現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
大本 健太弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。

遺産相続16

兵庫県3

( おおもと けんた ) 大本 健太

神戸明石町法律事務所

現在営業中 09:00 - 20:00

みんなの法律相談回答一覧

実名回答数:28 件/匿名回答数:0件

当日出頭するのであれば、証拠申出書を提出していなくても本人尋問が行われるのが通常と思います。 ただ、本人訴訟の場合、裁判所から質問がされる形になると思いますので、事前にどのようなことを質問して欲し...

回答日 2021年04月02日 18:29
この回答がある質問
離婚・男女問題

陳述書のみで、尋問には不出頭というご主旨ならば、尋問に出頭しないことで、ご相談者様に不利な認定となる可能性は否定できません。 よほどのことが無い限り、出頭してきちんと話を聞いてもらった方が良いと思...

回答日 2021年04月02日 17:59
この回答がある質問
離婚・男女問題

①お父様の貯金を1000万円とし、他に相続財産がないものと仮定した場合、遺産の総額は土地を含めて5000万円となりますので、ご相談者様の法定相続分はその4分の1の1250万円ということになります。 ...

回答日 2021年04月01日 12:11
この回答がある質問
遺産分割協議

調停、訴訟等の裁判所での手続きに至る前であれば、弁護士会を通して金融機関等に照会を行う23条照会という方法がありますが、金融機関からは、守秘義務等を理由に残高、取引履歴等の開示を拒否されるのが通常で...

回答日 2021年03月31日 09:31
この回答がある質問
離婚慰謝料

贈与のうち既に履行が終わったものは解除できませんので、返金をする必要はないと考えます。 また、記載されている事情のみから判断すると、詐欺に該当する可能性も低いと思われます。 返金しない旨、今後は...

回答日 2021年03月25日 18:17
この回答がある質問
贈与

ETC会社との契約内容にもよりますが、通常は、会社が積立金を支出しており、契約当事者も会社なのであれば、解約返戻金は会社の財産となりますので、再婚相手に返金を請求できると思います(また、そもそもET...

回答日 2021年03月25日 17:24
この回答がある質問
詐欺

一括弁済は可能ですが、利息等が定められている場合には、返済期限までの利息も支払わなければなりません。 また、「払ってなかった期間の分は上乗せ」の趣旨はよく理解できないところですが、これまで未払いの...

回答日 2021年03月25日 15:55

① 契約書の内容によるので、あくまで一般論ですが、レンタル機器を撤去、処分した者及びレンタル契約の賃借人に賠償義務が生じると思います。 ② 理事長が処分された防犯カメラ分の費用の賠償に応じるかどう...

回答日 2021年03月22日 19:00

車検代の返還義務、修理費用の支払義務、共に奥様方のお父様が負担すべきもので、相談者やその奥様が負担すべきものではありません。 お父様がなくなられた場合には、債務も相続の対象となり、その場合には相続...

回答日 2021年03月22日 18:39

銀行に遺言の有効性を判断する権利はありません。 被相続人の遺言書が遺言の要件を満たすものであった場合、これを破棄すれば、相続人としての欠格事由や、刑事罰の対象となる場合もあります。 遺言の写しを...

回答日 2021年03月22日 18:19
この回答がある質問
遺言の効力

内容がしっかりしていれば、弁護士名の有無が審判に影響する可能性は低いと思います。 ただ、提出した書面に対して相手方から反論があった場合には、弁護士に再度書面作成を依頼しなくてはならなくなる可能性も...

回答日 2021年03月22日 17:50
この回答がある質問
調停離婚

警察の方の説明を直接聞いたわけではないので、記載されている内容がそのまま事実であるとして回答しますが、(故意でないとしても、それを反証できずに故意と認定されて窃盗と認定される場合はあるとしても)故意...

回答日 2021年03月19日 23:38

今後、相手方が調停に出頭し、協議するつもりがあるようであれば、新たな調停期日が指定されるでしょう。 相手方が出頭する見込みがないのであれば、調停は不調となり、当事者のいずれかから離婚訴訟を提起する...

回答日 2021年03月19日 16:05
この回答がある質問
調停離婚

陳述書は、基本的には、貴方が把握している事実を記載するものです。 法的主張や根拠法律を書いてはいけないわけではありませんが、あまり重要視されないと思いますので、最小限にとどめた方がよいでしょう。 ...

回答日 2021年03月19日 15:58
この回答がある質問
面会交流

警察に相談しても良いと思いますが、現時点で具体的な対応をしてくれるかはわかりません。 退職の意向を固めているのであれば、そのまま退職手続きを取れば良いと思います。

回答日 2021年03月19日 15:52

故意に持ち帰ったのでないのであれば、窃盗にはなりません。 相手が具体的な要求をしてこないのであれば、気にせず今まで通り勤務するか、あるいは、今回の件の顛末書(今回の件の経緯、改善策を具体的に記載し...

回答日 2021年03月19日 13:41

① 残念ながら、法的拘束力はありません。 ② 何を求めるかに寄りますが、ご主人の所在調査、養育費やローン代金の請求といった請求をされるのであれば、弁護士にご依頼した方が良いと思います。 ③ 連帯...

回答日 2021年03月19日 11:18

第2条には「前条不動産以外の動産」とあり、預託金返還請求権は含まれないと考えられますので、基本的には貴社の解釈で良いと思われます。 ただ、遺言状全体の記載から、同遺言状に特定されている財産以外は全...

回答日 2021年03月19日 10:58
この回答がある質問
遺言書の書き方

① 当事者間の協議の段階では、奥様からの任意の開示を求めるしかないので、奥様が開示を拒否するようであれば、開示を受けることは難しいでしょう。 弁護士に委任した場合には、23条照会という制度を用いて...

回答日 2021年03月19日 10:47
この回答がある質問
財産分与

給与、銀行口座の双方が差し押さえられる可能性があります。 給与債権の差し押さえは、給与(税金等を控除した残額)の4分の1までとなっていますので、給与の4分の3の金額は貴方に支払われることになります...

回答日 2021年03月19日 09:59
この回答がある質問
差し押さえ

誓約書に基づく請求と、離婚条件としての慰謝料は分けて考えるべきでしょう。 誓約書に基づく請求については、相手方が独断で作成したものとはいえ、署名、捺印している以上、当該誓約書は有効なものと言わざる...

回答日 2021年03月18日 18:51

1 現在の家計の管理状況は分かりませんが、奥様と協議し、現在の夫婦の貯金をそれぞれの名義の口座に1:1の割合となるようにするか、奥様がそれを受け入れないようであれば、今後、自身の給料を奥様に渡さず、...

回答日 2021年03月18日 18:27
この回答がある質問
財産分与

ご質問の場合のように、相手方代理人弁護士の行動が遅いような場合は、こちらが主導権を握って遺産分割手続きを進めていくべきと思います。 今後の進め方としては、ご自身で遺産調査を行いつつ、遺産分割の調停...

回答日 2021年03月18日 17:49

①問題ありません。 ②問題に発展することはないと思います。 ③脅迫に当たるような文言は控えるべきだと思います。興味がないことを明確に伝え、それでも執拗に営業を継続してくるようであれば、あまり「し...

回答日 2021年03月18日 17:42

① 無効ではありませんが、相手方がそのような約束をしていないと言った場合には、約束があったことを立証することは難しいでしょう。 ② 普通かどうかはわかりませんが、稀にあります。 ③ 弁護士を雇う...

回答日 2021年03月18日 17:26

1.公正証書の具体的な内容を見ていないので、はっきりとは言えませんが、通常は、期限の利益喪失約款が付されていない場合には、月々の滞納額のみの執行になるのではないかと思います。 2.ご質問のとおり、...

回答日 2021年03月18日 16:41
この回答がある質問
離婚慰謝料

症状固定は症状ごとに判断されるものと考えられますので、整形での症状固定日(腰痛に関するものと推察します。)とは別に、偏頭痛に関する症状固定日がいつかが問題となります。 現状、偏頭痛の症状について通...

回答日 2021年03月18日 16:29
この回答がある質問
交通事故慰謝料・損害賠償

障害年金は差し押さえ禁止債権にあたりますので、差し押さえの対象にはなりません。 ただし、障害年金が銀行の預金口座等に振り込まれてしまうと、預金債権が差し押さえられる可能性があるので、注意が必要です...

回答日 2021年03月18日 16:13

1 - 28 件を表示/全 28 件

現在営業中 09:00 - 20:00

大本 健太弁護士へ問い合わせ

電話番号 050-5572-5132
メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日09:00 - 20:00
定休日
土,日,祝
備考
土日祝、夜間での相談も事前にお伝えいただければ可能な限り対応させていただきますので、お気軽にお問い合わせください。
交通アクセス
駐車場近く
設備
完全個室で相談
バリアフリー
「事務所建物入口から相談スペースまで車椅子で移動でき、トイレも車椅子のまま利用できる」を定義としています。