弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

企業法務

預合

読み方:あずけあい

預合とは、株式会社の設立にあたり、発起人が払込取扱機関から借入れを行い、これを設立中の会社の払込金にあてるが、この借入金の返済を行うまで払込金として扱われた預金を引き出さない旨を約することを意味する。このような預合は、実際上現金の移動はなく、単に払込取扱機関の帳簿上の操作に過ぎないため、資本充実の原則に反し、一般には無効であると解されている(有効だとする学説もある)。

預合を防止するために、会社法では預合いの罪(会社法965条)として罰則が定められている。具体的には、預合いを行った者および預合いに応じた者に対し、5年以下の懲役もしくは500万円以下の罰金に処し、または併料される。預合により第三者に対して損害が生じた場合には、発起人、設立時取締役または設立時監査役に対して損害賠償請求をしていくことになる(会社法53条)。

預合に類似する概念として見せ金があるが、見せ金が発起人の払込取扱機関以外の第三者からの借入金である点で預合とは異なる。

もっとも、どちらも会社設立のための資金に窮する発起人による仮想払込の形態という点では共通する。

<預合に関連する用語>
見せ金、資本充実の原則、預合いの罪、応預合、応預合罪

関連記事

企業法務・顧問弁護士を扱う弁護士を探す

法律用語検索

法律用語の検索ランキング

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

企業法務のニュース

  1. 「カワウソ10匹」タイから持ち出そうとした日...
  2. 「盲導犬を蹴った」「虐待だ!」動画を拡散、...
  3. 世界的に注目される「デジタルアーカイブ」推...
  4. 「恋ダンス」削除手続き、レコード会社が開始...
  5. 日本人の出入国管理に「顔認証」システム本格...
  6. 「JASRACの使用料分配は不透明」ファンキー末...
  7. とくダネ!がSNSの台風動画「返答なくても使...