岡田 晃朝弁護士 おかだ あきとも

岡田 晃朝弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。
遺産相続
全国 12
借金・債務整理
全国 9
企業法務・顧問弁護士
全国 4
総合
全国 22
兵庫県 1

あさがお法律事務所

兵庫県 西宮市 津門呉羽町1-30 万ビル2階
分野を変更する

みんなの法律相談回答一覧

ベストアンサーがついた回答数:実名11,464 件/匿名:221件

法人税法上の人格のない社団としての税務上の問題はあると思います。 この点は専門が税理士なので税理士に確認されるのが良いでしょう。

回答日 2020年06月05日 10:52
この回答がある質問
解散・清算

> 旦那が再婚しても養育費を減らさないって調停調書で約束することは可能ですか? 理論上は可能かもしれませんが、それはその調停成立時点での合意にすぎず、後日も有効として夫が拘束されるかと言...

回答日 2020年06月05日 10:46
この回答がある質問
離婚・男女問題

> 御礼として通常料金の30分5500円をお渡ししたいと考えているのですが、その場合、弁護士の方に迷惑となるような法律は存在致しますでしょうか? 基本的には無いでしょうが、あえて言えば税...

回答日 2020年06月03日 06:54
この回答がある質問
企業法務

それでは、リンクではなくURLとタイトルを明記するだけ(リンクを踏めない状態で表記する)なら問題ないでしょうか? 記事の購入者がURLをコピー&ペーストし検察する一手間さえかければ、商...

回答日 2020年06月01日 10:42

1.知人を告訴することは可能でしょうか? 騙して出資させた、いわゆる詐欺の要件が証明できれば可能です。 2.その場合の罪は、詐欺罪でしょうか? 他の要件次第ですが、可能性はあるでし...

回答日 2020年06月01日 09:27
この回答がある質問
設立

契約書の存在とこれまでの取引から、その契約の存在などは一定限度推認されます。 しかし、詳細の条項を巡っての争いが生じる可能性がありますから、捺印漏れを指摘して、押印してもらう方が良いでしょう。 ...

回答日 2020年05月31日 10:11
この回答がある質問
他社との取引や契約

弁護士の先生を通じて何らかの文書を今在籍しているお店に送った場合、お店側では個人情報の提供などに応じてもらえるものなのでしょうか? 店次第のところもあります。 また、弁護士としては、他の調査...

回答日 2020年05月31日 10:03
この回答がある質問
契約・借用書

1. 電子契約でこの類の書類を交わすことは可能ですか。 適切に保管され、適切な措置がとられれば可能です。 こちらに詳細があります。 https://www.kensetsu-kikin.o...

回答日 2020年05月28日 09:17
この回答がある質問
契約書

> クレジットカードもしくは自動引き落とし設定先に強制的に変更させる方法などはないでしょうか? これは出来ませんね。 ただ、会社名義のものを、なぜあなたが払わないといけないかがわかりま...

回答日 2020年05月26日 08:26

> まだ契約期間内になるのですが、新たに契約を結び直せば最初の契約書は無効となるのでしょうか。 通常は黙示的に失効の合意があったとみられるでしょうが、確実にするには、今の契約書に以前のも...

回答日 2020年05月26日 08:03

公正証書になっていますので、相手の口頭やメールだけでの言い分に応じて、支払いを止めると相手は公正証書をもって差し押さえなどができますので中止してください。 別の取り決めをするならば、前の公正証...

回答日 2020年05月25日 09:51
この回答がある質問
面会交流

債権者に先に払うことになるでしょうね。 そして余力があれば清算ですし、それで足りなくなれば破産です。 手続の流れ上そうなります。 先に取得することは違法になることもありうるでしょう。

回答日 2020年05月25日 07:28
この回答がある質問
解散・清算

他社の社外秘の資料など機密保持契約で守られているものを買い取って保存するのは違法ですか? 私は機密保持契約の当事者ではありません。 不正競争防止法の以下の条文に当たる可能性があるでしょう。 ...

回答日 2020年05月24日 21:39
この回答がある質問
知的財産

> 1)借用書が無い借金でも、相続人に請求することはできるか。 > はい。ただ具体的に証明できないと金額や、貸渡の事実が不明なこともあります。 あくまで例ですが、振り込み記録...

回答日 2020年05月24日 21:36
この回答がある質問
相続

お互いが納得するまで代理人には出頭してもらって話し合いをするのですか? それとも示談のように、電話でうちの依頼人はこう言ってるんだけどと代理人同士で話し合いをするのですか? それとも裁判官からの...

回答日 2020年05月24日 21:27
この回答がある質問
通常訴訟

> 1.ディーラーの方から相続人全員の戸籍謄本が欲しいと言われ、妹と私の戸籍謄本を準備したのですが、私の戸籍謄本って必要なんでしょうか? > > 相続する気がないのに、相続人...

回答日 2020年05月22日 20:36
この回答がある質問
相続手続き

ツアーを再開した際に参加者に簡単な健康チェックシート(名前、連絡先、性別を記入してもらい体温37.5°以上、咳鼻水があるかないかをチェック)を提出してもらうことは問題ないでしょうか? 医療行為...

回答日 2020年05月20日 08:23
この回答がある質問
企業法務

1です。 債権譲渡の事実を裁判所に証明し、債務名義(判決)に承継執行文の付与を受け、強制執行の申立てを行うことになるかと思います。

回答日 2020年05月19日 16:46
この回答がある質問
差し押さえ

私の意見は、基本的には、貴殿の認識通りです。 後は事情に応じ税務上の問題(あなたから大学への贈与になる)などもあるのかもしれませんが。

回答日 2020年05月19日 14:35
この回答がある質問
他社との取引や契約

> 上記の事をこちらが会社へ打診した場合、会社からみたデメリットをご教示下さい。 一時的でも会社が立て替える以上、会社に負担、リスクはあるでしょう。 会社に何の問題も無いときに、会社が...

回答日 2020年05月19日 08:40
この回答がある質問
消費者契約

> 使用者責任では、本人と使用者間の割合はでその損害との関係やその他の事情で個別に割合を決めます。 裁判所ですが、そこまでいかないときは協議ですね。

回答日 2020年05月19日 08:01

それはそういう法律の検討もありうるとは思います。

回答日 2020年05月18日 07:40

> 扶養的財産分与にすることはできますか? > 合意があれば可能でしょうが、相手がそれを認めるかと言う問題はあります。 強制はできないでしょう。 > 収得税はかか...

回答日 2020年05月18日 07:35
この回答がある質問
不動産・建築

> このような場合どうしたら良いか > 行動した方が良いか教えてください! 厳密に言えば、相手が盗用したことを証明できれば、相手にあなたが弁済したお金の支払いは求めれます。 し...

回答日 2020年05月18日 07:27
この回答がある質問
信用情報

> 確約書の最後に双方の氏名住所を書くところは債権者と債務者でいいのでしょうか? はい。いいです。 甲乙にすることも多いですし、請負なら、発注者と請負者などにすることもありますが、結局...

回答日 2020年05月17日 19:34
この回答がある質問
債権回収

⑴上記の証拠や説明から、特有財産として十分な立証になっていますか? ⑵立証として不十分な部分はありますか?あれば、それを補う証拠として他にどのようなものが必要ですか? 以上の各証拠に加えて、...

回答日 2020年05月17日 19:32
この回答がある質問
贈与

法的には返還請求訴訟となるでしょうね。 一種の不当利得ですから、請求する権限はあります。 もっとも、実際には、訴訟するのは現実的ではないでしょう。 弁護士に入ってもらって交渉するなどでしょ...

回答日 2020年05月16日 14:20
この回答がある質問
労働

> 、他にいい方法、理屈、言葉はありませんか? > > 法的根拠があればそれが一番いい方法だと思います。何か法的根拠はありませんか? 一旦結ばれた労働契約を不利益に...

回答日 2020年05月16日 09:47

推測私見になる部分はありますが、根本的に株主総会の無効や取り消しというものは、その会社の各株主の適切な権利行使を守るためのものでしょう。 そしてご記載のような経緯で手続きを進めた場合、理屈上の...

回答日 2020年05月16日 07:49
この回答がある質問
株主総会

> 1 個人名義での対応としてお金を出す事に一般的に企業側にとって問題はないか。 > 会社との紛争ですので、会社の名義で示談しなければ問題になります(会社との紛争は未解決のまま...

回答日 2020年05月16日 07:09
この回答がある質問
不祥事・クレーム対応

1 - 30 件を表示/全 11,464 件

1 2 3 4 5 ... 30 ... 50
メールで問い合わせ
お気に入りに追加

受付時間

受付時間
  • 平日07:00 - 21:00
  • 土曜07:00 - 21:00
  • 日曜07:00 - 19:00
  • 祝日07:00 - 19:00
定休日
なし
備考
定休日なし(原則 前日までの予約が必要)
電話での相談は行っておりません。
(転送電話での対応となることがございます。繋がりにくい時は、時間をおいてください)

対応地域

経歴・資格
事業会社勤務経験
事務所の対応体制
駐車場近く