現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
鈴木 寛之弁護士

( すずき ひろゆき ) 鈴木 寛之

弁護士法人はるか茨城支部茨城水戸法律事務所

交通事故

分野を変更する
[弁護士費用特約利用可][初回相談30分無料]水戸市周辺にお住まいで、交通事故案件にお悩みの方は、当事務所にお任せください。迅速な対応で早期解決を目指します。

交通事故の詳細分野

事件内容

  • 死亡事故
  • 物損事故
  • 人身事故

争点

  • 後遺障害等級認定
  • 過失割合
  • 慰謝料・損害賠償

対応体制

  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 初回相談無料
  • 分割払いあり

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
▼当事務所が選ばれる理由
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
①水戸駅徒歩7分/土曜・夜間相談可能!
②豊富なノウハウによるベストな解決策をご提供
③各専門家とのネットワークを構築

全国に複数の支部を構える法律事務所として、交通事故事件に対する多数の解決実績があります。
[粘り強い交渉力]と[迅速な対応]で困難と思われる案件にも立ち向かいます!

「治療の打ち切りと示談を迫られているが、示談金に納得いかない」
「急な治療費の打ち切りを迫られ困っている」
「過失割合や保険会社の提示額が妥当か知りたい」

上記のようなお悩みでお困りの方は、一度ご相談ください!

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
▼重点取扱案件
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
・示談交渉
・後遺障害等級認定
・交通事故裁判

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
▼安心のサポート体制
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
✔︎クイックレスポンスの徹底
当事務所では、迅速な対応を徹底して心がけています。早期対処が早期解決を飛躍的に高めることを強く理解しているからです。

✔︎弁護士費用特約利用可
自動車保険に付帯されている弁護士費用特約を利用される場合は、原則として弁護士費用をご負担いただく必要はありません。

✔︎相談のしやすい環境
当日の急なご相談や土曜、夜間(21時まで)のご相談に対応しております。日時は事前予約制となりますので、まずはお問い合わせください。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
▼弁護士費用について
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
お金の心配をせずに気兼ねなくお話しいただけるよう、初回相談は30分無料です。
料金はご状況に応じて柔軟に対応しますので、お気軽にご相談ください。

ーーーーーーーーー
▼ホームページ
https://www.law-haruka-mito.com/

交通事故の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 初回30分無料相談あり、以後30分ごとに5,500円(税込)
着手金 11万円(税込)~
報酬金 11万円(税込)~
備考欄 料金はご状況に応じて柔軟に対応しますので、お気軽にご相談ください。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

交通事故の解決事例(7件)

分野を変更する

交通事故の解決事例 1

交渉により損害賠償金を得られたケース

相談前

ご夫婦で乗車中に車両同士の事故に遭われました。
相手方保険会社は100%過失を認めましたが、治療費と休業損害で争いがあり、相談に来られました。

相談後

主治医と相談、症状固定はしていないため治療費は延長、その後後遺症申請、事前認定を得ました。
休業損害については、逸失利益と慰謝料を交渉、保険会社から夫婦合計の逸失利益5年分と慰謝料、継続治療費合計370万円強の損害賠償金を得られました。

鈴木 寛之弁護士からのコメント

鈴木 寛之弁護士

弁護士が間に入って交渉することで、より良い条件で解決できるケースも多くございます。
保険会社と直接交渉するのは中々大変なものです。
ぜひ一度ご相談だけでもいらして下さい。

交通事故の解決事例 2

示談額130万円→210万円に増額できたケース

  • 後遺障害等級認定
  • 慰謝料・損害賠償
  • 人身事故

相談前

信号停止中に追突されてむち打ち症と腰部打撲を受傷する。
後遺障害は首の痛みと右手のシビレ(14級)が認めらました。
保険会社から示談金130万円が提示されたが示談額が被害者は少ないと思いました。

相談後

相談者は32歳の女性会社員で後遺障害の慰謝料額と逸失利益(後遺障害によって所得が減少するとされる額)を主に保険会社と交渉を重ねて210万円で解決しました。
保険会社提示額の160%アップすることで解決ができ被害者も納得されました。

鈴木 寛之弁護士からのコメント

鈴木 寛之弁護士

後遺障害がある事案で保険会社と示談額の交渉する場合は弁護士に委任されると一般的に賠償額が高額になるので弁護士委任をお勧めします。

交通事故の解決事例 3

【死亡事故】示談額2,300万円→3,900万円に増額できたケース

  • 慰謝料・損害賠償
  • 死亡事故
  • 人身事故
依頼主 男性

相談前

被害者の女性はスーパーの駐車場内を歩行中に駐車場から出ようとした車に衝突され,外傷性くも膜下出血、脳挫創で入院2か月後に死亡されました。
保険会社は被害者の長男に示談額2,300万円を提示したが自賠責の限度額3,000万円より低いと長男も遺族も納得しませんでした。

相談後

母親は相談者の家事を全般をしていた高齢な女性でした。
保険会社と交渉するも折り合いが付かず交通事故紛争処理センターに調停を申請しました。
母親は事故時には健康で家事に従事できることを立証することが出来て紛争処理センターから3,900万円の調停案が提案され保険会社も合意しました。
遺族も納得できる調停額を引き出せたので調定額に合意しました。
保険会社の提示額の約170%増額で調停出来ましたので,相談者も紛争処理センターに申請した甲斐があった,母親の供養になると喜ばれました。

鈴木 寛之弁護士からのコメント

鈴木 寛之弁護士

本件は死亡の事案ですが,死亡事案となりますと賠償額も高額となりますし損害の立証資料も複雑になりますので是非交通事故の経験豊富な弁護士にご相談ください。

交通事故の解決事例 4

【後遺障害14級】示談額185万円→300万円に増額できたケース

  • 後遺障害等級認定
  • 慰謝料・損害賠償
  • 人身事故

相談前

横断歩道手前で停止したところ追突された。むち打ち症となり首の痛みが残った。
後遺障害は首の痛み(14級)が認められた。
保険会社から185万円の示談額の提示があったが妥当な額かわかりませんでした。

相談後

保険会社の賠償額計算根拠を調べたところ,相談者は兼業主婦で義母と同居していることから同一世帯に家事仕事の可能な人が2人いるとして、家事従事者としての休業損害を1/2として計算していました。
そこで,相談者の義母は高齢で体調も悪く持病で病院の内科で治療を受けているため家事は全て相談者が担当していることを家族の陳述書で説明すると共に義母の持病の診断書を提示して保険会社を納得させ、相談者の所得を平均賃金(日額約1万円)で計算することとして交渉を重ね300万円で示談ができました。
示談額を約160%増額に成功しました。

鈴木 寛之弁護士からのコメント

鈴木 寛之弁護士

本件は後遺障害があり,加えて休業損害に問題があるケースの場合には被害者の方が保険会社と交渉するのはなかなか困難です。
このようなケースの場合は交通事故に強い弁護士にご相談ください。

交通事故の解決事例 5

提示額の280%増額に成功できた事例

  • 後遺障害等級認定
  • 人身事故

相談前

67歳の女性が道路歩行中に自転車が衝突し転倒して腰の第2・第4腰椎を圧迫骨折した。
事故後1年3か月治療した後,治療終わってから半年後に示談交渉中に私病で死亡した。そのため女性の長女がどのようにしたらよいか思案していた。

相談後

加害者の自転車には任意保険の契約がないこともあり、過失割合、休業損害、後遺障害等級などの判断で交渉難航した。
後遺障害は腰椎の圧迫骨折がレントゲンで確認できることから脊柱の変形が残った(11級)と判断できた。
加害者も弁護士を委任し示談額177万円の提示があった。
加害者は派遣社員であり資力が無いことも考慮して、加害者が損害賠償する意思を持っている内に早期に解決することが得策と判断して、加害者の弁護士と交渉を重ねてほぼ満足の出来る額の500万円で示談が出来ました。
提示額の280%増額に成功した。

鈴木 寛之弁護士からのコメント

鈴木 寛之弁護士

本件のように加害者が自転車で保険に加入していない場合は,被害者は加害者との直接交渉で話が進展しないケースが多くありますので,早い時期に弁護士に相談するのをお勧めします。

交通事故の解決事例 6

【後遺障害】後遺障害非該当 示談額15万円→後遺障害14級 250万円で示談が成立

  • 後遺障害等級認定
  • 人身事故

相談前

 被害者は交差点にて一時停止していない加害車両と衝突した。
むち打ち症で治療して後遺障害を申請したが非該当でした。保険会社からは示談額15万円を提示されたが後遺障害非該当も納得できずにいました。

相談後

頸椎捻挫での通院で鎮痛剤の服用を続けたため胃炎、十二指腸炎の副作用が出たのでその治療のため整形外科の治療を35日間中断していた。当職が胃炎・十二指腸炎の治療をした病院の診断書と治療中断となった理由が書かれた整形外科の診断書を取り,後遺障害の異議申し立てをし、治療の継続性が認められ後遺障害として首の痛み認められた(14級)。
相談者は女性の自営業者で,休業損害は本件事故により仕事が出来なくなり,その間店を閉店したのでその費用を請求し、後遺障害の損害を重点に再三交渉して,250万円で示談が成立した。
当初提示額の約17倍増額となり相談者も弁護士に頼んだ甲斐があったと喜ばれました。

鈴木 寛之弁護士からのコメント

鈴木 寛之弁護士

本件のように治療中断が1カ月以上あるような事故は中断以後の治療は事故と因果関係が無いと判断されるので,交通事故の得意な弁護士に相談してください

交通事故の解決事例 7

提示額の170%増額に成功できた事例

  • 後遺障害等級認定
  • 物損事故
  • 人身事故

相談前

高齢者の主婦が運転する車がトラックに追突され車の後部が大破した。
むち打ち症と腰部打撲で治療して,後遺障害は首の痛みが認定された(14級)。
保険会社から190万円の示談の提示があったが被害者の同居の二男が示談金が少ないと納得しませんでした。

相談後

相談者の二男は被害者の83歳の高齢の母と2人暮らしで高齢の母が家事に従事していましたが,保険会社は家事従事者の母親の休業損害を著しく圧縮していました。
当職は母親の事故前の家事の実態と現在の状況を聴取して賠償金を算定して保険会社に380万円請求した。
保険会社に母親の家事の実態を説明し,判例を数件提示して交渉を行い最終的に330万円で示談できました。
提示額の170%増額に成功しました。

鈴木 寛之弁護士からのコメント

鈴木 寛之弁護士

保険会社は交渉当初から出し渋る傾向がありましたので,裁判も考えていることを伝えて判例を数件出して交渉した結果,相談者も満足する金額で示談できた。
交通事故の事件は,保険会社との交渉に慣れた弁護士をお勧めします。
 

借金・債務整理

分野を変更する
[法テラス利用可]過払い金請求、法人・個人破産申立、債務整理、個人再生など借金のあらゆる問題について、スムーズで有利な解決を目指し尽力します。

借金・債務整理の詳細分野

依頼内容

  • 自己破産
  • 過払い金請求
  • ヤミ金対応
  • 任意整理
  • 個人再生

対応体制

  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 初回相談無料
  • 分割払いあり

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
▼ご相談で得られる6つのメリット
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
①督促や返済を最短で即日ストップ!
②元本の減らない借金地獄からの解放
③有利な条件を引き出す交渉力
④今お金がなくても手続き可能
⑤借金減額を事前に見積もり可能
⑥無料相談が可能

全国に複数の支部を構える法律事務所として、多数の借金問題に関する解決実績があります。
これまで数々の案件を解決に導いてきたノウハウをうまく取り入れ、借金問題でお困りの方がよりスムーズに支援を受けられるようにしております。

「借りては返すという自転車操業状態でどうしたら良いかわからない」
「消費者金融数社から借り入れを続けているが、利息が高く借金が減らない状態」
「過払金の回収ができるか知りたい」

上記のようなお悩みでお困りの方は、一度ご相談ください!

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
▼重点取扱案件
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
・過払い請求
・法人・個人破産申立
・債務整理

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
▼安心のサポート体制
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
✔︎クイックレスポンスの徹底
当事務所では、迅速な対応を徹底して心がけています。早期対処が早期解決を飛躍的に高めることを強く理解しているからです。

✔︎法テラス利用可
収入などの条件があえば、法テラスの民事法律扶助制度(相談を無料にしたり、依頼費用を分割にできる制度)をご利用いただけます。

✔︎相談のしやすい環境
当日の急なご相談や土曜、夜間(21時まで)のご相談に対応しております。日時は事前予約制となりますので、まずはお問い合わせください。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
▼弁護士費用について
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
お金の心配をせずに気兼ねなくお話しいただけるよう、初回相談は30分無料です。
着手金・報酬金は分割払いも承っております。

ーーーーーーーーー
▼ホームページ
https://www.law-haruka-mito.com/

この分野の法律相談

【相談の背景】 自己破産で、同時廃止の手続き開始が出ており免責待ちです。 【質問1】 同時廃止で開始決定が出てから、どのようなことがあれば免責不許可になりますか? 例えば新たに借入などです。

A ご質問されている「同時廃止決定後に後払い等を利用した」というケースについては,形式的には新たな借り入れに該当する可能性はあります。 ただし,その頻度や金額が相当高額である等明らかに悪質ではない限り,免責不許可になる可能性は少ないでしょう。 いずれにせよ,自己破産手続が終了するまではこのような後払いについて今後は利用しない方が安全です。

鈴木 寛之弁護士

借金・債務整理の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 初回30分無料、以後30分ごとに5,500円(税込)
着手金 11万円(税込)~
報酬金 11万円(税込)~
備考欄 料金はご状況に応じて柔軟に対応しますので、お気軽にご相談ください。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

借金・債務整理の解決事例(1件)

分野を変更する

借金・債務整理の解決事例 1

過払金返還請求事件について

相談前

相談者は、事業資金のため消費者金融数社から借入れましたが、いずれも8~9年前までに完済しました。
過払い金返還請求について時効成立前にご相談に来られました。

相談後

満額回収に向け相手方4社に訴訟提起しました。
各社和解金を提示してきましたが、満額もしくは満額に近い金額を取得できるまで粘り強く交渉した結果、およそ1450万円を回収できました。

鈴木 寛之弁護士からのコメント

鈴木 寛之弁護士

弁護士に依頼する事で、交渉がスムーズに進む事が多くございます。
少しでも不安な点がございましたら、どうぞお気軽にご相談にいらして下さい。

所属事務所情報

地図を印刷する
所属事務所
弁護士法人はるか茨城支部茨城水戸法律事務所
所在地
〒310-0803
茨城県 水戸市城南1-4-7 第5プリンスビル3階
最寄り駅
水戸駅から徒歩7分
交通アクセス
駐車場近く
受付時間
  • 平日09:00 - 21:00
  • 土日祝09:00 - 21:00
定休日
なし
備考
事務所の営業時間は、月~土 9:00~21:00(日曜・祝日はお休みです)
対応地域

関東

  • 茨城
設備
  • 完全個室で相談
  • バリアフリー
対応言語
  • 英語
事務所URL

電話で問い合わせ
050-5356-1451

メールで問い合わせ

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

鈴木 寛之弁護士へ問い合わせ

電話番号 050-5356-1451
メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日09:00 - 21:00
  • 土日祝09:00 - 21:00
定休日
なし
備考
事務所の営業時間は、月~土 9:00~21:00(日曜・祝日はお休みです)
交通アクセス
駐車場近く
設備
完全個室で相談
バリアフリー
「事務所建物入口から相談スペースまで車椅子で移動でき、トイレも車椅子のまま利用できる」を定義としています。
対応言語
英語