現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
伊藤 勝彦弁護士

( いとう かつひこ ) 伊藤 勝彦

3万人以上の方の債務整理を取り扱って参りました。安心してご相談ください。

弁護士法人みお綜合法律事務所

借金・債務整理

分野を変更する
【相談は何度でも無料】【費用の分割払い可】
3万人以上の方からご相談をいただいています。
自己破産・個人再生・任意整理など、ケースに応じて解決策を提示します!
弁護士法人みお綜合法律事務所神戸支店
弁護士法人みお綜合法律事務所神戸支店
弁護士法人みお綜合法律事務所神戸支店

JR大阪駅直結、ノースゲートビル14階にございます。JR京都、三ノ宮駅前に支店有

借金・債務整理の詳細分野

依頼内容

  • 自己破産
  • 過払い金請求
  • 任意整理
  • 個人再生

対応体制

  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 初回相談無料
  • 分割払いあり
  • 後払いあり
  • 着手金無料あり
  • 完全成功報酬あり

 個人の方の自己破産、個人再生、任意整理に対応

借金問題の解決は、一歩立ち止まって、現在の状況を見つめ直すことから始まります。借金の総額、借入先、毎月の返済額、家計の収支、資産・負債の状況、借金の原因…。それらを細かくチェックし、専門家に相談することで、借金問題の解決策が見えてきます。

生活再建のためには、自己破産、個人再生、任意整理など各種解決方法があります。みお綜合法律事務所では、これまでに、借金の返済に困った3万人以上の方からご相談をいただいています。そして、それぞれの方にベストの借金整理方法をご提案し、解決に導いてきました。

相談は何度でも無料

弁護士費用は分割支払いが可能です。弁護士に依頼すれば借金の返済が止められますので、返済が無くなった分から毎月お支払いいただくことができます。

任意整理は利息のカット、個人再生は借金の圧縮、自己破産は借金の免責を受けるための手続きです。

ご依頼いただくと、任意整理の場合の債権者との交渉、個人再生・自己破産の場合の裁判所提出書類の作成は、全て弁護士に任せることができます。

まずはお気軽にお問合せください。

 過払金の有無を無料で調査します

高い金利で借金をしていた場合、過払金を取り戻すことができます。
あなたの過払い金も取り戻せるかもしれません。
気になる方は、当事務所の【相談料無料】【着手金0円】【完全成功報酬制】の過払金調査サービスをご利用ください。

【過払金調査サービスのポイント】

  • 完済後の過払い金返還請求は、信用情報に影響しません。信用情報が気になるという方も安心して手続きをしていただけます。
  • 【相談料無料】【着手金0円】【完全成功報酬制】の手続きです。調査の結果過払金が発生しなかった‥という場合も費用倒れの心配がありません。
  • 完済から10年で、過払金は消滅時効を迎えます。完済から10年以内に弁護士にご依頼いただくことが重要です。
  • 女性弁護士が複数在籍しています。女性弁護士の方が安心という方にもおススメします。
  • 駅チカの好アクセス。JR大阪駅直結、JR京都駅徒歩2分、JR・阪急・阪神三宮駅徒歩4分の場所に事務所を構えていますので、仕事帰りや他の用事の際にお立ち寄りいただくことも可能です。

 ぜひお気軽にお問い合わせください。

 会社の清算手続きについてもお任せください

 当事務所では法人の破産手続きを取り扱っています。弁護士以外にも、不動産の専門家である司法書士、人事労務のスペシャリストである社会保険労務士、許認可に詳しい行政書士など、企業法務をサポートしてきた士業が在籍していますので、万全の体制で手続きを進めることができます。

 初回相談無料で対応していますので、お気軽にお問合せ下さい。お越しいただいた際に、詳しい解決策を一緒に検討させて頂きます。持参頂きたい資料は、お問い合わせの際にご説明させて頂きます。

借金・債務整理

解決事例をみる

借金・債務整理の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
法律相談料 無料(任意整理・個人再生・自己破産・過払金請求・消滅時効援用等いずれも)
任意整理 ★分割でのお支払いが可能です。
・着手金:業者2社までは、1社当たり44,000円。3社目以降は1社当たり33,000円。(10%税込)
・報酬金:下記の①②の合計(10%税込)
① 減額報酬:業者の請求金額から減額となった金額の11%。
② 過払報酬:回収した過払金の22%。訴訟により回収した場合、別途費用が必要です。
・上記の他実費等が必要になります。
個人再生 ★分割でのお支払いが可能です。
330,000円(10%税込)~+実費等
自己破産 ★分割でのお支払いが可能です。
308,000円(10%税込)~+実費等
過払金請求 ★過払金を回収できない場合は、費用はかかりません。
着手金:無料
成功報酬:回収額の22%(10%税込)。訴訟により回収した場合、別途費用が必要です。
法人・事業者の破産 ・初回相談無料
・手数料550,000円(10%税込)~+実費等250,000円程度。負債総額・債権者数・事案の性質等により別途費用が必要になることがあります。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

借金・債務整理の解決事例(13件)

分野を変更する

借金・債務整理の解決事例 1

【任意整理】家族3名の借金がすべて0に。過払金の回収もできた事案。

  • 過払い金請求
  • 任意整理
依頼主 60代 女性

相談前

 Nさんは、消費者金融4社から合計約170万円の借入がありました。Nさんは、年金収入しかなく、支払のできる時は返済をしていましたが、返済ができない月も多く、消費者金融からの督促が厳しくなってきていました。
 また、Nさんのご主人も消費者金融4社から約140万円の借入、Nさんの息子も消費者金融2社から約40万円の借入があり、同じく収入が少ないため、支払のできる時は返済をし、返済ができない月もある状態でした。Nさん達は、家族の借金の問題をまとめて解決したいと考え、3名で相談に来られました。

相談後

 当事務所でNさんから借り入れ状況についてお聞きしたところ、4社とも15年程度の取引があり、利息制限法に引き直して計算すると借金が無くなる可能性があることが判明しました。また、4社以外に消費者金融やクレジットカード会社合わせて2社からかつて借り入れをされていて完済されていることも判明しました。
 Nさんのご依頼を受けて借入額や過払金について調査したところ、4社からの借入はすべてなくなり、6社合計で約800万円の過払金が発生していることが判明しました。当事務所では、消費者金融等から上記の過払金を回収し、弁護士費用を差し引いてもNさんに約600万円をお返しすることができました。
 Nさんのご主人も、4社からの借入はすべてなくなり、完済していた1社を合わせて、5社から約540万円の過払金を回収できました。そして、弁護士費用を差し引いても約400万円をお返しすることができました。
 Nさんの息子さんについては、2社から借入がすべてなくなり、完済していた1社を合わせて、3社から約220万円の過払金を回収できました。そして、弁護士費用を差し引いても約160万円をお返しすることができました。

伊藤 勝彦弁護士からのコメント

伊藤 勝彦弁護士

 本件のように、借金の返済に困って弁護士に相談したら、借金問題を解決できるだけでなく、多額の過払金を回収できることがあります。Nさん家族は、弁護士に相談する前は日々の生活にも窮する状態でしたが、弁護士に依頼することで借金の返済が無くなり、逆に過払金を回収できたことで日々の生活にゆとりを持つことができるようになりました。
 平成18年以前から消費者金融との取引があり、今も返済を続けている方は、弁護士に相談することで借金問題を解決できるだけではなく、過払金を回収できることがあります。一度弁護士にご相談ください。

借金・債務整理の解決事例 2

【自己破産】会社の元代表取締役の自己破産事例

  • 自己破産
依頼主 40代 男性

相談前

自身で会社を立ち上げ代表取締役に就任していたOさんの自己破産相談事例です。
Oさんは、自身で会社を立ち上げ、会社は一時期数十億の売上を記録するなど順調に経営されていました。ところが、競合他社の台頭で売り上げが減少するようになり、会社は赤字決算を計上するようになってしまいました。そして、債権者からの借入を支払うことができなくなり、ついには、会社は債権者から破産申立をされてしまいました。
会社が破産する際は、多くの場合代表者の方も同時に破産することになるのですが、今回は、債権者から破産を申し立てられたため、Oさんは会社とは別途自己破産を申し立てることを考え、当事務所に相談に来られました。

相談後

Oさんは、会社の保証債務だけで1億円を超える債務があり、破産するしか手立てがない状態でした。しかし、突然会社の破産申立をされたため、Oさんは破産申立のための費用も用意できない状態でした。ただ、Oさんは、かつて消費者金融から高い利率で借入をしていたことがあり、過払金を回収できる可能性があったため、過払金で破産申立費用を用立てることをまずは検討しました。
手続きを進めた結果、過払金は3社から約250万円回収でき、その一部を破産申立費用に充当できました。また、残りの多くの部分(99万円)は、破産手続きにおいてOさんの手元に残しておくことが認められ、Oさんの生活を守ることができました。

伊藤 勝彦弁護士からのコメント

伊藤 勝彦弁護士

今回の破産手続きで、Oさんは自宅を手放すことにはなりましたが、多額の債務から解放されることになりました。また、破産手続きで99万円の財産を手元に残すことが認められましたので、今後の生活にも一定の余裕が生まれました。
破産手続では、債務が免除される代わりに、手元の財産を手放す必要があります。しかし、すべての財産を手放さないといけないとなると債務者の生活が脅かされることなりますので、一定額までは手元に財産を残すことが認められています。破産手続きに対してマイナスのイメージを強く持っている方も多いと思いますが、手続きをされたほとんどの方は、考えていたほどマイナスの大きい手続きではないとの感想を持たれています。借金の返済がもうできないと思われた方は、破産手続を進めることも含めて、弁護士にご相談いただければと思います。

借金・債務整理の解決事例 3

【個人再生】スマートフォンのゲーム代金が高額に。個人再生で債務を5分の1に圧縮。

  • 個人再生
依頼主 30代 男性

相談前

Wさんは、スマートフォンのゲームにはまってしまいましたが、初めのうちは請求額も大きくなく、一括での支払が問題なくできていました。しかし、徐々にゲームの利用額が大きくなり、一括の支払ができなくなってきたため、支払方法をリボ払いに変更しました。そうすると毎月の支払は楽になりましたが、利息が上乗せされるため、なかなか元本が減らない状態になってしまいました。
Wさんはリボ払いに変えてからもスマートフォンのゲームをやめられず、他のカードの枠を使って支払いをするようになりました。残高は500万円を超え、毎月の支払も10万円を超えるようになり、限界を感じたWさんは何とか借金を圧縮したいと考え、当事務所に相談に来られました。

相談後

Wさんからの相談を受け、手続きの方向性について検討しました。支払額が大きいため任意整理は困難であり、一方Wさんが少しなら支払は可能であるし、支払いをしていきたいというご意向であったため、個人再生を選択しました。
個人再生申立により、月々の支払は10万円超から約3万円まで圧縮できました。ご依頼後はスマートフォンのゲームをしなくなったWさんは、今は借金返済に追われることなく、平穏な生活を取り戻されています。

伊藤 勝彦弁護士からのコメント

伊藤 勝彦弁護士

Wさんは、ゲームのやりすぎにより借金が大きくなってしまいました。本件のように浪費で借金が増えたら借金の整理ができないのではと思われる方もいらっしゃるかもしれません。確かに破産手続きとなると認められないこともありますが、個人再生手続であれば浪費が原因でも問題なく認められ、借金を圧縮することができます。
本件のようなゲーム代金が原因という方のみならず、クレジットカードのショッピング枠を使いすぎて返済に困っているという方は、一度弁護士に返済方法の見直しについてご相談いただければと思います。みおでは、それぞれの方に最適な手続きをご提案しています。

借金・債務整理の解決事例 4

【自己破産】住宅ローン支払いで不足する生活費。借入を自己破産で解決。

  • 自己破産
依頼主 40代 女性

相談前

 Uさん一家は、夫婦と子供の計3人家族で、夫が正社員、Uさんはパートとして働いていました。ただ、住宅ローンを組んで自宅を購入したころから家計の収支が狂いだし、家計を管理していたUさんは、クレジットカードで急な出費や生活費不足を補うようになりました。
 ただ、家を買ってからは元々ギリギリの生活であったため、クレジットカードの金利負担が重くのしかかりました。徐々に借入額が増え、1枚のカードの借入額が限度額に達すると他のカードで借入をするようになりました。借金は10年ほどかけてどんどん大きくなり、6社で300万円もの金額になってしまいました。月の返済額は14万円にもなり、自転車操業状態になっていることに気が付いたUさんは、今の状態から脱却すべく弁護士相談に来られました。

相談後

 借入額が大きくなっていること、Uさんには住宅ローンがないこと、借入の経緯に問題がなかったことから、自己破産で借金問題を解決することになりました。
 支払不能であること、借入の経緯の問題がないことを裁判所に説明したところ、問題なく裁判所でも破産・免責が認められました。

伊藤 勝彦弁護士からのコメント

伊藤 勝彦弁護士

 住宅ローンを組んでから家計が狂ってしまった方の解決事例です。生活費不足からクレジットカードでの借入をしたものの、クレジットカードの金利は18%程度と高いことが多いため、金利の支払だけでも相当な金額に上ってしまいます。金利を支払うために借入を行うようになると、雪だるま式に借入は増えてしまいます。そのようになってしまうと、ご自身で解決するのは困難です。弁護士が任意整理・個人再生・自己破産等の手続きをすれば、借金の負担が大幅に軽くなりますので、借金の返済が苦しいという方は一度ご相談いただければと思います。

借金・債務整理の解決事例 5

【任意整理】督促を受けていた借金。過払金の回収で今後の返済が不要に。

  • 過払い金請求
  • 任意整理
依頼主 40代 女性

相談前

Aさんは、6社から250万円弱の借入をしていました。そのうち1社とは、20年ほど前からキャッシングを利用していましたが、その他の5社はここ数年の間にキャッシングの利用を開始していました。
また、Aさんは、借金の支払いが滞っており、債権回収会社から支払いの督促までされていました。
そこで、破産も視野に入れてご相談に来られました。

相談後

Aさんから聞き取りを行った結果、自己破産を視野に入れながら、まずは取引履歴を調査して、正確な債務額を把握することから始めました。
その結果、一社は取引期間が長く過払金が200万円以上あることが判明しました。そこで、Aさんと相談した結果、過払金の満額回収に向けて裁判を行うこととなりました。
また、その他の債権者は取引期間が短く過払金はありませんでしたが、弁護士が過払金の回収を待って一括で支払うことを条件として各債権者と交渉を行った結果、債権額を減額することができました。
最終的に、Aさんは、回収した過払金の中からすべての債権者に支払いを行うことができ、借金が全くない状態で生活再建をスタートすることができました。

伊藤 勝彦弁護士からのコメント

伊藤 勝彦弁護士

貸金業法の改正や2010年の総量規制によって、貸金業者からの貸付けが厳しくなり、他方で総量規制の対象とならない銀行などからの借り入れが多額に上る方からのご相談が最近増えています。
そして、このような場合、破産を考えてご相談に来所される方もいらっしゃいますが、弁護士が、借入状況を詳細に聞き取って、債権調査を行うことで過払金が見つかることがあります。
今回のケースでも、Aさんは、破産を視野に入れてご相談に来られましたが、債権調査の結果相当額の借金が残る一方で、200万円以上の過払金の存在が判明しました。そこで、過払金をできるだけ多く回収するために訴訟を提起して、回収した過払金を原資として、債権者に一括で支払うことを条件として、債権を減額してもらうように交渉を行いました。
過払金を裁判で回収するためには、相当の時間を要するため、債権者との交渉は難航しましたが、最終的には、弁護士費用も含めて過払金の中から賄うことができ、事件終了時にはAさんには借金が全くない状態となりました。
最近、多額の借金を抱えてご相談に来所される方が増えています。このような場合、弁護士が債権調査を行って、過払金の存在が判明することもありますし、過払金がなくても債権者との交渉で借金の負担を軽減することができます。銀行からの借入れで過払金がない方であっても、債務整理によって毎月の負担を軽減することができる場合があります。借金のことでお困りの方は、当事務所にご相談ください。

借金・債務整理の解決事例 6

【自己破産】父子家庭で家計がパンク。自己破産で経済的立ち直りに成功。

  • 自己破産
依頼主 20代 男性

相談前

 Mさんは、小さいころ両親が離婚し、父親と暮らしていました。ただ、父親が体調を崩しがちで生活は安定していませんでした。Mさんが就職してからは、Mさんが生活を支えるようになりましたが、どうしても生活費が不足することがあり、消費者金融やクレジットカードからの借入をするようになりました。
 初めは問題なく返済ができていましたが、父親が体調を崩して入院したりすると医療費がかさみ、借入と返済が徐々に増えていってしまいました。それでも何とか返済をしていましたが、Mさん自身が体調を崩して退職を余儀なくされ、さらに借入が必要になるとついに返済ができない状態になってしまいました。
 どうしようもない状態になって家族に話をすると、弁護士に相談するのがいいのではということになりました。そこで、Mさんは弁護士に相談することを決意し、来所されました。

相談後

 Mさんの借入額は約500万円に達していました。Mさんはアルバイトを掛け持ちして一定の収入がありましたが、とても返せる額ではありませんでした。そこで、自己破産で手続きを進めることにしました。
 手続きを進めた結果、借入の経過等に問題なく、Mさんに大きな財産もなかったため、裁判所で免責が認められました。これによりMさんの借金問題は解決に至りました。

伊藤 勝彦弁護士からのコメント

伊藤 勝彦弁護士

 ひとり親家庭で生活に余裕がなかったことから自己破産に至った方の事例です。ひとり親家庭と言えば母子家庭が多いかもしれませんが、父子家庭でも生活困難に陥りやすいのは同じです。
 借入の経緯等に問題なかったことから、自己破産の申立後、無事免責が認められ、借金問題を解決することができました。

借金・債務整理の解決事例 7

【自己破産】結婚と離婚と浪費で借入が増大。限界になり破産で解決。

  • 自己破産
依頼主 30代 女性

相談前

 Tさんは、付き合っていた男性と結婚しましたが、引っ越しのための費用が不足するため、銀行から借入をしました。借入は、引っ越しのためだけと思っていたTさんですが、結婚してからの生活費も不足することがあり、さらに銀行から借入をするようになりました。
 その後、Tさんは夫と離婚することになりましたが、引っ越し費用や家電購入のため、再度銀行から借入をしました。離婚の時に借金の一部を夫が負担する約束をしましたが、しばらくすると夫が支払わなくなり、Tさんの負担はさらに増大するようになりました。
 離婚後は、1人で暮らすストレスが強く、手元にあったクレジットカードのショッピング枠を使って買い物をしてストレスを発散するようになりました。そのような生活を数年続けていると徐々に返済額が大きくなり、気が付くと借入額は500万円、返済額は月15万円にもなってしまいました。このままでは、生活が苦しくなる一方と思ったTさんは、自己破産手続きをする決意をしました。

相談後

 Tさんの借入は、当初は生活費等のためのものでした。ただ、途中から浪費と思われる支出が増大している点が破産手続き上問題になる可能性がありました。浪費がある場合、破産手続きで免責が認められないことがあります。そこで、借入の主な原因が生活費であるか浪費であるかを検討したところ、生活費による部分が大きいと思われたため、破産するのに問題はないと判断し、破産手続きを進めることにしました。
 資料を揃えて破産申立をしたところ、浪費の点が裁判所から指摘されましたが、無事免責が認められました。

伊藤 勝彦弁護士からのコメント

伊藤 勝彦弁護士

 浪費により借金が増えたという側面があるため、破産手続きを進められるかの検討が必要になりました。借金の返済に困ったときには、破産・個人再生・任意整理等の手続きがありますが、どの手続きがいいかを自分で判断するのは難しいと思います。弁護士に相談すれば、どの手続きが妥当であるかの判断を行うことができ、実際の手続きを任せることもできます。借金の返済が厳しくなってきたという方は、当事務所までご連絡いただければと思います。

借金・債務整理の解決事例 8

【個人再生】個人事業が立ち行かず廃業。個人再生で再起。

  • 個人再生
依頼主 30代 女性

相談前

 Mさんは、高校卒業後大学に進学しましたが、実家の家計が厳しいことから奨学金を借りることにしました。奨学金は4年間で250万円に及んだ上、正社員での就職ができなかったことから、支払は厳しい状態でした。アルバイトで何とか毎月の支払を続けていましたが、このままではキャリアアップも望めないと思ったMさんは、思い切って起業し、子どものための幼児教室を開設しました。
 しかし、思ったようには生徒を集めることができず、短期間で廃業し、借入だけが残ってしまいました。廃業後は正社員に就き、膨らんでしまった借入を何とか支払っていこうと思っていましたが、事業のための借入額は大きく、利息を支払うばかりで元本が減らない状態でした。一生返済が続くのではないかと感じたMさんは、借金の負担を軽くしたいとして弁護士に相談に来られました。

相談後

 Mさんの借入額は、奨学金も含めて10社900万円に上っていました。毎月の返済額は15万円ほどで、手取り収入のほとんどが返済に消えている状況でした。Mさんからご事情をおうかがいすると、毎月6~7万円なら支払可能で、破産は避けたいとのご意向でした。Mさんには大きな財産はなく、借入額を踏まえると、個人再生をすると毎月の返済額は5万円程度になると見込まれましたので、個人再生の手続きを進めることになりました。
 個人再生のための資料を収集し、裁判所に個人再生申立を行ったところ、無事個人再生が認められ、毎月の支払額は5万円程度に圧縮となりました。今は、3年計画で無理のない返済をされています。

伊藤 勝彦弁護士からのコメント

伊藤 勝彦弁護士

 奨学金や事業資金で借入が増えてしまった方の事例です。ご相談時、借入額が非常に大きく、毎月の返済額も大きいため、返済が困難となっていました。奨学金が含まれていましたが、機関保証であり、親族保証でないことが確認できたため、親族の方への事前連絡等の動きを入れることなく手続きを進められました。
 個人再生により、借金は5分の1に圧縮となり、毎月の支払額も減少し、無事経済的更正を図ることができました。

借金・債務整理の解決事例 9

【自己破産】奨学金の一括支払い請求がきたため、破産で解決。

  • 自己破産
依頼主 30代 男性

相談前

 Kさんは、クレジットカードの一括払いを利用することはありましたが、特に借入はありませんでした。ただ、実家の経済的事情から学生時代に奨学金を借入しており、卒業後はKさんではなく、実家からの返済に任せていました。
 ある日、Kさんのもとに奨学金約500万円の一括返済を求める書面が届きました。実家に聞いてみるとやはり経済状況が悪く、支払いが長期間できていない状態で、これからも支払えないとのことです。Kさんも一括で支払える余裕はなく、破産をしたいと考え事務所に相談に来られました。

相談後

 Kさんは、すでに結婚され共働きでしたが、500万円もの金額を一括で支払える余裕はありませんでした。ただ、子供はまだおらず、夫婦共有で一定の預金がありました。
 破産をする場合、預金から一定の額を崩さないといけない状態であったため、個人再生にするか破産にするか検討が必要でしたが、早期に奨学金の問題を解決したいとのご希望であったことから、破産で手続きを進めることになりました。
 破産申立後は、一定の財産があったため、破産管財事件となり、また、Kさんの財産から債権者に一定の配当が行われました。ただ、借入の原因には問題がなかったため、時間はかかりましたが、無事免責が認められました。

伊藤 勝彦弁護士からのコメント

伊藤 勝彦弁護士

 奨学金の一括支払い請求を受け、破産に至った事案です。奨学金が借金という意識は薄いかもしれませんが、銀行やクレジットカードからの借入と同じ借金です。返済ができなくなると、一括請求されることもありますし、裁判を起こされることもあります。
 奨学金は、親族の保証人がついているか、機関保証(保証料を払うタイプ)になっているかという点で、他の借入とは異なる配慮が必要です。当事務所では奨学金の支払いが難しくなったという方からの相談も多くお受けしていますので、奨学金返済が苦しいという方はご相談いただければと思います。

借金・債務整理の解決事例 10

【個人再生】子の教育費のための借入。個人再生で債務を大幅に圧縮。

  • 個人再生
依頼主 40代 男性

相談前

 Kさんは、大手の企業に勤務されており、もともと借金のない安定した生活をされていました。ただ、子どもが大きくなり、芸術系の大学に進学することになったため、これまでの収入だけでは支払いが厳しい状況でした。そこで、教育ローンの借入れをし、子どもは奨学金を借り入れてKさんが連帯保証人になる形で費用を賄うことにしました。
 月々の支払額はあまり大きくなく、問題なく返済できると思っていましたが、返済のために生活費が不足するときがあり、そのときにクレジットカードを利用するなどしてしのいでいるうちに返済額が徐々に大きくなっていきました。気が付くと自身の借入額が1500万円、奨学金の保証が1000万円、住宅ローンが1000万円という状態で、自転車操業状態に陥っていました。
 Kさんは、自宅を残しつつ債務の整理をしたいと考え、当事務所に相談に来られました。

相談後

 債務を圧縮すれば、住宅ローン以外の支払いは月9万円程度になり、何とか支払える見込みがあったため、個人再生で手続きをすることになりました。
 資料を収集して再生申立をしたところ、無事再生申立が認められ、借金は約8分の1圧縮、3年の分割払いになりました。

伊藤 勝彦弁護士からのコメント

伊藤 勝彦弁護士

 教育資金が多額になったため借り入れが増えた方の事案です。Kさんは、自宅を残したいという希望があり、破産ではなく、住宅ローン特則付き個人再生を選択しました。一定の支払いをしていく必要はありますが、ご依頼前より大幅に圧縮になり、住宅も守ることができました。
 借金が増えてしまったものの、ローンを組んで購入した自宅を守りたいという方は、個人再生申立も多く行っている当事務所にご相談いただければと思います。

借金・債務整理の解決事例 11

【個人再生】営業職として付き合いで支出が増加。住特付個人再生で借金を圧縮。

  • 個人再生
依頼主 50代 男性

相談前

営業職で厳しい営業ノルマを課せられていたSさん。営業先の接待や部下のねぎらいのための出費が多く、カード払いを多用していました。初めは給料日後の一括払いで何とかしていましたが、ある時、一括払いが不可能な金額の請求が来たことに驚き、リボ払いに変更しました。リボ払いにして毎月の支払は楽になりましたが、毎月のカード利用額は増える一方で、リボ払いの金額も徐々に増えていきました。そのうち他のカードでもリボ払いをするようになり、さらに支払が増えるようになってしまいました。
住宅ローンも毎月支払っていたSさんですが、住宅ローン以外の債務が1000万円を超え、限界を感じたことから、当事務所に債務整理の相談に来られました。

相談後

Sさんは、大きな会社に勤め安定した収入を得ていました。また、住宅ローンの支払があり、家は残したいとの希望をお持ちでした。Sさんのご希望と、収入と借入の状況から、借金を圧縮すれば支払が可能と判断。住宅ローン特則付の個人再生で手続きを進めることになりました。
個人再生では1000万円以上あった借入は200万円に圧縮になり、月々の返済は6万円程度になりました。ご相談前は月に15万円~20万円程度の返済でしたので、大幅に圧縮することができました。

伊藤 勝彦弁護士からのコメント

伊藤 勝彦弁護士

Sさんのように、クレジットカードの利用がかさみ、借金の整理が必要になるという方が多くいらっしゃいます。クレジットカードでは、一括払いとリボ払いの支払方法があり、一括支払いが難しい場合にリボ払いが利用されています。しかし、リボ払いを利用せざるを得ないほどの借入になった時点で、借金問題は黄色信号と言っていいと思います。
リボ払いをしているけれども、なかなか借入が減らず、返済が厳しいという方は、一度弁護士にご相談いただければと思います。

借金・債務整理の解決事例 12

【任意整理】150万円の債務が0になり、450万円の過払金を回収。

  • 過払い金請求
  • 任意整理
依頼主 50代 女性

相談前

Sさんは、会社員として仕事をしつつ、家庭では主婦として家計の管理をしていました。ただ、生活費がたまたま不足することがあり、クレジットカードのキャッシングを利用するようになりました。少額の借入であったのですぐに返済できると考えていましたが、利息の支払いもあるため、なかなか減らず、少しでも追加借り入れをするとすぐに借入額が増えてしまいました。
 キャッシングの枠が一杯になったので、今度は消費者金融からの借入を行いました。こちらも10万円程度の借入であったのですぐに返そうと考えていましたが、クレジットカードの返済もあり、思ったように返済ができないでいるうちに、借入額は50万円程度になってしまいました。
 そのような生活を長期間繰り返していたSさんですが、いつまで経っても借入額が減らず、生活も徐々に厳しくなってきたことから、債務の整理をしたいとして事務所に相談に来られました。

相談後

Sさんは、債務の整理をして利息をカットして返済ができればと考えていましたが、お話をお伺いすると、1995年頃から取引されているとのことで、払いすぎた利息を考えると、債務は残っておらず、過払金が回収できるのではないかと考えられました。そこで、実際に調査を進めたところ、2社で150万円ほどあった借入は、いずれも0になり、過払金を合計で450万円回収することができました。
 Sさんは長年苦しんでいた借金の返済から解放され、さらに過払金を回収して、余裕のある生活を約25年ぶりに取り戻すことができました。

伊藤 勝彦弁護士からのコメント

伊藤 勝彦弁護士

 1995年頃からクレジットカードのキャッシングや消費者金融との取引があり、過払金を回収して、借金問題を解決した事例です。クレジットカードのキャッシング取引や消費者金融との取引は、2008年頃(平成20年頃)より前に取引を始めていた場合、利率が高く、債務の減額や過払金の回収ができる場合があります。2008年頃にはキャッシングや消費者金融との取引があったという方、また、利率が20%以上であったという方は、一度債務減額の可能性があるか、過払金の回収の可能性があるかご相談いただければと思います。

借金・債務整理の解決事例 13

【個人再生→任意整理】過払金を回収して、任意整理で問題を解決

  • 過払い金請求
  • 任意整理
依頼主 50代 女性

相談前

Sさんは、生活費が不足することがあり、長年クレジットカードや銀行からの借入を繰り返していました。借入額はいつの間にか1000万円にもなり、返済額は月15万円以上。限界を感じたSさんは、借金の圧縮ができないかと相談に来られました。

相談後

クレジットカードは、1998年(平成10年)頃からキャッシングも使っているとのことでしたので、過払金が発生する可能性が考えられました。ただ、全体の借入額が1000万円あり、そのうち600万円は銀行からの借入であったため、相当額の債務が残ることが予想されました。そのため、任意整理で支払いをしていくのは困難と見られ、借金を圧縮する必要があると考えられたため、個人再生の手続きを選択しました。
ただ、ご依頼後、残る債務額と過払金を調査すると、債務は650万円まで圧縮になり、過払金は550万円ほどと判明しました。過払金で債務を返済すれば、債務が大きく減りますので、個人再生の手続きまでする必要はなく、最終的に、任意整理で借金問題を解決することができました。

伊藤 勝彦弁護士からのコメント

伊藤 勝彦弁護士

思った以上の過払金を回収し、個人再生ではなく、任意整理で解決ができた事案です。個人再生は、債務を圧縮できる代わりに、申立をする人は、財産・負債・収支等について様々な資料を準備しないといけません。本件は、過払金により大幅に債務を圧縮するとともに、個人再生から任意整理に切り替えることで、資料準備の負担も回避できた事案です。
古くから消費者金融やクレジットカードで取引をしている方は、思った以上の過払金が発生することがあります。それにより借金問題を解決できたり、過払金の回収ができることもあります。古くから取引をしていて過払金のことが気になる方は、一度弁護士にご相談いただければと思います。

借金・債務整理

特徴をみる

遺産相続

分野を変更する
【親切/丁寧を第一に】【司法書士や行政書士など専門家が在籍】
交渉・示談も全て弁護士が対応します。
遺産分割協議、相続放棄、公正証書遺言等、遺産相続のお悩みをスピーディーに解決!
弁護士法人みお綜合法律事務所神戸支店
弁護士法人みお綜合法律事務所神戸支店
弁護士法人みお綜合法律事務所神戸支店

JR大阪駅直結、ノースゲートビル14階にございます。JR京都、三ノ宮駅前に支店有

遺産相続の詳細分野

請求内容

  • 遺言
  • 相続放棄
  • 相続人調査
  • 遺産分割
  • 遺留分侵害額請求(遺留分減殺請求)
  • 相続登記・名義変更
  • 成年後見
  • 財産目録・調査

対応体制

  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料
  • 分割払いあり
  • 後払いあり

交渉は全て弁護士が引き受けます

  • 交渉、協議は弁護士で行います。兄弟、親族間の争いの場合、ご自身で交渉するのは精神的にも厳しいものです。

 ご希望、方針を打ち合わせたうえで弁護士が相手方と交渉します。

  • 状況は逐一ご報告いたします。法律用語も分かりやすく説明いたしますのでご安心ください。

遺産相続では法律相談を重視しております。

相続は身内との争いとなり、精神的な不安も大きなものがあります。
そのような状況で、時間を確保して、相談の質を確保する必要があるため、初回相談は30分無料としています。
お話を伺った結果、弁護士を必要としない事案もありますが、ご不安な気持ちを整理したり、弁護士に依頼すべきか迷っている方にとっては「解決のための第一歩」として有効な手段となります。

弁護士だけでは解決できない問題もおまかせ!

  • 相続はケースに応じて弁護士以外の専門家と連携する必要があります。
  • 不動産が含まれていれば不動産鑑定士(土地評価)、司法書士(名義変更)と連携が必要ですし、相続税が発生する場合は税理士との連携も必要になります。
  • 当事務所には司法書士や行政書士など専門家が在籍しており、たらいまわしにされることなくワンストップで対応可能。スピーディに解決ができます。
  • 状況に応じて適切な専門家と連携し、あなたの抱える問題を解決するよう努めます!

安心の費用体系

  • 費用は専門家の対応費用を含んでおりますので、「思わぬ費用がかかった」ということがないよう、しっかり説明いたします。
  • 正式なご依頼時には、「総額でいくらかかるのか」の目安を明らかにするので安心してご依頼いただけます。

主な取扱い案件

  • 遺産の分割・分配でもめてしまっている(遺産分割協議)
  • 親が残した借金を引き継ぎたくない(相続放棄)
  • 家族が揉めない遺言を作成したい(公正証書遺言)
  • 他の相続人に隠匿された遺産についての調査及び返還請求
  • 遺言書があって、自分が相続できる最低限保証されている相続分があると聞いた(遺留分請求)

帰宅途中・仕事の合間にもお立ち寄りいただける好アクセス!

 当事務所は、大阪・京都・神戸三宮に事務所を構え、いずれも駅近の立地です。大阪事務所はJR大阪駅直結、京都事務所はJR京都駅徒歩2分、神戸事務所はJR・阪急・阪神三宮駅徒歩4分です。仕事帰りや他の用事の際にお立ち寄りいただくことも可能です。

遺産相続の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
法律相談料 遺言書作成 初回無料
その他相続案件 初回30分無料 その後30分5,500円(10%税込)
相続人調査等 相続人調査・相続関係図作成 55,000円
相続財産調査 165,000円
遺産分割協議書起案 110,000円
いずれも10%税込
遺産整理 ※相続人全員が遺産を現金に換え、相続分に応じて分配する手続の代行。遺産分割協議書の作成費用を含む。(いずれも10%税込)

1,500万円以下 330,000円
5,000万円以下 2.2%
5,000万円超1億円以下 1.65% + 275,000円
1億円超2億円以下 1.1% + 825,000円
2億円超3億円以下 0.88% + 1,265,000円
3億円超5億円以下 0.66% + 1,925,000円
5億円超10億円以下 0.55% + 2,475,000円
10億円超 0.33% + 4,675,000円

※実費は別途ご負担いただく必要があります
公正証書作成費用、不動産等名義変更手数料、戸籍謄本取寄費用、預貯金等残高証明書取得費用、税理士報酬など
遺産分割事件 着手金
交渉の場合:220,000円
調停の場合:440,000円
審判の場合:660,000円
抗告審等 :220,000円(その都度)

報酬金(交渉・調停の場合)
得られた経済的利益
3,000万円まで      11%(ただし最低額33万円)
3,000万円を超え3億円まで 5.5%+165万円
3億円超          3.3%+825万円

報酬金(審判・抗告の場合)
得られた経済的利益
3000万円まで      16.5%(ただし最低額55万円)
3000万円を超え3億円まで 6.6%+297万円
3億円超          4.4%+957万円

いずれも10%税込
遺留分減殺請求(請求側) 着手金
交渉の場合:330,000円
調停の場合:440,000円
裁判の場合:660,000円

報酬金(交渉・調停の場合)
得られた経済的利益
3,000万円まで      11%(ただし最低額33万円)
3,000万円を超え3億円まで 5.5%+165万円
3億円超          3.3%+825万円

報酬金(裁判の場合)
得られた経済的利益
3000万円まで      16.5%(ただし最低額55万円)
3000万円を超え3億円まで 6.6%+297万円
3億円超          4.4%+957万円

いずれも10%税込
遺留分減殺請求(被請求側) 着手金
交渉の場合:440,000円
調停の場合:550,000円
裁判の場合:770,000円

報酬金(交渉・調停の場合)
得られた経済的利益
3,000万円まで      11%(ただし最低額33万円)
3,000万円を超え3億円まで 5.5%+165万円
3億円超          3.3%+825万円

報酬金(裁判の場合)
得られた経済的利益
3000万円まで      16.5%(ただし最低額55万円)
3000万円を超え3億円まで 6.6%+297万円
3億円超          4.4%+957万円

いずれも10%税込
相続放棄 55,000円(10%税込)
同一の被相続人について、2人以上の法定相続人が同時に相続放棄手続きを委任する場合は、全員、上記金額から20%割引。
成年後見等申立 165,000円(10%税込)
任意後見契約公正証書作成 110,000円(10%税込)
遺言作成 165,000円(10%税込)
公正証書作成費用、不動産等名義変更手数料、戸籍謄本取寄費用、預貯金等残高証明書取得費用、税理士報酬などは別途負担となります。
遺言保管は年5,500円(10%税込)
遺言執行 遺産額に応じて以下の通り(10%税込・実費は別途)。
1,500万円以下 330,000円
5,000万円以下 2.2%
5,000万円超1億円以下 1.65% + 275,000円
1億円超2億円以下 1.1% + 825,000円
2億円超3億円以下 0.88% + 1,265,000円
3億円超5億円以下 0.66% + 1,925,000円
5億円超10億円以下 0.55% + 2,475,000円
10億円超 0.33% + 4,675,000円
遺言書検認 55,000円(10%税込)
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

遺産相続の解決事例(3件)

分野を変更する

遺産相続の解決事例 1

【遺言作成】会社経営者の公正証書遺言作成と遺言執行手続きの事例

  • 遺言
依頼主 70代 男性

相談前

株式会社を経営されていたIさんからの遺言作成の相談事例です。
Iさんは若いころに株式会社を立ち上げ、約50年代表として、また100%株主として経営を続けてきました。しかし、自身が70才を超え、子どもに事業を承継させたいと考えるようになりました。Iさんには子どもが3人おり、そのうちの1名に会社の事業を承継させたいと考えていましたが、Iさんが亡くなった場合には会社の株式が3人に分散して会社の経営がうまくいかなくおそれがある状態でした。
Iさんは遺言を作成して会社の承継を円滑に進めたいとして、当事務所に相談に来られました。

相談後

Iさんには、会社の株式以外に自宅・預貯金等の財産がありました。そこで、会社を継ぐ子供には会社の株式の過半数を相続させ、その他の子どもにはその他の財産を相続させることにしました。また、会社の株式が財産の多くを占める可能性があり、その他の子どもから遺留分減殺請求をされる可能性があったことから、遺留分減殺の順序を定め、会社の株式の相続に極力影響が出ないようにしました。
以上の内容について後日争いが生じないようにするために、公正証書遺言を作成しました。また、遺言内容の実現を円滑に進めるために、弁護士を遺言執行者に選任する旨公正証書に記載をしました。

伊藤 勝彦弁護士からのコメント

伊藤 勝彦弁護士

会社を経営されている方の中には、事業承継をどのように進めるべきか悩まれる方がいらっしゃると思います。本件のように公正証書遺言を作成するのは一つの方法ですので、一度弁護士にご相談ください。
また、会社を経営されていない方でも、ご自身が亡くなった時に家族同士で争いにならないか心配されている方がいらっしゃると思います。遺言を作成しておくことで、家族同士の争いを防ぐことができますので、ご自身の相続のことで悩まれている方は一度弁護士に遺言作成についてご相談いただければと思います。

遺産相続の解決事例 2

【遺産分割】縁遠かった父親の遺産分割協議の事例

  • 遺産分割
  • 財産目録・調査
依頼主 40代 女性

相談前

ある日、Sさんのもとに、遺産分割協議をしたいとの書面が弁護士から送られてきました。Sさんは、初め何のことか分からなかったのですが、書類をよく見ると、Sさんが小さいときに母親と離婚してSさんとは交流のなかった父親が亡くなり、父親に後妻がいたため、遺産分割をする必要があるのだとわかりました。
ただ、Sさんは父親との交流はなく、後妻の方とも交流がなかったため、連絡を取るのも煩わしいと考えられました。弁護士に依頼すれば相手と直接連絡を取らなくても手続きを進めてもらえると考えたSさんは、当事務所にご相談に来られ、遺産分割協議の手続きを依頼されました。

相談後

Sさんは、父親との交流が全くなかったため、父親の財産については全くご存じではありませんでした。そこで、後妻の代理人から開示された資料をもとに、預金や不動産など他に財産がないかについて可能な限り調査をしたところ、新たに銀行口座が一つ発見されました。そのため、新たに発見された口座も含めて遺産分割協議を行うことになりました。
また、父親の葬儀費用は後妻の方が支払っていたのですが、それをどのように負担するかが問題となりました。この点は、Sさんと後妻の方で折半することで合意がまとまりました。

伊藤 勝彦弁護士からのコメント

伊藤 勝彦弁護士

本件は、突然の知らせに驚いたSさんからの遺産分割協議についてのご依頼でした。
弁護士が手続きを進めることで、Sさんは見知らぬ相手方との煩わしい交渉から解放され、財産調査等をすることで適切な形で遺産分割協議をまとめることができました。
遺産分割は、身近な人同士での協議になることもありますが、本件のように縁遠かった方が亡くなり、顔も分からないような方と遺産分割協議をしなければならなくなることもあります。いずれの場合も、相手方との交渉、相続人の調査・財産調査などの手続きが必要になりますので、進め方に不安がある方は弁護士にご相談いただければと思います。

遺産相続の解決事例 3

【相続放棄】借金をしていた夫が亡くなり、妻が相続放棄。

  • 相続放棄
依頼主 50代 女性

相談前

Nさん夫婦は、ともに借金があり、ご夫婦で借金問題のご相談に来られました。
当事務所でご夫婦から依頼を受け手続きを進めていたところ、ある日、奥様から夫が突然亡くなったとの連絡がありました。

相談後

夫には銀行からの借入がありましたが、銀行カードローンには団体信用保険などの保険は付いていませんでした。
Nさんの妻から聞き取りしたところ、Nさんの夫には特にめぼしい財産がなかったことから、相続放棄でNさんの夫分の借金問題は解決できると判断、相続放棄を申し立てることで手続きが完了しました。

伊藤 勝彦弁護士からのコメント

伊藤 勝彦弁護士

借金がある方が亡くなると、遺族の方が借金を支払わなくてはいけなくなります。ただ、亡くなった方に財産がないという場合は、相続放棄をすることで借金の支払から免れることができます。相続放棄には、期間制限もあり、段取りよく手続きを進める必要があります。亡くなった方に借金があり、相続放棄が必要という方は、みお綜合法律事務所にご相談ください。

遺産相続

特徴をみる

所属事務所情報

地図を印刷する
所属事務所
弁護士法人みお綜合法律事務所
所在地
〒651-0086
兵庫県 神戸市中央区磯上通8-3-10 井門三宮ビル10階
最寄り駅
JR三ノ宮駅、阪神神戸三宮駅、阪急神戸三宮駅
対応地域

東海

  • 三重

関西

  • 大阪
  • 兵庫
  • 京都
  • 奈良
  • 滋賀
  • 和歌山

中国

  • 岡山
設備
  • 完全個室で相談
事務所URL

所属事務所の取扱分野

注力分野
  • 借金
  • 交通事故
  • 離婚・男女問題
  • 再編・倒産
  • 知的財産
  • インターネット
  • 企業法務
取扱分野
  • 借金
  • 交通事故
  • 離婚・男女問題
  • 相続
  • 労働
  • 債権回収
  • 消費者被害
  • 不動産賃貸
  • 不動産契約
  • 再編・倒産
  • 国際・外国人問題
  • 知的財産
  • 逮捕・刑事弁護
  • 少年事件
  • インターネット
  • 犯罪・刑事事件
  • 不動産・建築
  • 企業法務
  • 近隣トラブル

電話で問い合わせ
050-5572-4065

メールで問い合わせ

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

弁護士法人みお綜合法律事務所神戸支店へ問い合わせ

電話番号 050-5572-4065

※弁護士法人みお綜合法律事務所神戸支店では、ご相談内容に応じて、最適な弁護士が担当します。

メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日09:00 - 20:00
  • 土日祝09:00 - 20:00
定休日
なし
備考
メールフォームは24時間の受付です。当事務所からお電話を差し上げる際は 06-6348-3055 または 078-242-3041 より発信いたします。
設備
完全個室で相談