大原 雅之弁護士 おおはら まさゆき

大原 雅之弁護士

井関法律事務所

兵庫県神戸市中央区東川崎町1-7-4ハーバーランドダイヤニッセイビル18階
分野を変更する

みんなの法律相談回答一覧

実名回答数:55 件/匿名回答数:0件

遺留分は,遺言書によっても侵害されず,確保されるべき権利ですので, 公正証書遺言によっても,これを無くすことはできません。 出資は折半することとして, 奥様の出資分を遺留分の対象にしたくないとのこ...

回答日 2016年05月12日 17:19
この回答がある質問
遺留分

詐害行為に該当するかは,ご指摘のような事情ではなく, 当該行為が他の債権者を害する行為といえるかという観点で判断されます。 支払義務のない相手に金銭を交付したとか, 支払義務以上の金額の金銭を交付し...

回答日 2016年05月10日 15:29
この回答がある質問
調停離婚

まず,前提として調停調書があっても, 実際に差押えをしていたわけではありませんので, 相談者様と親族との間では,相談者様に優先権があるわけではありません。 したがって,先に弁済を受けた方が有効となり...

回答日 2016年05月09日 11:42
この回答がある質問
調停離婚

7日に約束されているとのことですが, 約束だけであれば,キャンセルしても費用は発生しません。 現時点で納得できていない事項があるのであれば, このまま相談・依頼されても, 不満が残ると思いますので,...

回答日 2016年05月02日 15:03
この回答がある質問
借地権の売買・譲渡

>通常は弁護士さんをお願いするとき紹介してくれた不動産屋さんはどういう立場になりますか? その場合,単なる紹介者であって,不動産屋とは何ら契約関係に立ちません。 したがって,ご相談者様が儀礼的に菓...

回答日 2016年05月02日 14:07
この回答がある質問
借地権の売買・譲渡

「訴えの提起による時効中断の効力を生ずる時期は, 訴状を裁判所に提出した時であって,訴状が相手方に送達されたときではない」 とする判例があります(大審院大正4年4月1日判決)。 ご理解されているとお...

回答日 2016年04月27日 15:04

気にされる必要はないと思います。 そもそも裁判官は,中身の準備書面や証拠を見るのであって, 基本的に封筒等を見ることはありません。 事務的なことは書記官が行います。 また,仮に裁判官が封筒等を見...

回答日 2016年04月27日 12:20

「役員・・・・・・は,いつでも,株主総会の決議によって解任することができる」(会社法339条1項)とされていますので, 解任理由の真偽にかかわらず,株主が解任と判断した以上は, 解任自体はやむを得ま...

回答日 2016年04月27日 12:09
この回答がある質問
取締役

書記官が伝えたかったのは,民法ではなく民事訴訟法146条ですね。 同条項では, (1)本訴の目的である請求又は防御の方法と関連する請求を目的とする場合であること (2)口頭弁論の終結に至るまでである...

回答日 2016年04月25日 17:35

ご提示された事実関係だけを前提に判断すると, あくまで長男の嫁に対する生前贈与であって, 相続人Aに対する生前贈与と同視することは難しいと思われます。

回答日 2016年04月22日 11:54

取締役は忠実義務(会社法355条),競業避止義務(会社法366条)を負っていますので, ご質問の事実関係を前提とすれば, 上記義務違反として会社から損害賠償請求される可能性はあります。 会社が請求し...

回答日 2016年04月22日 11:46
この回答がある質問
業務妨害

期日変更申立書という表題で, 期日変更をして欲しい旨,及びその理由を記載した書面を 裁判所に提出しましょう。 具体的な書き方は裁判所に聞けば教えてもらえると思います。 もっとも,期日変更が認められる...

回答日 2016年04月22日 11:37
この回答がある質問
交通事故

特別受益は,被相続人から「共同相続人」に対する 「遺贈」または「婚姻若しくは養子縁組ため若しくは生計の資本として贈与」となります。 長男の嫁は共同相続人ではありませんので, 長男の嫁に対する特別受益...

回答日 2016年04月22日 11:28

民事は書面提出で進行していくので, その書面が読み上げられることは基本的にありません。 そのため,通常の弁論期日を傍聴されても, 事件の具体的な内容はわからないことがほとんどだと思います。 証拠調...

回答日 2016年04月13日 15:34
この回答がある質問
通常訴訟

詳細な事実関係がわからないので推測になりますが, 法テラスに申込をされているのではありませんか? 弁護士が自己破産を受任すれば受任通知を債権者に発送し, 受任通知が届けば債権者からの請求もストップす...

回答日 2016年04月12日 17:23
この回答がある質問
自己破産

離婚は,協議・調停などで合意できなければ,裁判をしなければできません。 裁判離婚には,離婚原因が必要となります。 この点,DVも程度によっては離婚原因となります。 もっとも,本件では妻が不貞行為をし...

回答日 2016年04月12日 16:39
この回答がある質問
離婚・男女問題

債権差押え手続の概略についてご説明します。 債権差押え手続は,執行裁判所(原則として債務者の住所地を管轄する地方裁判所)に対して, 債権差押命令申立書を提出することになります。 弁護士に依頼せず,ご...

回答日 2016年04月12日 16:30
この回答がある質問
審判離婚

相談者様に住宅ローンを組み替える義務はありません。 住宅ローン契約は,あくまで金融機関との契約であるのに対し, 離婚・財産分与は夫婦の内部の問題に過ぎないので, 第三者である金融機関との契約には影響...

回答日 2016年04月11日 16:31
この回答がある質問
財産分与

1、裁判中に被告が解散清算してしまうことは法的に可能でしょうか? 裁判中であっても,解散精算手続を開始することは可能です。 2、判決後、知らぬ間に、被告が解散清算してしまうことは可能ですか?...

回答日 2016年04月05日 18:04
この回答がある質問
債権回収

>諸規約の承継 第二十条に > 「売主は買主に対し、環境の維持または管理の必要上定められた > 規約等に基づく売主の権利・義務を承継させ、買主はこれを承継する」とありました。 この記載の仕...

回答日 2014年08月05日 20:53
この回答がある質問
不動産契約

携帯電話の点は,相手方が否定をすれば, 客観的証拠がないかぎり,水掛け論になってしまいますので, 認定してもらうことは難しいでしょう。 客観的証拠として考えられるのは相手方の電話通話記録で...

回答日 2014年08月01日 10:32

離婚請求事件と婚姻費用分担請求事件は別事件ですので, 相手方からの離婚調停申し立てを待たずに, こちらから婚姻費用分担調停申し立てをすればいいと思います。 婚姻費用は,離婚成立又は別居解消...

回答日 2014年07月31日 16:13
この回答がある質問
婚姻費用

相手方どう感じるかは別として, 払う必要のないものですので,拒否されてかまわないと思います。 それでもしつこく連絡してくるようであれば, 弁護士にご相談されることをお勧めします。

回答日 2014年07月31日 10:22
この回答がある質問
不倫慰謝料

>奥さん側からの慰謝料請求が有れば払わなくてはいけないとは思っています。でも不倫相手の彼に一年間の家賃を払わないと行けないのでしょうか? おっしゃるとおり,妻からの慰謝料請求に対しては応じなけ...

回答日 2014年07月30日 18:15
この回答がある質問
不倫慰謝料

慰謝料は,治療期間に応じて算定した金額をもらうことができます。 裁判の際に参考にされる赤い本の基準では, 9ヶ月間の通院であれば,139万円程度とされています。 また,後遺症に認定されれば...

回答日 2014年07月30日 17:51
この回答がある質問
交通事故慰謝料・損害賠償

>(1)は物権関係,(2)は債権関係をネットで検索しましたが >なかなか不動産の特約に関するものがヒットしなく >理解がまだ出来ていない状態です。 (1)物権関係(2)債権関係の話は,不動...

回答日 2014年07月30日 15:15
この回答がある質問
不動産契約

>この後遺症診断書で後遺症認定されますでしょうか? 後遺症認定されるかどうかは, 自覚症状や他覚的所見,検査結果など, 後遺症診断書の他の部分の記載内容によって変わりますので, ここでは...

回答日 2014年07月30日 14:55

すでに申し上げたとおり, 1ヶ月分程度では解除される可能性は低いと考えられます。 管理会社は,解除の意思表示をする前に, 支払期限を定めた上で滞納分の支払を請求してくるのが通常ですので, ...

回答日 2014年07月29日 18:30
この回答がある質問
賃料の滞納

>名刺自体は個人情報に当たると考えるため、義務がなければ渡さずにおきたいと思うのですが、そのようなことは可能なのでしょうか? 名刺を提供する義務はありません。 そもそも名刺を持っておられない...

回答日 2014年07月29日 11:18
この回答がある質問
インターネット

滞納の回数が複数回あったとしても、 滞納額がたまらず、その都度解消しているのであれば、 そのことをもって信頼関係の破壊とされることはないと思います。 もっとも、滞納の回数が多ければ、 信...

回答日 2014年07月29日 11:09
この回答がある質問
賃料の滞納

1 - 30 件を表示/全 55 件

大原 雅之弁護士へ問い合わせ
電話番号 050-5572-2276
お気に入りに追加
受付時間
受付時間
  • 平日09:00 - 17:30
定休日
土,日,祝
対応地域
事務所の対応体制
駐車場近く
完全個室で相談