資本欠損|法律用語大辞典

法律用語の解説

資本欠損

しんほんけっそん

資本欠損とは、会社の純資産額(資本総額から負債総額を引いた額)が、資本金と法定準備金(資本準備金と利益準備金を足した額)との合計額を下回った状態を意味する。簡潔に表すと、当初存在した資本金が減少している状態をいう。一方で、債務超過は、資産の総額より負債の総額が上回っている状態をいう。 資本欠損により悪化した財務体制の改善をするための方法としては、資本金又は準備金を減少(減資)して欠損を解消するという方法が多々用いられる。 減資をする場合、会社の基礎たる資本金の変更は株主への影響が大きいため、株主総会での決議を要する。株主総会での決議要件は、その減少対象の重要度に応じて加重されており、資本金を減少する場合の株主総会での決議はより厳格な決議要件を要する特別決議(会社法447条、同法309条2項9号)が要求されるが、欠損填補のための減少は、減少する資本金額につき普通決議で足りる(会社法309条2項9号かっこ書)。 また、資本準備金の減少の場合の株主総会での決議は普通決議(会社法448条、同法309条1項)とされている。なお、欠損填補のために資本金の減少をする場合には、会社債権者への影響も大きいため、債権者異議手続も必要となる(会社法449条1項)。 <資本欠損に関連する用語> 債務超過、資本金、純資産、欠損、法定準備金、株主総会

検索する

五十音索引で検索する

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら行

わ行

法律用語の検索ランキング

注目のキーワード

このページの先頭へ