現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
大岩 和紀弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。

兵庫県2

( おおいわ かずき ) 大岩 和紀

城陽法律事務所

みんなの法律相談回答一覧

実名回答数:4,256 件/匿名回答数:0件

任意整理が頓挫して、破産申立てを行うことももちろん可能です。 特にめぼしい財産がなく、免責不許可事由に該当する可能性のある事情や、 財産、収入、あるいは支出の調査が必要という事情もなければ、...

回答日 2021年06月12日 09:52
この回答がある質問
任意整理

住所は、どのみち、警察発行の交通事故証明書等で明らかとなる事項と言えます。 双方が納得できる過失割合、損害額で示談できるかどうかによるかと思われます。 どちらかが納得できなければ、示談は成立...

回答日 2021年06月12日 09:43
この回答がある質問
示談交渉

不動産を取得する側なのか、それ以外の財産を取得する側なのかで、 立場が変わってくるかと思われます。(前者ならより安い金額で評価する方が有利ということに なります。) 依頼されている弁護士に...

回答日 2021年06月10日 11:42
この回答がある質問
相続

不動産を競売申立が考えられますが、所有者が死亡し、相続放棄されているため、 不動産競売の相手方がいない状態にある事から、特別代理人の選任か相続財産管理人の選任も合わせて申し立てる必要があるかと思わ...

回答日 2021年06月10日 11:37

一般的には、婚姻期間が20年を超える場合、慰謝料は200万円程度を基本に 増減させる事情があるかを見ることが多いかと思われます。 他方で、不貞行為を行った有責配偶者からの離婚請求には、 相...

回答日 2021年06月10日 11:26

増額請求の調停、審判の対象は申立てをした月以降の分であり、過去分に遡らないのが 一般的です。調停申し立て時点で既に減収している場合、婚姻費用を下げるためにやめた等の 事情が認められなければ、その...

回答日 2021年06月10日 10:41
この回答がある質問
婚姻費用

通院期間に対応した慰謝料を計算することになりますが、 通院の期間が空いていたり、実日数が少ない場合は調整が必要となります。 休業損害については、年休を使って休んだため給料に変動がない場合でも...

回答日 2021年06月10日 10:23

分割払いを受けるか否かは、債権者側の自由ですので、 クレジット会社側の性格にもよるかと思いますが、 できない約束をしても意味がないため、責任をもって払える金額で提案せざるを 得ないかと思われま...

回答日 2021年06月10日 10:20
この回答がある質問
答弁書

ご指摘の通り、差押えより前に給料が支払われてしまうと、意味を持ちません。 この場合は、給料が入った預金を差し押さえる等考える必要があります(但し、 差押えの効力が生じる前に引き出されると、やはり...

回答日 2021年06月09日 17:56
この回答がある質問
債権回収

報告書において、調査官が監護権をどちらにすべきか、意見が書かれている場合、 前提事実に間違いがなければ、評価については裁判官も同様に考えることが多いです。 審問が1時間程度というのは一般的か...

回答日 2021年06月09日 17:45
この回答がある質問
家事審判

双方、離婚をしないのであれば、互いに慰謝料請求を行っても、半分を不貞の相手方である配偶者が求償される事になるため、簡便に、双方、請求しない形で合意することもありますが、 双方、離婚するのであれば、...

回答日 2021年06月09日 17:43
この回答がある質問
不倫慰謝料

離婚訴訟で勝訴するには、法律上の離婚原因が必要です。 訴訟自体を起こすことができる、という事と、勝訴できるかは、また別となります。 相手方に不貞行為だとか、一方的な暴力などがあり、証拠で明確...

回答日 2021年06月08日 14:50
この回答がある質問
離婚・男女問題

弁護士会と弁護士の間には雇用関係はありません。 弁護士会が弁護士の依頼者に対して直接責任を負うことは、通常考え難いかと思われます。

回答日 2021年06月08日 09:52

過呼吸により、婚姻生活がどのように難しいのか=婚姻を継続し難い重大な事由があると言えるのか、よく分からないところですが、 感覚的にはよほど事情を補足できなければ、法律上の離婚原因とは言いにくいよう...

回答日 2021年06月03日 10:54
この回答がある質問
離婚原因

新株が婚姻後の夫婦の収入から出たものであれば、財産分与の対象に 含まれるように思われます。

回答日 2021年06月03日 10:50
この回答がある質問
財産分与

支払義務者は元配偶者のみですので、親などは全く無関係であり、 あるとすれば、実家の本人の動産の差押えが考えられますが、差押えが禁止されている 動産も多くある他、結局、金銭に換える価値があるものが...

回答日 2021年06月03日 10:48
この回答がある質問
強制執行

控訴権を放棄する書面を拘置所の中で書いて提出すると、 刑が確定し、刑の執行が始まります。 ただし、刑の執行が始まると、面会の回数や対象、手紙の発信の回数、対象等が 制限されることになるので、先...

回答日 2021年06月02日 17:43
この回答がある質問
逮捕・刑事弁護

書かれている事情だけで、法律上の離婚原因と認められるかは ケースバイケースの判断となる部分があるかと思われますので、 詳しい事情を最寄りの弁護士会等で相談いただく必要があるかと 思われます。 ...

回答日 2021年06月02日 17:37

同居中に夫婦の収入からローンを返した、という事であれば、 調整が不要という事になるかと思われます。 収入から支払った場合で調整が必要なのは、通常は、離婚に向けた別居 (=財産分与の基準時)...

回答日 2021年06月02日 14:25

まず、不貞行為の相手方は、原則として不貞行為を行った事自体の慰謝料の支払い義務はあっても、不貞により離婚せざるを得なくなった、あるいは婚姻関係が破綻した事に対する慰謝料の支払い義務まではありません。...

回答日 2021年06月02日 14:21
この回答がある質問
不倫慰謝料

免責不許可については、問題の借入の期間、金額、返済した金額、利用目的、動機経緯、 その時の収入支出などを総合的に判断することになります。 程度があまりにもひどい、という場合には免責がされないとい...

回答日 2021年06月02日 12:03
この回答がある質問
自己破産

6年前という事であれば、ケースによっては、これが原因で破綻した訳ではない、 と認定される可能性はあるかと思われます。 ただ、これは有責配偶者に当たらない、というだけであり、積極的な法律上の離...

回答日 2021年06月02日 12:01
この回答がある質問
不倫

やるのであれば、不当利得に基づく返還請求が考えられますが、 夫婦共有財産の場合にこれが認められるかについては、難しい場合も多いです。 一度、最寄りの弁護士会等で具体的に相談されることをおすす...

回答日 2021年06月02日 11:53
この回答がある質問
離婚・男女問題

車については、財産分与においてどちらが取得するのか等を決める事に なるかと思われます。 児童手当のみを子名義の預金で貯めた通帳がある、等の場合には、 子の財産と見られる場合もあるかと思われ...

回答日 2021年06月02日 11:42
この回答がある質問
財産分与

申立には、当事者目録、差押債権目録等、法律上要求される事項が 網羅されている必要があります。 また、通常は、第三債務者に対する陳述催告の申立書もつけます。 第三債務者に当たる銀行の資格証明...

回答日 2021年06月02日 10:32
この回答がある質問
強制執行

延滞金がかさんでいきます。 今後、就職した場合に給料の差押えを行ってくるでしょうから、 放っておくのは得策とは言えないかと思われます。 ご家族に支払ってもらい、ご家族に将来、分割で返すのが最も...

回答日 2021年05月26日 17:05

本来、求めることができる婚姻費用の額以上につかった場合、 後に精算しなければならない可能性がでてきます。 また、カードの使用を認めるか否かは相手方の判断によるため、 相手方が使用を停止した...

回答日 2021年05月26日 17:02
この回答がある質問
調停離婚

「本件を認め、謝罪する」程度の条項であれば、認めてもらえる可能性は あるかと思われますが、調停調書上の記載にとどまり、口頭で、という点まで 裁判所が応じるかは不透明です(法的には、そもそも謝罪の...

回答日 2021年05月25日 10:28
この回答がある質問
離婚・男女問題

一度、婚姻費用の調停等で金額が決定された後に、 算定表の改定を理由に増減額の請求を行っても、裁判所はこれを 理由に事情の変更があったとは認めない立場を採っています。 また、もともとの金額が...

回答日 2021年05月25日 10:17
この回答がある質問
婚姻費用

夫婦間には同居義務がありますが、抽象的な義務であり、 同居を強制することはできません。 また、相手方が不貞行為や一方的な暴力を行うなど、もっぱら別居に至った原因が 相手方にあるという場合で...

回答日 2021年05月25日 10:10

1 - 30 件を表示/全 4,256 件

1 2 3 4 5 ... 30 ... 50

城陽法律事務所へ問い合わせ

電話番号 050-5281-3091

※城陽法律事務所では、ご相談内容に応じて、最適な弁護士が担当します。

メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日09:00 - 18:00
定休日
土,日,祝
備考
事前予約により、午後6時以降や土日祝も対応可能です。
交通アクセス
駐車場あり