので、受任いたしました。受任後10日で終了することができました。極めて稀なケースです。
トラブルの早期解決には、正直さ・誠実さが必要であると改めて感じさせらた事案でした。
それに加え、相手のかたが人格者であったことも、この案件の救いでした。

遺産相続

分野を変更する
【初回相談90分無料】【夜間/土日祝日相談可】複雑かつ精神的な負担の多い相続問題も、豊富な経験を持つ弁護士が依頼者様の利益を守るために尽力致します。
水戸大町綜合法律事務所
水戸大町綜合法律事務所

遺産相続の詳細分野

請求内容

  • 遺言
  • 相続放棄
  • 相続人調査
  • 遺産分割
  • 遺留分侵害額請求(遺留分減殺請求)
  • 相続登記・名義変更
  • 成年後見
  • 財産目録・調査

対応体制

  • 全国出張対応
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 初回相談無料
  • 分割払いあり
  • 後払いあり
  • 着手金無料あり
  • 完全成功報酬あり

相続に関する問題はお任せください!

相続の問題が発生した際に、当事者のみで解決を図ろうとすると収拾がつかなくなり親族間での対立が長引いてしまう恐れがございます。当事者の皆様にはより幸せな「相続」をして頂けるようご提案・尽力して参りますので、遺産相続に関するお悩みを少しでもお持ちの方はまずは当法律事務所にご相談ください。以下のご相談事例、その他の問題にも対応いたします!

相続対策編

  • 将来の「相続税対策」をしたい!→相続税法の仕組みをお伝えします。また、信頼できる税理士を紹介します。
  • 子供たちに争いが生じないように「遺言」を残したい!→遺言の書き方をお伝えします。さまざまな種類の遺言がありますが、それぞれのメリット・デメリットをお伝えします!
  • 経営している会社を譲渡して、「預貯金」を子供たちに残してあげたい!→「事業承継」のノウハウをお伝えします!
  • 不動産を所有しているが、誰に相続させようか?→人口減社会で、大都市などを除き今後不動産価格が上がることは見込めません。宅地・事業地として活用予定がないのであれば、早めに売却して「預貯金」としてお子様たちに相続させてあげることをお勧めします。でないと、将来お子様たちが「固定資産税」の負担をするだけで、いわゆる「空家問題」を抱え込んでしまう危険性もあります!
  • 民法の相続法分野が改正されたらしいが詳しい内容を知りたい→お任せください!得意分野です!
  • 将来、相続でもめるのがイヤなので親に遺言書を書いて欲しいが、なかなか書いてくれない!→弁護士が相続対策の重要性について説得します。

相続発生編

相続人の確定

  • 相続が発生したが、連絡の取れない相続人がいる!行方不明だ!これでは遺産分割ができない!
  • 戸籍の取り方は!

相続財産の確定・遺言

  • 故人の遺産(預貯金等)がわからない!
  • 遺産に不動産があるが、どの手度の価値があるかわからない!
  • 遺言があるが、この場合の相続手続がわからない!
  • 遺言書が出てきたが、偽造されたものだと思う!
  • 遺言書があったはずだが、誰かが捨てたり隠してしまった!
  • 遺言書が出てきたが私の相続分はゼロと書いてあった!

遺産分割

  • 相続人全員で法定相続分どおりに分割したいが揉めそうだ!
  • 相続人の1人が故人の預貯金を持ち逃げした!取り戻したい!
  • 私は、故人(被相続人)の事業に貢献したり、療養看護してきた!寄与分を主張して、法定相続分より多く相続したい!
  • 私以外の相続人は、故人(被相続人)から生前贈与等(特別受益)を受けてきた!このことを主張して私の相続分を増やしたい!
  • 他の相続人が寄与分や特別受益の主張をして、私の相続分を減らそうとしている!法定相続分を確保したい!

相続放棄編

  • 故人(被相続人)が借金だけを残して逝った!相続放棄したい!
  • 相続放棄3ヶ月の期間が経過してしまった!その後ヤミ金から請求が来てしまった。これから何とか相続放棄したい!

費用について

◎初回相談90分無料
弁護士ドットコムを見てご相談にいらしていただいた場合、法律相談料初回90分は無料となります。
お気軽にご相談ください。

◎依頼時のお支払い体制
相談時に、依頼を受けた場合に必要となる費用の総額をお知らせしています。また、お支払いは分割払いも可能ですので、費用が心配な方も安心してご依頼いただけます。
また、依頼者様のご事情によっては、完全成功報酬制をとることも可能です。

遺産相続の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 ■初回1時間、無料相談です。2回目以降30分ごと5,500円(税込)の有料相談となります。
■正式にご依頼いただく場合、いただきました相談料を着手金に組み込ませていただきますので、ご安心ください。
遺産分割交渉・調停・審判の着手金 事件の経済的利益の額が
・300万円以下の場合
 経済的利益の8%(税抜き)
300万円を超え3000万円以下の場合
 経済的利益の5%+9万円(税抜き)
・3000万円を超え3億円以下の場合
 経済的利益の3%+75万円(税抜き)
・3億円を超える場合
 2%+405万円(税抜き)
※遺産分割・遺留分減殺請求につき、完全成功報酬制を採用しております。お気軽にお尋ねください。
※その他、具体的事情により完全成功報酬制を採用する場合もございます。
遺産分割交渉・調停・審判の成功報酬 事件の経済的利益の額が
・300万円以下の場合
 経済的利益の16%(税抜き)
・300万円を超え3000万円以下の場合
 経済的利益の10%+19万円(税抜き)
・3000万円を超え3億円以下の場合
 経済的利益の6%+150万円(税抜き)
・3億円を超える場合
 経済的利益の4.4%+811.8万円
遺言書作成 ■自筆遺言作成
 5万円~10万円(税抜き)
■公正証書遺言作成
 遺産の額により20万円~60万円の範囲内(税抜き)
■秘密証書遺言
 遺産の額により20万円~60万円の範囲内(税抜き)
■成年被後見者の遺言
 遺産の額により20万円~60万円の範囲内(税抜き)
※遺言執行人にご指定いただく場合、上記料金の半額にて遺言書作成をいたします。
遺言執行 ■300万円以下の場合―30万円(税抜き)
■300万円を超え3000万円以下の場合ー2%+26万円(税抜き)
■3000万円を超え3億円以下の場合ー1%+59万円(税抜き)
相続財産の調査 ■調査の範囲に応じて、10万円~20万円
(遺産分割協議の調停等をご依頼いただく場合、半額にさせていただきます)
不在者財産管理人の選任 相続人が行方不明で遺産分割協議ができない場合の手続きです。
■30万円~35万円の範囲
遺留分減殺請求 遺言があり、他の相続人へ相続財産がわたってしまった場合に、その相続人に対して一定の金額を請求することができます。
■着手金:相手方に請求する額に応じ、5%~8%の範囲内(税抜き)
■報酬金:獲得できた金額の10%~16%の範囲内(税抜き)

◆遺留分減殺請求をされている相続人の方にも対応いたしますので、気軽にご相談ください。
不当利得返還請求訴訟 ■相続人の1人が相続財産を持ち逃げした場合の解決方法です。
■着手金・報酬金とも、遺産分割交渉・調停・審判に準じます。
通常の相続放棄 ■手続費用:1人5万円(放棄後の債権者対応も含んだ費用です)(税抜き)
■報酬金:0円
3ヶ月過ぎての相続放棄で債権者対応が必要な場合 ■手続費用:1人8万円(債権者対応も含んだ費用です。被相続人の方がヤミ金融から借り入れをしていて、相続人だけでは対応できない場合をイメージしてください。
但し、既に債権者が訴訟を提起してきた場合には訴訟対応費用も生じます。この場合、手続き費用の8万円は訴訟費用に組み込みますので、ご安心ください)
■報酬金:0円
※いわゆるヤミ金・マチ金から故人(被相続人)が残した借金の法外な請求が来ても、自己破産せず、かつ自己破産よりはるかにリーズナブルな費用で借金を免れることができます。
相続放棄期間の伸長申立 ■相続財産がプラスになるのかマイナスになるのか調査するために裁判所に相続放棄期間を延ばしてもらうための手続きです。
■手続費用:5万円(税抜き)
民事信託・家族信託 主に相続対策に使われる手続きで、遺言作成と信託制度を併用することによってご自身の死後の相続手続が安心して進められます。
この手続きは、書面の作成のみなのでリーゾナブルです。
費用は、相続財産・相続人の数に応じます。
詳しくは、ご相談時にお尋ねください。
債務不存在確認確認訴訟 ■他の相続人から、遺産分割協議を持ち掛けれらているが、その相続人は被相続人(亡くなった方)から多額の生前贈与等を受け、遺留分すらない場合に、遺産分割協議に応じなくてもよい場合をイメージしてください。
 その場合に、相手方からの遺産分割協議・遺留分減殺請求を封じるための手続きです。
■費用につきまして、法律相談時にお持ちいただいた証拠を精査し、相手方(他の相続人)の具体的相続分もしくは遺留分を計算したうえで、ご説明いたします(具体的には訴訟費用と同じです)。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

遺産相続

特徴をみる

不動産・建築

分野を変更する
【夜間/土日祝日相談可】【初回相談60分無料】建築/売買/賃貸/近隣のトラブルはお任せください。請負人様/注文主様/オーナー様/借主様、いずれも対応可能です。
水戸大町綜合法律事務所
水戸大町綜合法律事務所

不動産・建築の詳細分野

賃貸トラブル

  • 賃料・家賃交渉
  • 建物明け渡し・立ち退き
  • 借地権

売買トラブル

  • 欠陥住宅
  • 任意売却

近隣トラブル

  • 騒音・振動
  • 土地の境界線

対応体制

  • 全国出張対応
  • 24時間予約受付
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料

不動産・建築問題はお任せください!

不動産・建築問題は、手続・処理を一つ誤れば、その分大きな損失が出かねません。不動産・建築問題は長く培ってきた経験がものをいいますので、ノウハウと解決実績がある当法律事務所に安心してお任せください。
※証拠を十分に検討したうえ、正式にご依頼いただきますので、ご了承ください。

このようなお悩みはございませんか?

下記ような不動産・建築トラブルに遭われている方は、お気軽にご相談ください。有利な証拠が散逸してしまう前に早めに行動するのがベストです。
また、不動産問題は弁護士費用が高額になりがちですが、リーズナブルなプランを提案させていただきます。具体的には、費用のご負担の少ない交渉(着手金:15万円~20万円)から受任させていただきます。

不動産売買をなさったかたへ▼

  • 宅地用に土地を買ったが、ごみが出てきた!不動産会社にクレームを言っても相手にしてくれない!契約を解除して代金の返還を受けたい!
  • 住宅を買ったが、思わぬ部分が壊れていて住めない!
  • 投資用マンションを購入したが、ローンがきつくて払えない!
  • 投資用マンションの契約をしてしまったが、解約したい(クーリングオフ)!

賃貸物件(マンション・アパート等)オーナー様へ▼

  • 賃借人が家賃を支払わず取立てをしたい!これ以上賃料不払いが続くのであれば退去させたい!
  • 賃借人が、賃貸物件をひどく汚してしまっている(ペット等)!

賃貸物件の借主様へ▼

  • 賃貸人からしつこく退去を求められている!
  • 借地上の建物を取り壊せと賃貸人から要求されている!解体費用が300万円もかかり、こんな費用を捻出できない!

これから不動産売買をしようとお考えのかたへ▼

  • 買おうとしている物件に問題がないか不安である!

建築トラブルに遭われているかたへ(請負人)▼

  • 工事を完成させたのに、注文主が代金を支払ってくれない!
  • しっかり工事を完成させたのに、注文主がクレームをつけてきて困っている!
  • 法律を守って工事をしているが近隣住人から「うるさい」と不当なクレームをつけられている!
  • 工事をしているが、反社会的勢力(暴力団)から因縁をつけられ「誠意をみせろ」などと金銭を要求されている!

##建築トラブルに遭われているかたへ(注文主)▼
‐請負人が期限内に工事を完成してくれない!
‐工事は完成したけれど、注文通り(設計通り)に出来上がっていない!
‐契約書にはない追加料金を請求されている!
当事務所は茨城県建設センターに所在し、茨城県内の多くの建設会社様との交流があることから、利益相反となることを避けるべく注文主様からのご相談をお断りする場合 
 がございますのでご了承ください。

太陽光発電事業に着手したかたへ▼

  • 工事費を渡したのに、まったくソーラーパネル等の設置をしてくれない!
  • 追加料金を請求されて困っている!

近隣トラブルに遭われているかたへ▼

  • 建物・境界のことで近隣の人からクレームをつけられている!

費用について

◎初回相談60分無料
弁護士ドットコムを見てご相談にいらしていただいた場合、法律相談料は無料となります。
お気軽にご相談ください。

◎依頼時のお支払い体制
相談時に、依頼を受けた場合に必要となる費用の総額をお知らせしていますので、ご安心してご依頼いただけ。

不動産・建築の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
法律相談料 ■初回60分まで無料相談です。
■2回目のご相談以降、相談料が発生した場合(30分5,500円(税込))でも、正式にご依頼いただく場合、いただきました相談料は、着手金から差し引かせていただきますので、ご安心ください。
不動産売買契約を解除し、代金の返還を求める場合の着手金 事件の経済的利益の額が
・300万円以下の場合
 経済的利益の8.8%
・300万円を超え3,000万円以下の場合
 経済的利益の5.5%+9.9万円
・3,000万円を超え3億円以下の場合
 経済的利益の3.3%+75.9万円
・3億円を超える場合
 経済的利益の2.2%+405.9万円

※着手金をご準備できない方には、上記基準にかかわらず柔軟に対応させていただきますので、お気軽にお申し付けください。
不動産売買契約を解除し代金返還を求めた場合の成功報酬 事件の経済的利益の額が
・300万円以下の場合
 経済的利益の17.6%
・300万円を超え3,000万円以下の場合
 経済的利益の11%+19.8万円
・3,000万円を超え3億円以下の場合
 経済的利益の6.6%+151.8万円
・3億円を超える場合
 経済的利益の4.4%+811.8万円
建物(戸建て・マンション・アパート)明渡請求訴訟の着手金 22万円~27.5万円
※アパート・マンション等の物件の状態によっては、上記の金額より下げることができますので、お気軽にお申し付けください。
※複数の部屋(マンション・アパート)明渡請求をご依頼いただく場合には上記金額の合計額より大きく割引いたしますので、お気軽にお申し付けください。
建物(戸建て・マンション・アパート)明渡請求訴訟の成功報酬 44万円~55万円
賃借人がのかたが明渡請求を拒否する場合 着手金・成功報酬とも明渡請求訴訟に準じます。
もちろん、着手金については柔軟に対応します。
建物買取請求権の行使 借地人のかたが借地上の建物を地主のかたに買い取ってもらう制度です。
■着手金:11万円~33万円
■報酬金:11万円~33万円
※その他、建物解体費用もしくは建物の固定資産評価額を参考に協議の上、着手金・報酬とも柔軟に決めさせていただきますので、お気軽にお申し付けください。
建築関係 ■着手金:修理費用もしくは建物の固定資産評価額を参考に3.3%~8.8%とします。
■報酬金:修理費用もしくは建物の固定資産評価額を参考に6.6%~17.6%とします。
クレーマー対応 ■着手金:22万円
■報酬金:22万円
太陽光発電トラブル 着手金・報酬金とも冒頭の代金返還請求に準じて決めさせていただきます。
近隣トラブル 近隣トラブル等についても、クレーマー対応に準じてお引き受けいたします。
境界確定訴訟 ■着手金:33万円~66万円
■報酬金:33万円~66万円
交渉その他費用全般 上記すべての案件つき、依頼者様のご負担の少ない交渉(着手金:16.5万円~22万円)から受任いたします。
なお、上記の着手金・報酬金ともすべて税込となっております。
不動産売買契約書チェック 不動産価格の1.1%~2.2%
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

不動産・建築の解決事例(5件)

分野を変更する

不動産・建築の解決事例 1

200万円の貸金債権を固定資産評価額750万円の土地で代物弁済を受けることにより回収

依頼主 40代

相談前

「知人に200万円ほど貸したが、現在では、その知人は生活保護を受けているほどの経済状態である。その知人は某駅前の1等地に持分4分の3の共有地を有しているが、これを売却させて債権回収できないものか」と法律相談にご来所されました。

相談後

共有地をその持分のみを売却しても、単独所有の土地を売却する場合と異なり売買価格が大幅に安くなってしまいます。まずは、土地を代物弁済(謝金等を現金で返済する代わりに動産・不動産・債権等を譲渡して弁済に充てる方法)してもらい、他の4分の1の共有者とともに土地全体を売却するのがベストな方法です、とアドバイス差し上げました。
後日、代物弁済契約書を作成し、司法書士もご紹介して登記も済ませました。

瀧野 正裕弁護士からのコメント

瀧野 正裕弁護士

債権回収は、債務者の資力・職業・収入・不動産保有の有無に大きく左右されます。
この事案では、200万円の債権を現金で回収する代わりに750万円の不動産を手に入れたことになり、債権回収として大成功と言える事案です。
そして、他の共有者との方の了解のもと共有物売却の手続きに入りました(なお、この案件は後任の弁護士が担当することとなりました。)。

不動産・建築の解決事例 2

不動産(土地)の買主様の案件

相談前

休日の夕方に、若いご夫婦が幼いお子様を連れてご相談に来られました。
「家を建てるべく不動産を3000万円近い代金を支払って買ったが、土地の中に土管が埋設されており、他の土地から流れてくる落ち葉等が詰まってしまい、その土地は『たびたび土管のメンテンナンスが必要だ』と近隣の住人の方から話を聞かされたとのこと。そこで、土地の売り主である不動産会社には売買代金の残代金をしないでおいたところ、不動産会社の代理人弁護士から代金支払請求の内容証明が届き、とても不安であるとともに何らの説明もしなかった不動産会社への不信感が募るばかりだ。土管のメンテンナンスにたびたび自宅土地に立ち入れられたら、平穏に生活できない。」とのご相談内容でした。また、契約書にも意味不明な点が数か所あり、よくよく読んでみると、その土管を撤去できないとの内容に読めるとのことでした。

相談後

この事案を受任し、相手方不動産会社の代理人弁護士の先生と交渉に入りました。
こちらは、依頼者様のご主張に沿った問題を丁寧に法律構成し、話し合いをしました。
具体的には、「①土管を撤去してくれなければ、契約を解除し既払いの売買代金を返還してほしい。②契約書の意味不明な点も書き換えてほしい。③このトラブルで相当な精神的ダメージを被ったのだから残代金100万円ほどは免除してほしい。」と争点を上げました。
そして、この要求が通らなければ、契約を解除し訴訟にするとも主張しました。
そうしたところ、相手方不動産会社は、ほぼほぼこちら側の要求を受け入れてくれ、2か月ばかりでスピード解決に至りました。

瀧野 正裕弁護士からのコメント

瀧野 正裕弁護士

相手方代理人弁護士の先生が懇切丁寧な対応をしてくれたのも、この結果の一因だと感じました。稀に見るケースです。
本件では、依頼者の方も相手方不動産会社も感情的になっており当事者どおしでは話し合いにならなかったと思います。
交渉ごととは、相手方の立場も踏まえての話し合いです。怒りにまかせてテーブルをドンドンと叩きながらの交渉などありえません。そして、訴訟ともなれば双方ともにストレスフルな日々を過ごさねばならないことから、そのような事態はできる限り避けるべき事案でした。
実は、この交渉結果は、依頼者様の利益が満たされただけではなく相手方不動産会社の利益も守る結果だったのです。
なお、最後に付言しますが、このような結果はまれにみるものです。弁護士という職業は、パーフェクトな結果を依頼人に約束できないのです。

不動産・建築の解決事例 3

建物明渡と未払い賃料請求訴訟

  • 建物明け渡し・立ち退き

相談前

あるご夫婦が相談に来所されました。「私の親の代から、懇意にしている方(Aさん)から土地を借り、その借地上に家を建ててYさんに30年前から貸していた。ところが、そのYさんからの賃料支払いが15年も前から滞ってしまい、催促ために訪問しても居留守をつかわれてしまう。その家も老朽化しているから取り壊してAさんに返還したい。もう未払い賃料はいらない。ただAさんにだけは迷惑をかけたくない。」とのことでした。
未払い賃料を計算してみたところ、時効消滅した分も含めて800万円近くありました。

相談後

この事案を受任後、直ちにYさんに内容証明郵便を送付し「建物を明渡すことと、未払い賃料を支払うこと」を要求しました。しかし、Yさんからは何の返答もありません。
そこで、建物明渡及び賃料支払請求訴訟を提起することとしました。依頼者の方は「未払い賃料はいらない。」と仰っていたのですが、「せめて時効にかかっていない200万円くらいは請求してもいいのではないですか。建物取壊し費用の足しにはなりますよ。」と説明し、ご納得の上での訴訟提起でした(賃料請求については、私からの提案だったのでその分については着手金・報酬金をいただいておりません)。
そして、訴訟当日、Yさんは裁判所に足を運んで下さり「①建物を2か月後に明渡すこと、②200万円については毎月3万円ずつ分割で支払う。」との和解が成立しました。

瀧野 正裕弁護士からのコメント

瀧野 正裕弁護士

15年も賃料未払であったことから、賃貸借契約を解除し建物明渡を請求することは容易な事案でした。また、Yさんにはこれといった資産もなかったことから200万円の未払い賃料を毎月3万円づつ支払うとの和解内容は妥当であったと思います。
ちなみに、建物が明渡されたのちの解体工事は、私の高校時代の友人が経営する工務店に依頼しました。

不動産・建築の解決事例 4

太陽光発電に関するトラブル

相談前

太陽光発電事業をしようと、某社(Y社)に工事等の依頼をしたが、「次々と契約書にはなかった追加料金を請求されて困っている」とのご相談内容でした。

相談後

Y社と交渉し、契約内容を明確化することを要求しました。また、太陽光発電事業監督官庁にも電話しY社を指導するように要求しました。

瀧野 正裕弁護士からのコメント

瀧野 正裕弁護士

その後、以前のようなトラブルは収まり、依頼者様は無事に太陽光発電事業を開始なされたとのことです。

不動産・建築の解決事例 5

建物明渡(借主)の事案

  • 建物明け渡し・立ち退き

相談前

「貸主の方から立退きを迫られ困っている。」との建物の借主様(依頼者様)からのご相談でした。
よく事情をきいたところ、「言葉のかけ違いで、大家さん(貸主)が怒り出してしまった。私には非がない。」とのご主張でした。

相談後

貸主の方と交渉しましたが、「建物を明け渡してくれ。」とのご主張を曲げることはありませんでした。
その後、貸主の方は代理人弁護士をつけて民事調停を申立てられました。依頼者様は裁判所から通知がきたことに驚いてしまい、「まるで犯罪者扱いされているみたいだ。」と嘆いておられました。
建物は老朽化し、依頼者様は他に居住用の建物を所有していらしたことから、納得いかないご様子でしたが、貸主の方の主張に従って建物を明け渡すこととなりました。
当職は、依頼者様に「調停を成立させずに、相手方(貸主)の訴訟提起を待ち、訴訟上の和解をすることもできる。」とアドバイスをしました。

瀧野 正裕弁護士からのコメント

瀧野 正裕弁護士

結局、貸主の方の主張通りに建物を明渡すこととなりました。
実質的に「負け」の結果ではありましたが、依頼者様が裁判にかかわるとストレスが溜まりそうなご様子だったので、その意思に従いました。
弁護士は、依頼者様の利益を最大限図らなければならないのですが、その「利益」とは経済的な利益ばかりではなく、精神的なものも含まれます。
個人的には少し残念ではありましたが、依頼者様が1年以上にわたるストレスから解放されて結果的には良かったのではないかと思います。

所属事務所情報

地図を印刷する
所属事務所
水戸大町綜合法律事務所
所在地
〒310-0062
茨城県 水戸市大町3-1-22 茨城県建設センター4階
最寄り駅
水戸駅
受付時間
  • 平日09:00 - 17:30
  • 土日祝10:00 - 16:00
定休日
なし
備考
受付時間外には、メールにてお問い合わせください。翌日にご連絡差し上げます。

ご連絡をいただきましたら、メールでのご返信か、事務所電話029-303-5044か末尾0803の携帯番号からご連絡差し上げます。
対応地域

北海道・東北

  • 福島

関東

  • 東京
  • 千葉
  • 茨城
  • 群馬
  • 栃木

電話で問い合わせ
050-5816-8997

メールで問い合わせ

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

現在営業中 10:00 - 16:00

水戸大町綜合法律事務所へ問い合わせ

電話番号 050-5816-8997

※水戸大町綜合法律事務所では、ご相談内容に応じて、最適な弁護士が担当します。

メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日09:00 - 17:30
  • 土日祝10:00 - 16:00
定休日
なし
備考
受付時間外には、メールにてお問い合わせください。翌日にご連絡差し上げます。

ご連絡をいただきましたら、メールでのご返信か、事務所電話029-303-5044か末尾0803の携帯番号からご連絡差し上げます。