現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
高谷 武良弁護士

( たかたに たけよし ) 高谷 武良

しらさぎ法律事務所

みんなの法律相談回答一覧

実名回答数:50 件/匿名回答数:9件

雇用契約ではなく請負契約であれば宿泊費は当然に経費となります。 相殺前の報酬額を売上として相殺額=寮費が経費となります。 ただ、寮費の中に食事代が含まれている場合には検討を要します。食事代部...

回答日 2014年02月05日 09:05
この回答がある質問
税務訴訟

子供の貯金を質問者が管理していたのであれば質問者の名義預金(実質的には質問者の預金だが名義だけは子供)なので、自分の口座間で資金移動しただけです。何の心配もいりません。ただ、万が一のために名義預金だ...

回答日 2014年02月04日 22:27
この回答がある質問
贈与税

「子供名義の預金」ってどういう意味でしょう? もしそれが名義預金「親が管理している実質的には親の預金だが名義だけ子供」という意味であれば、回答者が上で答えている回答は間違いということになります。親...

回答日 2014年02月04日 08:49
この回答がある質問
贈与税

ダメ元で地方自治体も巻き込みこれまで支払った税金額相当額で国と売買契約をする交渉をしてみらたどうでしょうか。

回答日 2014年02月02日 15:58
この回答がある質問
名義変更

次に税金を返してもらえるかどうかの問題。 税金とは固定資産税・都市計画税のことですね。どちらも地方税ですので地方税法を見てみましょう。 地方税法第18条の3第1項は「地方団体の徴収金...

回答日 2014年02月02日 10:36
この回答がある質問
名義変更

まず時効取得の問題から。 国は海軍が質問者の祖母から土地を買収した際の売買契約書を紛失しているので自己所有物の時効取得という手法で登記しようとしているのでしょう。 最高裁の判例によります...

回答日 2014年02月02日 10:01
この回答がある質問
名義変更

財産評価基準205  前項の定めにより貸付金債権等の評価を行う場合において、その債権金額の全部又は一部が、課税時期において次に掲げる金額に該当するときその他その回収が不可能又は著しく困難である...

回答日 2014年01月29日 09:57

ただ、財産評価基準205で次のように規定されていますので、もし質問者に「破産の宣告があったとき」や「業況不振のため又はその営む事業について重大な損失を受けたため、その事業を廃止し又は6か月以上休業し...

回答日 2014年01月29日 09:57

貸付金は立派な資産であり相続財産となります。結局この貸付金の分も含めて相続財産として、相続税の申告を行ってください。 なお、貸付金の財産評価については 財産評価基準204で 「貸付金、売掛...

回答日 2014年01月29日 09:54

匿名でお答えの弁護士さん達、もう少し法的に考えましょう。 相続税法7条によれば、 個人から著しく低い価額の対価で財産を譲り受けた場合には、その財産の時価と支払った対価との差額に相当する金...

回答日 2014年01月26日 19:59
この回答がある質問
贈与

●どのように財産評価するのかという意味でしょうか。 その意味であれば財産評価基本通達を見て下さい。 それには次のように記載されています。 (牛馬等の評価) 134 牛、馬、犬、鳥、魚等(...

回答日 2014年01月21日 08:35
この回答がある質問
相続税

2000万円の貸金の弁済として時価5000万円の土地の2分の1の持分(路線価評価では2000万円ほど)で代物弁済して移転登記したらやはり登録免許税と不動産取得税(1,000分の20)はかかってくるで...

回答日 2014年01月21日 00:37

1 各人の課税価格を計算し 2 上記1で計算した各人の課税価格を合計して、課税価格の合計額を計算し 3 課税価格の合計額から基礎控除額(現在は5000万円×法定相続人の数)を差し引いて、課税され...

回答日 2014年01月20日 08:22

被相続人の配偶者が遺産分割や遺贈により実際に取得した正味の遺産額が、次の金額のどちらか多い金額までは配偶者に相続税はかかりません。 (1) 1億6千万円 (2) 配偶者の法定相続分相当額...

回答日 2014年01月19日 22:22

地方税法第七百条の五十八で「当該道府県の条例で十万円以下の過料を科する旨の規定を設けることができる」と規定されているからです。 そういえば「都」が入っていませんね。 参照 第七百条の五...

回答日 2014年01月19日 19:41
この回答がある質問
税務訴訟

都道府県条例です。 各自治体HPに掲載されています。

回答日 2014年01月19日 18:01
この回答がある質問
税務訴訟

地方税法によれば次のように虚偽申告には刑事罰である30万円以下の罰金、不申告には行政罰である10万円以下の範囲内で各都道府県条例で過料を科す旨の規程を置くことが出来ることになっています。 ...

回答日 2014年01月19日 16:41
この回答がある質問
税務訴訟

法律相談じゃないので気軽に答えます。 こんなHPありました。 ●税務調査が行われる人の基準はどのように決められているか!?● http://ameblo.jp/t-fukushima-kaik...

回答日 2014年01月18日 20:46

上記私のコメントの訂正です。 税務署に認められるかどうかはわかりませんが、現段階でなすべき事は 1 お父様へ2000万円の財産移転につき期限を定めた金銭消費貸借契約を締結し、その中で特約...

回答日 2014年01月17日 23:51

税法的観点でお答えします。但し、全情報と資料が開示されていないので不正確な回答になっているかもしれません(ネット相談の限界)。全資料と全情報を最寄りの税理士あるいは資産税に強い弁護士に開示して対面相...

回答日 2014年01月17日 22:31

質問者の紹介された判例は平成15年12月 4日津地裁の判決ですが、紹介された一般論の後次のように判示しています(要旨です)。 「本件資金移動の際、金銭消費貸借契約書は未作成で、返済期限も定...

回答日 2014年01月17日 19:55

上記コメントに訂正があります。 通説判例は「被相続人の金銭債務は相続開始と同時に共同相続人にその相続分に応じて当然分割承継されるものであり、遺産分割によって分配されるものではない。」と考えておりま...

回答日 2014年01月17日 18:49

「相続時に貸した分を返してもらうことはできますか?」 質問者のお父様への2000万円の給付が金銭消費貸借契約で相続開始時まで一切返済されていないとの前提で回答します。 最高裁は「相続人数...

回答日 2014年01月17日 10:58

「後に貸した金額分を不動産で返してもらうことはできますか?」 代物弁済という方法はあります。その仮登記も可能です。 代物弁済予約仮登記特約付きのしっかりした金銭消費貸借契約書を作っておれば「...

回答日 2014年01月17日 10:44

国税通則法74条の9は実地調査権を認めた上でその場合は事前通知を原則とする旨規定し、74条の10は例外的に「違法又は不当な行為を容易にし、正確な課税標準等又は税額等の把握を困難にするおそれその他国税...

回答日 2014年01月17日 08:17

管理するのは合併前の自治体ではなく合併前の旧町村の構成員(新住民を含む)です。旧町村の住民が管理するために財産区にするのですから。

回答日 2014年01月17日 07:19

所得税、消費税の任意調査すなわち国税通則法の定める質問検査権等ですね。 同法74条の2第1項では、所得税、消費税の任意調査につき概ね次のように規定されています。 税務署職員は、所得税又は...

回答日 2014年01月16日 14:25

そこまで悩んでおられるなら上記判例事件の原告側訴訟代理人中原澄人弁護士に相談されたらいかがでしょうか? 私は全く面識がないので紹介できませんが、ネットで調べれば事務所連絡先も分かるでしょう。 ...

回答日 2014年01月16日 08:56

明治時代に市制、町村制が始まったとき合併される旧村の住民の間にムラの山や池、集会所を合併市町村に引き渡すのに抵抗があったので、合併市町村とは別個の法人格を与えたものと聞いています。 戦後新しい地方...

回答日 2014年01月16日 08:40

それじゃ婚姻費用減額請求調停ですね。 調停の場で妻の源泉徴収票を要求します。 出てきた源泉徴収票を見て配偶者控除あるいは配偶者特別控除を受けられる収入であれば確定申告して税の還付請求が出来ます。...

回答日 2014年01月15日 21:26
この回答がある質問
別居

1 - 30 件を表示/全 50 件

高谷 武良弁護士へ問い合わせ

電話番号 079-243-2166
メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日09:00 - 19:30
定休日
土,日,祝
交通アクセス
駐車場あり
設備
完全個室で相談