現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
大岩 和紀弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。

兵庫県2

( おおいわ かずき ) 大岩 和紀

みんなの法律相談回答一覧

実名回答数:4,017 件/匿名回答数:0件

和解の打診が裁判所からなされることはあります。 なお、追加の証拠提出については、争点整理を終えた後の段階では、 時期に遅れた攻撃防御方法にあたり、証拠が採用されない可能性も場合によっては ...

回答日 2021年03月01日 17:55
この回答がある質問
準備書面

既に離婚している、と聞かれていたのであれば、場合によっては 慰謝料の支払義務がない可能性もあり得るかと思われます。 一度、最寄りの弁護士会等で具体的に相談されることをおすすめします。

回答日 2021年03月01日 17:53
この回答がある質問
不倫慰謝料

特別の事情がない限り、退職金と保険だけでほぼ99万円の枠を使ってしまい、手元に 現金預金は9万円程度しか残らない事になるかと思われます。 車については、12年以上前のものであれば、価値を0円とみ...

回答日 2021年02月25日 14:13
この回答がある質問
自己破産

もともとの養育費が取り決められた時よりも収入が大幅に減っており、 その事は当時予想できなかったとか、新たに結婚して子ができた等の事情があれば、 減額が認められる可能性があるかと思われます。 こ...

回答日 2021年02月25日 14:07
この回答がある質問
養育費

失業だけでなく、再就職が困難な事情がおありであれば、 これも陳述書等で出されるとよいかと思われます。

回答日 2021年02月24日 14:35

可能性としては、裁判官自体は争点との関係でそれほど重要度を持っていないと 考えているか、尋問の内容が重複しているか、議論、意見を求める形となっていて、 過去の事実の有無をきく形になっていない等い...

回答日 2021年02月24日 14:33

破綻の有無は法的な評価であり、裁判官が評価するものですので、 相手方が証拠がないと言っても、裁判官が争いのない事実や証拠で認められる事実から 破綻の評価を行うことは可能です。 むしろ、相手...

回答日 2021年02月24日 14:30
この回答がある質問
裁判離婚

住所等の変更登記が必要です。 司法書士に相談いただくとよいかと思われます。

回答日 2021年02月24日 13:56
この回答がある質問
戸籍と姓

当方だけ出頭しても、生活費がその日に決まることはないですし、 審判移行についても、協議により解決する見込みの有無によることから、 延期、当方のみ出頭のどちらを選ばれても、それほど違いはないかと思...

回答日 2021年02月24日 13:47
この回答がある質問
婚姻費用

訴訟提起が不法行為に当たる場合は、かなり限定されていますので、 証拠が乏しい等の事情だけで起こしても、敗訴する可能性が高いです。 一度、最寄りの弁護士会等に相談されることをおすすめします。

回答日 2021年02月24日 13:44

事件番号や事件名、当事者名等は1ページ目に記載があれば よく、2ページ目以降は不要です(1ページ目以降、一体の書類という意味です。)。

回答日 2021年02月10日 11:24
この回答がある質問
医療

競売開始決定がでても、すぐに入札が始まる訳ではなく、 まずは、現状や権利関係等を執行官が調査したり、最低売却価額を決めるために 鑑定を行ったりします。ケースによってはこの期間が長引く可能性もあり...

回答日 2021年02月10日 11:23
この回答がある質問
不動産執行

経緯等によっては認められる可能性も考えられますが、 金額は少額にとどまる可能性が高いと考えられます。 費用対効果も含め、一度、最寄りの弁護士会等で具体的に相談されることを おすすめします。

回答日 2021年02月10日 11:19
この回答がある質問
離婚・男女問題

訴訟に移行します。 相手方の争っている部分について、適切に主張立証を考える必要がでてきます。 一度、最寄りの弁護士会等で具体的に相談されることをおすすめします。

回答日 2021年02月09日 10:21
この回答がある質問
支払督促

感覚として、不貞行為や暴力と同レベルの強い違法性のあるものと お考えいただく必要があります。 浪費の期間、金額、夫婦双方の財産、収支の状況等により個別具体的な判断を必要とします。 一度、最...

回答日 2021年02月09日 10:20
この回答がある質問
離婚・男女問題

金融機関からの借り入れかと思われますが、一部を払えば免除という形では 対応しないかと思われます(損金処理が困難となるため)。 破産を既に申し立てられているのであれば、維持されるのがよいかと思われ...

回答日 2021年02月09日 10:18

虐待の証拠があるのであれば、子の監護者指定及び引渡の保全処分を申し立てられることも 考えられます。 一度、最寄りの弁護士会等で具体的に相談されることをおすすめします。

回答日 2021年02月09日 10:15
この回答がある質問
調停離婚

名義変更については、司法書士の先生に相談いただく必要が あるかと思われます。 先に元夫が死亡した場合、元夫の相続人と登記の共同申請を行う必要がでてくるかと 思われます。

回答日 2021年02月09日 10:13
この回答がある質問
財産分与

家財道具については、夫婦で話し合って帰属を決めざるを得ないかと 思われます。 引っ越し費用は婚姻費用には含まれず、引っ越しを行った人が全額負担と 考えるのが一般的と思われます。 家財の処分費...

回答日 2021年02月09日 10:12
この回答がある質問
婚姻費用

瑕疵担保責任ではなく債務不履行による解除等が問題となるかと思われますが、 同種の車がすべて同じ仕様であれば、もともとそのような車であった、という意味に なりますし、色が異なるという点まで説明する...

回答日 2021年02月09日 10:09
この回答がある質問

検察は証拠が十分かどうかで起訴不起訴を決めるため、証拠が十分かについては 被害者に意見を求めることはありません。 また、民事の刑事は全く別物です。 起訴されたかどうかがポイントではなく、捜...

回答日 2021年02月09日 10:03
この回答がある質問
起訴・刑事裁判

ケースによっては、管財事件になる場合もあれば、 管財事件にはせず、 反省文の提出及び実際に収支が合う形で生活できているか(及び節約ができているか) を見るため、破産開始決定後、数ヶ月様子を見て...

回答日 2021年02月09日 10:00
この回答がある質問
自己破産

逮捕日が基準ではありません。勾留された日を含めて勾留日から10日間。さらに最大10日間の延長が 可能です。上記勾留期間が満了した後に再逮捕されるのであればされる、という事に なるかと思われます。

回答日 2021年02月08日 11:47
この回答がある質問
犯罪・刑事事件

婚姻関係がある事から、一方的に出て行け、という事はできません。 もっとも、夫が社宅の契約を現に解約してしまった場合は、会社からは出て行ってください、 と言われることとなり、これを拒むことは難しい...

回答日 2021年02月08日 11:45
この回答がある質問
調停離婚

弁護士、司法書士などの専門職の後見人をつける場合、 後見人の報酬の支払が可能なだけの財産、収入がない方については、 裁判所から後見人候補者の推薦依頼があっても、弁護士会、司法書士会等が推薦しない...

回答日 2021年02月08日 11:42
この回答がある質問
認知・親子関係

契約者が相手方という事であれば、可能かと思われます。

回答日 2021年02月08日 11:40

待っていても売れる保証はないため、 不動産の価値をいくらかで合意し、負債を差し引いた額の2分の1を 払ってもらう形で合意するしかないかと思われます。 不動産が売却できなければ、支払は難しい...

回答日 2021年02月08日 11:39
この回答がある質問
財産分与

保全申し立てには、緊急の必要性が要件となります。 従って、例えば、現在、子が相手方から暴力をうけている等の場合は別ですが、単に離婚後に親権者の変更を求める、というだけの理由では保全申し立てが 却...

回答日 2021年02月08日 11:36
この回答がある質問
面会交流

扶養手当や控除などをふまえた収入が源泉徴収票に書かれており、その金額に基づき 養育費の額を決めるのが実務の考え方です。 扶養申請を行うことで収入が増えるのであれば、養育費の基本額自体も増えること...

回答日 2021年02月08日 11:34
この回答がある質問
養育費

無痛分娩の必要性がどの程度立証できるか、金額の差がどの程度か という点にもよるかと思われます。 ベビーカー等の費用は難しいかと思われます。

回答日 2021年02月08日 11:31
この回答がある質問
婚姻費用

1 - 30 件を表示/全 4,017 件

1 2 3 4 5 ... 30 ... 50

城陽法律事務所へ問い合わせ

電話番号 050-5281-3091

※城陽法律事務所では、ご相談内容に応じて、最適な弁護士が担当します。

メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日09:00 - 18:00
定休日
土,日,祝
備考
事前予約により、午後6時以降や土日祝も対応可能です。

対応地域

事務所の対応体制
駐車場あり