岡部 将吾弁護士 おかべ しょうご

岡部 将吾弁護士

芦屋法律事務所

兵庫県 芦屋市 船戸町4-1 ラポルテ本館312

みんなの法律相談回答一覧

実名回答数:35 件/匿名回答数:0件

利用していたのが適法な風俗店であり、利用の頻度も少なく、また、2年前に既に利用をやめているのであれば、過去の風俗店の利用は直ちには離婚原因にはならないと思います。 したがって、そもそも離婚慰謝料の...

回答日 2020年02月25日 09:10
この回答がある質問
不倫慰謝料

高度後遺障害以外の事案でも上部機関の諮問にかけられることは珍しくありません。 したがって、上部機関に資料が送付されたからといって、そのことから直ちに非該当の可能性が高いとは言えません。

回答日 2020年02月08日 21:55
この回答がある質問
後遺障害認定

相続放棄の期限は「自己のために相続があったことを知ってから3ヶ月」以内です(民法915条1項)。 お父様が亡くなられたことを知ってから3ヶ月以内に家庭裁判所に相続放棄の申述をすれば、問題ありません...

回答日 2020年02月08日 20:40
この回答がある質問
相続 借金

>できるなら私は修復したいのですが、修復不可能>な場合、裁判で私は慰謝料請求する事ができます>か? 相手方がマンションを解約して出て行った(別居を開始した)ことが、離婚原因である...

回答日 2020年02月07日 09:44
この回答がある質問
不倫慰謝料

遊びの中とはいえ、一般的な注意義務として、相手が身につけているものを損傷させないように注意する義務はあると考えられます。 そのため、お子様に過失が認められるのではないでしょうか。 他方で、相手方...

回答日 2020年01月10日 23:49
この回答がある質問
交通事故慰謝料・損害賠償

離婚時の公正証書で養育費の支払い義務がないことを確認されているのであれば、支払わなくても問題ありません。 相手方に対しては、支払い義務がないので話し合いに応じるつもりはない、どうしても支払って欲し...

回答日 2020年01月10日 21:06

娘様が自分で念書を書いたわけではありませんので、娘様は支払い義務を負いません。 また、ご相談者様が破産した場合でも、そのことに変わりはありません。

回答日 2020年01月07日 00:03
この回答がある質問
自己破産

お子様を連れ戻す手続きとしては、離婚調停とは別に、子の監護者指定及び引き渡し審判と審判前保全処分を申し立てることが考えられます。 家庭裁判所が、別居前及び現在のお子様の監護状況等を総合的に考慮して...

回答日 2020年01月05日 22:35
この回答がある質問
調停離婚

1 相手方が診断書を取り付け、警察に届け出をした場合には、通常、人身事故扱いとなります。 もっとも、仮に人身事故扱いになったとしても、直ちにご相談者様に責任が認められる訳ではありません。 事故...

回答日 2020年01月05日 22:17

1 仮に相手方が離婚訴訟を提起したとしても、離婚原因(民法770条1項1〜5号)がなければ、離婚請求は認められません。 そのため、離婚訴訟における防御としては、相手方の離婚原因の主張を争えば足り...

回答日 2020年01月05日 21:48

1 相手方が不貞の事実を明確に認めた場合には、不貞の有力な証拠になり得ます。 2 相手方の住所を十分に調査することなく職場に内容証明を送った場合、相手方の名誉やプライバシーの侵害となり、不法行...

回答日 2020年01月02日 00:26
この回答がある質問
不倫慰謝料

新算定表の公表は、それ以前に確定した養育費の金額を変動させる事情変更には当たらないとされています。 したがって、申立てをされた養育費減額調停においては、旧算定表の基準をもとに、手続きが行われること...

回答日 2019年12月26日 22:06
この回答がある質問
養育費

仮に地位確認の労働審判や裁判を起こしたとして労働者側が、なりすまし犯を特定しなかった場合不利になると思いますか? 解雇理由となる事実の存在は、会社側が立証責任を負います。 そのため、仮に、不...

回答日 2019年12月26日 21:56

順番が前後致しますが、以下の通り回答いたします。 2、解雇されるんでしょうか。 そもそも不適切投稿をしているのが、第三者なのであれば、当該投稿を理由とした解雇は合理的なものと言えません。 ...

回答日 2019年12月26日 19:01

仮に、ご相談者様が当該示談書に違反したり、また、不法行為を行った結果、相手方に損害等が発生した場合であれば、損害賠償等の義務を負う可能性があります。 しかし、そうでないのであれば、ご相談者様は相手...

回答日 2019年11月28日 12:14
この回答がある質問
婚約破棄

相手方に対しては、示談書の条項に基づいて、接触をしてこないよう求めることができます。 また、仮に当該示談書に違反の場合の違約金の定めがあれば、相手方に違約金の請求をすることができます。 なお、無...

回答日 2019年11月27日 22:36
この回答がある質問
婚約破棄

まずは、離婚協議の中で任意の開示を求めることになります。 もっとも、相手方が任意の開示に応じない場合等には、弁護士に委任のうえ、弁護士会照会により金融機関などに情報開示を求めることが考えられます。

回答日 2019年11月27日 22:22
この回答がある質問
離婚・男女問題

詳しい事情がよくわかりませんが、請求の根拠となる事実関係が確認できないのであれば、支払う必要はないように思われます。 また、相手方からの連絡が止まないようであれば、弁護士に相談をするべきです。 ...

回答日 2019年11月25日 09:35
この回答がある質問
離婚・男女問題

弁護士に委任することのメリットは、①相手方との交渉を任せることができ、治療に専念できること、②適正妥当な損害賠償が受けられる可能性が高くなること等が挙げられます。 早期に弁護士に相談することにより...

回答日 2019年11月01日 00:36
この回答がある質問
交通事故慰謝料・損害賠償

相手方の社会的名誉を害する行為であり、名誉毀損罪に当たる可能性があります。 また、当該投稿により相手方に損害が発生した場合には、ご相談者様が損害賠償責任を負うことになってしまいます。 勤め先への...

回答日 2019年11月01日 00:23

住民票の内容を変更していなくても,特に問題なく就労することができると思われます。

回答日 2019年10月17日 13:39
この回答がある質問
別居

弁護士に被害者との示談交渉の代理を依頼するべきと考えます。

回答日 2019年10月16日 20:01
この回答がある質問
被害届・告訴・告発

1 ご相談者様を監護権者として肯定的に捉えているように思われます。 2 その可能性が高いのではないでしょうか。 3 監護者指定と親権は別問題ですので、現時点でそこまでは言えないと思います。...

回答日 2019年10月16日 09:30

仮に,ご相談の金額が相手方名義の預貯金であれば,離婚成立時まで相手方が自分で使うことができます。 もっとも,預貯金の財産分与の評価の基準時は別居時ですので,別居時の残高1000万円が財産分与の対象...

回答日 2019年10月16日 00:35
この回答がある質問
財産分与

1 原則として、被害額全額を賠償すれば足ります。 もっとも、被害額に迷惑料等を加えた金額で示談(合意)をしたのであれば、当該金額について支払い義務を負います。 2 未成年者であっても上記のこ...

回答日 2019年10月10日 00:17

こちらから相手方に連絡をする義務はありません。 もっとも、ご自身の利益を守るために、弁護士に面談での法律相談をして、場合によっては交渉を委任をした方が良いでしょう。 保全しておくべき証拠について...

回答日 2019年10月09日 09:36

1 過失により会社の車両を損傷させ、会社に損害が発生した以上、修理費等の損害賠償義務があります。 もっとも、使用者の従業員に対する損害賠償請求は、信義則上一定の制限がありますので、実際に支払い義...

回答日 2019年10月09日 00:33
この回答がある質問
取り立て

相手方はご相談者様の連絡先等を知っているようですし、慰謝料の請求等をするのであれば、ご相談者様に直接連絡をすれば足ります。 そのため、相手方が職場に電話等をする行為は、正当な理由なくご相談者様の名...

回答日 2019年10月09日 00:16

①について 損害賠償の範囲に含まれる可能性はあります。 もっとも、根拠資料の提出が必要になると思います。 ②について 交渉段階で裁判基準での金額提示がされるかは保険会社次第です。 ③ないし...

回答日 2019年09月07日 08:54

仮に、婚約をされていたのなら、婚約破棄を理由に慰謝料等の請求ができる可能性があります。 しかし、そうでなく交際関係があったに過ぎないということであれば、法的に相手方に金銭の請求をすることは難しい言...

回答日 2019年09月04日 00:16
この回答がある質問
面会交流

1 - 30 件を表示/全 35 件

岡部 将吾弁護士へ問い合わせ

電話番号 050-5355-0618
メールで問い合わせ
お気に入りに追加

受付時間

受付時間
  • 平日09:00 - 22:00
  • 土日祝09:00 - 22:00
定休日
なし
備考
法律相談は,原則として平日の午前9時から午後6時までの時間帯でお願いしておりますが,ご事情によってはそれ以外の時間帯も対応いたします。

対応地域

経歴・資格
国際離婚取扱経験
事務所の対応体制
駐車場近く
バリアフリー
「事務所建物入口から相談スペースまで車椅子で移動でき、トイレも車椅子のまま利用できる」を定義としています。