お気に入りに追加
大岩 和紀弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。

離婚・男女問題20

兵庫県2

( おおいわ かずき ) 大岩 和紀

みんなの法律相談回答一覧

実名回答数:3,811 件/匿名回答数:0件

慰謝料について既に覚え書きを交わしている、という事は 賠償額が既に決まっているという事ではないでしょうか。 それであれば、慰謝料の請求ではなく、合意した金額を支払えという訴訟を起こすことに ...

回答日 2020年10月28日 09:50

大都市圏か否かで金額を変えるという事は通常されないかと思われます。 婚姻費用は双方の収入、子の数、年齢という客観面でほぼ決まり、相手方に別居の原因が あるという点は通常、判断要素となりません(逆...

回答日 2020年10月27日 12:08

親の扶養は、法的な義務という意味では、仮に発生する場合でも、 そもそも親が生活保護レベルの収入も得られていない、という場合に初めて問題となります。 年金をもらわれているという事であれば、その時点...

回答日 2020年10月27日 10:24
この回答がある質問
婚姻費用

まず、自己破産は支払不能(債務超過等)が認められる場合、 手続自体を行うことはあります。 ただし、負債の発生の仕方(本件の場合、生活保護の不正受給が問題となり得ます。) や金額、時期等に問題が...

回答日 2020年10月22日 10:01
この回答がある質問
不倫慰謝料

請求自体は可能かと思われますが、法人がご自身が経営されている会社であり、 他にも債務がある場合、ご自身の債権だけ先に支払ってしまうと、後で他の債権者から 詐害行為取消等を行われる可能性がある他、...

回答日 2020年10月21日 16:18

遺贈を放棄することは可能です。 全財産を遺贈する、などといった、包括遺贈の場合は、死亡後3か月以内に 家庭裁判所に放棄の手続きを行う必要があります。 個別の財産を遺贈する、という内容の場合、相...

回答日 2020年10月21日 15:27
この回答がある質問
遺贈

婚姻費用は、月々に支払われるべきものであり、双方の月々の収入から払うべきものです。 預金等の財産から払うべき、との主張はまず認められません(財産は離婚時の財産分与で 調整されるものです。)。 ...

回答日 2020年10月21日 15:01
この回答がある質問
別居

写真等は存在した方がよいのですが、問題は、その怪我がどうやって出来たのか、 という点にあります。snsへの投稿は、その時点でそのような事実があったとの 主張を残した、という意味にはなりますが、そ...

回答日 2020年10月21日 14:58
この回答がある質問
離婚・男女問題

破産手続を採られた場合、判決を取得しても、個別に強制執行を行うことができなく なります(一部の債権者による抜け駆けがないよう、破産管財人が換価して、配当を行います。)。一旦、破産が完了すると、法人...

回答日 2020年10月21日 14:51
この回答がある質問
リストラ

通常、婚姻費用分担調停の対象は、調停申立以降分となります。 別居が先行している場合、別居以降、婚姻費用の調停申立までの間の婚姻費用は 財産分与で調整することになり、この部分に影響する可能性も考え...

回答日 2020年10月21日 14:49
この回答がある質問
婚姻費用

相手の請求を止めるには、結局のところ、裁判で債務不存在が確認される必要が あります。 こちらから債務不存在確認の調停ないし訴訟を起こすことが考えられます。 一度、最寄りの弁護士会等で具...

回答日 2020年10月21日 14:47
この回答がある質問
原状回復義務

お急ぎであれば、国選ではなく 私選弁護人を検討されるより他はないかと思われます。

回答日 2020年10月21日 14:43
この回答がある質問
控訴

今後の婚姻費用については、現状の収入をベースに考える形で 主張されてはいかがでしょうか。時短復帰を行った後の給与明細を全て出し、 その平均を取って×12をする(賞与があるなら加算)形で主張するこ...

回答日 2020年10月21日 14:43
この回答がある質問
婚姻費用

賃貸借契約を交わしていることになるため、当然に出ていただくことは 難しいかと思われますし、3か月しか経過していないため、事情の変更も認めがたく、 周囲の相場との違いを主張しても、賃料増額は認めら...

回答日 2020年10月21日 14:40

今後の婚姻費用の算定に当たっては考慮されないかと思われますが、 これまでの婚姻費用の算定に際し、考慮される可能性はあるかと思われます。 (なお、この点は、財産分与と異なり、相続財産等固有の財産か...

回答日 2020年10月20日 17:42
この回答がある質問
婚姻費用

破産手続をとられた場合、会社の財産で債権者に支払を行うことになりますが、 税金等の最も優先される債権から支払に充てられます(財団債権)。 退職金については、一部は財団債権となり得ますが、一部...

回答日 2020年10月20日 17:39
この回答がある質問
リストラ

通常、そのような事はないかと思われます。 相手方は、申立人が○○の不動産をいついつまで利用することを認める、等と、 誰が誰に対して使用を認めるのかを明示しているかと思われます。

回答日 2020年10月20日 17:29
この回答がある質問
不倫

まず、論点として、養育費終期の延長の問題と、特別の費用の請求は 別問題です。 養育費の終期の延長は、子が大学進学等することが決まると、20歳までとの点が 22歳に達した後の3月までと延長が...

回答日 2020年10月20日 17:26
この回答がある質問
養育費

同居しなければ、協力関係がない、とは当然には言えない(世の中には単身赴任の方もいる)ため、基本は入籍日からスタートする事になるかと思われます。 私自身、終期が問題となるケースはあっても、始期が論点...

回答日 2020年10月20日 17:19
この回答がある質問
財産分与

相手方が払わないと主張しているのであれば、 方法を変えざるを得ません。 相手方が応じるかは不明ですが、ご自身で調停を申し立てるか (ひな形は裁判所にあります。)、訴状の作成のみを弁護士に依...

回答日 2020年10月20日 17:17
この回答がある質問
不倫慰謝料

親権については、既に一旦決まっている以上、その後の事情の変化で、 今の養育環境を変えなければならないだけのものがあるかどうか、という事に よります。 慰謝料については、発生原因の立証責任は...

回答日 2020年10月20日 17:15
この回答がある質問
離婚・男女問題

携帯電話代は、養育費の基本月額とは別にもらえる加算額に 含まれないのが通常と思われます。

回答日 2020年10月19日 09:16
この回答がある質問
協議離婚

ケースによるかと思います。 結局のところ、対立点が何で、折り合いがつくレベルの考え方の開きなのか否かや 感情の問題をある程度押さえることができるかや、裁判官の意見であれば受け入れることが ...

回答日 2020年10月16日 12:28
この回答がある質問
モラハラ

面会交流が再開されている事だけを理由に間接強制の却下がなされるかは ケースバイケースの部分があるかと思われますが、間接強制の申立を機に 再開されたという事であれば、間接強制の申立という強制力があ...

回答日 2020年10月16日 12:25
この回答がある質問
面会交流

母子手当は、現に離婚が成立し戸籍に反映される必要があります。 例えば、離婚調停が係属していることの裁判所の証明所を出しても不可となります。 対して、児童手当については、役所によっては、離婚調...

回答日 2020年10月16日 12:20

同居事案ではよほどの事がなければ、完全に破綻していたと評価されることは 少ないかと思われます。 当方は離婚するのであれば、不貞の相手方に対しては、慰謝料を請求するので、 あとは妻に求償して...

回答日 2020年10月14日 16:30
この回答がある質問
不倫慰謝料

不貞行為を行った側が離婚請求を行う場合、判例は相当長期間の別居に加え、 未成熟の子(経済的に独立していない子)がいないことが必要と考えています。 子が0歳との事ですので、下手をするとあと20年程...

回答日 2020年10月14日 16:24
この回答がある質問
不倫

少なくとも、法的には別居中の生活費(婚姻費用)の請求を行うことが 考えられます。婚姻費用分担調停を申し立てられてはいかがでしょうか。 うつ病が原因で全く子育てが出来ない状況という事であれば、...

回答日 2020年10月14日 16:20
この回答がある質問
別居

まず、離婚自体を成立させなければ、相手が任意に出て行かない限り、 出て行ってもらう事は難しいという事になります(居住権が相手方にもあるため)。 ましてや、離婚を成立させなければ、財産分与を請求す...

回答日 2020年10月14日 16:18
この回答がある質問
離婚手続き

法人でないという事であれば、全て個人の財産となります。 結婚後にできた財産すべてが財産分与の対象となりますが、親から相続した財産等は 別です。婚姻前の預金も対象外ですが、例えば、婚姻前に全額納め...

回答日 2020年10月14日 16:11
この回答がある質問
財産分与

1 - 30 件を表示/全 3,811 件

1 2 3 4 5 ... 30 ... 50

城陽法律事務所へ問い合わせ

電話番号 050-5281-3091

※城陽法律事務所では、ご相談内容に応じて、最適な弁護士が担当します。

メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日09:00 - 18:00
定休日
土,日,祝
備考
事前予約により、午後6時以降や土日祝も対応可能です。

対応地域

事務所の対応体制
駐車場あり